COBOL2002 使用の手引 手引編

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

索引

[記号]
[数字]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]
[ア行][カ行][サ行][タ行][ナ行][ハ行][マ行][ヤ行][ラ行]

(記号)

.a〔ライブラリファイル〕
.cbf
.cbf
.cbl
.CBL
.cbl
.CBL
.cbl〔COBOL UAP引数定義ファイル〕
.cbl〔COBOLソースファイル〕
.cbl〔XMLアクセス用ステータス定義〕
.cbl〔XMLアクセス用データ定義〕
.cbl〔XMLアクセスルーチン〕
.cbp
.cbp〔プログラム情報ファイル〕
.cbs
.cbs〔擬似プログラム用プログラム情報ファイル〕
.class〔Cosminexus上Java実行ファイル〕
.cll〔カバレージ情報リストファイル〕
.cnl〔カウント情報リストファイル〕
.cno〔実行結果出力ファイル〕
.cob
.cob
.cob
.cvo〔実行結果出力ファイル〕
.cxc〔カタログファイル〕
.cxd〔XMLデータ定義ファイル〕
.DAT〔データレコードファイル〕
.DEF〔キー定義ファイル〕
.dtd〔XML文書型定義ファイル〕
.env〔CGI環境ファイル〕
.htm〔HTMLファイル〕
.html〔HTMLファイル〕
.java〔COBOLアクセス用Bean(Javaソースファイル)〕
.java〔EJB関連Javaソースファイル〕
.K01〔主キーファイル〕
.K02〜.K99〔副キーファイル〕
.lst
.lst〔コンパイルリストファイル〕
.o
.o〔オブジェクトファイル〕
.ocb
.ocb
.ocb
.ocf
.ocf
.ocf
.rep
.rep〔リポジトリファイル〕
.sl〔共用ライブラリファイル〕
.so〔共用ライブラリファイル〕
.tdi〔TDコマンド格納ファイル(中断点情報)〕
.tds〔TDコマンド格納ファイル(中断点情報)ファイル(シミュレーション情報)〕
.trc
.trc〔トレース情報ファイル〕
.xml〔XML文書型定義ファイル〕
.xml〔デプロイ情報(DDファイル)〕
-BigEndian
-BigEndian,Bin
-Bin1Byte
-BinExtend
-Cblctr
-CBLVALUE
-CmAster
-CmDol
-Comp5
-Compati85
-CompatiV3
-CompatiV3
-Compile
-CVInf
-CVInf
-DebugCompati
-DebugCompati
-DebugData
-DebugData
-DebugInf
-DebugInf
-DebugInf,Trace
-DebugLine
-DebugLine
-DebugRange
-DebugRange
-Define
-Defineオプション
-Details
-DigitsTrunc
-DoubleQuote
-DynamicLink
-EquivRule
-ErrSup
-EucPosition
-ExternRef
-H8Switch
-Help
-Help
-IgnoreLCC
-International
-IntResult,DecFloat40
-JPN
-Link
-LiteralExtend
-LowerAsUpper
-Lx64ConventionCheck
-Main
-Main,System
-Main,V3
-MainNotCBL
-MainNotCBL
-MainNotCBL
-MainNotCBL
-Mainオプションが指定されたプログラム
-MaxDigits38
-MinusZero
-MultiThread
-MultiThread
-NumAccept
-NumAccept
-NumAccept
-NumCsv
-OldForm
-Optimize
-Optimize,0
-Optimize,1
-Optimize,2
-Optimize,3
-OutputFile
-PICオプション
-PortabilityCheck
-Profile
-RDBTran
-RDBTranオプションの指定とCOMMIT/ROLLBACK文の扱い
-Repository
-Repository,Gen
-Repository,Gen
-Repository,Sup
-RepositoryCheck
-RepositoryCheck
-SimIdent
-SimMain
-SimSub
-SQL
-SrcList
-SrcList,CopyAll
-SrcList,CopySup
-SrcList,NoCopy
-SrcList,OutputAll
-SrcList,xxxxx,DataLoc
-SrcList,xxxxx,NoFalsePath
-Std2002
-Std85
-StdMIA
-StdVersion
-Switch
-TDInf
-TDInf
-TDInf
-TestCmd
-TruncCheck
-UniEndian
-UniEndianオプション指定時の注意事項
-UniEndianオプションと実行時環境変数CBLUNIENDIANの関係
-UniObjGen
-UniObjGenオプション指定時の注意事項
-UniObjGenオプションと-UniEndianオプションの関係
-UniObjGenオプションと実行時環境変数CBLLANGの関係
-UscoreStart
-V3ConvtNameオプション
-V3ConvtNameオプションを指定したときの原文名定数の扱い
-V3Rec
-V3RecFCSpace
-V3Spec
-XMAP
-XMAP,LinePrint
$%ELSE%$
$%END-REPEAT%$
$%IF%$文
$%REPEAT%$文
$%変数名%$

(数字)

10進項目の2進項目化
16進英数字定数
1バイトの2進項目
40けた10進浮動小数点形式
64bitアプリケーション作成時の注意事項
64bitアプリケーションの作成
9xの入出力状態

(英字)

