JP1/Automatic Job Management System 2 メッセージ

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


2.6 KAVV100〜KAVV899(JP1/AJS2 - Viewに関するメッセージ)

KAVV100〜KAVV899のメッセージ(JP1/AJS2 - Viewに関するメッセージ)の一覧を次に示します。

KAVV900〜KAVV1199のメッセージについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 メインフレーム リファレンス編」を参照してください。

KAVV100-E


During (処理名) (例外名) occurred. JP1/AJS2 - View will now end. Detailed information: 詳細情報1, 詳細情報2
処理名)中に(例外名)が発生しました。JP1/AJS2 - Viewを終了します。詳細情報:詳細情報1詳細情報2

処理名」の処理中に「例外名」の例外が発生しました。

(S)
JP1/AJS2 - Viewを終了します。

(O)
次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してください。
  • 画面のハードコピー
  • JP1/AJS2 - Viewのログファイル
JP1/AJS2 - Viewのログファイルはこのメッセージダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックしたあとに採取してください。

KAVV101-E


During (処理名) memory became insufficient. JP1/AJS2 - View will now end. detailed information: 詳細情報1, 詳細情報2
処理名)中にメモリ不足が発生しました。JP1/AJS2 - Viewを終了します。詳細情報:詳細情報1詳細情報2

処理名」の処理中にメモリー不足が発生しました。

(S)
JP1/AJS2 - Viewを終了します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewで使用するメモリーサイズを変更してから,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。
メモリーサイズの変更は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.2.4 メモリー所要量を設定する」を参照してください。

KAVV102-E


A required class file (クラスファイル名) was not found.
必要なクラスファイル(クラスファイル名)が見つかりません。JP1/AJS2 - Viewが正しくインストールされているか確認してください。

JP1/AJS2 - Viewの実行に必要なクラスファイルが見つかりません。

(S)
JP1/AJS2 - Viewを終了します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV103-E


The value in the keyword (キーワード名) in the setting file (ファイル名) is specified incorrectly. The default value (デフォルト値) will be assumed and processing will continue.
設定ファイル(ファイル名)のキーワード(キーワード名)に指定されている値に誤りがあります。デフォルト値(デフォルト値)を仮定して処理を続行します。

設定ファイルのキーワードを誤って指定しています。

(S)
デフォルト値」を仮定して処理を続行します。

(O)
キーワード名」に指定している値を修正したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。

KAVV107-E


An error occurred while outputting the setting file (ファイル名).
設定ファイル(ファイル名)の出力でエラーが発生しました。

設定ファイルの出力処理でエラーが発生しました。次の原因が考えられます。

  • 設定ファイル格納フォルダ以下のファイルに対するアクセス権がない。
  • ディスクの空き容量が不足している。
  • ほかのプログラムで編集中である。

設定ファイル格納フォルダの場所は次のとおりです。

Windows XP ProfessionalおよびWindows Server 2003の場合
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\conf

Windows VistaおよびWindows Server 2008の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2V\conf
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV108-E


An error occurred while inputting the setting file (ファイル名).
設定ファイル(ファイル名)の入力でエラーが発生しました。

設定ファイルの入力処理でエラーが発生しました。次の原因が考えられます。

  • 設定ファイル格納フォルダ以下のファイルに対するアクセス権がない。
  • ディスクの空き容量が不足している。
  • ほかのプログラムで編集中である。

設定ファイル格納フォルダの場所は次のとおりです。

Windows XP ProfessionalおよびWindows Server 2003の場合
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\conf

Windows VistaおよびWindows Server 2008の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2V\conf
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV109-E


Enter the values (下限値) - (上限値) in (フィールド名).
フィールド名)には(下限値)-(上限値)の値を入力してください。

フィールド名」に値を誤って入力しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」に「下限値」-「上限値」の値を再入力してください。

KAVV110-E


The specified (オブジェクト) has already been defined.
指定された(オブジェクト)は既に定義されています。

指定された「オブジェクト」はすでに定義されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
重複しないオブジェクト(名称番号)を再入力してください。

KAVV111-E


Enter the (フィールド名).
フィールド名)を入力してください。

フィールド名」を入力していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」の値を入力してください。

KAVV112-E


A period (.) and an at sign (@) cannot be specified at the beginning of the (オブジェクト).
オブジェクト)の先頭に「.(ピリオド)」や「@」は指定できません。

オブジェクト」の先頭に指定できない,「.(ピリオド)」または「@」を指定しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
オブジェクト」の先頭に,「.(ピリオド)」または「@」のない名称を再入力してください。

KAVV113-E


The unit name is duplicated.
ユニット名が重複しています。

指定したユニット名は重複しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
同一ユニット階層内では重複しないユニット名を指定してください。

KAVV114-E


The log output processing could not be initialized. Detailed information (詳細情報1, 詳細情報2)
ログ出力処理の初期化に失敗しました。詳細情報(詳細情報1詳細情報2

ログ出力処理の初期化処理でエラーが発生しました。次の原因が考えられます。

  • ログフォルダ以下のファイルに対するアクセス権がない。
  • ディスクの空き容量が不足している。

ログフォルダの場所は次のとおりです。

Windows XP ProfessionalおよびWindows Server 2003の場合
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\log

Windows VistaおよびWindows Server 2008の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2V\log
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV115-E


The log could not be output. Detailed information (詳細情報1, 詳細情報2)
ログの出力に失敗しました。詳細情報(詳細情報1詳細情報2

ログ出力処理でエラーが発生しました。次の原因が考えられます。

  • ログフォルダ以下のファイルに対するアクセス権がない。
  • ディスクの空き容量が不足している。

ログフォルダの場所は次のとおりです。

Windows XP ProfessionalおよびWindows Server 2003の場合
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\log

Windows VistaおよびWindows Server 2008の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2V\log
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV116-E


Select a unit.
ユニットを選択してください。

ユニットが選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
操作対象のユニットを選択してください。

KAVV117-E


Select a schedule that you want to change from the list of executions.
実行一覧から変更する予定を選択してください。

実行結果リストで操作対象の世代を選択していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行結果リストから操作対象の世代を選択して,再度操作してください。

KAVV118-E


The setting file (ファイル名) was not found.
設定ファイル(ファイル名)が見つかりません。

JP1/AJS2 - Viewの起動に必要な設定ファイル(ファイル名)が見つかりません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV119-E


An error occurred while displaying the message box.
メッセージボックスの表示処理でエラーが発生しました。

メッセージボックスの表示処理でエラーが発生しました。

(S)
メッセージボックスの表示でエラーが発生したことをログに出力します。

(O)
次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してください。
  • JP1/AJS2 - Viewのログファイル

KAVV120-E


The unit cannot be specified in an exclusive jobnet.
自ユニットを排他ジョブネットに指定することはできません。

自ジョブネットは排他ジョブネットに指定できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
排他ジョブネットには,同一ユニット階層にある自ジョブネット以外のジョブネットまたはプランニンググループを指定してください。

KAVV121-E


The value in the keyword (キーワード名) in the setting file (ファイル名) is specified incorrectly. The specification will be ignored and processing will continue.
設定ファイル(ファイル名)のキーワード(キーワード名)に指定されている値に誤りがあります。指定を無視して処理を続行します。

設定ファイルのキーワードを誤って指定しています。

(S)
指定を無視して処理を続行します。

(O)
キーワードに正しい値を設定したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。

KAVV122-E


The value in the keyword (キーワード名) of the common definition in the manager (マネージャ名) is specified incorrectly. The specification will be ignored and processing will continue.
マネージャ(マネージャ名)の共通定義情報のキーワード(キーワード名)に指定されている値に誤りがあります。指定を無視して処理を続行します。

接続先のJP1/AJS2 - Managerで設定するJP1/AJS2 - Viewのカスタマイズファイル(jajsDisableMenu)に誤りがあります。

(S)
指定を無視して処理を続行します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerでカスタマイズファイル(jajsDisableMenu)を正しく定義したあと,再度JP1/AJS2 - Viewでログインしてください。
カスタマイズファイル(jajsDisableMenu)および定義方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.3.7 特定のメニューを不活性にする」を参照してください。

KAVV124-E


The help file could not be restarted.
ヘルプファイルの起動に失敗しました。

ヘルプファイルの起動に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
htmファイルとブラウザーが正しく関連づけられているかを確認してください。

KAVV125-I


Two or more units are being processed. Please wait...
複数ユニットを処理中です。しばらくお待ちください...

複数ユニットを処理していることを通知するメッセージです。

(S)
応答を待ちます。

(O)
処理を中断する場合は[キャンセル]ボタンを選択してください。

KAVV126-I


Now connecting with the Manager. Please wait.
マネージャと接続中です。しばらくお待ちください。

マネージャーとの通信待ちメッセージです。

(S)
マネージャーとの通信中であることを通知しました。

(O)
操作・編集をキャンセルしたい場合は,[キャンセル]をクリックしてください。続行したい場合は,メッセージダイアログボックスが閉じるまで待ってください。

KAVV127-E


Enter the (フィールド名).
フィールド名)を入力してください。

フィールド名」に値を入力していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」に値を入力してください。

KAVV128-I


When only the calendar is packaged, the calendar information will be overwritten to the job group specified as an import destination.
カレンダーのみをパッケージングする場合,インポート先に指定されたジョブグループにカレンダー情報が上書きされます。

パッケージするときの注意事項です。

(S)
パッケージング時の注意を通知しました。

(O)
カレンダー情報を上書きしたくない場合は,[OK]をクリックしたあと,チェックを外した状態にしてください。

KAVV130-E


Specify the root jobnet. (ユニット名)
ルートジョブネットを指定してください。(ユニット名

選択された操作は,「ユニット名」に対しては実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブネットを選択したあと再度操作してください。

KAVV131-E


Specify a jobnet. (ユニット名)
ジョブネットを指定してください。(ユニット名

選択された操作は,「ユニット名」に対しては実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットを選択したあと再度操作してください。

KAVV132-E


A unit that is cut or copied was not found.
コピー・切り取りされているユニットがありません。

コピーまたは切り取りをされているユニットがないため,貼り付けを行うことはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
貼り付けを行う前にコピーまたは切り取りをしてください。

KAVV134-E


You cannot paste a unit of a different scheduler service.
異なるスケジューラーサービスのユニットは貼り付けられません。

異なるスケジューラーサービスのユニットを貼り付けようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
同じスケジューラーサービスにあるユニットをコピー,または切り取りをしたあと,貼り付けをしてください。

KAVV137-E


Specify a value greater than (最小値) in the field (フィールド名).
フィールド名)には(最小値)以上の値を指定してください。

フィールド名」に「最小値」より小さい値を指定しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
最小値」以上の値を指定してください。

KAVV138-E


Add a unit name to the (フィールド名).
フィールド名)にユニット名を追加してください。

フィールド名」にユニット名を追加してください。

(S)
処理を中断します。

(O)
[退避]を行う場合は[ユニットの要素]から[退避の対象]に退避させるユニットを追加してください。[回復]を行う場合は[退避ファイル]から[回復の対象]に回復させるユニット(退避ファイル)を追加してください。

KAVV140-E


The keyword (キーワード名) of the login information file (ファイル名) is not specified.
ログイン情報ファイル(ファイル名)のキーワード(キーワード名)が指定されていません。

ログイン情報ファイルに,「キーワード」が設定されていないため,自動ログインできませんでした。次の原因が考えられます。

  • 「キーワード」を設定していない。
  • 「キーワード」の前後に空白文字またはタブ記号などが含まれている。

(S)
自動ログイン処理を中断し,[ログイン]画面を表示します。

(O)
[ログイン]画面で必要な情報を入力したあと,ログインしてください。
また,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 コマンドリファレンス 1. コマンド ajs」を参照し,ログイン情報ファイルの内容を確認してください。

KAVV141-E


This operation is executable only during exclusive editing.
この操作は,排他編集中のみ実行可能です。

選択された操作は,排他編集モードでないと実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットエディタ]ウィンドウの[排他編集]がチェックされた状態にしたあと,再度操作してください。

KAVV142-E


This operation cannot be executed because the map information is being loaded.
マップ情報の読み込み中のため,この操作は実行できません。

選択された操作は,マップ情報の読み込み中のため実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マップ情報の読み込みが完了したあと,再度操作してください。

KAVV143-E


There is no place to paste.
貼り付ける場所がありません。

貼り付ける場所がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マップサイズを大きくしたあと,または不要なユニットを削除したあと,再度操作してください。

KAVV144-E


This operation is not possible when two or more units are selected.
複数選択中に,この操作は行えません。

この操作は複数選択中に実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニットを一つだけ選択したあと,再度操作してください。

KAVV145-E


Two or more units are selected.
ユニットが複数選択されています。

選択された操作は,ユニットが複数選択されているため実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニットを一つだけ選択したあと,再度操作してください。

KAVV146-E


Select a jobnet.
ジョブネットを選択してください。

選択された操作は,ジョブネットが選択されていないため実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV147-E


The upper jobnet does not exist.
親ジョブネットがありません。

ルートジョブネットを表示している状態で,親ジョブネットを表示しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
現在表示しているジョブネットの階層を確認してください。

KAVV148-E


Specify (フィールド名).
フィールド名)を指定してください。

フィールド名」を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」に値を入力して,再度操作してください。

KAVV149-E


Specify both start and end days in the fixed schedule period.
確定期間には開始日と終了日の両方を指定してください。

確定期間の開始日と終了日の両方が指定されていないので,確定実行登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
確定期間を指定して確定実行登録する場合は,開始日と終了日の両方を指定してください。

KAVV150-E


Specify the fixed schedule period or the number of future generations.
確定期間または未来世代数を指定してください。

確定期間,または未来世代数を指定されていないので,確定実行登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
確定実行登録する場合は確定期間,または未来世代数を指定してください。

KAVV151-E


For the beginning date of the fixed schedule period, specify a date before the end day.
確定期間の開始日には終了日以前の日付を指定してください。

確定期間の開始日に,終了日よりあとの日付が指定されているので,確定実行登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
確定期間を指定して確定実行登録する場合は,開始日には終了日以前の日付を指定してください。

KAVV152-E


No schedule exists. (ユニット名)
スケジュールが存在しません。(ユニット名

操作対象世代が指定されていないので操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
予定または結果を選択したあと,再度操作してください。

KAVV153-E


The root job group cannot be deleted.
ルートジョブグループは削除できません。

ルートジョブグループを削除しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブグループ以外のユニットを削除してください。

KAVV154-E


The root jobnet cannot be deleted.
ルートジョブネットは削除できません。

[ジョブネットエディタ]ウィンドウで,ルートジョブネットを削除しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[JP1/AJS2 - View]ウィンドウでルートジョブネットを削除してください。

KAVV155-E


Select a jobnet.
ジョブネットを選択してください。

操作対象のジョブネットが選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV156-E


Select a job group.
ジョブグループを選択してください。

操作対象のジョブグループが選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブグループを選択したあと,再度操作してください。

KAVV158-E


Only an event icon can be used as a start condition.
起動条件で使用できるのはイベントアイコンのみです。

起動条件に対して,イベントアイコン以外のユニットを配置しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件にはイベントアイコンだけを配置してください。

KAVV159-E


A relation cannot be used as a start condition.
起動条件で関連線を設定することはできません。

起動条件のユニット間で関連線を設定しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件のユニット間には関連線は設定できません。

KAVV160-E


There is no (Jobnet Monitor|Detailed Information) that can be displayed in (Status|Result|Next Schedule)
ジョブネットモニタ|詳細情報)で表示できる(状態|結果|次回予定)はありません。

指定された世代(状態,結果,次回予定)が操作対象のジョブネットにないため,[ジョブネットモニタ]ウィンドウ,または[詳細情報]を表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
状態または結果を指定する前には,[JP1/AJS2 - View]ウィンドウで対応する世代に対する状態が表示されていることを確認してください。
なお,未登録のジョブネットに対しては[ジョブネットモニタ]ウィンドウまたは[詳細情報]の表示はできません。

KAVV161-E


Select a job group or a jobnet.
ジョブグループまたはジョブネットを選択してください。

操作対象のジョブグループ,またはジョブネットが選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブグループ,またはジョブネットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV162-E


(ユニット名) was not found. It might have been deleted or the unit complete name might have been changed. Explore the hierarchy again.
ユニット名)が見つかりません。削除されたかユニット完全名が変更された可能性があります。再度階層を展開してください。

選択された「ユニット名」が見つかりません。

(S)
処理を中断し,可能であれば上位ユニットを選択します。

(O)
再度階層を展開し対象となるユニットがあるかどうかを確認してください。

KAVV163-E


A schedule cannot be set as a start condition.
起動条件にスケジュール設定はできません。

起動条件に対して,スケジュールを設定しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブネットに対してスケジュールを設定してください。

KAVV164-E


The port number could not be obtained. Confirm whether the service name is defined correctly.
ポート番号の取得に失敗しました。サービス名が正しく設定されているか確認してください。

ポート番号の取得に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
servicesファイルにサービス名とjp1ajs2monitorのポート番号が正しく設定されているか確認してください。
ポート番号が正しく定義されている場合は,メモリー不足,またはディスクの空き容量不足のおそれがあります。不要なアプリケーションを終了したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。

KAVV165-E


A start condition can be neither cut nor copied.
起動条件をコピー・切り取りする事はできません。

起動条件に対してコピー,または切り取りをしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件に対してはコピー,または切り取りができません。

KAVV166-E


The root jobnet cannot be cut.
ルートジョブネットを切り取りする事はできません。

ルートジョブネットに対して,切り取りをしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブネットに対しては切り取りができません。

KAVV167-E


You cannot paste a unit of a different scheduler service, a manager jobnet, or a manager job group.
異なるスケジューラーサービスのユニット,ジョブグループ,マネージャージョブグループ,マネージャージョブネット,プランニンググループを貼り付けることはできません。

ジョブネットに異なるスケジューラーサービスのユニットや,ジョブグループ,マネージャージョブグループ,マネージャージョブネット,またはプランニンググループを貼り付けようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
貼り付け先のジョブネットと同じスケジューラーサービス内のジョブ,ジョブネットをコピーまたは切り取りしたあと,再度貼り付けを行ってください。
また,マネージャージョブネットはジョブネットに貼り付けることはできません。

KAVV168-E


Only an event icon can be pasted in a start condition.
起動条件に貼り付けられるユニットは,イベントアイコンのみです。

起動条件に,イベントアイコン以外のユニットを貼り付けしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントアイコンをコピーまたは切り取りしたあと,再度起動条件に対して貼り付けを行ってください。

KAVV169-E


When you select 'Enable' in 'Concurrent Exec.', you cannot select 'Hold if prev. was "abend"' or 'Hold if prev. = "warning" or "abend"' in 'Hold'.
「多重起動」の「可能」を選択する場合,「保留」の「前回異常時だけ保留」と「前回異常警告時だけ保留」は選択できません。

ルートジョブネット,ルートリモートジョブネットの詳細定義で,多重起動可能の設定と前回異常時だけ保留,または前回異常警告時だけ保留の設定が同時に指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
[多重起動]の設定を[不可能]にするか,[保留]の設定を[しない]か[する]にしてください。

KAVV170-E


This operation cannot be executed because the Find dialog box is displayed.
「検索」ダイアログが表示されているので,この操作は実行できません。

