Groupmax Address/Mail Version 7 システム管理者ガイド 基本操作編

[目次][索引][前へ][次へ]

8.7 Address Serverユーザ認証の準備

Address Serverは,ユーザがGroupmaxアプリケーションにログインするごとに,ユーザを認証します。ここでは,Address Serverでサーバを追加してからの,ユーザ認証のために必要な準備について説明します。

<この節の構成>
(1) アドレスデーモン用ポート番号の設定
(2) アドレスサーバ情報の設定

(1) アドレスデーモン用ポート番号の設定

Address Serverと各アプリケーションは,ネットワークを通じてユーザ認証のための通信を実行します。「4.1.3 LAN環境の設定」を参照して正しく設定してください。

(2) アドレスサーバ情報の設定

Groupmaxアプリケーションのサーバは,アドレスサーバにネットワークを通じてユーザの認証を要求します。したがって,各アプリケーションサーバがどのアドレスサーバにユーザ認証要求を出せばよいかを決める必要があります。Mail Serverを除くGroupmaxアプリケーションのサーバは,アドレス管理ドメインに属している(アドレスサーバと同じマシン上にある)必要はありません。しかし,どのアドレスサーバにユーザ認証要求を出すかという情報は,各アプリケーションが動作するサーバ上のファイルgaddr.iniに記述する必要があります。

gaddr.iniファイルは,「IPアドレス ポート番号」の形式で記述します。IPアドレスは,接続先のアドレスサーバのIPアドレスです。ポート番号は,接続先のアドレスサーバのアドレスデーモンが使用するポート番号です。ポート番号には,/etc/servicesの"adsv_ap"エントリで指定したものを設定してください。