(A)
ADD文
AND
ANSI(アメリカ規格)
APPLY FORMS-OVERLAY句
APPLY FORMS-OVERLAY句
argc
argv
AS
ASCII
ASSIGN句
AUTH_TYPE
(B)
BASEクラス
BY CONTENT
BY REFERENCE
BY VALUE
(C)
CALL定数
CALL定数
CALL文
CALL文
CALL文で直接システム関数を呼び出し
CANCEL文
CANCEL文実行後のプログラムの状態
CBL_FLSRVDUMP
CBL_FLSRVDUMP
CBL_RDBCOMMIT
CBL_RDBSYS(HP-UX(IPF),HP-UX(IPF64),AIX(32),AIX(64),Linux(IPF64),Solaris(SPARC)で有効)
CBL_STOPNOADV
CBL_STOPNOADV
CBL_SYSERR
CBL_SYSERR
CBL_SYSIN
CBL_SYSIN
CBL_SYSOUT
CBL_SYSPUNCH
CBL_SYSSTD
CBL_SYSSTD
CBL_外部装置名
CBL-CTR特殊レジスタ
cbl2kmf
cbl2krep
CBLABN
CBLABNLST
CBLABNLST
CBLABNLST
CBLADDPAIR
CBLARGC
CBLARGV
CBLCC
CBLCGIERR
CBLCGIERR
CBLCGIINIT
CBLCGIINITSIZE
CBLCGITRACE
CBLCLOSE
CBLCLOSE
CBLCONVERTTEXT
CBLCOPT
CBLCOPT2002
CBLCOPT2002
CBLCORE
CBLCREATELIST
CBLCSVCHAR
CBLCSVCHAR
CBLCSVINIT
CBLCSVINIT
CBLD_ファイル名
CBLDATADUMP
CBLDATADUMPFILE
CBLDATADUMPFILE
CBLDATE
CBLDATE
CBLDAY
CBLDAY
CBLDDUMP
CBLDDUMP
CBLDELETE
CBLDELETE
CBLDELETEPAIR
CBLDESTROYLIST
CBLDISPLAYTEXT
CBLEND
CBLENDREPEAT
CBLENDREPEAT
CBLENDサービスルーチンによる終了
CBLENVMAX
CBLERRMAX
CBLEXCEPT
CBLEXVALUE
CBLEXVALUE
CBLFILLTEMPLATE
CBLFINDNEXTPAIR
CBLFINDPAIR
CBLFIX
CBLFIX
CBLFIX
CBLFREE
CBLFREE
CBLFREE
CBLFSYNC
CBLFSYNC
CBLFSYNC
CBLGCINTERVAL
CBLGCINTERVAL
CBLGCSTART
CBLGCSTART
CBLGETENV
CBLGETENV
CBLGETPAIR
CBLGETPAIRNEXT
CBLHTMLBEGIN
CBLHTMLEND
cblhtmtr
CBLINBUFSIZE
CBLINITVALUE
CBLIOMESSAGE
CBLISAMDL
CBLLANG
CBLLARGEFILE
CBLLIB
CBLLIB
CBLLISTCOUNT
CBLLPATH
CBLLPATH
CBLLSLIB
CBLLSLIB
CBLLTAG
CBLLTAG
CBLMTEND
CBLNCNV
CBLNCNVサービスルーチン〔Unicode機能〕
CBLNO_LIBFREE
CBLOPEN
CBLOPEN
CBLOUTBUFSIZE
CBLPIDIR
CBLPRINTENV
CBLPRINTENV
CBLPRINTLIST
CBLPRMCHKW
CBLPRNT_xxx
CBLPRNT_xxx
CBLPRNTID
CBLPRNTID
CBLRDBDATAERR
CBLREAD
CBLREAD
CBLREP
CBLREP
CBLREWRITE
CBLREWRITE
CBLSENDERROR
CBLSORTSIZE
CBLSORTSIZE
CBLSORTWORK
CBLSORTWORK
CBLSRCENCODING
CBLSTART
CBLSTART
CBLSTDIOLVL
CBLSTMCLOSE
CBLSTMCREATE
CBLSTMOPEN
CBLSTMREAD
CBLSTMWRITE
CBLSYSREP
CBLTAB
CBLTAB
CBLTDDISPLAY
CBLTDEXEC
CBLTERM_xxx
CBLTERM_xxx
CBLTERMID
CBLTERMID
CBLTERMSHAR
CBLTERMSHAR
CBLTEXTSUPPRESSBOM
CBLTEXTWRITESPACE
CBLUBIT
CBLUNIENDIAN
CBLUNLOCK
CBLUNLOCK
CBLUPSI
CBLUPSI
CBLV3UNICODE
CBLVALUE
CBLVALUE
CBLWDISK
CBLWDISK
CBLWRITE
CBLWRITE
CBLX_外部装置名
CBLX_外部装置名
ccbl2002コマンド
ccbl2002コマンド
ccbl2002コマンドからのHTMLファイルの変換
ccbl2002コマンドに指定するオプション列
ccbl2002コマンドのヘルプ
ccblコマンド
ccblコマンド
ccblコマンドに指定するオプション列
CGI
CGI
CGI環境ファイル
CGI環境ファイル
CGI環境変数
CGI環境変数
CGIプログラム
CGIプログラム作成支援機能
CGIプログラムのコンパイル,およびリンク方法
CGIプログラムの作成
CGIプログラムの作成を支援するサービスルーチン
CGIプログラムの種類
CGIプログラムのデバッグ
CGIプログラムを作成する場合の注意点
CGIヘッダ
CGIリスト
CHARACTER TYPE句
COBOL2002 Net Server Runtime
COBOL2002 Net Server Runtime(64)
COBOL2002 Net Server Suite
COBOL2002 Net Server Suite(64)
COBOL2002仕様
COBOL2002で追加された機能
COBOL2002でのオブジェクト指向機能
COBOL2002の概要
COBOL2002の機能
COBOL2002の構成
COBOL85形式のコンパイラオプション
COBOL85とCOBOL2002のコンパイラオプションの対応
COBOL UAP引数定義ファイル
COBOLアクセス用Bean
COBOLエラー詳細情報
COBOLからCを呼ぶときの規則
COBOL原始プログラムのコンパイル
COBOL原始プログラムの正書法
COBOL実行環境の終了方法
COBOL実行単位の終了
COBOL主プログラム
COBOL主プログラムと副プログラム
COBOLソースの作成
COBOLソースファイル
COBOLソースファイル
COBOLで使用するファイル
COBOL入出力サービスルーチン
COBOL入出力サービスルーチンが対応している機能
COBOL入出力サービスルーチンで出力されるエラーメッセージ番号
COBOL入出力サービスルーチンでのディスク書き込み保証
COBOL入出力サービスルーチンのインタフェース
COBOL入出力サービスルーチンの使用例
COBOL入出力サービスルーチンの制限事項
COBOL入出力サービスルーチンを使用するときの注意事項
COBOLの概要
COBOLの実行環境を終了させる
COBOLの実行単位
COBOLのデータ項目とCプログラムの型の対応
COBOLのデータ項目とCプログラムの型の対応
COBOLの特長
COBOL副プログラム
COBOLプログラムが使用するスタック領域
COBOLプログラムからCプログラムを呼び出す方法
COBOLプログラム間で値を返す場合の規則
COBOLログファイル出力機能
COLUMN句
COMMIT
COMMON
COMP-5
COMPUTE文
CONTENT_LENGTH
CONTENT_TYPE
CONTINUE文
COPY登録集
COPY文による登録集原文の取り込み
COPY文のREPLACING指定およびREPLACE文の作用対象
COPY文の指定形式
CORRESPONDING指定
Cosminexus上Java実行ファイル
Cosminexus連携機能
CRT STATUS句
CSVQUOTE
CSVTABSEPARATED
CSVTABSEPARATED
CSVWRITESPACE
CSVWRITESPACE
CSV編成ファイル
CSV編成ファイル
CSV編成ファイル
CSV編成ファイルに数値データとして有効な文字の種類
CSV編成ファイルのファイル編成とレコード形式
CからCOBOLを呼ぶときの規則
C言語との連携
CプログラムからCOBOLプログラムを呼び出す方法
Cプログラムの型とCOBOLでの宣言
(D)
DCシミュレーション
DDファイル
DEFINED条件
DEFINE指令
DISPLAY文によるデータの出力
DIVIDE文
DML情報エリアの詳細
(E)
EBCDIC
EBCDIK
EC-ALL
EC-ALL
EC-ARGUMENT
EC-ARGUMENT-FUNCTION
EC-ARGUMENT-IMP
EC-BOUND
EC-BOUND-ODO
EC-BOUND-REF-MOD
