Hitachi

COBOL EUR 連携ガイド


付録B 用語解説

(英字)

COBOL2002

事務処理向けのプログラミング言語であるCOBOLでのプログラム開発をサポートする製品です。標準的なCOBOLの仕様に加え,オブジェクト指向などの新規格をサポートしています。

COBOL連携情報

COBOL EUR 連携で使用する,次に示すファイルの総称です。

  • 送信データ領域ファイル(*.cbl)

  • 連携用パラメタファイル(*.csv)

  • 帳票ファイル(*.fms)

COBOL連携情報作成機能

COBOL連携情報を作成するEURの機能です。機能を実行するためのツールをCOBOL連携情報作成ツールといいます。

COBOL連携情報作成ツール

COBOL連携情報を作成するEURのツールです。次に示すファイルを生成します。

  • 送信データ領域ファイル(*.cbl)

  • 連携用パラメタファイル(*.csv)

  • 帳票ファイル(*.fms)

EUR

業務要件に合わせた帳票システムを構築する製品です。帳票作成および帳票出力向けの豊富な機能をサポートしているため,表現力が豊かな帳票出力と,利便性が高い帳票システムの運用を実現できます。

(サ行)

送信データ領域ファイル(*.cbl)

帳票出力処理をSEND文で記述したCOBOLソースファイルから参照するファイルです。COBOLプログラムで指定し,ビルドを実行して実行可能ファイルを作成するときに使用します。

(タ行)

中間ファイル

COBOLプログラムからのSEND文を受け取ると,COBOL EUR 連携ライブラリは2つの中間ファイル(帳票セット指定ファイル,マッピングデータファイル)を自動的に生成し,帳票出力に関するデータを格納します。これらのファイルからEURのスプールに,帳票出力するドキュメントを格納します。

帳票ファイル(*.fms)

EUR Serverで帳票を出力するときに使用します。COBOL連携情報作成ツールで作成した帳票ファイルを基に,EUR DesignerまたはEUR Developerで帳票のレイアウトを決定します。

データ有無コード

COBOLプログラムにデータが設定されていないことを示す1バイトの文字コードです。(00)16〜(FF)16の任意の値で,通常は(1F)16が標準値です。

(ラ行)

ライブラリ環境設定ファイル(CBLEURCONF)

COBOL EUR 連携の環境を設定するファイルです。ライブラリ環境設定ファイルの格納フォルダを次に示します。

COBOL EUR 連携ライブラリインストールフォルダ¥ETC

このフォルダにライブラリ環境設定ファイルが存在しない場合,デフォルトの指定でCOBOL EUR 連携が実行されます。

連携用パラメタファイル(*.csv)

COBOLプログラムで帳票を出力するときにCOBOL EUR 連携ライブラリが使用します。