[検索]ダイアログボックスが表示されているため,この操作は実行できません。

なお,このメッセージは接続先のJP1/AJS2 - Managerのバージョンが06-00の場合にだけ表示されます。

(S)
処理を中断します。

(O)
[検索]ダイアログボックスを閉じたあと,再度操作してください。

KAVV171-E


Up to (number) icons can be located in a start condition.
起動条件に配置できるアイコンは32個までです。

起動条件に33個以上のアイコンを配置しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件に配置するアイコンは,32個以内にしてください。

KAVV172-E


Specify a job or root jobnet. (ユニット名)
ジョブまたはルートジョブネットを指定してください。(ユニット名

ジョブまたはルートジョブネット以外には実行できない操作が選択されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブまたはルートジョブネットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV173-E


The Define Detail dialog box cannot be displayed for an unknown unit.
不明なユニットのため詳細定義ダイアログは表示できません。

指定したユニットが,上位バージョンで追加されたユニットか,または使用しているJP1/AJS2 - View上で登録されていないカスタムジョブのため,[詳細定義]ダイアログボックスを表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
対象となるユニットがカスタムジョブである場合は,JP1/AJS2 - Viewを終了させて,必要なカスタムジョブを登録してください。
接続先のJP1/AJS2 - ManagerがJP1/AJS2 - Viewよりも上位バージョンである場合は,JP1/AJS2 - Viewを接続先のJP1/AJS2 - Managerと同じバージョンにアップグレードしてください。

KAVV175-E


A date before 1994 cannot be specified.
1994年より前の日付は指定できません。

[デイリースケジュール]ウィンドウまたは[マンスリースケジュール]ウィンドウで1994年より前の日付を表示しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[デイリースケジュール]ウィンドウまたは[マンスリースケジュール]ウィンドウでは1994年から2036年までの間で表示させてください。

KAVV176-E


A date after 2037 cannot be specified.
2037年以降の日付は指定できません。

[デイリースケジュール]ウィンドウまたは[マンスリースケジュール]ウィンドウで2037年以降の日付を表示しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[デイリースケジュール]ウィンドウまたは[マンスリースケジュール]ウィンドウで1994年から2036年までの間で表示させてください。

KAVV177-E


Cannot be moved because the cut part and paste destination are the same.
切り取り元と貼り付け先が同じなので移動できません。

切り取り元と貼り付け先が同じ階層なので移動できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
移動を行う場合は切り取り元とは別の階層に貼り付けを行ってください。

KAVV178-E


Cannot be moved because the cut part and the paste destination overlap.
切り取り元と貼り付け先が重なっているので移動できません。

切り取りをしたユニットをその下位の階層に貼り付けることはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
切り取りをしたユニットは,上位の階層または別の階層に貼り付けてください。

KAVV179-E


A unit cannot be defined because the unit hierarchy exceeded the maximum.
ユニットの階層最大値を超えたためユニットを定義できません。

ユニットの階層が,最大値を超えました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニットの階層を最大値以内で定義してください。
ユニットの最大階層数はルートジョブグループ直下から数えて30階層です(ルートジョブグループは含みません)。
オペレーションネット用スケジューラーサービスの場合,ユニットの最大階層数はルートジョブグループ直下から数えて7階層です(ルートジョブグループは含みません)。

KAVV181-E


(フィールド名) is specified incorrectly.
フィールド名)が正しく指定されていません。

フィールド名」に値を誤って指定しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」に値を正しく指定してください。

KAVV182-E


Cannot edit exclusively because the jobnet has already been registered.
ジョブネットが登録済みのため,排他編集は行えません。

登録中のジョブネットを,排他編集モードに切り替えようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
登録解除したあと,[ジョブネットエディタ]ウィンドウの[排他編集]がチェックされた状態にしてください。

KAVV183-E


A jobnet that is the basis of exclusive editing can be neither cut nor deleted.
排他編集の基準となるジョブネットに対して,切り取りを行う事はできません。

排他編集をしているジョブネットに対して,切り取りをしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットエディタ]ウィンドウで切り取りを行う場合は,マップエリア上のユニットを選択してください。

KAVV184-E


A package cannot be used as the root job group.
ルートジョブグループに対してパッケージは使用できません。

ルートジョブグループに対して,パッケージングしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブグループ以外のユニットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV185-E


(ユニット名) was not found. It might have been deleted or the unit name might have been changed. Select 'Refresh' to update the list area.
ユニット名)が見つかりません。削除されたかユニット名が変更された可能性があります。[最新情報に更新]を選択してリストエリアを更新してください。

削除されたユニット,またはユニット名が変更されたおそれがあるユニットに対して操作しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[JP1/AJS2 - View]ウィンドウで[最新情報に更新]を実行し,リストエリアを更新したあと,再度操作してください。

KAVV186-E


Specify a job. (ユニット名)
ジョブを指定してください。(ユニット名

ジョブ以外には実行できない操作が選択されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブを選択したあと,再度操作してください。

KAVV187-E


The scheduler service does not exist.
スケジューラーサービスが存在しません。

スケジューラーサービスがありません。次の原因が考えられます。

  • ajsコマンドの-Fオプションで指定したスケジューラーサービスが,接続先のJP1/AJS2 - Managerでは定義されていません。
  • 接続先のJP1/AJS2 - Managerで,スケジューラーサービスが定義されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewを終了させたあと,接続先のJP1/AJS2 - Managerでスケジューラーサービスの構成を確認してください。

KAVV188-E


The status could not be obtained. The execution ID being monitored might have been lost or the registration might have been canceled.
状態の取得に失敗しました。監視中の実行IDが無くなったか,登録解除された可能性があります。

[ジョブネットモニタ]ウィンドウで,表示中のジョブネットの状態取得に失敗しました。

または,リモートジョブネットに対して[ジョブネットモニタ]ウィンドウ,詳細情報の表示に失敗しました。次の原因が考えられます。

  • 監視中の実行IDがなくなった。
  • 登録解除された。

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットモニタ]ウィンドウを表示している場合はウィンドウを閉じるか,[監視モード]が[固定監視]である場合は異なる監視モードを指定してください。

KAVV189-I


The specified windows is minimized.
指定されたウィンドウはアイコン化されています。

ウィンドウを前面に出そうとしましたが,アイコン化されているため実行できませんでした。

(S)
ウィンドウを前面に出そうとしましたが,アイコン化されているため実行できなかったことを通知しました。

(O)
アイコン化されているウィンドウを,手動で元のサイズに戻してください。

KAVV190-E


There is an ineffective parameter. (パラメーター)
無効なパラメータがあります。[(パラメーター)]

ajsコマンドの引数に指定されたパラメーターに,無効なパラメーターがあります。なお,このメッセージは最初に検出された無効なパラメーターに対して出力されます。

(S)
無効なパラメーターを無視して,処理を続行します。

(O)
指定されているパラメーターを確認し,無効なパラメーターを取り除いたあと,再度コマンドを実行してください。

KAVV191-E


There is an invalid parameter. (パラメーター)
不正なパラメータがあります。[(パラメーター)]

ajsコマンドの引数に指定されたパラメーターに,不正なパラメーターがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
誤っているパラメーターを修正したあと,再度コマンドを実行してください。

KAVV192-E


A required parameter is missing. (パラメーター)
必要なパラメータが不足しています。[(パラメーター)]

ajsコマンドの引数に指定されたパラメーターが不足しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
不足しているパラメーターを追加したあと,再度コマンドを実行してください。

KAVV193-E


The same argument has already been defined. (パラメーター)
同じ引数が既に指定されています。[(パラメーター)]

ajsコマンドの引数に指定されたパラメーターが重複しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
重複しているパラメーターを取り除いたあと,再度コマンドを実行してください。

KAVV194-E


Select a unit in the tree area.
ツリーエリアでユニットを選択してください。

ツリーエリアでユニットを選択していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ツリーエリアでユニットを選択したあと,再度操作してください。

KAVV195-E


The root job group cannot be copied.
ルートジョブグループはコピーできません。

ルートジョブグループをコピーしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブグループ以外のユニットをコピーしてください。

KAVV196-E


There is no start condition.
起動条件がありません。

起動条件の削除が実行されましたが,起動条件は定義されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件が定義されているかを確認してください。

KAVV198-E


An unrestorable unit exists.
回復していないユニットが存在します。

次の理由によって,回復できないユニットがあります。

  • ジョブネットの下にジョブグループを回復しようとした。
  • サスペンド状態の,ルートジョブネットの下の実行中のユニットを回復しようとした。
  • 回復するルートジョブネットが登録済みである。
  • 回復するジョブグループの下に,登録済みのルートジョブネットがある。
  • マネージャージョブネットを,ネストジョブネットとして回復しようとした。
  • ホストリンクジョブネットを,ジョブグループの直下,またはリモートジョブネットの下に回復しようとした。

(S)
処理を中断します。

(O)
登録済みのユニットがあるため,回復できない場合は,該当するユニットを登録解除してください。
マネージャージョブネットは,ジョブネットの下に作成できません。ジョブネットの下には回復しないでください。

KAVV199-E


A calendar cannot be set in the manager job group.
マネージャジョブグループにはカレンダーを設定できません。

マネージャージョブグループに,カレンダー情報を設定しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
参照先のジョブグループを開いたあと,カレンダー情報を設定してください。

KAVV202-I


(定義情報種別) of (定義情報) (定義情報) was done.
定義情報種別)(定義情報)を(定義情報)しました。

定義情報を編集したことを通知するメッセージです。

(S)
  • ユニット(「ユニット完全名」)を実行登録,サスペンド実行,サスペンド解除したことをログに出力しました。
  • スケジュールルール(「ルール番号」)を定義,追加,編集,コピー,削除したことをログに出力しました。
  • スケジュール(「ユニット完全名」)を定義したことをログに出力しました。
  • カレンダー(「週間標準値/年」)を要求,取得,保存したことをログに出力しました。

KAVV204-I


(ウィンドウ名) was opened.
「(ウィンドウ名)」を開きました。

ウィンドウ名」を開いたことを通知するメッセージです。

(S)
ウィンドウ名」を開いたことをログに出力しました。

KAVV205-I


(ウィンドウ名) was closed.
「(ウィンドウ名)」を閉じました。

ウィンドウ名」を閉じたことを通知するメッセージです。

(S)
ウィンドウ名」を閉じたことをログに出力しました。

KAVV210-I


An auto refresh was performed on (ウィンドウ名).
「(ウィンドウ名)」で自動更新しました。

ウィンドウ名」で自動更新したことを通知するメッセージです。

(S)
ウィンドウ名」で自動更新したことをログに出力しました。

KAVV211-I


(メニュー名) was selected.
「(メニュー名)」を選択しました。

メニュー名」が選択されたことを通知するメッセージです。

(S)
メニュー名」が選択されたことをログに出力しました。

KAVV212-I


The (ボタン名) button was pressed on [ウィンドウ名](ウィンドウ種別).
「(ウィンドウ名)」(ウィンドウ種別)で[(ボタン名)]ボタンが押されました。

ウィンドウ名」「ウィンドウ種別」で「ボタン名」ボタンがクリックされたことを通知するメッセージです。

(S)
ウィンドウ名」「ウィンドウ種別」で「ボタン名」ボタンがクリックされたことをログに出力しました。

KAVV213-I


(メニュー名) was selected on (ウィンドウ名).
「(ウィンドウ名)」で(メニュー名)を選択しました。

ウィンドウ名」で「メニュー名」が選択されたことを通知するメッセージです。

(S)
ウィンドウ名」で「メニュー名」が選択されたことをログに出力しました。

KAVV214-I


(メニュー名) was checked.
「(メニュー名)」をチェックしました。

メニューチェックしたことを通知するメッセージです。

(S)
メニューチェックしたことをログに出力しました。

KAVV215-I


The check of (メニュー名) was released.
「(メニュー名)」のチェックを解除しました。

メニューチェックを解除したことを通知するメッセージです。

(S)
メニューチェックを解除したことをログに出力しました。

KAVV216-I


JP1/AJS2 - View was started. (Version: (バージョン), OS user name: (OSユーザー名))
JP1/AJS2 - Viewを起動しました。(バージョン:(バージョン),OSユーザー名:(OSユーザー名))

JP1/AJS2 - Viewを起動したことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Viewを起動したことをログに出力しました。

KAVV217-I


JP1/AJS2 - View was stopped.
JP1/AJS2 - Viewを終了しました。

JP1/AJS2 - Viewを終了したことをログに出力しました。

(S)
JP1/AJS2 - Viewを終了したことをログに出力しました。

KAVV218-I


CONNECT[F(接続先IPアドレス接続先ポート番号) L(接続元IPアドレス接続元ポート番号)]

JP1/AJS2 - Managerとの接続に成功したことを通知するメッセージです。

(S)
[F「接続先IPアドレス接続先ポート番号」 L「接続元IPアドレス接続元ポート番号」]で接続に成功したことをログに出力しました。

KAVV219-I


SEND:(データ0)(データ1)(データ2)(データ3)(データ4

JP1/AJS2 - Managerへデータを送信したことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerへデータを送信したことをログに出力しました。

KAVV220-I


RECV:(データ0)(データ1)(データ2)(データ3)(データ4

JP1/AJS2 - Managerからデータを受信したことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerからデータを受信したことをログに出力しました。

KAVV221-I


CLOSE[F(接続先IPアドレス接続先ポート番号) L(接続元IPアドレス接続元ポート番号)]

JP1/AJS2 - Managerとの接続をクローズしたことを通知するメッセージです。

(S)
[F「接続先IPアドレス接続先ポート番号」 L「接続元IPアドレス接続元ポート番号」]の接続をクローズしたことをログに出力しました。

KAVV222-W


CLOSE ERR(保守情報)[F(接続先IPアドレス接続先ポート番号) L(接続元IPアドレス接続元ポート番号)]

JP1/AJS2 - Managerとの接続のクローズに失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
[F「接続先IPアドレス接続先ポート番号」 L「接続元IPアドレス接続元ポート番号」]のクローズに失敗したことを,ログに出力しました。

KAVV223-W


WARNNIG:保守情報

続行できるエラーが発生したことを通知するメッセージです

(S)
続行できるエラーが発生したことを,ログに出力しました。

KAVV224-E


MANAGER_ERR:保守情報 / 保守情報

JP1/AJS2 - Managerからエラー応答があったときに,その詳細を通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerのエラー応答の詳細を,ログに出力しました。

KAVV225-E


The session token could not be released. (保守情報: 保守情報)
セショントークンの解放に失敗しました。(保守情報保守情報

ログイン情報の解放処理に失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
ログイン情報の解放処理に失敗したことを,ログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV226-E


SESSION_ERR:保守情報 / 保守情報 / 保守情報

接続先からエラー応答があったときに,その詳細を通知するメッセージです。

(S)
接続先のエラー応答の詳細を,ログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV227-I


REQ_START:(データ0

JP1/AJS2 - Managerへの要求送信処理を開始したことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerへの要求送信処理を開始したことをログに出力しました。

KAVV228-I


REQ_END:(データ0

JP1/AJS2 - Viewから,JP1/AJS2 - Managerへの要求が正常に実行されたことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerから正常な応答が帰り,JP1/AJS2 - ViewからJP1/AJS2 - Managerへの要求が正常に実行されたことをログに出力しました。

KAVV229-E


The registry could not be read. (保守情報)
レジストリの読み込みに失敗しました。(保守情報

Windowsのレジストリーの読み込みに失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
レジストリーの読み込みに失敗したことをログに出力しました。レジストリーで設定されている通信オプションはデフォルトを仮定して動作します。

(O)
メモリー不足のおそれがあります。設定値を反映したい場合は不要なアプリケーションを終了させて,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV230-E


The communication options could not be acquired.
通信オプションの取得に失敗しました。

通信オプションの読み込みに失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
通信オプションの読み込みに失敗したことを,ログに出力しました。デフォルトを仮定して処理を続行します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV231-I


Communication options (receive timeout value: (設定値1)ms, receive retry count: (設定値2), connect retry count: (設定値3), connect interval value: (設定値4)ms)
設定した通信オプション{レシーブタイムアウト値:(設定値1)ms レシーブリトライ回数:(設定値2) コネクトリトライ回数:(設定値3) コネクトインターバル値:(設定値4)ms)}

現在設定されているJP1/AJS2 - Viewの通信オプション値を通知するメッセージです。

(S)
現在設定されているJP1/AJS2 - Viewの通信オプション値をログに出力しました。

KAVV232-W


An invalid value is specified in the communication options. ((名前) : ())
通信オプションに不正な値が設定されていました。(名前

名前」に指定された「」が不正な値であることを通知するメッセージです。

(S)
不正な値が指定されていることを,ログに出力しました。
この場合は,デフォルト値を使用して処理を続行します。

KAVV233-I


SDUMP:(データ0

送信データを通知するメッセージです。

(S)
送信データをログに出力しました。

KAVV234-I


RDUMP:(データ0

受信データを通知するメッセージです。

(S)
受信データをログに出力しました。

KAVV235-I


THROW CLIENT_EXCEPTION ((例外名))

通信エラーやJP1/AJS2 - Managerからエラーが発生したなどの理由で,JP1/AJS2 - ViewからJP1/AJS2 - Managerへの要求が実行されなかったことを通知するメッセージです。

(S)
通信エラーやJP1/AJS2 - Managerからエラーが発生したなどの理由で,JP1/AJS2 - ViewからJP1/AJS2 - Managerへの要求が実行されなかったことをログに出力しました。

KAVV236-I


There are no execution result details.
実行結果詳細はありません。

実行結果詳細を参照しようとしましたが,結果が出力されていません。

ジョブの標準エラー出力が出力されていないか,または標準エラー出力ファイルの転送に失敗したおそれがあります。

(S)
実行結果詳細を参照しようとしましたが,結果が出力されていないことを通知しました。

(O)
ジョブの標準エラー出力が出力されていないか,または標準エラー出力ファイルの転送に失敗していないかを確認してください。

KAVV237-I


An error occurred when updating. The window display might differ from the actual status.
更新時にエラーが発生しました。画面表示と実際の状態が一致しない可能性があります。

[ジョブネットモニタ]ウィンドウや[ジョブネットエディタ]ウィンドウの更新処理中にエラーが発生したために,現在表示している内容と実際の状態が一致しない場合があることを通知するメッセージです。

(S)
[ジョブネットモニタ]ウィンドウや[ジョブネットエディタ]ウィンドウの更新処理中にエラーが発生したために,現在表示している内容と実際の状態が一致しない場合があることを通知しました。

(O)
[最新情報に更新]を選択し,実行した更新処理がどこまで反映されているかを確認してください。

KAVV238-I


ER_SDUMP:(データ0

JP1/AJS2 - Managerでエラーが発生したときや,通信エラーが発生したときなどに,送信したデータを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerでエラーが発生したときや,通信エラーが発生したときなどに送信したデータをログに出力しました。