EC-BOUND-SUBSCRIPT
EC-DATA
EC-DATA-PTR-NULL
EC-FLOW
EC-FLOW-GLOBAL-EXIT
EC-FLOW-GLOBAL-GOBACK
EC-FLOW-IMP
EC-FLOW-RELEASE
EC-FLOW-RETURN
EC-FLOW-USE
EC-I-O
EC-I-O-AT-END
EC-I-O-EOP
EC-I-O-EOP-OVERFLOW
EC-I-O-IMP
EC-I-O-INVALID-KEY
EC-I-O-LINAGE
EC-I-O-LOGIC-ERROR
EC-I-O-PERMANENT-ERROR
EC-OO
EC-OO-CONFORMANCE
EC-OO-EXCEPTION
EC-OO-IMP
EC-OO-METHOD
EC-OO-NULL
EC-OO-RESOURCE
EC-OO-UNIVERSAL
EC-OVERFLOW
EC-OVERFLOW-STRING
EC-OVERFLOW-UNSTRING
EC-PROGRAM
EC-PROGRAM-ARG-MISMATCH
EC-PROGRAM-CANCEL-ACTIVE
EC-PROGRAM-IMP
EC-PROGRAM-NOT-FOUND
EC-PROGRAM-RECURSIVE-CALL
EC-PROGRAM-RESOURCES
EC-RAISING
EC-RAISING-NOT-SPECIFIED
EC-RANGE
EC-RANGE-INSPECT-SIZE
EC-RANGE-INVALID
EC-RANGE-PERFORM-VARYING
EC-RANGE-SEARCH-INDEX
EC-RANGE-SEARCH-NO-MATCH
EC-SIZE
EC-SIZE-EXPONENTIATION
EC-SIZE-OVERFLOW
EC-SIZE-TRUNCATION
EC-SIZE-UNDERFLOW
EC-SIZE-ZERO-DIVIDE
EC-SORT-MERGE
EC-SORT-MERGE-IMP
EC-SORT-MERGE-RELEASE
EC-SORT-MERGE-RETURN
EC-USER
EC-USER-
EC-USER-(ユーザ定義例外名)
EJB関連Javaソースファイル
ERRHIGH
ERRLOW
EUC環境でCOBOLプログラムを実行した場合
EVALUATE指令
EVALUATE指令の例
EVALUATE文
EXCEPTION-FILE関数
EXCEPTION-LOCATION関数
EXCEPTION-OBJECT
EXCEPTION-STATEMENT関数
EXCEPTION-STATUS関数
EXIT文
EXIT文,GOBACK文のRAISING指定による例外の伝播
EXTERNAL句
EXTERNAL句
EXTERNAL句を用いたデータの共用
EXTERNAL属性チェック
(F)
FILE STATUS句
FLAG-85指令
FSYNC
FSYNC
(G)
GATEWAY_INTERFACE
GET PROPERTY
GETプロパティメソッド
GLOBAL句
GOBACK文
GOBACK文による終了
GO TO文
(H)
HiRDBによる索引編成ファイル
HTML
HTML拡張言語
HTML拡張言語の文法
HTML拡張言語を使用するときの注意事項
HTMLテンプレート
HTMLテンプレート
HTMLテンプレート機能
HTMLテンプレート機能
HTMLトランスレータ
HTMLトランスレータ
HTMLトランスレータの予約語
HTMLファイル
HTMLファイルの変換
HTMLファイルをCOBOLソースファイルに変換する方法
HTTP_ACCEPT
HTTP_COOKIE
HTTP_USER_AGENT
(I)
IF指令
IF指令の使用例
IF文
IMPLEMENTS句
INHERITS句
INITIALIZE文
INITIAL句
INSPECT文
INTERFACE-ID
ISAM
ISAM
ISAMDL
ISAMPREV
ISAMユティリティ
ISO(国際規格)
(J)
Javaソースファイル
JCPOPUP
JIS(日本工業規格)
JIS仕様
JXBSAID
(L)
LARGEFILE
LD_LIBRARY_PATH
LINE句
Linux(x86) COBOL2002,Linux(x64) COBOL2002でのUTF-8ロケールの対応
LISTING指令
LISTING指令
(M)
makefile生成機能
makefile生成機能の概要
makefileの生成方法
MIA仕様
MIAバージョン1.3仕様を範囲外チェック
MIAバージョン1.4仕様の範囲外チェック
MOVE文
MULTIPLY文
(N)
NEWメソッド
NOCSVQUOTE
NOCSVQUOTE
NOCSVTABSEPARATED
NOCSVWRITESPACE
NOFSYNC
NOFSYNC
NOINBUFSIZE
NOISAMDL
NOISAMPREV
NOLARGEFILE
NOOUTBUFSIZE
NOSAMAADV
NOSAMENDIO
NOTEXTSUPPRESSBOM
NOTEXTWRITESPACE
(O)
OpenTP1
OPEN文〔CSV編成ファイル〕
OR
OUTHIGH
OUTLOW
(P)
PAGE指令
PAGE指令
PATH_INFO
PATH_TRANSLATED
PDCANCEL
PDSWAITTIME
PERFORM文
PERFORM文の実行範囲
PROPAGATE指令
PROPAGATE指令
PROPERTY句
pthread_self
(Q)
QUERY_STRING
(R)
RAISE文
RAISING LAST指定
RAISING指定
RAISING指定による例外オブジェクトの伝播
RDBの列のデータ型とCOBOLのデータ記述
READ INTO
READ文
READ文〔CSV編成ファイル〕
READ文〔テキスト編成ファイル〕
RECURSIVE句
RELEASE文
REMOTE_ADDR
REMOTE_HOST
REMOTE_IDENT
REMOTE_USER
REPEAT.TERMINATOR
REQUEST_METHOD
RESUME文
RETURN-CODE特殊レジスタ
RETURN-CODE特殊レジスタ
RETURNING
RETURN文
REWRITE文
REWRITE文〔テキスト編成ファイル〕
ROLLBACK
(S)
SAMAADV
SAME AS句
SAMENDIO
SCRIPT_NAME
SEARCH文
SELECT句
SELF
SERVER_NAME
SERVER_PORT
SERVER_PROTOCOL
SERVER_SOFTWARE
SET LAST EXCEPTION TO OFF
SET PROPERTY
SETプロパティメソッド
SET文
SET文
SET文
SORT
SORT-CORE-SIZE
SORT-FILE-SIZE
SORT-MESSAGE
SORT-MODE-SIZE
SORT-RETURN
SOURCE FORMAT指令
SOURCE FORMAT指令による正書法の切り替え
SQLCA
SQL連絡領域SQLCA
stderr
stderr
stderr
stdin
stdin
stdin
stdout
stdout
stdout
STOP RUN文による終了
STOP文
STRING文
STRONG指定
SUBTRACT文
SUPER
SYMBOLIC TERMINAL句の指定
SYMBOLIC TERMINAL句の指定
(T)
TDコマンド
TDコマンド格納ファイル
TDコマンド格納ファイル(シミュレーション情報)
TDコマンド格納ファイル(中断点情報)
TEXTSUPPRESSBOM
TEXTWRITESPACE
TURN指令
TURN指令
TURN指令と対象の例外名
TURN指令と対象の例外名(EC-I-O例外名)
TURN指令によるチェック
TURN指令のチェックがON
TURN指令の有効範囲
TYPEDEF句
(U)
UCS-2
Unicode
Unicode機能
Unicode機能での制限事項
Unicode機能の概要
Unicode機能のサポート範囲
Unicode機能の詳細
Unicode機能の前提条件
Unicodeシグニチャ
Unicodeに対応していない機能
Unicodeに対応する機能
UNIX64 COBOL2002では使用できない機能
UNIX64 COBOL2002では使用できないサービスルーチン
UNSTRING文
UPSI-0
UPSI-1
UPSI-2
UPSI-3
UPSI-4
UPSI-5
UPSI-6
UPSI-7
USAGE句項目の指定
USE手続き
USE文
UTF-16
UTF-8
(V)
VALUE句のないデータ項目の初期値
(W)
WDISK
WDISK
Webシステム連携機能
WITH DUPLICATES指定
WRITE FROM
WRITE文〔CSV編成ファイル〕
WRITE文〔テキスト編成ファイル〕
(X)
XDM/SD
XDM/SDプログラムのテスト方法の制限事項
XDMによるデータベース操作シミュレーション機能
XMAP3
XMLアクセス用ステータス定義
XMLアクセス用データ定義
XMLアクセスルーチン
XMLデータ定義ファイル
XML文書型定義ファイル
XML連携機能

