COBOL2002 Cosminexus連携機能ガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

6.1 Webアプリケーションの配置

アプリケーションを実行する前に,次に示すどちらかの手順を実行してください。

<この節の構成>
(1) XMLファイルで配置する場合
(2) warファイルで配置する場合

(1) XMLファイルで配置する場合

次のディレクトリの下にWebアプリケーションを配置します。

Webアプリケーションに必要なディレクトリおよびxmlファイルの構成を次に示します。

[図データ]

構成の説明
[Web_application]:任意の名称
[WEB-INF]ディレクトリ:固定名称のディレクトリ
web.xmlファイル:webアプリケーションで使用する
[classes]ディレクトリ:クラスファイル格納ディレクトリ(固定名称)
パッケージの場合,classesの下にパッケージ名のディレクトリを作成し,このディレクトリにクラスファイル(servlet,bean)を配置します。

(2) warファイルで配置する場合

次に示すコマンドでwarファイルを作成します(Eclipseを使用する場合は,WARプロジェクトで生成することもできます)。

  jar  cvf  [Web_application].war  [Web_application]
 

構成の説明
[Web_application]は任意の名称