KAVV240-I


ER_RDUMP:(データ0

通信エラーが発生した場合などに,途中まで受信したデータを通知するメッセージです。

(S)
通信エラーが発生した場合などに,途中まで受信したデータをログに出力しました。

KAVV241-E


ENCODE_ERR:文字コード保守情報

サポートしていない文字コードが指定されているため,データを文字列に変換できなかったことを通知するメッセージです。

(S)
サポートしていない文字コードが指定されているため,データを文字列に変換できなかったことをログに出力しました。

KAVV242-E


CONNECT_ERR(保守情報 / 保守情報)[L(接続元IPアドレス接続元ポート番号) F(接続先IPアドレス接続先ポート番号)]

接続時にエラーになったことや,接続の途中で接続が切断されたことを通知するメッセージです。ただし,接続時にエラーの場合は,L「接続元IPアドレス接続元ポート番号」は表示されません。

(S)
接続に失敗したことを,ログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV243-E


SEND_ERR(保守情報 / 保守情報)[L(接続元IPアドレス接続元ポート番号) F(接続先IPアドレス接続先ポート番号)]

データの送信に失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
データの送信に失敗したことをログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV244-E


RECV_ERR(保守情報 / 保守情報)[L(接続元IPアドレス接続元ポート番号) F(接続先IPアドレス接続先ポート番号)]

データの受信に失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
データの受信に失敗したことをログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV245-I


NETMONITOR_START

コネクションの監視を開始したことを通知するメッセージです。

(S)
コネクションの監視を開始したことをログに出力しました。

KAVV246-E


NETMONITOR_ERR(保守情報保守情報保守情報

コネクションの監視中に,エラーが発生したことを通知するメッセージです。

(S)
コネクションの監視中に,エラーが発生したことをログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV247-I


NETMONITOR_STOP

コネクションの監視を終了したことを通知するメッセージです。

(S)
コネクションの監視を終了したことをログに出力しました。

KAVV248-I


個数)units were selected.
個数)個のユニットが選択されました。

選択されたユニットの数を通知するメッセージです。

(S)
複数ユニット操作時に選択されたユニットの数をログに出力しました。

KAVV249-E


The編集内容 attempt for (定義情報種別)(ユニット完全名またはユニット名) failed.
定義情報種別)(ユニット完全名またはユニット名)の(編集内容)に失敗しました。

選択されたユニットの操作に失敗したことを通知するメッセージです。

(S)
複数ユニット操作時に操作に失敗したことをログに出力しました。

(O)
複数ユニットの操作時に失敗した場合は,[複数処理結果]ダイアログボックスが表示されますので,個々のエラーの内容について確認してください。

KAVV250-E


No reference destination host is set, or the execution manager is unknown.
参照先ホストが設定されていない,または実行マネージャが不明です。

マネージャージョブグループまたはマネージャージョブネットで参照先ホストが設定されていないので,参照先のユニットが表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
対象となるマネージャージョブグループ,またはマネージャージョブネットの定義で[参照先ホスト]を正しく設定してください。

KAVV251-E


No reference destination unit name is set.
参照先ユニット名が設定されていません。

マネージャージョブグループまたはマネージャージョブネットで参照先ユニット名が設定されていないので,参照先のユニットが表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
対象となるマネージャージョブグループ,またはマネージャージョブネットの定義で[参照先ユニット名]を正しく設定してください。

KAVV252-E


Reference destination unit name is invalid.
参照先ユニット名が不正です。

マネージャージョブグループまたはマネージャージョブネットで参照先ユニット名の指定に誤りがあるので,参照先のユニットが表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
対象となるマネージャージョブグループ,またはマネージャージョブネットの定義で[参照先ユニット名]を,正しく設定してください。[参照先ユニット名]にはスケジューラーサービス名付きのユニット完全名を指定してください。

KAVV253-E


An unrecoverable unit exists.
回復していないユニットが存在します。

回復できないユニットがあります。次の原因が考えられます。

  • 回復先が[退避時と同じ位置]の場合,ユニットの階層構造が退避時と異なる。
  • 回復先がマネージャージョブグループ,またはマネージャージョブネットである。
  • 起動条件の下にイベントジョブ以外のユニットを回復した。

(S)
処理を中断します。

(O)
回復先の指定を見直してください。
回復先が起動条件の場合は[回復]ダイアログボックスで[退避ファイル]の[種別]が「イベント」になっているものだけを[回復の対象]に追加してください。

KAVV254-E


A recovery unit must be followed by another recovery unit.
リカバリユニットの後続は,リカバリユニットである必要があります。

リカバリーユニットの後続に,リカバリーではないユニットを定義しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[種別]の設定を[リカバリ]に戻してください。

KAVV255-E


This operation cannot be performed on the manager jobnet.
マネージャジョブネットにこの操作はできません。

マネージャージョブネットにはできない操作が行われました。

(S)
処理を中断します。

(O)
マネージャージョブネットの参照先ジョブネットに対して再度操作してください。

KAVV256-E


A schedule cannot be defined in the manager jobnet.
マネージャジョブネットにスケジュールは定義できません。

マネージャージョブネットに,スケジュール情報を定義しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
マネージャージョブネットの参照先ジョブネットに,スケジュール情報を定義してください。

KAVV257-E


The specified (Job GroupJobnetUnit) was not found. (ユニット名)
指定された(ジョブグループジョブネットユニット)が見つかりません。(ユニット名

処理対象のユニットが見つからないかユニット種別が不正であるために処理できませんでした。次の原因が考えられます。

マネージャージョブネットを表示した場合
  • 指定したユニットがない。
  • 指定したユニットがルートジョブネットでない(リモートルートジョブネットも不可)。

マネージャージョブグループを表示した場合
  • 指定したユニットがない。
  • 指定したユニットがジョブグループでない。

状態記憶の復帰時
  • [JP1/AJS2 - View]ウィンドウで状態記憶時に表示していたツリーエリアで選択していたジョブグループがない。

ajsコマンド起動時
  • -nオプションで指定したユニットがない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。
状態記憶されている場合は,JP1/AJS2 - Viewウィンドウで[オプション]−[状態記憶]−[取り消し]を行うか,再度状態記憶を行ってください。

KAVV258-I


(ダイアログ名) was opened.
「(ダイアログ名)」ダイアログを開きました。

ダイアログ名」ダイアログボックスを開いたことを通知するメッセージです。

(S)
ダイアログ名」ダイアログボックスを開いたことをログに出力しました。

KAVV259-I


(ダイアログ名) was closed.
「(ダイアログ名)」ダイアログを閉じました。

ダイアログ名」ダイアログボックスを閉じたことを通知するメッセージです。

(S)
ダイアログ名」ダイアログボックスを閉じたことをログに出力しました。

KAVV261-E


Enter a job group name with up to 930 bytes, including the complete name of the upper unit.
ジョブグループ名には,上位ユニットの完全名を付加した上で930バイト以内になるように入力してください。

カレンダー参照先ジョブグループに指定されたジョブグループ名称が長過ぎます。

(S)
処理を中断します。

(O)
カレンダー参照先ジョブグループ名には,上位ユニットの完全名を付加した上で930バイト以内になるように入力してください。

KAVV262-E


An invalid unit is specified.
不正なユニットが指定されました。

処理対象のユニット種別が不正であるために処理できませんでした。次の原因が考えられます。

状態記憶の復帰時
  • 状態記憶時に記憶していたユニットが削除され同一名称で異なるユニット種別のユニットが作成されている。

ajsコマンド起動時
  • -nオプションで指定したユニットがジョブまたはジョブネットでない。
  • -nオプションで指定したユニットがマネージャージョブネットである。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。
状態記憶されている場合は,JP1/AJS2 - Viewウィンドウで[オプション]−[状態記憶]−[取り消し]を行うか,再度状態記憶を行ってください。

KAVV263-E


This operation cannot be executed because the execution ID cannot be acquired.
実行IDが取得できないため,この操作は実行できません。

ジョブネットが登録解除されたなどの理由によって,最新の状態,または最新の結果の実行IDが取得できないため,指定された操作は実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットが,実行登録されているかどうか確認してください。

KAVV264-I


There is a canceled operation because an error occurred.
エラーが発生したため,実行されなかった操作があります。

指定された操作を実行する前に,ほかの処理でエラーが発生したため,実行されなかった操作があります。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を実行したあと,再操作をしてください。

KAVV265-E


A start condition cannot be set in the remote jobnet.
リモートジョブネットに起動条件は設定できません。

リモートジョブネットには,起動条件を設定できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リモートジョブネットには,起動条件を設定しないでください。

KAVV266-E


You cannot use the current login information to connect. Log in again.
現在のログイン情報では接続できません。再ログインしてください。

認証サーバが再起動されたか,現在のJP1/AJS2 - Viewを起動したViewがログアウトしたため,現在のログイン情報が無効になり,接続先と接続できなくなりました。

(S)
処理を中断し,[ログイン]画面を表示します。

(O)
再ログインしてください。ただし,直前の操作は取り消されますので,ログイン後は同じ操作を繰り返してください。

KAVV267-E


An application required for this operation is not installed.
この操作に必要なアプリケーションがインストールされていません。

必要なアプリケーションがインストールされていなかったため,選択した操作を実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
必要なアプリケーションをインストールしたあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。

KAVV268-E


An application required for this operation is unavailable.
この操作に必要なアプリケーションが使用できる状態ではありません。

この操作に必要なアプリケーションがインストールされていますが,使用できる状態ではありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先でJP1/AJS2 - Manager for Mainframeがインストールされているか,また,正しくセットアップされているかを確認してください。

KAVV269-E


This operation cannot be executed for (ユニット種別).
ユニット種別)にこの操作はできません。

ホストリンクジョブネットまたはホストサービス,ホストシステムIDに対してできない操作を行おうとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ホストリンクジョブネットまたはホストサービス,ホストシステムID以外のユニットを選択して,再度操作してください。

KAVV270-E


Select a (ユニット種別).
ユニット種別)を選択してください。

指定されたユニットは,この操作に使用できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
操作対象として正しいユニットを選択してください。

KAVV271-E


To edit exclusively, you must cancel the registration or be in the suspended state.
排他編集を行うには,登録解除するかサスペンド状態にしてください。

ジョブネットが実行登録中であるため,排他編集モードにできません。

(S)
処理を中断して,参照モードに戻ります。

(O)
排他編集モードにするには,ルートジョブネットに対して[登録解除],または[サスペンド実行]を選択してください。

KAVV272-E


This operation cannot be executed for (ユニット種別) in the suspended state.
サスペンド状態であるため,(ユニット種別)にこの操作はできません。

指定したユニット種別のユニットに対して,サスペンド状態ではできない操作がされました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別」以外のユニットを選択して操作してください。

KAVV273-E


This operation cannot be executed in the suspended state.
サスペンド状態であるため,この操作はできません。

サスペンド状態ではできない操作がされました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[JP1/AJS2 - View]ウィンドウで,ルートジョブネットの状態を確認してください。[最新情報に更新]をすることを,お勧めします。

KAVV274-E


The specification with a regular expression is incorrect.
正規表現での指定に誤りがあります。

正規表現での指定に誤りがあるため,検索処理を実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
検索名を正規表現で指定する場合,文字列の末尾を'\'で指定しないでください。

KAVV275-I


Search results exceeded the max. displayable number, so some search results are not displayed.
検索結果が最大表示数を超えたため,表示できない結果があります。

検索結果が最大表示数を超えたため,表示していない検索結果があることを通知するメッセージです。

(S)
検索結果が最大表示数を超えたため,表示していない検索結果があることを通知しました。

KAVV276-I


No unit satisfies the search condition.
検索条件を満たすユニットがありませんでした。

検索条件を満たすユニットがないことを通知するメッセージです。

(S)
検索条件を満たすユニットがないことを通知しました。

KAVV277-E


The specified unit does not exist, so it is not selected.
指定されたユニットが存在しないため,正しく選択表示されません。

指定されたユニットがJP1/AJS2 - View上にないため,正しく選択表示されません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - ViewとJP1/AJS2 - Managerで保持しているユニット情報が,異なっているおそれがあります。[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV279-E


From the execution results list, select the schedule to be displayed.
実行一覧から表示する予定を選択してください。

実行一覧で操作対象となる世代が選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行結果リストから表示する世代を選択してください。

KAVV280-E


You cannot define a hostlink jobnet under a remote jobnet.
リモートジョブネットの下にはホストリンクジョブネットを定義できません。

リモートジョブネットの下の階層には,ホストリンクジョブネットを定義できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リモートジョブネットの下の階層に,ホストリンクジョブネットを定義しないでください。

KAVV281-E


A hostlink jobnet must not be followed by a recovery unit.
ホストリンクジョブネットの後続は,リカバリユニットにできません。

ホストリンクジョブネットの後続ユニットは,リカバリーユニットにできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ホストリンクジョブネットの後続ユニットは,リカバリーユニットにしないでください。

KAVV282-E


An attempt to read the file (ファイル名) failed.
ファイル(ファイル名)の読み込みに失敗しました。

ファイル名」の読み込みに失敗しました。

(S)
JP1/AJS2 - View for Mainframeを使用しないで,JP1/AJS2 - Viewを起動します。

(O)
JP1/AJS2 - View for Mainframeが正しくインストールされているか,「ファイル名」のファイルに読み込み権限があるか確認してください。

KAVV283-E


An attempt to create an add-in application (formfview) failed.
アドインアプリケーション(formfview)の作成に失敗しました。

JP1/AJS2 - View for Mainframeの起動に失敗しました。

(S)
JP1/AJS2 - View for Mainframeを使用しないで,JP1/AJS2 - Viewを起動します。

(O)
JP1/AJS2 - View for Mainframeが正しくインストールされているか確認してください。

KAVV284-E


The specified unit is now being created or deleted.
指定したユニットは作成中または削除中です。

指定したユニットは,作成中,または削除中です。

(S)
処理を中断します。

(O)
ウィンドウ起動時にこのメッセージが表示された場合は,しばらく時間を空けてから,再度ウィンドウを起動してください。
また,[JP1/AJS2 - View]ウィンドウや[ジョブネットエディタ]ウィンドウ,[ジョブネットモニタ]ウィンドウのツリーエリアで,ユニットを選択したときにこのメッセージが表示された場合は,しばらく時間を空けてから再度ユニットを選択してください。

KAVV285-E


The (行数) line of the settings file (ファイル名) is incorrect.
設定ファイル(ファイル名)の(行数)行目に誤りがあります。

壁紙設定の管理ファイルに誤りがあります。

(S)
誤りがあった行の設定を無視して処理を継続します。
管理ファイルで最初に検出された誤りに対してはエラーメッセージダイアログボックスでエラーを通知します。それ以降の誤りに対してはログに出力します。

(O)
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 13.4.6 [壁紙の設定]ダイアログボックス」を参照し,壁紙設定の管理ファイルで誤りのある行を訂正してください。

KAVV286-E


The specified file ((ファイル名)) was not found.
指定されたファイル((ファイル名))が見つかりません。

[壁紙の設定]ダイアログボックスで,プレビュー表示しようとしましたが,壁紙のイメージとして指定されたファイルが見つからないので,プレビュー表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
指定したファイルがあるかを確認してください。

KAVV287-E


The number of data items in the settings file (ファイル名) exceeded 10,000 so registration failed.
設定ファイル(ファイル名)内のデータ件数が10,000件を超えたため,設定を登録できません。

壁紙の設定件数が10,000件を超えたため,登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
10,000件以内で壁紙の設定を登録してください。

KAVV288-E


The backup box could not be created, so backup is not possible.
退避ボックスの作成に失敗したため,退避できませんでした。

退避ボックスの作成に失敗したため,ユニットを退避できません。次の原因が考えられます。

  • 接続先でJP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーが退避情報ディレクトリに対する書き込み権限がない。
  • 接続先で退避情報ディレクトリがあるディスクに退避ボックスを作成する容量がない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いたあと,再度退避してください。

KAVV289-E


The backup box cannot be accessed, so backup is not possible.
退避ボックスにアクセスできないため,退避できません。

退避ボックスにアクセスできないためユニットを退避できません。次の原因が考えられます。

  • 接続先で退避情報ディレクトリがない。
  • 接続先でJP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーが退避情報ディレクトリにアクセスする権限がない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いたあと,再度退避してください。

KAVV290-E


An unexpected error occurred in start processing. (Detailed information: 保守情報, 保守情報)
起動処理中に予期しないエラーが発生しました。(詳細情報:保守情報保守情報

JP1/AJS2 - Viewの起動処理中に予期しないエラーが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
メモリー不足,またはディスクの空き容量不足のおそれがあります。不要なアプリケーションを終了したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。
解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV291-E


Failed to start JP1/AJS2 - View. (Detailed information: 保守情報)
JP1/AJS2 - Viewの起動に失敗しました。(詳細情報:保守情報

JP1/AJS2 - Viewの起動に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
メモリー不足,またはディスクの空き容量不足のおそれがあります。不要なアプリケーションを終了したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。
ドライブ直下にインストールしないでください。
解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV293-E


JP1/AJS2 - View is installed in an invalid folder.
不正なフォルダにインストールされています。

起動されたJP1/AJS2 - Viewが正しいフォルダにインストールされていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewの起動ファイル(ajs.exe)が,次のフォルダにあることを確認してください。
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\bin

KAVV295-E


An option specified in ajs2.conf is too long.
ajs2.confで指定されたオプションが長すぎます。

ajs2.confのjreparamに指定されたオプションが長過ぎるため,JP1/AJS2 - Viewが起動できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ajs2.conf.modelと比較し,不要なオプションが,指定されていないか確認してください。

KAVV296-E


The command line parameter is too long.
コマンドラインパラメータが長すぎます。

ajsコマンドに指定したコマンドラインパラメーターが長過ぎるため,JP1/AJS2 - Viewが起動できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
正しくコマンドラインパラメーターを指定したあと,JP1/AJS2 - Viewを再起動してください。

KAVV304-E


The specified operation cannot be performed for the unit under the Operation Net scheduler service.
オペレーションネット用スケジューラーサービス配下のユニットに対して,指定された操作はできません。

オペレーションネット用スケジューラーサービス配下のユニットに対して許可されていない操作をしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
オペレーションネット用スケジューラーサービス配下のユニットに対して許可されていない操作をしないでください。

KAVV305-E


The version of JP1/AJS2 - View for Mainframe is not compatible.
JP1/AJS2 - View for Mainframeのバージョンが対応していません。

JP1/AJS2 - View for Mainframeのバージョンが対応していないため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Viewに対応しているバージョンのJP1/AJS2 - View for Mainframeをインストール後,再度操作してください。

KAVV307-Q


Are you sure you want to release the changes in selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットの変更を解除します。よろしいですか?

複数ユニットの一時変更を解除するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
変更解除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV308-Q


Are you sure you want to delete the (ユニット名)?
ユニット名)を削除します。よろしいですか?

ユニットを削除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
削除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV309-Q


Are you sure you want to cancel the registration of the (ユニット名)?
ユニット名)を登録解除します。よろしいですか?

ユニットの登録を解除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
解除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV310-Q


An attempt to (操作名) (ユニット名) failed. Are you sure you want to continue?
ユニット名)の(操作名)に失敗しました。このまま処理を続行しますか?

複数ユニットの処理に失敗しました。このまま処理を続行するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
処理を続行する場合[はい]を,処理を続行して今後このメッセージを表示しない場合は[すべてはい]を,処理を中断する場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV311-Q


Are you sure you want to cancel the registration of the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを登録解除します。よろしいですか?

