高速トランザクション処理基盤 TP1/EE/Extended Data Cache 使用の手引

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

索引

[記号]
[][][][][][][][][][][][]
[ア行][カ行][サ行][タ行][ナ行][ハ行][マ行][ヤ行][ラ行]

(記号)

#COMMENT
#EXIT
#SET DUMPMODE
#SET OPT REPORT

(英字)

(C)
CHARACTER
CLサーバ
CLサーバのシミュレート機能
CL連携
(D)
DBエリア
DBエリアが作成されるメモリ領域
DBエリアの自動増分
DBエリアの種類
DBエリアの設計
DBエリアの定義
DBエリアの物理構造
DCCONFPATH
DCUAPCONFPATH
DECIMAL
(E)
eetrbwtorコマンド
eexdbarea
eexdbdefchkコマンド
EEXDBDEFFILE
eexdbdumpコマンド
eexdbedコマンド
eexdbexportコマンド
eexdbexttblコマンド
eexdbfputコマンド
eexdbimportコマンド
eexdbmemdmpコマンド
eexdbrasgetコマンド
eexdbshmrmコマンド
eexdbsqlコマンド
eexdbsqlのサブコマンド
eexdbsrv
eexdbstaコマンド
(H)
HAサーバ
HAモニタ
(I)
IFA〔用語解説〕
INTEGER
(K)
KFSB56208-Qメッセージ
(M)
MASTER〔スキーマ名〕
max_mem_size〔見積もり式〕
(P)
PCTFREE
(R)
READ COMMITTED〔トランザクションの分離レベル〕
(S)
SEGMENT REUSE
setrlimit_memlock
SHMALL
SHMMAX
SHMMIN
SHMMNI
SQL_COLUMNS
SQL_DBAREAS
SQL_DIV_INDEX
SQL_DIV_TABLE
SQL_INDEXES
SQL_TABLES
SQLWARN6
SQLエラーに伴うロールバック
SQL単位情報に表示される項目
SQL単位情報の容量見積もり
SQLトレース情報
SQLトレース情報に表示される項目
SQLトレース情報の容量見積もり
SQLの最適化
SQLの実行
SQLの判定処理〔SQLプール機能〕
SQLの前処理
SQLプール
SQLプール機能
SQLプール機能のチューニング
SQLプールサイズ
SQLプールサイズの見積もり
syslog
system_work_size
(T)
TASKTM情報
TIMESTAMP
TP1/EEプロセスで確保するメモリの見積もり
TP1キャッシュ機能
(X)
xdb_default_service_mem_size
xdb_forward_time_limit
xdb_import_work_directory
xdb_lang
xdb_memory_fixed
xdb_memory_terminate_remove
xdb_schema_definition_file
xdb_sql_accesspath_out
xdb_sql_param_size
xdb_sql_param_trace
xdb_sql_text_size
xdb_sql_trace_out
xdb_sqlpool_size
xdb_start_import_control_file
xdb_stop_export_control_file
xdb_table_preread
xdb_tabledefpool_size
xdb_trace_buffer_number
xdb_trace_buffer_size
xdb_trace_entry_size
xdb_trace_file_number
xdb_trace_file_size
xdb_trace_out
xdb_wtor_interval_time
XDBPOOLの見積もり
XDBUSER〔スキーマ名〕
XDBサービス定義〔用語解説〕
XDBサービス定義の作成
XDBサービス定義のチェック
XDBスレッド領域
XDBトレース情報
XDBトレース情報〔用語解説〕
XDBトレース情報の取得
XDBトレース情報の表示〔eexdbedコマンド〕
XDBトレース情報の表示方法
XDBトレース情報のファイルへの出力
XDBトレース情報ファイル
XDBトレース情報ファイルの世代数
XDBトレース情報ファイルのバックアップ
XDBトレース情報量の見積もり
XDBトレース情報をスタックするバッファ
XDBの運用サイクル
XDBの開始
XDBの終了
XDBの特長
XDB用ワーク領域の見積もり