(ア行)

(あ)
値渡し
あとに指定した方のオプションが有効となる場合
アドレスデータ項目を使った引数の受け取り
アプリケーションデバッグ機能
アプリケーションの主プログラム
アプリケーションの主プログラム
アプリケーションの主プログラム
暗黙的なプロパティメソッド
アンロードの抑止
(い)
異常終了
異常終了時要約情報リスト
異常終了時要約情報リスト
移植性の良いプログラムの作成
一意名指定のCALL文
一般規則
入れ子のプログラム
印刷サービス名称の指定
印刷制御付き
インスタンスオブジェクト
インスタンスオブジェクト
インスタンスオブジェクトの消滅
インスタンスオブジェクトの生成
インスタンス定義
インスタンスデータ
インスタンスメソッド
インスタンスメソッドの呼び起こし
インタフェース
インタフェース
インタフェース
インタフェースエリアの詳細
インタフェース定義
インタフェースとクラスの適合
インタフェースの実装
インタフェースの定義
インタフェースの利用
インタフェース部分だけを作成した翻訳単位のコンパイル
インタフェース領域の形式
インタフェース領域のダンプ出力
インタフェースを使ったオブジェクトの使用
インタプリット型CGIプログラム
(う)
受け取り側作用対象
内側のプログラム
内側のプログラム
上書き(WRITE)モード
(え)
英小文字
英字項目
英字項目
英数字項目
英数字項目
英数字定数の分離符
英数字編集項目
英数字編集項目
エラー発生後に検出した例外に対して例外チェックが無効な場合の動作
エラー表示画面
エラー表示画面
エラーメッセージの形式〔リポジトリ管理ツール〕
エラーメッセージの内容〔リポジトリ管理ツール〕
エラーリスト
エラーリスト
演算強さの軽減
演算の中間結果
(お)
送り出し側作用対象
同じオプションを重複して指定した場合の規則
オブジェクト
オブジェクト参照データ項目
オブジェクト参照の適合チェック
オブジェクト指向
オブジェクト指向
オブジェクト指向機能
オブジェクト指向機能
オブジェクト指向機能でのマルチスレッド対応
オブジェクト指向でのインタフェース
オブジェクト指向による継承
オブジェクト指向による適合
オブジェクト指向によるポリモルフィズム
オブジェクト指向の紹介
オブジェクトの構造
オブジェクトの消滅
オブジェクトの生成
オブジェクトビュー
オブジェクトファイル
オブジェクトファイル
オブジェクトプロパティ
オブジェクトプロパティ
オプション
オプション〔コンパイラ〕
オプション概略の一覧
オプション指定項
オプションの打ち消し指定
オプションを指定することによって,仮定されるオプション
オプションを指定すると,ほかのオプションが無効となる場合
オンラインマニュアル
オンラインマニュアルの種類