複数ユニットの登録を解除するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
登録解除を行う場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV312-Q


Are you sure you want to prohibit execution of the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを実行中止します。よろしいですか?

複数ユニットの実行を中止するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
実行を中止する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV313-Q


Are you sure you want to set the hold attribute for the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットの保留属性を設定します。よろしいですか?

複数ユニットの保留属性を設定するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保留属性を設定する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV314-Q


Are you sure you want to release the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを保留解除します。よろしいですか?

複数ユニットを保留解除するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保留解除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV315-Q


Are you sure you want to forcibly end the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを強制終了します。よろしいですか?

複数ユニットを強制終了するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
強制終了する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV316-Q


Are you sure you want to interrupt the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを中断します。よろしいですか?

複数ユニットを中断するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
中断する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV317-E


The operation is not possible for the specified status or result.
指定された状態または結果に対して操作できません。

指定された世代(状態,結果)が操作対象のジョブネットにないため,操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
状態または結果を指定する前には,[JP1/AJS2 - View]ウィンドウで対応する世代に対する状態が表示されていることを確認してください。

KAVV318-Q


Are you sure you want to prohibit execution of (ユニット名) (実行ID)?
ユニット名)(実行ID)を実行中止します。よろしいですか?

ユニットの実行を中止するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
実行を中止する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV319-Q


Are you sure you want to release the changes in (ユニット名) (実行ID)?
ユニット名)(実行ID)の変更を解除します。よろしいですか?

ユニットの予定一時変更の解除を確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
解除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV320-Q


Are you sure you want to set the hold attribute for (ユニット名) (実行ID)?
ユニット名)(実行ID)の保留属性を設定します。よろしいですか?

ユニットの保留属性を設定するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保留を設定する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV321-Q


Are you sure you want to release (ユニット名)(実行ID)?
ユニット名)(実行ID)を保留解除します。よろしいですか?

ユニットの保留を解除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保留解除をする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV322-Q


Are you sure you want to interrupt (ジョブネット名)(実行ID)?
ジョブネット名)(実行ID)を中断します。よろしいですか?

ジョブネットを中断するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
中断する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV323-Q


Are you sure you want to forcibly end (ユニット名)(実行ID)?
ユニット名)(実行ID)を強制終了します。よろしいですか?

ユニットを強制終了するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
強制終了する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV324-Q


Are you sure you want to delete the schedule rule (ルール番号)?
スケジュールルール(ルール番号)を削除します。よろしいですか?

スケジュールルールを削除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
削除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV325-Q


Are you sure you want to save the window status?
ウィンドウの状態を記憶します。よろしいですか?

ウィンドウ状態を記憶するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
状態記憶をする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV326-Q


Are you sure you want to clear the saved status?
状態記憶を取り消します。よろしいですか?

ウィンドウ状態の状態記憶を取り消すか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
取り消しをする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV327-Q


Are you sure you want to delete the (ユニット名)?
ユニット名)を削除します。よろしいですか?

[ジョブネットエディタ]ウィンドウでユニットを削除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
削除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV328-Q


Are you sure you want to delete the selected (個数) units?
選択された(個数)個のユニットを削除します。よろしいですか?

ユニットを削除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
削除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV329-Q


This operation can be done only during exclusive editing. Are you sure you want to edit exclusively?
この操作は排他編集中でないと実行できません。排他編集を行いますか?

排他編集モードにするか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
排他編集する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV330-Q


To delete the start condition, the root jobnet in the exclusive-editing status must be displayed in the map area. Are you sure you want to continue?
起動条件を削除するには,排他編集状態でマップエリアにルートジョブネットを表示する必要があります。続行しますか?

起動条件を削除するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
削除する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV332-Q


The calendar has been changed. Are you sure you want to save it?
カレンダーが変更されています。保存しますか?

カレンダーでの定義情報を保存するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保存する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV333-Q


To create a start condition, the root jobnet in the exclusive-editing status must be displayed in the map area. Are you sure you want to continue?
起動条件を新規作成するには,排他編集状態でマップエリアにルートジョブネットを表示する必要があります。続行しますか?

起動条件を新規作成するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
起動条件を作成する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV334-Q


Are you sure you want to log out?
終了(ログアウト)してもよろしいですか?

JP1/AJS2 - Viewを終了するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
終了する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV335-Q


Closing the windows makes you log out. Are you sure you want to log out?
このウィンドウを閉じると終了(ログアウト)します。よろしいですか?

JP1/AJS2 - Viewを終了するか,終了しないかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
終了する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV336-Q


The connection with the Manager was severed. Do you want to re-connect?
マネージャーとの接続が切れています。再接続を行いますか?

マネージャーと再接続するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
再接続する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV337-Q


Another user changed the schedule while you were editing it. Are you sure you want to save the edited settings?
編集中に他のユーザーからスケジュールの設定が変更されています。このまま,編集した設定を保存してもよろしいですか?

スケジュール情報を上書きするか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
上書きする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV338-Q


Registration cannot be executed because the specified job group does not exist or you are not authorized to register it. Are you sure you want to define the schedule?
指定されたジョブグループは存在しないか,または権限がありません。このままでは実行登録できませんが,スケジュールを設定してもよろしいですか?

スケジュール情報を設定するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
設定する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV339-Q


The changed data will be lost. Are you sure you want to save it?
変更されたデータが失われます。保存しますか?

カレンダー情報を保存するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
保存する場合は[はい]を,保存しない場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV340-Q


Copying the schedule of an upper jobnet to a lower jobnet will delete the existing schedule (if any) of the lower jobnet. Are you sure you want to copy?
上位ジョブネットからスケジュールの設定をコピーします。既にコピー先のジョブネットにスケジュールが設定してある場合,その設定は失われます。よろしいですか?

上位ジョブネットから,スケジュール情報をコピーする場合,すでにあるスケジュール情報に上書きするか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
コピーする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV341-Q


You specified "All" for a start point or end point. Are you sure you want to define?
開始点または終了点に全体が指定されていますがよろしいですか?

ホストリンクジョブネットの開始点,または終了点に[全体]を指定するか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
そのまま保存する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV344-Q


The search might take a long time. Are you sure you want to search?
検索処理に時間がかかる可能性があります。よろしいですか?

下位のユニットを検索したり,検索名を考慮しないで検索したりするか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
そのまま検索する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]をクリックしてください。

KAVV350-E


When you register for execution a jobnet that is directly under a planning group, you can only perform fixed registration specified with a fixed schedule period.
プランニンググループ直下のジョブネットを実行登録する場合,確定期間を指定した確定登録のみが可能です。

プランニンググループの直下のジョブネットに対しては,計画登録,即時登録ができません。また,未来世代数を指定して確定登録することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
プランニンググループの直下のジョブネットに対しては,確定期間を指定して確定登録してください。

KAVV351-E


When you add a planning group or a jobnet that is directly under a planning group to a schedule, you can only perform fixed registration specified with a fixed schedule period.
プランニンググループおよびプランニンググループ直下のジョブネットに予定を追加する場合,確定期間を指定した確定登録のみが可能です。

プランニンググループおよびプランニンググループの直下のジョブネットには,予定を追加できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
予定を追加する場合は,対象となるプランニンググループ直下のジョブネットに対して,次の操作を行ってください。

既存のスケジュールに基づき予定を追加する場合
新しい期間を指定して確定実行登録を行ってください。

既存のスケジュールとは別に単発的に予定を追加する場合
計画一時変更で次回予定を追加してください。
なお,この場合追加した予定に対する変更解除はできません。変更解除する場合は実行中止をしてください。

KAVV352-E


Today is shown because the specified date (日付) cannot be shown.
表示できない日付(日付)のため,今日を表示します。

[デイリースケジュール]ウィンドウ,または[マンスリースケジュール]ウィンドウに表示できない日付を指定しました。

(S)
処理を継続します。表示日を今日と仮定して,表示します。

(O)
このウィンドウの表示元のウィンドウで1994年〜2036年の期間以外の日付を表示していないかどうかを確認してください。

KAVV353-E


Directly under a planning group, you can only create a jobnet or remote jobnet.
プランニンググループ直下には,ジョブネット,またはリモートジョブネットのみ作成可能です。

プランニンググループの直下には,ルートジョブネット,ルートリモートジョブネット以外のユニットを作成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
プランニンググループの直下にユニットを作成する場合は,ルートジョブネット,またはルートリモートジョブネットを作成してください。

KAVV354-E


Specify a date in end day, after the start day.
解除期間では,終了日には開始日以降の日付を指定してください。

解除期間の終了日に,開始日より前の日付が指定されているので,期間指定で登録解除ができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
期間指定で登録解除する場合には,[解除期間]の終了日に,開始日以降の日付を指定してください。

KAVV355-E


Schedule for releasing registration does not exist.
登録解除するためのスケジュールが存在しません。

登録解除するためのスケジュールがありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
指定した期間内にスケジュールがあることを確認の上,再度登録解除をしてください。

KAVV356-E


Directly under a planning group, you can only paste a jobnet or remote jobnet.
プランニンググループ直下には,ジョブネット,またはリモートジョブネットのみ貼り付け可能です。

プランニンググループの直下には,ルートジョブネット,ルートリモートジョブネット以外のユニットは貼り付けられません。

(S)
処理を中断します。

(O)
プランニンググループの直下にユニットを貼り付ける場合は,ルートジョブネット,またはルートリモートジョブネットを貼り付けてください。

KAVV357-Q


Fixed schedule period is over the (数値) month. Register in the settings?
確定期間が数値ヶ月を超えていますが,このまま実行登録をしてもよろしいですか?

実行登録をするかどうかの確認です。確定登録での確定期間が,ユーザーの指定した期間を超えています。入力に誤りがないか確認してください。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行登録する場合は[はい]を,しない場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV358-E


A maximum of 50 colors can be created.
表示色は最大50色まで作成可能です。

表示色は最大50色までしか作成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
作成した表示色のうち不要なものを削除してから,再度表示色を作成してください。

KAVV359-E


A color with the specified RGB element already exists, so you cannot specify the RGB element.
既に存在する表示色と同じRGB要素を指定することはできません。

同一のRGB要素を持つ表示色を複数作成することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
既存の表示色と重複しないRGB値を指定してください。

KAVV360-E


A color with the same name already exists, so you cannot specify the name.
既に存在する表示色と同じ名称を指定することはできません。

同一名称の表示色を複数作成することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
既存の表示色の名称以外の文字列を指定してください。

KAVV361-Q


The specified color (表示色名) is in use. Are you sure you want to delete it?
指定した表示色(表示色名)は,現在使用中です。このまま削除してもよろしいですか?

指定したユーザー表示色を削除するかどうかの確認です。現在,実行状態や遅延に割り当てられている表示色を削除しようとしています。削除した場合は,デフォルトの設定が適用されます。

(S)
処理を中断します。

(O)
削除する場合は[はい]を,しない場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV362-E


The specified operation cannot be performed because the unit is defined by JP1/AJS2 - Scenario Operation.
JP1/AJS2 - Scenario Operation から定義したユニットに対して,指定された操作はできません。

JP1/AJS2 - Scenario Operationから定義されたユニットに対して許可されない操作をしようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Scenario Operationからの操作により回避してください。

KAVV363-E


Select an item in the (リスト名).
リスト名)で項目を選択してください。

リスト名」で項目が選択されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リスト名」で項目を選択してください。
  • [表示色の選択]ダイアログボックスの場合:[選択可能な表示色の一覧]
  • [変数使用状況]ダイアログボックスの場合:[変数一覧]

KAVV364-E


The available file extensions are .jpg (.JPG) and .gif (.GIF). Specify a valid file name.
ファイルの拡張子は「.jpg」(.JPG)及び「.gif」(.GIF)が有効となります。再度正しいファイル名を入力してください。

壁紙とするイメージファイルの拡張子に「.jpg」(.JPG),および「.gif」(.GIF)以外の拡張子を指定しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
壁紙とするイメージファイルの拡張子には「.jpg」(.JPG),または「.gif」(.GIF)を指定してください。

KAVV365-Q


Are you sure you want to end specifying wallpaper settings without saving the settings?
設定した情報を保存せずに,壁紙の設定を終了します。よろしいですか?

設定した情報を保存せず,壁紙の設定を終了するかどうかの確認です。

(S)
応答を待ちます。

(O)
終了する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV366-Q


The specified file (ファイル名) was not found. Are you sure you want to use the specified file name for wallpaper?
指定されたファイル(ファイル名)が見つかりません。このまま,指定されたファイル名を壁紙に設定してもよろしいですか?

指定したファイルがない場合に,指定したファイル名を,そのまま壁紙に設定するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
設定する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV367-E


Specify both start and end days in the cancel period.
解除期間には開始日と終了日の両方を指定してください。

期間指定で登録解除する場合は,[解除期間]の開始日および終了日を省略できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
期間指定で登録解除する場合は,[解除期間]の開始日と終了日の両方を指定してください。

KAVV368-Q


A relation line cannot be pasted when Paste (Extension) is executed under the start condition. Are you sure you want to continue?
起動条件に対して貼り付け(拡張)を実行する場合,関連線は貼り付けることができません。続行しますか?

貼り付け(拡張)を実行するかどうかの確認です。

起動条件の配下で貼り付け(拡張)を実行した場合,関連線は貼り付けることができません。ユニットの相対的な座標位置は維持したまま貼り付けることができます。

(S)
応答を待ちます。

(O)
貼り付け(拡張)を実行する場合は[はい]を,実行しない場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV369-E


The (行数) line of the settings file (ファイル名) is incorrect.
設定ファイル(ファイル名)の(行数)行目に誤りがあります。

壁紙の設定ファイルに誤りがあります。

(S)
誤りがあった行の設定を無視して処理を継続します。
設定ファイルで最初に検出された誤りに対してはエラーメッセージダイアログボックスでエラーを通知します。それ以降の誤りに対してはログに出力します。

(O)
[壁紙の設定]ダイアログボックスを表示して,[OK]ボタンをクリックすると誤りのある定義は削除されます。

KAVV370-Q


The optimization might take a long time. Discontinuation of processing during optimization is possible. Are you sure you want to optimize?
最適化処理に時間がかかる可能性があります。最適化中に処理の中断は可能です。最適化しますか?

最適化処理をするかどうかの確認です。

(S)
応答を待ちます。

(O)
最適化する場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV371-I


Now optimizing. You can use the Cancel button to discontinue the processing.
最適化中です。キャンセルボタンで処理を中断することができます。

最適化の処理中です。最適化処理は[キャンセル]で中断できます。

(S)
処理を継続します。

(O)
処理を中断する場合は[キャンセル]を選択してください。

KAVV372-E


The number of data items in the settings file (ファイル名) exceeded 9,999 so registration failed.
設定ファイル(ファイル名)内のデータ件数が9,999件を超えたため,設定を登録できません。

壁紙の設定可能なホスト数が9,999を超えたので,現在の接続先に対して壁紙の設定を登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 13.4.6 [壁紙の設定]ダイアログボックス」の補足事項を参照し壁紙設定の管理ファイルから不要な行を削除してください。

KAVV373-Q


The common user profile of the connection destination will be downloaded. Are you sure you want to overwrite all of the settings for (JP1ユーザー名) on this JP1/AJS2 - View machine?
接続先のユーザー共通プロファイルをダウンロードします。このJP1/AJS2 - Viewマシンの(JP1ユーザー名)のダウンロード対象の設定はすべて上書きされます。よろしいですか?

ユーザー共通プロファイルをダウンロードするかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
接続先のユーザー共通プロファイルをダウンロードする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV374-Q


Are you sure you want to upload the setup of (JP1ユーザー名)on this JP1/AJS2 - View machine as the common user profile on the connection destination?
このJP1/AJS2 - Viewマシンの(JP1ユーザー名)の設定を接続先のユーザー共通プロファイルとしてアップロードします。よろしいですか?

このJP1/AJS2 - Viewマシンの「JP1ユーザー名」の設定を接続先のユーザー共通プロファイルとしてアップロードするかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
ユーザー共通プロファイルとしてアップロードる場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV375-I


The upload/download ended normally.
アップロード/ダウンロード)は正常に終了しました。

アップロードまたはダウンロードが正常に終了したことを通知するメッセージです。

(S)
アップロードまたはダウンロードが正常に終了したことを通知します。

KAVV376-E


The common user profile is not uploaded at the connection destination.
接続先にユーザー共通プロファイルがアップロードされていません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerにユーザー共通プロファイルがアップロードされていないためダウンロードできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユーザー共通プロファイルがアップロードされたあと,再度ダウンロードしてください。

KAVV377-Q


All the common user profile values of the connection destination are default values. Are you sure you want to continue downloading?
接続先のユーザー共通プロファイルはすべてデフォルト値です。このままダウンロードしてもよろしいですか?

接続先のユーザー共通プロファイルはすべてデフォルト値です。このまま処理を続行するとダウンロード対象の設定はすべてデフォルト値になります。すべてデフォルト値のユーザー共通プロファイルをダウンロードするかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
接続先のユーザー共通プロファイルをダウンロードする場合は[はい]を,取り消す場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV378-E


A required option is missing.[オプション]
必要なオプションが不足しています。[オプション

ajsコマンドに必要なオプションが不足しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
必要なオプションを指定したあと,再度ajsコマンドを実行してください。必要なオプションの組み合わせは,次のとおりです。
  • -v monitor -n ジョブネットまたはジョブの完全名 -l 実行ID
  • -v monitor -n ジョブネットまたはジョブの完全名 -m stateまたはresult

KAVV379-E


An option that cannot be specified simultaneously is specified.[オプション]
同時に指定できないオプションが指定されています。[オプション

同時に指定できないオプションが指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
-lまたは-mオプションのどちらかを指定して,再度ajsコマンドを実行してください。

KAVV380-E


The login information file (ファイル名) is not found.
ログイン情報ファイル(ファイル名)が見つかりません。詳細情報:詳細情報1詳細情報2

ログイン情報ファイルとして指定したファイル名が見つかりません。

(S)
処理を中断します。

(O)
-aオプションに指定したログイン情報ファイルが次の場所に作成されているかどうか確認してください。
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\conf\

KAVV381-E


Specify the value of the login information (キーワード名) of the login information file (ファイル名).
ログイン情報ファイル(ファイル名)のログイン情報(キーワード名)の値を指定してください。

ログイン情報ファイルに,「キーワード」に対する値が設定されていないため,自動ログインできませんでした。

(S)
自動ログイン処理を中断し,[ログイン]画面を表示します。

(O)
[ログイン]画面で必要な情報を入力したあと,ログインしてください。
また,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 コマンドリファレンス 1. コマンド ajs」を参照し,ログイン情報ファイルの内容を確認してください。

KAVV382-E


An error occurred during the input of the login information file (ファイル名).
ログイン情報ファイル(ファイル名)の入力でエラーが発生しました。詳細情報:詳細情報1詳細情報2

ログイン情報ファイルの入力処理でエラーが発生しました。次の原因が考えられます。

  • ファイルまたはディレクトリに対するアクセス権がない。
  • 他のプログラムで編集している。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。

KAVV383-E


The maximum number of selectable units for the specified operation is (ユニット数).
指定された操作で選択可能なユニットの最大数は(ユニット数)個です。

指定された操作をするために選択できるユニット最大数は「ユニット数」に示された個数です。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット数」に示された最大数以下でユニットを選択して,操作をしてください。

KAVV384-Q


The monitor start delay for the specified jobnet cannot be changed because the jobnet is being executed. Are you sure you want to apply the changes other than the monitor start delay change?
指定したジョブネットは実行中のため開始遅延監視を変更することができません。開始遅延監視以外を変更しますか?