(ア行)

(あ)
空き領域探索
アクセスパス情報に表示される項目
アクセスパス情報の表示例
アクセスパス情報の容量見積もり
(い)
一括先読み〔表定義プール機能〕
インストール
インストール前の確認
インデクス
インデクス〔ディクショナリ表〕
インデクス構成列〔用語解説〕
インデクススキャン
インデクスの格納ページ数の計算方法
インデクスのキー長
インデクスの効果的な使い方
インデクスの設計
インデクスの追加
インデクスの優先順位
インデクスページ
インデクスページスプリット
インデクスページスプリット〔用語解説〕
インデクス用DBエリア
インデクス用DBエリアの総ページ数の計算式
インデクス用DBエリアの容量見積もり
インポート
インポート〔用語解説〕
インポート制御ファイル〔用語解説〕
インポート制御ファイルの作成
インメモリデータ処理技術
(え)
エクスポート
エクスポート〔用語解説〕
エクスポート制御ファイル〔用語解説〕
エクスポート制御ファイルの作成
エクスポートファイル
エクスポートファイルの形式
(お)
追い付き反映
オペレーションコード

(カ行)

(か)
カーネルパラメタ
開始
下位ページ
下位ページ〔用語解説〕
下位ページ用セグメント
格納ページ数の計算方法〔インデクス用DBエリア〕
格納ページ数の計算方法〔表用DBエリア〕
可用性
環境設定手順
関連製品
(き)
キースキャン
キースキャンによる列値取得機能
キー長〔インデクス〕
基本行
基本行〔用語解説〕
基本行用セグメント
基本行用ページ
行ID
行IDフェッチ
行IDリストページ
共用メモリ1面分の確保サイズ
共用メモリの解放〔eexdbshmrmコマンド〕
共用メモリの解放〔xdb_memory_terminate_remove〕
共用メモリの固定〔xdb_memory_fixed〕
共用メモリの固定化
共用メモリ面数〔DBエリア〕
共用メモリ面数の上限
(く)
クラスタリング
(け)
系切り替え機能
結合方式
検索時に使用されるインデクスの例
検索データ情報
検索方式
(こ)
コアファイルからのXDBトレース情報の表示
更新バッファ
更新バッファ〔用語解説〕
更新バッファが使用するメモリの見積もり
更新ログ
更新ログ〔用語解説〕
更新ログの見積もり
固定化〔共用メモリ〕
コミット通番〔用語解説〕

(サ行)

(さ)
サービス名
最終セグメント
最小値
最大確保共用メモリ面数
最大値
最適化〔SQLの最適化〕
再利用契機〔セグメント〕
作業表〔用語解説〕
作業表の構成列
作業表の作成要因
作業表の作成を回避する方法
作業表の種類
作業表用DBエリア
作業表用DBエリアの容量見積もり
作業表を作成するSQL
作成モード
サブコマンド〔eexdbsql〕
(し)
時刻印データ
システム構成〔TP1キャッシュ機能使用時〕
システム統計情報 ,[2]
システム統計情報に出力されるXDBに関する情報
システムワーク領域の最大サイズの見積もり
実行系
実行系孤立状態
実行系孤立状態〔用語解説〕
実行系孤立状態になったときの対処方法
自動増分〔DBエリア〕
シミュレート機能
集合関数の高速処理機能
終了
上位ページ
上位ページ〔用語解説〕
上位ページ用セグメント
障害対策
初期確保共用メモリ面数
信頼性
(す)
数データ
スキーマ
スキーマ名
スキーマ名〔用語解説〕
(せ)
セグメント
セグメントサイズ
セグメントサイズ〔DBエリア〕
セグメントの解放
セグメントの確保
セグメントの再利用
セグメントの再利用〔用語解説〕
セグメントの再利用契機
接続ユーザ
前提OS
前提製品
(そ)
総ページ数の計算式〔インデクス用DBエリア〕
総ページ数の計算式〔表用DBエリア〕
ソート処理をインデクスで代用する

(タ行)