(カ行)

(か)
ガーベジコレクション
ガーベジコレクション
開発環境のコンポーネント
外部スイッチ
外部スイッチ
外部スイッチ
外部スイッチの参照方法
外部スイッチの初期化
外部スイッチの変更
外部属性(EXTERNAL句)
外部属性を持つデータ項目の共用
外部プログラム
外部変数
外部リポジトリ
外部リポジトリに関連したコンパイルエラー発生時の対処方法
カウント情報
カウント情報リストファイル
書き換え(ERASE)モード
各実行単位の施錠形式
拡張コード文字
拡張子
拡張子規定なし
拡張子による検索順序
拡張子による正書法の指定
仮想端末の共用
仮想端末名
仮想端末名
仮想端末名の仮定値を指定する環境変数
仮想端末名の仮定値を指定する環境変数
仮想端末名を指定する環境変数
仮想端末名を指定する環境変数
カタログファイル
活性化されるプログラム
活性化するプログラム
活性状態
カバレージ
カバレージ情報
カバレージ情報
カバレージ情報リストファイル
カプセル化
カプセル化
可変長項目のあとに固定長項目
画面環境の設定
画面節(SCREEN SECTION)による画面機能
画面節(WINDOW SECTION)による画面機能
画面データの送受信先
画面に対する入出力
画面入出力機能
画面の座標指定
画面の種類と構成
画面の種類と構成
画面の定義
画面の表示モード
環境変数
環境変数
環境変数
環境変数
環境変数指定
環境変数の指定
環境変数の指定有無による結果の違い
環境変数の取り扱い
環境変数へのアクセス
関数定義
管理情報インタフェース領域
(き)
キー数
キー属性の指定
キー定義ファイル
キーの機能
キーの機能
キー比較条件
規格の互換性をチェックする翻訳指令
擬似プログラム用プログラム情報ファイル
擬似プログラム用プログラム情報ファイル
既定義オブジェクト参照
既定義オブジェクトを使用したメソッドの呼び起こし
起動ファイルの作成方法
基本機能〔Unicode機能〕
基本的な内部操作手続き文
旧形式のオプション
境界
行制御出力
共通式の削除
共通属性プログラム
共通例外処理
共通例外処理
共通例外処理
共通例外処理
共通例外処理に対応している機能
共通例外処理の概要
共通例外処理の機能
共通例外処理の使用例
共通例外処理の注意事項
共通例外の仕組み
共通例外の宣言手続き
共有可能属性
共有可能属性の初期値
共有不可能属性
共有不可能属性の初期値
共用モード
共用ライブラリ
共用ライブラリに含まれるプログラムの呼び出し方法
共用ライブラリのアンロード
共用ライブラリの概要
共用ライブラリの作成
共用ライブラリファイル
共用ライブラリファイル
局所場所節
局所場所節
局所場所節のデータ領域
局所名
(く)
空白文字,表意定数SPACE,および転記の空白詰めの文字コード
組み込み関数を使用した例外情報の参照
クラス
クラス
クラス定義
クラス定義
クラス同士またはインタフェース同士の適合
(け)
継承
継承
継承
継承の使い方
原始プログラムの作成規則
原始プログラムリスト
原始プログラムリスト
原始文操作機能
原文名
原文名定数
(こ)
コアダンプの出力
構造型データベース
構造型データベース(XDM/SD)操作シミュレーション
構文規則
コード変換失敗時の動作
コード変換ライブラリ
固定形式拡張子
固定形式正書法
固定形式正書法
固定形式正書法
固定形式正書法
古典的要素
異なった文字集合間の比較
コピー伝播
コマンド行に指定した引数の個数
コマンド行に指定した引数の内容
コマンド行に指定する引数の形式
コマンド行へのアクセス
コメント
固有情報エリアの詳細
コンパイラ
コンパイラオプション
コンパイラオプション
コンパイラオプション
コンパイラオプションの一覧
コンパイラオプションの一般規則
コンパイラオプションの詳細情報
コンパイラオプションの優先順位
コンパイラ環境変数
コンパイラ環境変数
コンパイラ環境変数の一覧
コンパイラの起動方法
コンパイラの制限値
コンパイラ付属機能
コンパイル
コンパイル
コンパイル,リンクの指定
コンパイル〔Unicode機能〕
コンパイル時の主な入出力ファイル
コンパイル時の制限事項
コンパイル時の注意事項〔Linux(x86)〕,〔Linux(x64)〕
コンパイル時の入出力の流れ
コンパイルリスト
コンパイルリストに関連する翻訳指令
コンパイルリストの出力形式を指定する
コンパイルリストの出力先
コンパイルリストの出力に関連する翻訳指令
コンパイルリストファイル
コンポーネントの種類