指定されたジョブネットの実行状態が実行中のため,開始遅延監視を変更することができません。このため,開始遅延監視以外(終了遅延監視,ジョブネット監視)を変更するかどうか確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
開始遅延監視以外を変更する場合は[はい]を,遅延監視の一時変更をしない場合は[いいえ]を選択してください。

KAVV385-E


The (フィールド名) is duplicated.
フィールド名)が重複しています。

フィールド名」を重複して指定することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
フィールド名」に重複しない名称を指定したあと,再度操作してください。
  • [ツールの登録]ダイアログボックスの場合:[登録名]
  • [引き継ぎ情報の登録]ダイアログボックスの場合:[変数名]

KAVV386-Q


The settings have been changed. Are you sure you want to save the settings?
設定が変更されています。保存しますか?

設定の変更を保存するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
設定を保存する場合は「はい」を,保存しない場合は「いいえ」を,取り消す場合は「キャンセル」を選択してください。

KAVV387-E


An attempt to start the tool failed. (Entry name:(登録名), Command:(起動コマンド))
ツールの起動に失敗しました。(登録名:登録名),起動コマンド:(起動コマンド))

ツールの起動に失敗しました。次の原因が考えられます。

  • 実行ファイルがない。
  • 実行ファイルに対して実行権限がない。
  • 環境変数PATHの設定が正しくない。
  • 置換文字列を使用している場合に,その前後に半角スペースがない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いたあと再度ツールを起動してください。

KAVV388-I


The tool was started.(Entry name:(登録名), Command:(起動コマンド)
ツールを起動しました。(登録名:(登録名),起動コマンド:(起動コマンド))

ツールを起動しました。

(S)
ツールの起動を通知しました。

KAVV389-E


The tool cannot be started because a character that cannot be used in the character string for replacement is included.
置換対象文字列に使用できない文字が含まれているためツール起動できません。

登録されている起動コマンドに置換文字列「(UNIT_NAME)」が指定されていて,置換対象となるユニット完全名にツール起動で使用できない文字が含まれているためツール起動できません。

注※
次の半角文字
" & ' * < > ? [ \ ] ^‘ {|} ~

(S)
処理を中断します。

(O)
別の方法でコマンドを実行してください。

KAVV390-E


Passing information cannot be set in (ユニット種別).
ユニット種別)には引き継ぎ情報を設定できません。

ユニット種別」に対して,引き継ぎ情報を設定して実行登録,または追加しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別」に対しては,引き継ぎ情報を設定しないで実行登録,または追加してください。

KAVV391-E


An unit (ユニット名) defined by JP1/AJS2 - Scenario Operation is included. This unit will be ignored and processing will continue.
JP1/AJS2 - Scenario Operationから定義したユニット(ユニット名)が含まれています。このユニットを無視して処理を続行します。

JP1/AJS2 - Scenario Operationから定義したユニットに対して許可されない操作をしようとしました。

(S)
処理を続行します。

(O)
JP1/AJS2 - Scenario Operationから定義したユニットに対して許可されない操作をしないでください。

KAVV392-I


No variables have been used.
変数は使用されていません。

変数が使用されていないことを通知するメッセージです。

補足事項
変数が表示されるユニットを次に示します。
  • 引き継ぎ情報を参照している(後続の)ジョブ。
  • 判定条件に変数(文字列)または変数(数値)を定義している判定ジョブ。
なお,リモートジョブネット配下のジョブは表示の対象になりません。

(S)
変数が使用されていないことをログに出力しました。

KAVV393-I


There is no inherited result.
引き継ぎ結果はありません。

引き継ぎ結果がないことを通知するメッセージです。

補足事項
引き継ぎ結果が表示されるユニットを次に示します。
  • 実行登録または追加を実行時に,引き継ぎ情報を設定したルートジョブネット。
  • 引き継ぎ情報を参照している(後続の)ジョブ。
なお,引き継ぎ情報を設定している(先行の)ジョブでは表示されません。

(S)
引き継ぎ結果がないことをログに出力しました。

KAVV394-E


An inherited result cannot be displayed for the (ユニット種別).
ユニット種別)に対して引き継ぎ結果は表示できません。

ユニット種別」に対して引き継ぎ結果を表示しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別」以外のユニットに対して引き継ぎ結果を表示してください。

KAVV397-E


To change a recovery attribute, a judgment job (判定ジョブ名) must be followed by another recovery unit.
リカバリーに変更するには判定ジョブ(判定ジョブ名)の後続がリカバリーユニットである必要があります。

判定ジョブの後続ユニットにリカバリーユニットでないユニットが関連づけられているため,従属ジョブをリカバリーに変更することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
種別を[通常]に戻して,[詳細定義]ダイアログボックスを閉じたあと,判定ジョブの後続ユニットをすべてリカバリーユニットに変更して,再度リカバリーに変更してください。

KAVV399-E


An error occurred in inter-process communication.
プロセス間通信処理でエラーが発生しました。

プロセス間通信処理でエラーが発生しました。

(S)
プロセス間通信処理を中断するため,次の機能が正しく動作しません。
  • [ジョブネットモニタ]ウィンドウの起動方式を変更する機能

(O)
現在,起動しているすべてのJP1/AJS2 - Viewを終了したあと,次のファイルがある場合は,手動で削除してください。

Windows XP ProfessionalおよびWindows Server 2003の場合
JP1/AJS2 - Viewのインストール先フォルダ\conf\port.conf

Windows VistaおよびWindows Server 2008の場合
%ALLUSERSPROFILE%\Hitachi\JP1\JP1_DEFAULT\JP1AJS2V\conf\port.conf
「%ALLUSERSPROFILE%」のデフォルトは「システムドライブ\ProgramData」です。

KAVV400-E


Cannot connect to the host (ホスト名). Detailed information: ポート番号, IPアドレス
接続先ホスト(ホスト名)または接続先ホストのJP1/AJS2 Monitorサービスに接続できません。詳細情報:ポート番号IPアドレス

接続先ホスト,または接続先ホストのJP1/AJS2 Monitorサービスに接続できません。次の原因が考えられます。

  • 接続先ホストのJP1/AJS2 Monitorサービスが起動していない。
  • ポート番号(jp1ajs2monitor)の定義が,接続先と一致していない。
  • 接続先ホストが起動していない。
  • 接続先ホストとネットワーク接続できる状態ではない。
  • 接続先との間にファイアウォールがある場合は,通過できるように設定されていない。通過方向については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 付録C.2 ファイアウォールの通過方向」を参照してください。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いたあと,再度操作してください。
また,接続先ホストがビジーな状態の場合は接続できない場合があります。接続しようとしているJP1/AJS2 - Managerに対して,複数のJP1/AJS2 - Viewから接続しようとする場合は,リトライ回数を設定してください(デフォルトは3回です)。
リトライ回数の設定方法を次に示します。
レジストリーキー[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Hitachi\JP1AJS2V]にCONN_RETRYCOUNTという名前のDWORD値を作成し,値にリトライ数を設定してください。

KAVV401-E


The data to the connection destination could not be sent or received.
接続先とのデータの送受信に失敗しました。

JP1/AJS2 - Managerとのデータの送受信に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ネットワークの一時的な問題が考えられます。更新,または操作時にこのメッセージが表示された場合は,最新情報に更新して,更新,または操作が有効になっているか確認してください。有効になっていない場合や,データの取得時の場合は,再度,同じ操作をしてください。
何度もこのメッセージが表示される場合は,JP1/AJS2 - Managerで異常が発生しているおそれがあります。JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslogファイル(UNIXの場合)や,イベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。そのあと,調査結果に基づいてエラー要因を取り除いてください。ログファイルの内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.2 ログ情報の種類」を参照してください。
また,接続先ホストがWindowsで,かつログイン直後にこのメッセージが出力される場合は,接続先ホストでデスクトップヒープ領域不足が発生しているおそれがあります。接続先ホストでデスクトップヒープ領域の消費を抑える設定([マネージャー環境設定]ダイアログボックスの[論理ホスト共通]タブの[ログオンセションのプロセス起動方法]および[ログオン共有セション数])をしてださい。詳細については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 セットアップガイド 4.1.1 論理ホスト共通の情報を定義する」を参照してください。

KAVV402-E


A timeout occurred while waiting for the response from the connection destination. Detailed information: 保守情報, 保守情報
接続先からの応答待ちにタイムアウトしました。詳細情報:保守情報保守情報

JP1/AJS2 - Managerからの応答待ちでタイムアウトが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerに異常がないか確認してください。JP1/AJS2 - Managerでの処理に時間が掛かっている場合もありますので,最新情報に更新したあと,処理がされているか確認してください。
また,待ち時間の変更が可能です(デフォルトは30分です)。待ち時間の設定方法を次に示します。
レジストリーキー[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Hitachi\JP1AJS2V]にREC_TIMEOUTという名前のDWORD値を作成し,値にタイムアウト時間(秒)を設定してください。REC_TIMEOUTの上限値は16進数で00093A80(10進数で604,800)です。

注意事項
"0"を設定しないでください。

KAVV403-E


The transmitted data could not be encoded. (文字コード)
送受信データのエンコードに失敗しました。(文字コード

送受信データのエンコードに失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerの文字コードの設定が正しいか確認してください。

KAVV405-E


Processing was interrupted because an error was detected in the received data. Confirm that the port number (jp1ajs2monitor) is the same at the connection destination. Details: 保守情報, 保守情報
受信データに異常を検出したため,処理を中断します。ポート番号(jp1ajs2monitor)の定義が接続先と一致しているかを確認してください。詳細情報:保守情報保守情報

JP1/AJS2 - Managerから送られてきたデータにプロトコル上の不正なデータを検出しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ポート番号(jp1ajs2monitor)の定義が接続先と一致しているかを確認してください。

KAVV406-E


The version of the connection destination is unknown.
Detailed information: 保守情報保守情報
接続先のバージョンが不明です。
詳細情報:保守情報保守情報

接続先のJP1/AJS2 - Managerのバージョンが不明です。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のホストにJP1/AJS2 - Managerが正しくインストールされているか確認してください。

KAVV407-E


The character code for the connection destination is unknown.
Detailed information: 保守情報保守情報
接続先の文字コードが不明です。
詳細情報:保守情報保守情報

接続先のJP1/AJS2 - Managerの文字コードが不明です。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のホストにJP1/AJS2 - Managerが正しくインストールされているか確認してください。

KAVV408-E


Login information cannot be obtained.
ログイン情報が取得できません。

ログイン情報が取得できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してください。
  • 画面のハードコピー
  • JP1/AJS2 - Viewのログ情報
  • JP1/AJS2 - Managerのログ情報
  • JP1/Baseのログ情報(認証サーバが別のホストにある場合は,認証サーバ側のJP1/Baseのログ情報も含みます)
ログ情報の採取方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.3 トラブル発生時に採取が必要な資料」,および「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.4 資料の採取方法」を参照してください。
また,JP1/Baseのログ情報の採取方法は,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。

KAVV409-E


Information about the connection destination cannot be obtained.
Detailed information: 保守情報保守情報
接続先の情報が得られませんでした。
詳細情報:保守情報保守情報

接続先の情報が取得できませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のホストにJP1/AJS2 - Managerが正しくインストールされているか確認してください。

KAVV411-E


Invalid data was detected. Confirm the setting for the Manager's character code-set. (文字コード)
不正なデータを検出しました。マネージャーの文字コードの設定を確認してください。(文字コード

文字コードの不正によって,JP1/AJS2 - Viewでは表示できない不正なデータを検出しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ログアウトしたあと,接続先のJP1/AJS2 - Managerの設定で次のことを確認してください。
  • JP1/AJS2 - ManagerのOSの文字コードと,JP1/AJS2 - Managerの文字コードの設定が一致しているか。
  • JP1/AJS2 - Managerの文字コードの設定を途中で変更し,かつ変更前のデータが残っていないか。
  • リモートジョブネットの定義で,実行先マネージャーとの文字コードが一致しているか。
なお,このメッセージが表示されていない場合で,JP1/AJS2 - Viewの表示が文字化けしているときでも,上記と同じ対処をしてください。

KAVV412-E


The host name is specified incorrectly.
ホスト名が不正です。

接続先ホスト名で指定されたホスト名では,ホスト名解決できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
正しいホスト名,またはIPアドレスを入力してください。

KAVV413-E


Invalid data was detected in the file (ファイル名) at the connection destination.
接続先のファイル(ファイル名)で不正なデータを検出しました。

接続先のユーザー共通プロファイルに不正なデータを検出しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のユーザー共通プロファイルがSJISで記述されていることを確認してください。
ユーザー共通プロファイル格納ディレクトリのパスはマニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.1.2 ユーザー共通プロファイルの利用」を参照してください。

KAVV414-I


ENUM_RECV : (受信情報)
ENUM_RECV:(受信情報

JP1/AJS2 - Managerからデータを受信したことを通知するメッセージです。

(S)
JP1/AJS2 - Managerからデータを受信したことをログに出力しました。

KAVV415-I


InterProcess : (通信データ)
InterProcess:(通信データ

プロセス間通信処理を行っていることを通知するメッセージです。

(S)
プロセス間通信処理を行っていることをログに出力しました。

KAVV416-W


InterProcess : (保守情報)
InterProcess:(保守情報

プロセス間通信処理中に,続行できるエラーが発生したことを通知するメッセージです。

(S)
プロセス間通信処理中に,続行できるエラーが発生したことをログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV417-E


InterProcess : (保守情報)
InterProcess:(保守情報

プロセス間通信処理中に,エラーが発生したことを通知するメッセージです。

(S)
プロセス間通信処理中に,エラーが発生したことをログに出力しました。

(O)
このメッセージは内部ログであるため,対処は不要です。

KAVV450-E


An error occurred in session processing.
セション処理でエラーが発生しました。

JP1/AJS2 - Viewから送信したデータに不正がありました。または,JP1/AJS2 - Managerから予期しない応答がありました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerが06-00のクラスタ構成で,物理ホストのスケジューラーサービスに対してJP1/AJS2 - Viewからアクセスした場合に表示されることがあります。この場合は,論理ホストのスケジューラーサービスを選択して[ファイル]−[別のウィンドウで表示]を実行してください。
上記以外の場合は,次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してださい。
  • 画面のハードコピー
  • JP1/AJS2 - Viewのログ情報
  • JP1/AJS2 - Managerのログ情報
ログ情報の採取方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.3 トラブル発生時に採取が必要な資料」,および「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.4 資料の採取方法」を参照してください。

KAVV451-E


The JP1/AJS service at the connection destination has not been started.
接続先のAJSサービスが未起動です。

次の原因が考えられます。

  • 接続先でAJSサービスが起動していない。
  • 接続先のJP1/Baseの設定で物理ホストに対して受信側バインド方式がIPバインド方式になっている場合,物理ホストおよびどの論理ホストにもバインドされていないIPアドレスで接続しようとした。
  • 接続先がUNIXの場合,接続先でJP1/AJS2 - Managerの構成変更時にajsshmdelコマンドを実行していない,またはすべてのJP1/AJS2のサービスを停止せずに,ajsshmdelコマンドを実行した。
  • 接続先がWindowsの場合,接続先でJP1/AJS2 - Managerの構成変更時にすべてのJP1/AJS2のサービスを停止しなかった。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いたあと,再度操作してください。
接続先の,物理ホストおよびどの論理ホストにもバインドされていないIPアドレスで接続しようとした場合は,バインドされたIPアドレスで接続するか,または接続先でjp1hosts情報を定義するなどして対処してください。jp1hosts情報の定義については,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。
接続先でのJP1/AJS2 - Managerの構成変更時の作業が原因の場合は,接続先で次の手順に従って対処をしてください。
  1. 動作中のJP1/AJS2のすべてのプロセス(サービス,コマンドなど)を停止する。
    接続先がWindowsの場合は,手順3に進んでください。
    接続先がUNIXの場合は,手順2に進んでください。
  2. ajsshmdelコマンドを実行する。
  3. JP1/AJS2を再起動する。

KAVV452-E


Cannot connect because the number of connections exceeded the maximum.
接続数が最大値を超えたため接続できません。

JP1/AJS2 - Managerとの接続数が最大値を超えたため接続できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続数が最大値未満になったあと,再接続してください。
最大接続数はJP1/AJS2 - Managerの環境設定で変更できます。必要に応じて構成定義パラメーターMAXSESSIONの値を設定してください。
他で接続されていないはずなのに,このメッセージが表示される場合は,接続先でJP1/AJS2 - Managerのセットアップが行われているかを確認してください。

KAVV453-E


The specified scheduler service does not exist.
指定したスケジューラーサービスは存在しません。

指定したスケジューラーサービスはありません。次の原因が考えられます。

  • ajsコマンドで-nオプションに指定しているスケジューラーサービスが接続先のJP1/AJS2 - Managerにない。
  • 接続先のJP1/AJS2 - Managerがクラスタ構成でかつ,論理ホストにログインした場合でも,すべてのスケジューラーサービスを表示させている場合に,ログインした論理ホスト外のスケジューラーサービスにアクセスした。

(S)
処理を中断します。

(O)

ajsコマンドで-nオプションを指定している場合
接続先のJP1/AJS2 - Managerに指定したスケジューラーサービスがあるかどうかを確認し,正しいスケジューラーサービス名を指定したあと再度コマンドを実行してください。

接続先が論理ホストの場合
論理ホストのスケジューラーサービスを選択して[ファイル]−[別のウィンドウで表示]を実行してください。

上記以外の場合
接続先のJP1/AJS2 - Managerの構成定義情報が変更されていないかを確認したあと,JP1/AJS2 - Viewを再度起動してください。

KAVV454-E


The user could not be authenticated at the connection destination.
接続先でユーザー認証に失敗しました。

接続先でユーザー認証に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してください。
  • 画面のハードコピー
  • JP1/AJS2 - Viewのログ情報
  • 接続先のJP1/AJS2 - Managerのログ情報
  • JP1/Baseのログ情報(認証サーバが別のホストにある場合は,認証サーバ側のJP1/Baseのログ情報も含みます)
ログ情報の採取方法については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.3 トラブル発生時に採取が必要な資料」,および「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.4 資料の採取方法」を参照してください。
また,JP1/Baseのログ情報の採取方法は,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」を参照してください。

KAVV455-E


The request cannot be processed at the connected JP1/AJS.
接続先のAJSではその要求を処理することができません。

接続したJP1/AJS2 - Managerのバージョンでは,JP1/AJS2 - Viewの要求がサポートされていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先に,JP1/AJS2 - Viewの要求を満たすバージョンのJP1/AJS2 - Managerがインストールされているか確認してください。
JP1/AJS2 - ViewとJP1/AJS2 - Managerのバージョン互換については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 9.1.2 JP1/AJS2 - ManagerまたはJP1/AJS2 - Light EditionとJP1/AJS2 - Viewのバージョン互換」,およびマニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 付録A.1 JP1/AJS2 - Managerとのバージョン互換」を参照してください。