(た)
待機系
待機系との連携による障害対策
単一列インデクス
単一列インデクス〔用語解説〕
(ち)
中間ページ
チューニング
チューニング〔SQLプール機能〕
チューニング〔表定義プール機能〕
(つ)
追加モード
(て)
定義系SQL文記述ファイル〔用語解説〕
定義系SQL文記述ファイルの作成
ディクショナリ表
ディクショナリ表〔インデクス〕
ディクショナリ用DBエリア
ディクショナリ用DBエリアの容量見積もり
ディスクアクセスレス
ディスク型DBとの運用の違い
ディレクトリページ
データ型
データ長〔列のデータ長〕
データの展開
データの保存
データページ
データベース管理者が行う主な運用
データベースの状態解析
データベースの設計
データベースの論理構造
テーブルスキャン
(と)
統計情報の取得
特長〔XDB〕
トラブルシュート情報の一覧
トランザクションの分離レベル

(ナ行)

(に)
入力データファイルの形式
入力データファイルの準備
入力用パラメタ情報
(ね)
ネストループジョイン

(ハ行)

(は)
排他の取得期間
バックアップ〔XDBトレース情報ファイル〕
バッファ〔XDBトレース情報〕
パラメタトレース情報に表示される項目
パラメタトレース情報の出力例
パラメタトレース情報の容量見積もり
判定処理〔SQLプール機能〕
(ひ)
表定義情報
表定義情報の一括先読み
表定義情報の一括先読み〔xdb_table_preread〕
表定義プール
表定義プール機能
表定義プール機能のチューニング
表定義プールサイズ
表定義プールサイズの見積もり
表データのインポート
表データのエクスポート
表の結合方式
表の検索方式
表の設計
表の追加
表用DBエリア
表用DBエリアの総ページ数の計算式
表用DBエリアの容量見積もり
(ふ)
フェールオーバ
複数列インデクス
複数列インデクス〔用語解説〕
物理解析
物理解析情報
物理構造〔DBエリア〕
プロセスダウン
分岐行
分岐行用ページ
(へ)
ページ
ページサイズ
ページサイズ〔DBエリア〕
ページ内の未使用領域
ページ内の未使用領域〔用語解説〕
ページの解放
ページの確保
ページング
(ほ)
保守資料の取得

(マ行)

(ま)
前処理結果
マスタディレクトリ用DBエリア
マスタディレクトリ用DBエリアの容量見積もり
マルチキャスト
(み)
未使用領域〔ページ〕
見積もり式〔SQL単位情報〕
見積もり式〔SQLトレース情報〕
見積もり式〔system_work_size〕
見積もり式〔TP1/EEプロセスで確保するメモリ〕
見積もり式〔XDBトレース情報〕
見積もり式〔XDB用ワーク領域〕
見積もり式〔アクセスパス情報〕
見積もり式〔インデクス用DBエリア〕
見積もり式〔更新バッファ〕
見積もり式〔更新ログ〕
見積もり式〔作業表用DBエリア〕
見積もり式〔システムワーク領域最大サイズ〕
見積もり式〔ディクショナリ用DBエリア〕
見積もり式〔パラメタトレース情報〕
見積もり式〔表用DBエリア〕
見積もり式〔マスタディレクトリ用DBエリア〕
(め)
メッセージへの応答
メッセージログ
メモリ上のデータの保存
メモリ上へのデータの展開
メモリ所要量
メモリダンプ
メモリダンプ〔用語解説〕
メモリダンプの出力
メモリダンプファイル
メモリダンプファイルからの表データの抽出
メモリダンプファイルの出力先
面数〔共用メモリ〕
(も)
文字コード
文字データ

(ヤ行)

(ゆ)
ユーザサービス定義〔TP1/Server Base〕
ユーザ名
優先順位〔インデクス〕

(ラ行)

(り)
リーフページ
(る)
ルートページ
(れ)
列値取得機能
列のデータ長
(ろ)
ロールバック
論理解析
論理解析情報
論理構造〔データベース〕