(サ行)

(さ)
サーバの最大待ち時間の設定
サービスルーチン
サービスルーチンの一覧
サービスルーチンのリソース一覧
サービスルーチンを使った引数の受け取り
再帰属性プログラム
再帰呼び出し
再帰呼び出しの例
最終実行文情報
最終生成物の種類の設定
最新例外状態
最新例外状態のクリア
最外側のプログラム
最外側のプログラム
最適化機能
最適化のレベル
最適化のレベル
作業場所節
作業場所節のデータ領域
索引ファイル機能を使用したマルチスレッド対応COBOLプログラムのリンク
索引編成ファイル
索引編成ファイルでのレコードの検索基準の相違
索引編成ファイルに対するOPENモード
サブオプション
サブクラス
算術演算機能
算術演算機能の特徴
算術文
参照渡し
(し)
シグナル
シグナル
シグナル種別
シグニチャ
システム入出力関数レベルの指定
実行〔Unicode機能〕
実行可能ファイル
実行可能ファイル
実行可能ファイル
実行可能ファイル
実行可能ファイルと共用ライブラリの作成
実行可能ファイルと共用ライブラリの作成時の注意事項〔Linux(x86)〕,〔Linux(x64)〕
実行可能ファイルの起動方法
実行可能ファイルの作成単位
実行可能ファイルの指定
実行可能ファイル名の指定方法
実行可能プログラム
実行環境のコンポーネント
実行結果出力ファイル
実行結果出力ファイル
実行される宣言手続き
実行時エラーメッセージの出力先
実行時環境変数
実行時環境変数CBLLANGとCBLUNIENDIANの関係
実行時環境変数で行制御を操作する方法
実行時環境変数の一覧
実行時環境変数の一覧〔64bitアプリケーションの作成〕
実行時デバッグ機能
実行時のカーソルの位置づけ
実行時の制限事項
実行時の注意事項〔Linux(x86)〕
実行時要素
実行状態を示すコード
実行状態を示すコード
実行時ライブラリ
実行単位
実行単位の終了方法
実行方式
実装インタフェースの適合チェック
実体参照
実体参照
実体参照での表記の一覧
指標の繰り返し回数
シフトJIS範囲外の文字
シミュレーション情報
主/副プログラムシミュレーションで生成する擬似プログラム用プログラム情報ファイル
自由形式拡張子
自由形式正書法
自由形式正書法
自由形式正書法
自由形式正書法
自由形式正書法で書かれたCOBOL原始プログラム
自由形式正書法で指定できないコンパイラオプション
自由形式のソース原文や登録集原文
終端インジケータ
終端インジケータ
従来形式の例外処理
従来形式の例外処理
終了コード
終了コード
終了コード
終了コード
主画面
主画面
主キーファイル
主プログラムシミュレーション機能
主プログラムとして動作させる場合
順序の比較
順編成ファイル
条件式
条件式の評価の流れ
条件分岐文
条件変数
条件翻訳結果のコンパイルリスト
条件翻訳に関連する翻訳指令
条件翻訳の利用
小数点以下のけた数
使用する文
使用する文
使用するメモリサイズ
仕様チェックオプションを複数指定した場合
使用できるファイル
使用できるファイル形式
使用できるファイルの種類
使用できるファイル編成
情報リスト
情報リスト
少量入出力
初期化属性プログラム
初期状態
書式オーバレイ
処理時間の短縮
処理速度の速いプログラムの作成
字類条件
字類条件の判断基準と文字の大小関係
新機能
(す)
数字項目のけた拡張機能
数字項目の定義や演算を工夫
数字項目の入力方式
数字項目の表示形式
数字編集項目
数字編集項目
数字編集項目の入力方式
数値の内部表現を意識したコーディング
スーパクラス
スキーマ定義
スタックコンパイル機能
スタック領域に配置されるデータ
スタック領域のサイズ変更方法
スタティック型CGIプログラム
スレッドごとに環境変数を設定する
スレッドごとに固有の出力ファイル名称を付ける
スレッド識別子の値
スレッド識別子の値
(せ)
制御プログラム
制御変数
制御文字
整合性チェック
整合性チェックの警告エラー出力
正書法
正書法
正書法の決定の優先順位
正書法の異なるプログラム間の複写
静的なリンク
静的なリンク
製品体系
西暦日付の変更
整列作業用ファイル
整列処理のメモリサイズ
整列併合機能
整列併合機能
整列併合機能を使用したマルチスレッド対応COBOLプログラムのリンク
セルデータを数値として入出力する
セルデータをタブ文字区切りで入出力する機能
宣言手続きからの復帰
(そ)
送受信間の物理マップ
送受信間の物理マップ
送受信先の設定方法
送信先の設定方法
相対位置表示時の原始プログラムリスト
相対編成ファイル
添字
添字
添字
ソース原文の正書法を決定する翻訳指令
ソース単位の定義によって記述できるデータ定義の種別
ソースの作成方法
ソースファイルとリポジトリファイルの関係
ソースファイルの拡張子と正書法の種類の対応
ソースファイル名
ソースファイル名と拡張子
そとPERFORM
そとPERFORM文のインライン展開
その他の入出力文

(タ行)