KAVV456-E


The specified unit has already been registered.
指定されたユニットは登録済みです。

登録済みユニットのユニット構成を変更しようとしました。次の原因が考えられます。

  • 切り取り元ユニットが登録済みである。
  • 貼り付け先ユニットが登録済みである。

(S)
処理を中断します。

(O)
切り取り元および貼り付け先ユニットの状態を確認してください。

KAVV457-E


The user name or password is invalid.
ユーザー名かパスワードに誤りがあります。

JP1ユーザー名かパスワードに誤りがあったため,ログインできませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先の認証サーバで登録されている,JP1ユーザー名とパスワードを入力して,ログインしてください。

KAVV458-E


User mapping failed. The user was not associated with an OS user at the connection destination.
接続先でユーザーマッピングに失敗しました。

接続先でユーザーマッピングに失敗したため,ログインできませんでした。次の原因が考えられます。

  • 接続先のJP1/Baseのユーザーマッピングの設定で,JP1ユーザー名とOSユーザー名がマッピング定義されていない。
  • 接続先のJP1/Baseのユーザーマッピングの設定で,JP1ユーザー名とマッピングしているOSユーザーがOSの設定で削除されているか,またはパスワードが変更されている。
  • 接続先のJP1/Baseのユーザーマッピングの設定で,JP1ユーザー名とマッピングしているOSユーザーのユーザーIDまたはグループIDが不正な値である。
  • 接続先のJP1/Baseのパスワード管理の設定で,JP1ユーザー名とマッピングするOSユーザーが登録されていない。
  • 接続先のJP1/Baseのパスワード管理の設定で,JP1ユーザー名とマッピングするOSユーザーのアカウントがロックアウトされている。
  • 接続先のJP1/Baseのユーザーマッピングの設定で,サーバホスト名に自ホスト名を指定していないか,または誤って指定している。
    自ホスト名の指定方法に関する注意事項は,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」のユーザーマッピングの設定の説明を参照してください。
  • ユーザーマッピング時にメモリー不足が発生した。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いて再度ログインしてください。

KAVV459-E


An error occurred in JP1/Base at the connection destination.
接続先のJP1/Baseでエラーが発生しました。

ユーザー認証処理中に接続先のJP1/Baseでエラーが発生したため,ログイン,または接続できませんでした。次の原因が考えられます。

  • 接続先のJP1/Baseの設定で認証サーバのホスト名を誤って指定している。
  • 接続先のWindowsイベントログまたはsyslogで,「KAVS1005-E 認証サーバに接続できません」というエラーメッセージが表示されている場合は,認証サーバが起動していない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いて再度同じ操作をしてください。
なお,接続先がUNIXで,認証サーバを自ホストに指定している場合は,JP1/Baseを認証サーバとして起動する設定が必要です。設定方法は,マニュアル「JP1/Base 運用ガイド」の認証サーバの指定の説明を参照してください。

KAVV460-E


You cannot use the current login information to log in.
現在のログイン情報ではログインできません。

JP1/IM - Viewの統合機能メニューからJP1/AJS2 - Viewを起動した場合は接続先の認証圏が異なるか,またはJP1/AJS2 - Viewを起動するまでに認証サーバが再起動したため,現在のログイン情報でログインできませんでした。

通常にJP1/AJS2 - Viewを起動した場合は,JP1/AJS2 - Viewのログイン処理中に認証サーバが再起動したため,現在のログイン情報でログインできませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
再度ログインしてください。

KAVV461-E


The connection is not possible because the specified scheduler service is under maintenance.
指定したスケジューラーサービスはメンテナンス中のため接続できません。

対象スケジューラーサービスは,メンテナンス中,または反映側JP1/AJS2 - Datareplicatorが起動中であるためアクセスできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
対象スケジューラーサービスのメンテナンスの終了,または反映側JP1/AJS2 - Datareplicatorの停止を確認したあと,再度操作してください。

KAVV462-E


An unrecovered unit exists because the unit definition is invalid.
ユニット定義内容が不正なため,回復していないユニットが存在します。

退避ファイルのユニット定義が不正であるため,回復できないユニットがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
退避元のスケジューラーサービスで,もう一度ユニットを退避してから,再度回復を行ってください。

KAVV501-E


An error occurred at the connection destination.
Detailed information: 保守情報1, 保守情報2
接続先でエラーが発生しました。
詳細情報:保守情報1保守情報2

接続先でエラーが発生しました。

[退避]ダイアログボックスや[回復]ダイアログボックスでこのメッセージが出力された場合は,退避ボックスの内容が不正になっているおそれがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslogファイル(UNIXの場合)や,イベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。そのあと,調査結果に基づいてエラー要因を取り除いてください。
ログファイルの内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.2 ログ情報の種類」を参照してください。
ログ情報については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 付録E ログ情報」を参照してください。
また,このメッセージの保守情報1が0で,接続先のJP1/AJS2 - ManagerがUNIXの場合は,ログインするJP1ユーザーにマッピングされているOSユーザーのホームディレクトリがあるかを確認し,ない場合は作成してください。

[退避]ダイアログボックスや[回復]ダイアログボックスでこのメッセージが出力された場合
メッセージが出力されたタイミングによって,次の退避ボックスの内容が不正になっているおそれがあります。
  • [退避]ダイアログボックスや[回復]ダイアログボックスを表示したときに出力された場合
    [退避ボックス]の先頭に表示された退避ボックス
  • [退避]ダイアログボックスや[回復]ダイアログボックスで[退避ボックス]に表示された退避ボックスを選択したときに出力された場合
    [退避ボックス]で選択した退避ボックス
  • [退避]ダイアログボックスで[退避ボックス名]に退避ボックスを入力して[OK]ボタンをクリックしたときに出力された場合
    [退避ボックス名]に入力した退避ボックス
これらの退避ボックスが次のどれかの場合は,該当する退避ボックスを退避情報ディレクトリ配下から削除してください。
  • ほかのJP1/AJS2 - Managerで退避した退避ボックス
  • 文字コードが異なる環境で退避した退避ボックス
  • 退避情報管理ファイルを編集した退避ボックス

KAVV502-E


The specified unit does not exist.
指定されたユニットは存在しません。

指定されたユニットはありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を実行したあと,ユニットが削除されていないことを確認してください。
[デイリースケジュール]ウィンドウ,または[マンスリースケジュール]ウィンドウの場合は,ウィンドウを再起動してください。

KAVV503-E


The unit cannot be defined because the unit hierarchy exceeded the maximum.
ユニットの階層最大値を超えたためユニット定義できません。

ユニットの階層が最大値を超えたため,ユニットを定義できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニットの階層を最大値以内にして,ユニットを定義してください。
ユニットの最大階層数はルートジョブグループ直下から数えて30階層です(ルートジョブグループは含みません)。
オペレーションネット用スケジューラーサービスの場合,ユニットの最大階層数はルートジョブグループ直下から数えて7階層です(ルートジョブグループは含みません)。

KAVV504-E


Cannot delete - Specified Unit is Registered.
指定したユニットは登録されているため削除できません。

登録中のユニットを削除しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
登録解除したあと,削除してください。登録解除を実行する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV505-E


The specified unit can be neither deleted nor renamed because it is registered.
指定したユニットは登録されているため,削除または名称変更できません。

登録中のユニットに対して,削除,または名称変更しようとしました。

または,登録中の接続先のジョブネットに対して,ユニット定義情報を変更しようとしました。[詳細定義]ダイアログボックスを表示してから[OK]ボタンをクリックするまでの間に,ジョブネットが実行登録されたおそれがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
登録解除したあと,再度削除または名称変更してください。登録解除を実行する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。
接続先のジョブネットの場合には,[詳細定義]ダイアログボックスを[キャンセル]ボタンで一度閉じ,再度[詳細定義]ダイアログボックスを表示してからユニット定義情報を変更してください。[詳細定義]ダイアログボックスを再表示する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV506-E


The job group can be neither deleted nor renamed because a registered jobnet exists.
登録されているジョブネットが存在するため,削除または名称変更できません。

下位に登録されているジョブネットがあるジョブグループを削除,または名称変更しようとしました。

または,下位に登録されているジョブネットがある接続先のプランニンググループに対して,ユニット定義情報を変更しようとしました。[詳細定義]ダイアログボックスを表示してから[OK]ボタンをクリックするまでの間に,下位のジョブネットが実行登録されたおそれがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
下位にあるすべてのジョブネットを登録解除したあと,再度削除または名称変更してください。登録解除を実行する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。
接続先のプランニンググループの場合には,[詳細定義]ダイアログボックスを[キャンセル]ボタンで一度閉じ,再度[詳細定義]ダイアログボックスを表示してからユニット定義情報を変更してください。[詳細定義]ダイアログボックスを再表示する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV507-E


A past date is specified for an execution start day.
実行開始日時に過去の日付が指定されています。

確定実行登録時の確定期間の開始日に過去に日付が指定されています。または,日時変更時の開始日時に過去の日付が指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行開始日時に現在以降の日付を指定したあと,再度操作してください。

KAVV508-E


Cannot treat as Jobnet.
ジョブネットとして扱えません。

指定されたユニットは,ジョブネットとして扱えません。リカバリー属性を持つルートジョブネットを実行登録したことが考えられます。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの定義内容が誤っていないか確認してください。実行登録時はルートジョブネットがリカバリー属性を持っていないかどうかを確認してください。

KAVV509-E


It has no schedule.
予定がありません。

次回実行予定のないジョブネットに対して,計画一時変更を行いました。

(S)
処理を中断します。

(O)
該当するジョブネットの状態を確認したあと,再度操作してください。

KAVV510-E


Cannot treat as Unit.
ユニットとして扱えません。

指定されたユニットは,ユニットして扱えません。または,ユニットがありません。

次の原因が考えられます。

  • 処理対処のユニットが他で削除された。
  • ajsコマンドに指定したユニット完全名が930バイトを超えた。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を行い,操作対象のユニットがあるかを確認してください。
-nオプションでユニット完全名を指定してajsコマンドを実行した場合は,ユニット完全名の指定を見直し再度実行してください。

KAVV511-E


The specified jobnet has no information to display.
指定したジョブネットには表示する情報がありません。

指定したジョブネットには,表示する情報がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの定義内容が誤っていないか確認してください。

KAVV512-E


The unit cannot be defined because the limit has been exceeded.
定義可能なユニットの限界値を超えたため,ユニット定義できません。

定義できるユニットの数が限界値を超えたため,ユニットを定義できません。次の原因が考えられます。

  • 接続先がJP1/AJS2 - Light Editionの場合で,作成できるルートジョブネットの最大数(200個)を超えた。
  • 起動条件に回復する際に起動条件に定義できるイベントジョブの最大数(32個)を超えた。
  • 定義できるユニットの最大数(接続先のJP1/AJS2 - Managerが使用するDBMSに依存)を超えた。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要なユニットを削除し,限界値以内でユニットを定義してください。

KAVV513-E


Cannot be registered because the limit on registered jobnet has been exceeded.
登録可能なジョブネット数が限界値を超えたため,登録できません。

登録できるジョブネットの数が限界値を超えたため,登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要なジョブネットの登録を解除したあと,再度実行登録してください。
登録できるジョブネットの最大数は2,147,483,647です。

KAVV520-E


Jobnet already registered.
ジョブネットは既に登録されています。

登録中のジョブネットに対して,実行できない操作が選択されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
登録解除したあと,再度操作してください。登録解除を実行する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV521-E


Specified jobnet is not registered.
指定したジョブネットは登録されていません。

未登録のジョブネットに対して実行できない操作が選択されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行登録したあと,再度操作してください。実行登録する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV522-E


The specified job or jobnet is being executed.
指定したジョブまたはジョブネットは実行中です。

実行中のジョブ,またはジョブネットに対して実行できない操作が選択されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行が終了したあと,再度操作してください。

KAVV523-E


The specified job or jobnet has no schedule to be executed.
指定したジョブまたはジョブネットには実行予定がありません。

指定したジョブ,またはジョブネットには実行予定がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
次回以降の実行予定を確認し,予定世代に対して操作を行ってください。
予定世代に対して操作を行っているのに,このメッセージが表示される場合は,ほかで「実行中止」されていることが考えられます。
[最新情報に更新]を行い,操作対象世代を確認してください。

KAVV524-E


Cannot change the schedule temporarily because the execution start day of the specified jobnet differs from that of the upper jobnet.
指定したジョブネットの実行開始日時が上位ジョブネットと異なるため計画一時変更ができません。

指定したジョブネットの実行開始日時がルートジョブネットの実行開始日の基準時刻から48時間の範囲内でないため計画一時変更ができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
計画一時変更時に指定する実行開始日時には,ルートジョブネットの実行開始日の基準時刻から48時間の範囲内で指定してください。

KAVV525-I


The date has not been changed or the execution has not been stopped.
日時変更または実行中止が行われていません。

日時変更,または実行中止が行われていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
操作対象となる予定に誤りがないか確認してください。

KAVV526-E


Cannot operate - wait for activation condition.
起動条件待ちのため操作できません。

起動条件待ちのため操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件が成立したあと,再度操作してください。

KAVV527-E


Cannot operate - Jobnet has been shutdown.
閉塞中のため操作できません。

閉塞中のため操作できません。

次の原因が考えられます。

  • カレンダー参照先ジョブグループがない。
  • 排他スケジュールで指定したユニットが同一階層にない。

(S)
処理を中断します。

(O)
閉塞した原因を取り除いたあと,閉塞したジョブネットを登録解除してください。必要に応じて再度実行登録してください。

KAVV528-E


A unit with the same name already exists.
既に同一名称のユニットが存在します。

すでに同一名称のユニットがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
名称を変更したあと,再度更新してください。操作する前に[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV529-E


The backup box is full.
退避ボックスは満杯です。

退避ボックスが満杯になりました。

(S)
処理を中断します。

(O)
退避ボックスを変更するか,接続先でajsbkudelコマンドにより対象退避ボックス中の不要な退避ファイルを削除したあと再度退避させてください。

KAVV532-E


The jobnet cannot be registered because no effective start day is defined.
有効な開始日定義が無いため,ジョブネットは登録できません。

スケジュール情報の定義で有効な開始日時が定義されていないため,登録できません。

次の原因が考えられます。

  • 登録日が有効期日を過ぎている。
  • 確定実行登録時に確定期間の開始日が実行開始日よりあとになっている。
  • スケジュール定義で開始日が有効期日を過ぎている。
  • 登録日時が開始日時を過ぎているのにスケジュール定義で処理サイクルを指定していない。
  • スケジュール定義で開始日時が休業日であるのに休業日振り替えが「実行しない」で,処理サイクルを指定していない。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行登録時の指定またはスケジュール定義を正しく指定したあと,再度実行登録してください。

KAVV533-E


The jobnet cannot be registered because no schedule is defined.
スケジュール定義が未定義なため,ジョブネットは登録できません。

スケジュール情報の定義がされていないため登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
スケジュールルールを作成したあと再度実行登録してください。

KAVV534-E


There is no execution schedule in the specified period.
指定した期間に実行予定はありません。

指定された期間に実行予定がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
スケジュール情報の設定を確認してください。

KAVV535-E


The jobnet cannot be registered because the exclusive jobnet is invalid.
排他ジョブネットに誤りがあるため,ジョブネットは登録できません。

排他ジョブネットの設定に誤りがあるため,登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
排他ジョブネットに指定しているユニットが同一階層のジョブネットまたはプランニンググループかを確認し,正しく設定したあと再度実行登録してください。

KAVV536-E


The jobnet cannot be registered because the calendar information is invalid.
カレンダー情報に誤りがあるため,ジョブネットは登録できません。

カレンダー情報に誤りがあるため,登録できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
カレンダー参照先ジョブグループがあるかを確認し,正しいジョブグループを指定したあと再度実行登録してください。

KAVV537-E


The specified unit has neither a forecast nor performance.
指定されたユニットの予実績はありません。

指定されたユニットの予実績がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
予定または結果のあるユニットを選択してください。

KAVV538-E


Specified Execution ID does not found.
指定した実行IDは登録されていません。

操作対象の実行IDがないため処理できません。

次の原因が考えられます。

  • 操作対象世代が保存世代数を超えた。
  • 操作対象世代が期間指定で登録解除された。
  • 対象ジョブネットが登録解除されたあと再度実行登録された。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を行ったあとに再度操作してください。

KAVV539-E


The specified jobnet does not exist.
指定したジョブネットは存在しません。

指定されたジョブネットはありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を実行したあと,ジョブネットがあるか確認してください。

KAVV540-E


Specified Jobnet is not executing.
指定したジョブネットは実行中ではありません。

指定されたジョブネットは実行中でないため,指示された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの状態を確認してください。

KAVV541-E


Specified Job is not being executed.
指定したジョブは実行中ではありません。

指定されたジョブは実行中でないため,指示された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブの状態を確認してください。

KAVV542-E


Insufficient memory occurred at the connection destination.
接続先でメモリ不足が発生しました。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでメモリー不足が発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerが,メモリー不足の発生する状態になっていないか確認してください。

KAVV543-E


There is insufficient space for the file at the connection destination.
接続先でファイルの空き容量がありません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでファイルを書き込もうとしているファイルシステム,またはデバイスに空き容量がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先の不要なファイルを削除して,空き容量を作成してください。
また,接続のJP1/AJS2 - Managerが使用するデータベースの表領域またはRDAREAに空きがあるかどうかを確認し,ない場合はマニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 15.14.4 組み込みDBデータベースを再編成する」を参照して空き領域を作成してください。

KAVV544-E


The specified unit is being used elsewhere.
指定したユニットは他で使用中です。

ほかのユーザーがユニットを使用中のため,指定された操作,および編集は実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerに接続しているすべてのJP1/AJS2 - Viewで,ユニットが使用中でないか確認してください。
指定したユニットまたはその配下のユニットが次のウィンドウで表示されている場合は,ウィンドウを閉じたあとに再度操作してください。
  • [JP1/AJS2 - View]ウィンドウ
  • [ジョブネットエディタ]ウィンドウ
  • [月間カレンダー編集]ウィンドウ
  • [年間カレンダー編集]ウィンドウ
  • [デイリースケジュール(階層表示)]ウィンドウ
  • [デイリースケジュール(全ジョブ表示)]ウィンドウ
  • [マンスリースケジュール]ウィンドウ
  • [ジョブネットモニタ]ウィンドウ

KAVV545-E


No authorization.
権限がありません。

JP1/AJS2 MonitorサービスおよびJP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーに必要な権限がないために処理できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユーザー共通プロファイルのアップロード・ダウンロード時にこのメッセージが表示された場合は,接続先でマッピングされたOSユーザーが,接続先のユーザー共通プロファイルのディレクトリおよびファイルにアクセス権があるかどうかを確認してください。接続先のユーザー共通プロファイルの格納場所については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.1.2 ユーザー共通プロファイルの利用」を参照してください。
それ以外の場合については,次の要因が考えられますので,確認し要因を取り除いてください。

