JP1/Automatic Job Management System 2 コマンドリファレンス

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


jpqagtadd

形式

 
jpqagtadd
     [-mh マネージャーホスト名]
     -ah エージェントホスト名
     [-cp 時刻-時刻=ジョブ実行多重度...]
 

機能

エージェントを追加します。同時に,そのエージェントにデフォルトキューを作成します。

実行権限

次に示すJP1権限レベルを与えられたユーザー

引数

-mh マネージャーホスト名

エージェントを追加したいマネージャーホスト名を指定します。

指定できる文字数は,1〜255(単位:バイト)です。

省略した場合,自ホスト名が仮定されます。

-ah エージェントホスト名

追加したいエージェント名を指定します。

指定できる文字数は,1〜255(単位:バイト)です。

-cp 時刻-時刻=ジョブ実行多重度...

ジョブ実行多重度を指定する期間と,その期間のジョブ実行多重度を指定します。

ジョブ実行多重度を指定することによって,このエージェントホストで同時に実行できるジョブ数を制限できます。同時実行数が制限されるジョブは,標準ジョブ(UNIXジョブ,PCジョブ,QUEUEジョブ),アクションジョブ,およびカスタムジョブです。同時に実行しようとしたジョブ数が,実行多重度に達した場合,実行多重度を超えた分のジョブは,実行中のジョブが終了するまでキューイング(実行待ち)の状態になります。

期間は,時刻と時刻とを「-(ハイフン)」でつないで指定します。時刻は30分単位で「hh:mm」の形式で指定します。

hhに指定できる値は,0または00〜23(単位:時)です。

mmに指定できる値は,0,00,または30(単位:分)です。

実行多重度に指定できる値は,0〜4,294,967,295です。

省略した場合,「0:00-0:00=0」(24時間,実行多重度は0)が仮定されます。

ジョブ実行多重度が0の場合,ジョブは実行できません。ジョブを実行する場合は1以上を指定するか,jpqagtaltコマンドでジョブ実行多重度を変更してください。

ジョブ実行多重度の指定例については,jpqagtaltコマンドの補足事項も参照してください

日をまたいで指定できます(例えば,「-cp 3:00-3:00=10」と指定した場合,午前3時から翌日の午前3時の間,実行多重度は10になります)。

期間と実行多重度は複数指定できます。ただし,期間を重複して指定した場合は,あとで指定した値が反映されます(例えば,「-cp 1:00-2:30=5 2:00-4:00=10」と指定した場合,重複している2:00〜2:30の実行多重度は10です)。

注意事項

戻り値

0 正常終了。
1 引数の指定が不適切である。
2 エージェントの追加依頼側の内部的要因で,エージェントの追加に失敗した。
5 初期化に失敗した。
  • 論理ホスト名の定義または環境設定に誤りがある。
6 エージェントの追加依頼側でメモリー不足が発生した。
7 エージェントの追加依頼側で論理不正が発生した。
100 TCP/IP通信でマネージャーホストに接続できない。
  • TCP/IPが正しく設定されていないため,マネージャーホストに接続できない。
  • マネージャーホスト名に誤りがある。または,マネージャーホストがプロセス停止状態である。
102 マネージャーホスト名によるIPアドレスの解決に失敗した。
200 マネージャーホストがエージェントの追加を受け付けない。
  • マネージャーホストが運用開始処理中,運用停止処理中,運用停止中,または縮退運転中である。
202 マネージャーホストから応答がない。
203 マネージャーホスト側の内部的要因で,エージェントの追加に失敗した。
206 エージェントを追加する権限がない。
219 マネージャーホストがビジー状態である。
220 マネージャーホスト側でメモリー不足が発生した。
222 致命的なエラーが発生した。
  • システムコールでエラーが発生した。
223 マネージャーホスト側で論理不正が発生した。
224 JP1/AJS2以外のホストに要求した。
226 実行環境が不適切である。
232 追加したエージェントと同じ名称のエージェントがすでにある。
235 エージェントの最大定義数を超える。
240 イベント・アクションのマネージャーがエージェントの構成定義を変更中である。

補足事項

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

Copyright (C) 2006, 2010, Hitachi, Ltd.
Copyright (C) 2006, 2010, Hitachi Software Engineering Co., Ltd.