(た)
第1次規格
第1次規格
第2次規格
第2次規格
第3次規格
第3次規格
第4次規格
第4次規格
大域属性(GLOBAL句)
大域名
大域名と局所名の有効範囲
タイトルバー
ダイナミック型CGIプログラム
ダイヤモンド継承
互いに参照し合う翻訳単位のコンパイル
他言語とのプログラム間連絡
多重継承
タブコード
タブ文字
単一レコード施錠
単純継承
ダンプリスト
(ち)
致命的例外
中間結果
中間結果のけた数
中断点情報
帳票データの送信先
帳票の定義
重複キー
(つ)
通算日付の変更
通常属性プログラム
通信節による画面機能(HP-UX(IPF),AIX(32),Solaris(SPARC)で有効)
強く型付けされた項目
(て)
定義の種類
定義別のコンパイル方法とリポジトリファイル
定数指定
定数指定のCALL文
定数指定の引数
定数長拡張機能
定数の畳み込み
ディスク書き込みオプション
ディスク書き込み保証
ディレクトリによる検索順序
データ有無コード
データ型の定義と参照
データ項目の型の対応
データコミュニケーション機能
データコミュニケーション機能の概要
データコミュニケーション機能を使用したCOBOLプログラムの例
データ属性の種類
データ転記文
データ転送
データの後の空白文字を出力する機能
データの入力方式
データの比較
データの表示形式
データベース操作シミュレーション
データベース操作シミュレーション機能
データベース操作文で内部的に展開されるCALL文
データベース操作文で内部的に展開されるCALL文の引数
データ名指定
データ領域
データ領域ダンプの出力条件
データ領域ダンプリスト
データ領域ダンプリスト出力情報の選択
データ領域ダンプリストの出力先
データ領域の種類
データ例外検出機能
データレコードファイル
適合
適合
適合チェック
テキスト編成ファイル
テキスト編成ファイルのUnicodeシグニチャ出力の切り替え機能
テキスト編成ファイルのファイル編成とレコード形式
テストデバッガ
手続き部見出しのRAISING指定
手続き文
手続き分岐
デバッグ環境のコンポーネント
デバッグ機能の種類と概要
デバッグ行
デバッグ情報
デバッグ情報が出力されるタイミング
デバッグ情報の出力例
デバッグ情報の取得
デバッグ情報へ出力されるインタフェース領域の種類
デプロイ情報
伝播によって検出した例外に対して例外チェックが無効な場合の動作
(と)
動作環境〔Linux(x86)〕,〔Linux(x64)〕
動的長基本項目
動的なリンク
動的なリンク
登録集環境変数
登録集環境変数
登録集検索ディレクトリ
登録集原文
登録集原文
登録集原文
登録集原文
登録集原文の検索順序
登録集原文の正書法
登録集原文のファイル形式
登録集原文ファイルの検索
登録集名
登録集名
特殊レジスタ
トランザクション管理機能
取り消し後の呼び出し
取り消し対象のプログラム
取り消しで解放される資源
取り消しの実行順序
トレース情報ファイル
トレースバック情報
トレースバック情報
トレースファイル
ドロー
ドロー

(ナ行)

(な)
内部プログラム
内容渡し
(に)
日本語項目
日本語項目
日本語集団項目
日本語定数
日本語編集項目
日本語編集項目
日本語文字データの転記,比較
日本語を含む原始プログラム
入出力エラー
入出力エラー処理
入出力機能〔Unicode機能〕
入出力状態
入出力状態の値
入出力状態の値
入出力情報と取り扱う文字コード
入出力データの変換
入出力の流れ
入力時の未使用項目の初期化機能
(ね)
ネットワーク上のファイルを使用する場合の注意事項
ネットワークファイルシステムでのラージファイルの動作

(ハ行)

(は)
排他モード
バイトオーダ
バイトストリーム入出力サービスルーチン
バイトストリーム入出力サービスルーチンの概要
バイトストリーム入出力サービスルーチンの説明
背反関係にあるサブオプション同士を指定した場合
廃要素
廃要素
パネル定義
パネル定義
パラメタ
パラメタインタフェース領域
範囲外チェック
範囲外チェック
範囲外チェック
半角かたかな
半角かたかな
(ひ)
比較する項目の長さ
引数の受け取り
引数の受け取り方法
引数の受け取り方法
引数の受け渡し
引数の受け渡しの規則
引数の受け渡しの種類
引数の整合性チェック
引数の引き渡し方法
引数を値渡しで受け取る
引数を値渡しで引き渡す
引数を一括して取得する方法
引数を個別に取得する方法
引数をポインタ型で受け取る
引数をポインタ型で引き渡す
非致命的例外
ビッグエンディアン形式
ビッグエンディアン形式
日付や時刻を取得するACCEPT文
ビットデータ
表計算プログラムファイル
表示モード
標準エラー出力
標準エラー出力
標準エラー出力
標準クラス
標準コード文字
標準出力
標準出力
標準出力
標準転記によるACCEPT文
標準入力
標準入力
標準入力
表操作
表要素
(ふ)
ファイル書き込み時のディスク書き込み保証の指定方法
ファイル共用
ファイル共用を省略した場合の処理
ファイルクローズ時のディスク書き込み保証の指定方法
ファイルサイズがレコード長の整数倍でない固定長形式の順ファイルの入出力
ファイルシェア
ファイル入出力拡張機能
ファイル入出力機能
ファイル入出力文でのエラー情報出力機能
ファイルの検索順序
ファイルのディスク書き込み保証
ファイルの排他・共用の区別
ファイルの排他・共用の区別
ファイルの割り当て
ファイルバッファサイズ指定機能
ファイル編成とレコード形式
ファイルレベルのファイル共用
ファイル割り当ての共通規則
ファクトリオブジェクト
ファクトリオブジェクト
ファクトリ定義
ファクトリデータ
ファクトリメソッド
ファクトリメソッドの呼び起こし
ファンクションキー入力結果の取得
フォーム情報の取得
フォームタグ
不活性状態
副キーファイル
複数レコード施錠
副プログラムシミュレーション機能
副プログラムとして動作させる場合
復帰コードの値
復帰コードの規則
復帰コードの参照方法
復帰コードの設定方法
物理ファイル名
物理マップ名
物理マップ名
負の符号を持つゼロ
不変式のループ外移動
不要な小数点
プライマリスレッド
プリンタ出力の識別
プリンタに対する帳票出力
プリンタへのアクセス
プログラミング上の留意点
プログラム
プログラムが異常終了した場合の終了コード
プログラムからの連動実行
プログラム間整合性チェック
プログラム間の引数と返却項目
プログラム間連絡
プログラム原文領域
プログラム実行時にシグナル登録しない環境変数CBLEXCEPT
プログラム実行時呼び出し関係に依存するスタック領域の消費量
プログラム情報ファイル
プログラム情報ファイル
プログラム情報ファイル
プログラム情報ファイル
プログラム属性
プログラム定義
プログラム定義
プログラム定義だけのコンパイル
プログラムとファイル割り当ての関係
プログラムのコンパイルと実行〔HiRDBによる索引編成ファイル〕
プログラムの実行
プログラムの実行〔64bitアプリケーションの作成〕
プログラムの実行環境の設定
プログラムの実行環境の設定〔64bitアプリケーションの作成〕
プログラムの取り消し
プログラムの呼び出し
プログラムの呼び出し
プログラム名
ブロックカーソル
(へ)
併合処理のメモリサイズ
ヘッダの出力形式
ヘルプ機能
ヘルプ機能(オプション表示)
返却項目
(ほ)
報告書作成機能
報告書作成機能
ポップアップ画面
ポップアップ画面入出力機能
ポップアップブロックカーソル画面
ポリモルフィズム
ポリモルフィズム
ポリモルフィズム
翻訳グループ
翻訳グループを構成する定義の種類
翻訳指令
翻訳単位
翻訳単位情報の表示
翻訳単位の考え方
翻訳変数名