接続先がWindows版のJP1/AJS2 - Manager
  • JP1/AJS2サービスをユーザーアカウントで運用している場合は,必要な権限を持っていない。
    必要な権限については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 5.2.3 JP1/AJS2のサービスの設定を変更する必要がある場合(Windows限定)」を参照してください。
  • JP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーが,ドメインユーザーである場合は,JP1/Baseのユーザーマッピングの設定で,マッピングOSユーザーが「ドメイン名\ユーザー名」で指定されていない。
  • スケジューラーサービスのデータベースディレクトリ名で指定したフォルダとその下にあるファイルに対して,JP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーの読み取り権限および書き込み権限が設定されていない。

接続先がUNIX版のJP1/AJS2 - Manager
  • JP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーが構成定義ファイル(/opt/jp1/hcclibcnf/regdir以下のファイル)を読み込む権限がない。
  • スケジューラーサービスのデータベースディレクトリ名で指定したディレクトリとその下にあるファイルに対して,JP1ユーザーにマッピングされたOSユーザーの更新権限(rwx)が設定されていない。

KAVV546-E


You are not authorized to operate those jobs.
ジョブの操作権限がありません。

指定された操作をする権限がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユーザーの権限を確認してください。

KAVV547-E


Only the superuser can perform that process.
特権管理者でなければ操作できません。

指定された操作をする権限がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユーザーの権限を確認してください。

KAVV548-E


No authority for Specified Unit.
指定したユニットへの権限がありません。

指定されたユニットに対して参照,操作および編集をする権限がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1ユーザーの権限を確認してください。

KAVV549-E


The specified scheduler service is not running.
指定したスケジューラーサービスは起動していません。

操作対象のユニットが属するスケジューラーサービスが起動されていないため操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerで操作対象のスケジューラーサービスを起動してください。

KAVV550-E


Error occurred during database access at the connection destination.
接続先でデータベースのアクセス中にエラーが発生しました。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでデータベースアクセス中にエラーが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslogファイル(UNIXの場合)や,イベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。そのあと,調査結果に基づいてエラー要因を取り除いてください。
ログファイルの内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.2 ログ情報の種類」を参照してください。
ログ情報については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 付録E ログ情報」を参照してください。

KAVV551-E


Resources became insufficient at the connection destination.
接続先でリソース不足が発生しました。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでリソース不足が発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslogファイル(UNIXの場合)や,イベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。そのあと,調査結果に基づいてエラー要因を取り除いてください。
ログファイルの内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.2 ログ情報の種類」を参照してください。
ログ情報については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 付録E ログ情報」を参照してください。

KAVV552-E


Invalid Unit definition.
ユニット定義内容が不正です。

ユニットを誤って定義しています。次の原因が考えられます。

  • ジョブグループの定義内容を更新しようとしたときに,他で対象ジョブグループが削除されている。
  • 次のバージョンのJP1/AJS2 - Viewで上位バージョンのJP1/AJS2 - Managerに接続したときに,エラーになる操作が行われた。

JP1/AJS2 - Viewが06-00の場合
  • ホストリンクジョブネットが含まれるユニットに確定実行登録以外の実行登録を行う。
  • 起動条件付きジョブネットにホストリンクジョブネットが含まれている場合に実行登録を行う。

JP1/AJS2 - Viewが06-51以前の場合
  • プランニンググループ直下のジョブネットを期間指定の確定実行登録以外で実行登録する。
  • プランニンググループ直下にジョブネット,リモートジョブネット以外を定義する。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブグループを更新した場合にこのエラーが発生した場合は,対象ジョブグループがあるか確認してください。それ以外の場合は,エラーの原因を取り除き再度操作してください。

KAVV554-E


At the connection destination, a required file cannot be accessed.
接続先で必要なファイルにアクセスできません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerで必要なファイルが見つからない,またはアクセスできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
このメッセージは表示される条件によって対処方法が異なります。次の表示条件に従い対処してください。

[退避]ダイアログボックスで,退避ボックスを選択した場合
[退避]ダイアログボックス表示中にajsbkudelコマンドにより対象退避ボックスが削除されたことが考えられます。
[退避]ダイアログボックスを閉じてから再度表示させてください。

ダウンロードまたはアップロード中の場合
接続先でJP1ユーザーのマッピングOSユーザーが,ユーザー共通プロファイル格納ディレクトリ以下のファイルまたはその上位ディレクトリに対してアクセス権があるかを確認してください。
ユーザー共通プロファイル格納ディレクトリのパスについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.1.2 ユーザー共通プロファイルの利用」を参照してください。

上記以外の場合
接続先でロックファイルやISAMファイルがあるか確認して,セマフォや共有メモリーなどのカーネルパラメーターを見直してください。
また,JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslogファイル(UNIXの場合)や,イベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。そのあと,調査結果に基づいてエラー要因を取り除いてください。
ログファイルの内容については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 17.2 ログ情報の種類」を参照してください。
ログ情報については,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 設計・運用ガイド 付録E ログ情報」を参照してください。

KAVV555-E


The unit is not in a re-executable status.
再実行可能な状態ではありません。

指定されたユニットは,再実行できる状態ではありません。

次の原因が考えられます。

  • 実行されていないジョブネットを再実行した。
  • 実行中のルートジョブネットに対して,保留オプションを指定して再実行した。
  • 実行中であり,かつリモートジョブネットのルートジョブネットを再実行した。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を実行して,ユニットの状態を確認したあと,再実行してください。

KAVV556-E


The unit cannot be operated.
指定されたユニットは操作できません。

指定されたユニットが削除されたため見つからない,または起動条件中のユニットであるので操作できませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
[最新情報に更新]を実行して,操作対象のユニットがあるか,または起動条件中(起動条件も含む)ユニットでないかを確認してください。
[デイリースケジュール]ウィンドウ,または[マンスリースケジュール]ウィンドウの場合は,ウィンドウを再起動してください。また,起動条件中のユニットに対しては操作をしないでください。
なお,次のバージョンのJP1/AJS2 - Viewでは上位バージョンのJP1/AJS2 - Managerに接続したときにもこのメッセージが表示されます。

JP1/AJS2 - Viewが06-00の場合
  • 対象ユニットがサスペンド状態であるのに,サスペンド状態でできない操作をした。
  • 対象ユニットがサスペンド状態でないとできない操作をした。
  • サスペンド状態にあるときに,ホストリンクジョブネットを含むユニットを削除,貼り付けをしようとした。
  • サスペンド状態にあるときに実行中ユニットの削除,リカバリー属性の変更を行った。
  • ホストリンクジョブネットを含むユニットに対して,接続先でJP1/AJS2 - Manager for Mainframeが起動していない状態で操作を行った。

KAVV557-E


File processing count exceeds the limit at the connection destination.
接続先で処理できるファイル数の上限を超えました。

接続先で処理できるファイル数の制限値を超えました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先で不要なウィンドウやダイアログボックスを閉じたあと,再度操作してください。
接続先がUNIXの場合,ソフトウェア添付資料またはリリースノートを参照し,カーネルパラメーターの次の項目を確認してください。
  • プロセスやシステムの最大ファイルオープン数
  • 最大ファイル記述子数(ファイルシステムに関わる制限値)

KAVV558-E


Lock resources count exceeds the limit at the connection destination.
接続先で処理できるロック資源数の上限を超えました。

接続先で処理できるロック資源数の制限値を超えました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先で不要なウィンドウやダイアログボックスを閉じたあと,再度操作してください。
接続先がUNIXの場合,ソフトウェア添付資料またはリリースノートを参照し,カーネルパラメーターの次の項目を確認してください。
  • プロセスやシステムの最大ファイルオープン数
  • 最大ファイル記述子数(ファイルシステムに関わる制限値)

KAVV559-E


Not enough space in file system at the connection destination.
接続先のファイルシステムに充分な領域がありません。

接続先のファイルシステムに十分な領域がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先で不要なウィンドウやダイアログボックスを閉じ,不要なファイルを削除した上,使用可能な領域を確保したあと,再度操作してください。
接続先がUNIXの場合,ソフトウェア添付資料またはリリースノートを参照し,カーネルパラメーターの次の項目を確認してください。
  • プロセスやシステムの最大ファイルオープン数
  • 最大ファイル記述子数(ファイルシステムに関わる制限値)

KAVV560-E


Insufficient system resource occurred at the connection destination.
接続先でシステムリソース不足が発生しました。

接続先でシステムリソース不足が発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先で不要なウィンドウやダイアログボックスを閉じたあと,再度操作してください。
接続先がUNIXの場合,ソフトウェア添付資料またはリリースノートを参照し,カーネルパラメーターの次の項目を確認してください。
  • プロセスやシステムの最大ファイルオープン数
  • 最大ファイル記述子数(ファイルシステムに関わる制限値)

KAVV561-E


Shared memory is not available at the connection destination.
接続先で共有メモリが確保できません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでシステムリソースの一つである共有メモリーが取得できないか,または必要な共有メモリーがありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ソフトウェア添付資料またはリリースノートを参照し,接続先でシステムの共有メモリーの見積もりが正しいかを確認しカーネルパラメーターを拡大してください。
また,スケジューラーサービスの稼働に必要な共有メモリーが削除された場合は,スケジューラーサービスを再起動してください。

KAVV562-E


The backup box name is invalid.
退避ボックス名が不正です。

退避ボックス名として使用できない文字が指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
退避ボックス名を正しく指定したあと,再度退避を行ってください。
退避ボックス名に指定できる文字は,接続先OSのファイルシステムに依存しますので,半角英数字を使用することをお勧めします。

KAVV563-E


Cannot obtain configuration definition at the connection destination.
接続先で構成定義情報が取得できませんでした。

接続先で構成定義情報が取得できませんでした。次の原因が考えられます。

  • 退避時は構成定義パラメーターAJSBKUROOTの値が指定されていない。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーの原因を取り除いてください。

KAVV564-E


Cannot add because the execution start date of the specified jobnet differs from that of the upper jobnet.
指定したジョブネットの実行開始日時が上位ジョブネットと異なるため追加ができません。

指定したジョブネットの実行開始日時が,ルートジョブネットの実行開始日の基準時刻から48時間の範囲内でないため追加ができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
追加時に指定する実行開始日時には,ルートジョブネットの実行開始日の基準時刻から48時間の範囲内で指定してください。

KAVV565-E


The specified job or jobnet has no schedule to be added.
指定したジョブまたはジョブネットには追加できる予定がありません。

表示している実行予定の中に追加できる予定(指定したジョブ,またはジョブネットの上位ジョブネットに予定があって,指定したジョブ,またはジョブネットにはない状態の予定)がありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
追加しようとした,または指定したユニットが正しいか確認してください。

KAVV566-E


The date is specified incorrectly.
日付の指定に誤りがあります。

日付を誤って指定しています。

(S)
処理を中断します。

(O)
日付を正しく指定してください。
なお,次のバージョンのJP1/AJS2 - Viewでは上位バージョンのJP1/AJS2 - Managerに接続したときにもこのメッセージが表示されます。

JP1/AJS2 - Viewが06-00の場合
  • 相対日時で日時変更する場合に変更した日時が2037年以降になる。

KAVV567-E


There is no place to restore.
回復する場所がありません。

ジョブネットにユニットを回復するときに,回復先のジョブネットのマップサイズにユニットが収まりません。

(S)
マップサイズに収まるまでユニットを回復します。

(O)
マップサイズを大きくしたあと,再度回復してください。

KAVV568-E


This operation cannot be executed for the specified unit's status.
この操作は指定したユニットの状態に対して実行できません。

指定したユニットの状態に対して,実行できない操作がされました。

(S)
処理を中断します。

(O)
指定したユニットの状態を確認してください。[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。
ジョブ状態変更時にこのメッセージが表示された場合は,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 コマンドリファレンス 1. コマンド ajschgstat」を参照し,現在の状態に対して変更後のに指定した状態に誤りがないかどうか,終了コードは変更可能かを確認してください。

KAVV569-E


Cannot hold rerun - specified Jobnet already running.
指定したジョブネットは実行中のため保留再実行できません。

実行中のジョブネットは保留再実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブの状態を確認してください。[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV570-E


Specified Unit cannot rerun.
指定したユニットは再実行できません。

指定したユニットは再実行可能なユニットおよび状態ではありません。

次の原因が考えられます。

  • 再実行しようとしたネストジョブネットまたはジョブの状態が,実行中,異常検出実行中,警告検出実行中,先行終了待ち,開始時刻待ち,または保留中である
  • 再実行しようとしたネストジョブネットまたはジョブがリカバリー属性を持ち,先行のジョブネットまたはジョブの状態が正常終了または警告終了である
  • 再実行しようとしたネストジョブネットまたはジョブが,判定ジョブまたは判定ジョブの従属ユニットである
  • 再実行しようとしたネストジョブネットまたはジョブの上位ジョブネットにスケジュールがない

(S)
処理を中断します。

(O)
再実行しようとしたユニットのユニット種別または状態を確認してください。
状態を確認する場合は[最新情報に更新]を実行することをお勧めします。

KAVV571-E


Cannot operate because it is being restrict-processed.
制限処理中なので操作できません。

操作対象のユニットが属するスケジューラーサービスは制限処理中なので操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先でajsstopコマンドにより対象となるスケジューラーサービスの制限を解除するか,スケジューラーサービスが再開したあと,再度操作してください。
なお,次のバージョンのJP1/AJS2 - Viewでは上位バージョンのJP1/AJS2 - Managerに接続したときにもこのメッセージが表示されます。

JP1/AJS2 - Viewが06-71以前の場合
  • メンテナンス中のスケジューラーサービスにアクセスした。

KAVV572-E


The database files of the scheduler service do not exist.
スケジューラーサービスのデータベースファイルが存在しません。

指定したスケジューラーサービスのデータベースファイルがありません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerで,指定したスケジューラーサービスに対する環境設定内容,およびディスクのマウント状態を見直したあと,ファイルへアクセスできる状態にして再接続してください。

KAVV573-E


You can perform fixed registration only, because the specified jobnet has a hostlink jobnet.
指定したジョブネットにはホストリンクジョブネットが存在するため確定登録しかできません。

ホストリンクジョブネットがあるジョブネットは,確定実行登録以外の実行登録はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ホストリンクジョブネットがあるジョブネットに対して実行登録するときは,確定実行登録してください。

KAVV574-E


You cannot perform the operation because the hostlink jobnet is in a jobnet that has a start condition.
起動条件付きのジョブネットにホストリンクジョブネットが含まれているため操作できません。

起動条件とホストリンクジョブネットが,混在するジョブネットに対して,実行登録できません。

または,サスペンド状態のホストリンクジョブネットを含むジョブネットに対して,起動条件が設定されたためサスペンドの解除はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
起動条件,またはホストリンクジョブネットを削除してから,再度操作してください。
ただし,サスペンド状態のジョブネットに対して,ホストリンクジョブネットは削除できませんので,サスペンド状態のときは起動条件を削除してください。

KAVV575-E


You cannot change the definition of the hostlink jobnet because it is registered for execution.
登録されているため,ホストリンクジョブネットの定義変更はできません。

[詳細定義−[ホストリンクジョブネット]]ダイアログボックスを表示させている間に実行登録されたため,ホストリンクジョブネットの定義を変更できませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
属性だけを変更したい場合は,再度[詳細定義−[ホストリンクジョブネット]]ダイアログボックスを表示させて変更してください。

KAVV576-E


You cannot paste a unit that contains a hostlink jobnet under a remote jobnet.
リモートジョブネットの下位の階層にはホストリンクジョブネットを含むユニットを貼り付けることができません。

リモートジョブネットの下の階層には,ホストリンクジョブネットを含むユニットを貼り付けることができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リモートジョブネットの下の階層には,ホストリンクジョブネットが定義できないため,ホストリンクジョブネットを含むユニットを貼り付けないでください。

KAVV577-E


You cannot delete or paste a unit that has a lower-level hostlink jobnet.
下位の階層にホストリンクジョブネットが存在するため,削除または貼り付けができません。

サスペンド状態では下位の階層にホストリンクジョブネットがあるユニットを削除,または貼り付けできません。

(S)
処理を中断します。
複数ユニットを選択して削除・貼り付け処理を行った場合は,削除・貼り付け処理が実行されなかったユニットがあります。

(O)
サスペンド状態のときは,下の階層にホストリンクジョブネットを持つユニットの削除,または貼り付けをしないでください。
複数ユニットを選択していた場合に処理が実行されなかったユニットについては,下の階層にホストリンクジョブネットがないことを確認したあと,再度ユニットを選択してから削除・貼り付け処理をしてください。

KAVV578-E


This operation cannot be executed because JP1/AJS2 - Manager for Mainframe has not started at the connection destination.
接続先でJP1/AJS2 - Manager for Mainframeが起動していないため,操作できません。

接続先でJP1/AJS2 - Manager for Mainframeが起動していないため,ホストリンクジョブネットを含むユニットは操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先でJP1/AJS2 - Manager for Mainframeのサービスを起動してください。

KAVV579-E


An abnormality occurred in JP1/AJS2 - Manager for Mainframe or in the mainframe at the connection destination.
接続先のJP1/AJS2 - Manager for Mainframeまたはメインフレームで異常が発生しました。

接続先のJP1/AJS2 - Manager for Mainframe,またはメインフレームで異常が発生したため,操作に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先JP1/AJS2 - Managerのホストにあるsyslog(UNIXの場合)や,Windowsイベントログ(Windowsの場合)などのログ情報を参照して調査してください。ログファイルの内容・情報については,JP1/AJS2 - Manager for Mainframeのマニュアルを参照してください。

KAVV580-E


The suspend function is ineffective at the connection destination.
接続先でサスペンド機能が有効になっていません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerでサスペンド機能が有効になっていないため,操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 セットアップガイド 4.7.7 サスペンド機能の設定」を参照し,接続先のJP1/AJS2 - Managerでサスペンド機能を有効にしてください。
なお,サスペンド機能のセットアップ時はJP1/AJS2 - Viewをログアウトしてください。

KAVV581-E


This operation cannot be executed because the specified unit is currently setting or releasing the suspend setting.
指定したユニットはサスペンド設定中または解除中のため操作できません。

指定したユニットはサスペンド設定中,または解除中のため,サスペンド実行・解除はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
少し時間を空けてから再度操作してください。
再度操作する前に,[最新情報に更新]をすることをお勧めします。

KAVV582-E


This operation cannot be executed because the specified unit is in the suspended state.
指定したユニットはサスペンド状態のため,この操作はできません。

指定したユニットはサスペンド状態にあるため,操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
サスペンド解除をしてから,操作してください。

KAVV583-E


The specified jobnet is already suspended.
指定したジョブネットは既にサスペンド状態です。

指定したジョブネットはすでにサスペンド状態です。

(S)
処理を中断します。

(O)
サスペンド状態かどうかを確認してください。[最新情報に更新]をすることをお勧めします。

KAVV584-E


The specified jobnet is not suspended.
指定したユニットはサスペンド状態ではありません。

指定したユニットはサスペンド状態にないため,操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
サスペンド状態かどうかを確認してください。[最新情報に更新]をすることをお勧めします。

KAVV585-E


The specified jobnet is now monitoring so it cannot be suspended.
指定したジョブネットは起動条件監視中のためサスペンド状態にできません。

指定したジョブネットには,起動条件監視中の世代があるため,サスペンド状態にできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの状態を確認してください。[最新情報に更新]をすることをお勧めします。

KAVV586-E


The specified jobnet is now running so it cannot be suspended.
指定したジョブネットは実行中のためサスペンド状態にできません。