(マ行)

(ま)
マニュアル
マルチスレッド
マルチスレッド
マルチスレッド環境下でのファクトリデータ
マルチスレッド環境下でのメソッドの実行
マルチスレッド環境での実行
マルチスレッド対応COBOLプログラム
マルチスレッド対応COBOLプログラム
マルチスレッド対応COBOLプログラムが対応している機能
マルチスレッド対応COBOLプログラムの開始と終了
マルチスレッド対応COBOLプログラムの概要
マルチスレッド対応COBOLプログラムのコンパイル
マルチスレッド対応COBOLプログラムの生成
マルチスレッド対応COBOLプログラムのデバッグ
マルチスレッド対応COBOLプログラムのデバッグ
マルチスレッド対応COBOLプログラムのリンク
マルチスレッド対応COBOLプログラムを使用する上での注意事項
(め)
明示的なプロパティメソッド
明示的な例外の引き起こし
メインフレーム
メインフレーム
メソッド
メソッド原型
メソッド原型定義
メソッド定義
メソッドに渡す引数
メソッドの検索
メソッドの呼び起こし
メソッドの呼び起こし
メソッドの呼び起こし
メソッド名
メソッド呼び起こしの適合
メッセージ
メッセージパッシング
メッセージパッシング
メモリサイズ
メモリサイズと処理時間
(も)
文字コードを変換するプログラム例
文字の大小関係
文字列操作文
戻り値の受け渡し
戻り値の受け渡し
戻り値の使い方

(ヤ行)

(ゆ)
有効けた数
ユーザポップアップHELP画面
ユーザポップアップHELP機能
(よ)
用途DISPLAYと用途NATIONALとの間の変換
呼び出し先プログラム
呼び出してはいけないサービスルーチン
呼び出し元プログラム
呼び出し元プログラムトレース
弱く型付けされた項目

(ラ行)

(ら)
ラージファイル入出力機能
ラージファイル入出力機能でのファイルの共用
ラージファイル入出力機能でのファイルの共用
ラージファイル入出力機能の概要
ラージファイル入出力機能の指定方法
ラージファイル入出力機能の制限事項
ライブラリファイル
(り)
リストの出力
リストの見方
リソース一覧
リトルエンディアン形式
リポジトリ管理ツール
リポジトリ管理ツール使用時のエラーメッセージ
リポジトリ管理ツールの終了コード
リポジトリ段落
リポジトリ段落でほかの翻訳単位を参照する場合のコンパイル
リポジトリ段落を指定したソースファイルのコンパイル方法
リポジトリファイル
リポジトリファイル
リポジトリファイル
リポジトリファイル〔-Repository,Gen〕
リポジトリファイル〔CBLREP〕
リポジトリファイル〔CBLSYSREP〕
リポジトリファイルとリポジトリ段落の関係
リポジトリファイルに格納される情報
リポジトリファイルの管理
リポジトリファイルの検索
リポジトリファイルの参照方法
リポジトリファイルの生成
リポジトリファイルの生成に関連するコンパイラオプション
リポジトリファイルの生成方法
リポジトリファイルの単独生成
リポジトリファイルを使用するCOBOLプログラム開発の概要
リポジトリファイルを使用するCOBOLプログラムの作成手順
利用者定義関数
利用者定義関数
利用者定義関数の参照
利用者定義関数の注意事項
利用者定義関数の引数と返却項目
利用者定義関数の引数の扱い
利用者定義例外名
リレーショナルデータベース(XDM/RD)操作シミュレーション
リレーショナルデータベース(XDM/RD)操作シミュレーション機能
リンカ
リンクの指定
(る)
ループの削除
(れ)
例外
例外
例外オブジェクト
例外オブジェクト
例外が検出される文
例外が検出される文の詳細
例外検出での注意事項
例外情報の参照
例外処理
例外処理
例外処理に関連する翻訳指令
例外処理の動作
例外チェックが無効な場合の動作
例外の検出条件
例外の自動伝播
例外の致命度
例外の伝播
例外名
例外名の一覧
例外名のレベル
例外を受け取れないプログラムに例外を伝播させた場合の動作
例外を検出する組み込み関数
レコード施錠
レコード単位アクセスモード
レコードの検索基準
レコード末尾の空白文字を出力する機能
レコードレベルのファイル共用
連続コンパイル機能
連絡節のデータ領域
(ろ)
論理演算