指定したジョブネットには,実行中の世代があるため,サスペンド状態にできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの状態を確認してください。[最新情報に更新]をすることをお勧めします。
また,サスペンド状態にしたい場合は,[サスペンド実行]ダイアログボックスのサスペンド実行時のオプションの[実行中の世代がある場合]で,[サスペンドする]を選択してください。

KAVV587-E


The system could not connect to the Access Control Server at the connection destination.
接続先で認証サーバに接続できません。

接続先で認証サーバに接続できないため,処理できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/Baseで指定している認証サーバが,起動しているかどうかを確認してください。

KAVV588-E


You cannot make a temporary schedule change to the specified execution start day.
指定した開始日時に計画一時変更できません。

開始日時が2037年以降になるため,計画一時変更できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
相対日時で日時変更する場合は,変更した日時が2037年以降にならないように指定してください。

KAVV589-E


The configuration definition at the connection destination is specified incorrectly. (構成定義パラメタ名)
接続先の構成定義情報に誤った指定があります。(構成定義パラメタ名

接続先のJP1/AJS2 - Managerで環境設定が正しく行われていないため処理できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - Managerの環境設定で,メッセージに表示されている構成定義パラメーターを正しく設定してください。

KAVV590-E


The logical host name at the connection destination is specified incorrectly.
接続先の自論理ホスト名の設定に誤りがあります。

接続先の環境設定で,JP1/AJS2 - Viewで接続した論理ホストに対応するホスト名が正しく設定されていないため処理できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先で,JP1/AJS2 - Viewで接続したIPアドレスに対応する論理ホスト名が正しく設定されているかを確認してください。また,その論理ホスト名が接続先の環境設定で正しく論理ホストとして設定されていることを確認してください。
また,接続先がUNIX版のJP1/AJS2 - Managerの場合,マッピングされたOSユーザーが構成定義ファイル(/opt/jp1/hcclibcnf/regdir以下のファイル)を読み込む権限があるかを確認してください。

KAVV591-E


You cannot change a recovery attribute, or delete, because the specified unit is now executing.
指定したユニットは実行中のため削除またはリカバリ属性の変更はできません。

指定したユニットは実行中のため削除,またはリカバリー属性の変更はできません。

(S)
処理を中断します。
複数のユニットを選択して削除した場合は,削除されなかったユニットがある場合があります。

(O)
サスペンド状態であっても,実行中のユニットに対して削除,またはリカバリー属性の変更はできません。ユニットが終了状態になってから再度操作してください。
複数のユニットを選択したときは,削除されなかったユニットが実行中でないかどうかを確認したあと,再度ユニットを選択して削除してください。

KAVV592-E


Perform the operation on a jobnet that is not scheduled to execute or is registered for a fixed execution.
状態が未計画または確定実行登録したジョブネットに対して操作してください

指定したジョブネットの状態が未計画,または確定実行登録されていないため,ルートジョブネットのスケジュールを追加できませんでした。次の原因が考えられます。

  • 指定したジョブネットが計画実行登録されていて次回予定がある。
  • 指定したジョブネットが即時実行登録されていて,まだ実行されていない。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブネットのスケジュールを追加する場合は,未計画,または確定実行登録したルートジョブネットに対して操作を行ってください。

KAVV593-E


A directory required at the connection destination cannot be accessed.
接続先で必要なディレクトリにアクセスできません。詳細情報:詳細情報1詳細情報2

接続先のJP1/AJS2 - Managerで必要なディレクトリが見つからない,またはアクセスできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユーザー共通プロファイルのアップロードまたはダウンロード時にこのメッセージが表示された場合は,接続先のJP1/AJS2 - Managerでユーザー共通プロファイル格納ディレクトリがあるか,ディスクの空き容量が不足していないかを確認してください。
ユーザー共通プロファイル格納ディレクトリのパスについては,マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 10.1.2 ユーザー共通プロファイルの利用」を参照してください。

KAVV594-E


The unusual end of the specified unit has not been carried out.
指定されたユニットは,異常終了していません。

操作対象のジョブネットの状態は異常検出実行中または異常検出終了でないため,異常終了したユニットを起点とする次の再実行はできません。

  • 異常終了ジョブから再実行
  • 異常終了ジョブの次から再実行
  • 異常終了ジョブネットから再実行

(S)
処理を中断します。

(O)
[複数処理結果]ダイアログボックスで,このメッセージを表示しているユニットを確認し必要に応じて再実行してください。

KAVV595-E


This operation cannot be executed because the number of jobnet generations had been reached the system limit at the connection destination.
接続先で世代数が上限値に達したため操作できません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerで世代数が上限値に達したため,この操作を実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットの世代数(起動条件成立によって作成される世代数を除く)が8,000世代を超えることはできません。
日付指定による確定実行登録および計画一時変更の次回予定追加で予定を追加する場合,実行中の世代が一つ以上終了してから再度操作してください。
期間指定による確定実行登録の場合,合計が8,000世代を超えない分については登録できています。
それ以降の予定については,登録しようとする世代数分の世代が終了してから再度操作してください

KAVV596-E


This operation cannot be executed because the system failed to delete an execution result at the connection destination.
接続先で実行結果の削除に失敗したため操作できません。

接続先のJP1/AJS2 - Managerで実行結果の削除に失敗したため,この操作を実行できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のJP1/AJS2 - ManagerでKAVS0699-Eの直前にsyslogおよびイベントログに出力されているメッセージに従って対処してください。

KAVV597-E


The jobnet monitor cannot display the next schedule of a remote jobnet.
リモートジョブネットの次回予定は,ジョブネットモニタで表示することはできません。

リモートジョブネットの次回予定は,[ジョブネットモニタ]ウィンドウで表示することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リモートジョブネットの次回予定は,メニューから[表示]−[詳細情報]−[次回予定]を選択して,[詳細情報]ダイアログボックスで確認してください。

KAVV598-E


The jobnet monitor or detailed information cannot display the next schedule of a manager jobnet.
マネージャジョブネットの次回予定は,ジョブネットモニタまたは詳細情報で表示することはできません。

マネージャージョブネットの次回予定は,[ジョブネットモニタ]ウィンドウまたは[詳細情報]ダイアログボックスで表示することはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マネージャージョブネットの次回予定は,[デイリースケジュール]ウィンドウまたは[マンスリースケジュール]ウィンドウで確認してください。

KAVV599-E


An unrecovered unit exists because the number of saved generations exceeds the maximum.
保存世代数が最大値を超えているため,回復していないユニットが存在します。

回復しようとしたジョブネットの保存世代数が,回復先のスケジューラーサービスに設定された保存世代数の最大値を超えるため回復できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
回復先のスケジューラーサービスで保存世代数の最大値を退避したユニットのスケジューラーサービスの設定に変更したあと,再度回復してください。
なお,保存世代数の最大値を変更する場合はJP1/AJS2 - Viewを終了してから行ってください。

KAVV600-E


Invalid definition in (項目名).
項目名)の定義内容が不正です。

定義内容が誤っています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV601-E


(項目名) exceeds (数値) bytes.
項目名)の指定が(数値)バイトを超えています。

項目名」で表示された指定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
項目を「数値」に表示された長さ以内で指定してください。

KAVV605-E


Specify the macro variable information to be passed.
引き継ぎ情報のマクロ変数を指定してください。

引き継ぎ情報のマクロ変数を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
引き継ぎ情報のマクロ変数を指定してください。

KAVV606-E


Specify the value of the passing information.
引き継ぎ情報の値を指定してください。

引き継ぎ情報の値を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
引き継ぎ情報の値を指定してください。

KAVV607-E


The value (引き継ぎ情報) specified for the passing information is invalid.
引き継ぎ情報に指定した値(引き継ぎ情報)は不正です。

引き継ぎ情報の値に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 解説 付録A イベントジョブで引き継ぐ情報」を参照し,定義可能な値を再度入力してください。

KAVV608-E


The setting for passing information exceeds a total of (数値) bytes.
引き継ぎ情報の設定がトータル(数値)バイトを超えています。

引き継ぎ情報の設定が,指定できる値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な引き継ぎ情報が定義されていれば削除してください。また,マクロ変数名を短くすることが可能かを確認してください。

KAVV610-E


For an event ID, you cannot specify an extension ID only.
イベントIDに拡張IDのみの指定は出来ません。

JP1イベント受信監視ジョブでイベントIDに基本コードが指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントIDに基本コードの指定をするか,またはイベントIDを指定しないようにしてください。

KAVV611-E


Specify the end-judgment file name.
終了判定のファイル名を指定してください。

JP1イベント受信監視ジョブで終了判定のファイル名が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
終了判定の条件としてメッセージおよび詳細情報を使用する場合は,終了判定のファイル名を指定してください。

KAVV612-E


Specify the extension attribute name.
拡張属性名を指定してください。

拡張属性名を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
拡張属性名を指定してください。

KAVV613-E


The extension attribute name (拡張属性名) is invalid.
拡張属性名(拡張属性名)は不正です。

JP1イベント受信監視ジョブで拡張属性名に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
マニュアル「JP1/Automatic Job Management System 2 操作ガイド 13.4.16 [詳細定義−[JP1イベント受信監視]−[拡張属性指定]]ダイアログボックス」を参照し,定義可能な拡張属性名を再度入力してください。

KAVV614-E


Specify a value for the extension attribute name.
拡張属性名の値を指定してください。

拡張属性名の値を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
拡張属性名の値を指定してください。

KAVV615-E


The extension attribute name specification exceeds (数値) bytes.
拡張属性名の指定が(数値)バイトを超えています。

JP1イベント受信監視ジョブで指定したユーザー任意の拡張属性が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な拡張属性が定義されていれば削除してください。

KAVV616-E


The definition of an extension attribute contains an error.
任意の拡張属性の定義に誤りがあります。

拡張属性の定義に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV617-E


The IP address of the event issuer is invalid.
イベント発行元IPアドレスが不正です。

JP1イベント受信監視ジョブで指定したイベント発行元のIPアドレスに誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
正しくIPアドレスを指定するか,イベント発行元のIPアドレスの各項目はすべて空白を指定してください。

KAVV618-E


Specify 1 to 720 minutes for finding events before execution.
実行前のイベント検索には1-720分を指定してください。

JP1イベント受信監視ジョブで[実行前のイベント検索]を行う場合に,イベント検索を行う対象時間が正しく指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[実行前のイベント検索]を行う場合には,イベント検索を行う対象時間を1分前から720分前の間で指定してください。

KAVV619-E


Specify the value of the event ID when you select "Yes" in the "Find event before exec.".
実行前のイベント検索に「する」を選択する場合,イベントIDを指定してください。

JP1イベント受信監視ジョブで[実行前のイベント検索]を行う場合には,イベントIDを指定する必要があります。

(S)
処理を中断します。

(O)
[実行前のイベント検索]を行わないか,イベントIDを指定してください。

KAVV620-E


Enter the name of the file to be monitored.
監視対象ファイル名を入力してください。

ファイル監視ジョブで監視対象ファイル名を指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視対象ファイル名を入力してください。

KAVV621-E


You cannot simultaneously specify the monitoring options "size change" and "Latest write time change".
監視条件の"サイズ変更"と"最終書き込み時刻変更"条件を同時に指定することは出来ません。

ファイル監視ジョブで監視条件としてサイズ変更と最終書き込み時刻変更の両方が条件に指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視条件には,サイズ変更か最終書き込み時刻変更のどちらかを指定するか,またはどちらも指定しないでください。

KAVV622-E


Specify the monitoring options.
監視条件を指定してください。

ファイル監視ジョブに監視条件を指定していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視条件を指定してください。

KAVV623-E


Specify from (数値) to (数値) seconds for the monitoring interval.
監視間隔には(数値)-(数値)秒を指定してください。

ファイル監視ジョブで監視間隔の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視間隔を指定しないか,メッセージに表示した範囲内で監視間隔を指定してください。監視間隔を指定しない場合は,60秒が仮定されます。

KAVV624-E


When a generic name is specified for a monitoring file, specify the number of seconds (from (数値) to (数値)) for the monitoring interval.
監視対象ファイル名に総称名を指定する場合,監視間隔には(数値)-(数値)秒を指定してください。

ファイル監視ジョブで監視間隔の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視間隔を指定しないか,メッセージに表示した範囲内で監視間隔を指定してください。監視間隔を指定しない場合は,60秒が仮定されます。

KAVV630-E


Specify the profile name.
プロファイル名を指定してください。

メール受信監視ジョブでプロファイル名を指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
プロファイル名を指定してください。

KAVV631-E


Specify the list of senders, subjects, or message text.
差出人一覧,件名一覧,または本文一覧を指定してください。

メール受信監視ジョブで差出人一覧,件名一覧,または本文一覧がどれも指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
差出人一覧,件名一覧,または本文一覧のうちのどれかを指定してください。

KAVV632-E


You can register a maximum of 20 entries in the list of senders.
差出人一覧の登録は20件までです。

メール受信監視ジョブで差出人一覧の登録件数が最大値の20件に達しているので,差出人を追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な差出人があれば削除し,差出人一覧には20件以内で登録してください。

KAVV633-E


You can register a maximum of 20 entries in the list of subjects.
件名一覧の登録は20件までです。

メール受信監視ジョブで件名一覧の登録件数が最大値の20件に達しているので,件名を追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な件名があれば削除し,件名一覧には20件以内で登録してください。

KAVV634-E


You can register a maximum of 20 entries in the list of message texts.
本文一覧の登録は20件までです。

メール受信監視ジョブで本文一覧の登録件数が最大値の20件に達しているので,本文を追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な本文があれば削除し,本文一覧には20件以内で登録してください。

KAVV635-E


The specification of the message text file exceeds (数値) bytes.
本文ファイルの指定が(数値)バイトを超えています。

本文ファイルの指定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV636-E


The specification of the folder for saving attached files exceed (数値) bytes.
添付ファイル保存先フォルダの指定が(数値)バイトを超えています。

添付ファイル保存先フォルダの指定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV637-E


The specification of the list file exceeds (数値) bytes.
リストファイルの指定が(数値)バイトを超えています。

リストファイルの指定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV638-E


The specification of the list of received mail exceeds (数値) bytes.
メール受信リストの指定が(数値)バイトを超えています。

メール受信リストの指定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV640-E


Specify a correlation ID.
相関識別子を指定してください。

メッセージキュー受信監視ジョブに相関識別子が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
相関識別子を指定してください。

KAVV641-E


Specify a message input queue.
メッセージ入力キューを指定してください。

メッセージキュー受信監視ジョブにメッセージ入力キューが指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
メッセージ入力キューを指定してください。

KAVV650-E


Enter a path name.
パス名を指定してください。

MSMQ受信監視ジョブにパス名を指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
パス名を指定してください。

KAVV660-E


Specify a file to be monitored.
ログファイル名を指定してください。

ログファイル監視ジョブにログファイル名が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ログファイル名を指定してください。

KAVV661-E


Specify the date to be trapped.
トラップするデータを指定してください。

ログファイル監視ジョブにトラップするデータが指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
トラップするデータを指定してください。

KAVV662-E


(区切り文字) specified for variable-length delimiter character in the record format is invalid.
レコード形式の可変長-区切り文字に指定した(区切り文字)は不正です。

ログファイル監視ジョブのログファイル動作定義として,区切り文字に使用できない文字が指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
区切り文字には'\'および2バイト以上の文字列は指定しないでください。ただし,\でエスケープする場合は\を指定することは可能です

KAVV663-E


Specify from (数値) to (数値) bytes for the fixed-length of record format.
レコード形式の固定長-レコード長には(数値)-(数値)バイトを指定してください。

ログファイル監視ジョブのログファイル動作定義として,レコード長の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
メッセージに表示した範囲内でレコード長を指定してください。

KAVV664-E


Specify from (数値) to (数値) lines for the number of header lines in the header specification.
ヘッダー指定のヘッダー行数には(数値)-(数値)行を指定してください。

ヘッダー行数が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV665-E


Specify from (数値) to (数値) bytes for the header size in the header specification.
ヘッダー指定のヘッダーサイズには(数値)-(数値)バイトを指定してください。

ヘッダーサイズが制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
定義できる内容を確認したあと,再度入力してください。

KAVV666-E


Specify from (数値) to (数値) seconds for the monitoring interval.
監視間隔には(数値)-(数値)秒を指定してください。

ログファイル監視ジョブのログファイル動作定義として監視間隔の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
監視間隔を設定しないか,メッセージに表示した範囲内で監視間隔を指定してください。監視間隔を指定しない場合は,10秒が仮定されます。

KAVV667-E


Specify from (数値) to (数値) bytes for the event data length.
イベントデータ長には(数値)-(数値)バイトを指定してください。

ログファイル監視ジョブのログファイル動作定義としてイベントデータ長の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントデータ長を設定しないか,メッセージに表示した範囲内でイベントデータ長を指定してください。イベントデータ長を指定しない場合は,512バイトが仮定されます。

KAVV668-E


You can register a maximum of 8 files to be monitored.
ログファイル名の登録は8件までです。

ログファイル監視ジョブでログファイル名の登録件数が最大値の8件に達しているので,監視対象とするログファイルを追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要なログファイルがあれば削除し,ログファイル名には8件以内で登録してください。

KAVV670-E


The setting for the data to be trapped exceeds a total of (数値) bytes.
トラップするデータの設定がトータル(数値)バイトを超えています。

ログファイル監視ジョブでトラップするデータの設定が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
トラップするデータに不要なものがあれば削除してください。

KAVV671-E


The setting for data lines except log information exceeds a total of (数値) bytes.
ログ情報以外のデータ行の指定の設定がトータル(数値)バイトを超えています。

ログファイル監視ジョブでログ情報以外のデータ行が制限値を超えています。

(S)
処理を中断します。

(O)
ログ情報以外のデータ行に不要なものがあれば削除してください。

KAVV680-E


Specify the event type.
イベントの種類を指定してください。

Windowsイベントログ監視ジョブでイベントの種類が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントの種類を指定してください。

KAVV681-E


Specify from (数値) to (数値) for the event ID.
イベントIDには(数値)-(数値)を指定してください。

Windowsイベントログ監視ジョブでイベントIDの指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントIDを設定しないか,メッセージに表示した範囲内でイベントIDを指定してください。

KAVV690-E


Specify the waiting time.
待ち時間を指定してください。

実行間隔制御ジョブで待ち時間が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
待ち時間を指定してください。

KAVV691-E


Specify from (数値) to (数値) minutes for the waiting time.
待ち時間には(数値)-(数値)分を指定してください。

実行間隔制御ジョブで待ち時間の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
メッセージに表示した範囲内で待ち時間を指定してください。

KAVV692-E


Enter the correlation.
相互関係を入力してください。

MSMQ受信監視ジョブで相互関係が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
相互関係を入力してください。

KAVV701-E


Enter (項目名).
項目名)を入力してください。

項目名」を入力していません。

(S)
処理を中断します。

(O)
項目名を入力してください。

KAVV703-E


For the time to reach queue, specify from -2 to 2147483647.
配信制限時間には-2〜2147483647を指定してください。

MSMQ送信ジョブで配信制限時間の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
メッセージに表示した範囲内で配信制御時間を指定してください。

KAVV704-E


For the retention time, specify from -1 to 2147483647.
保持時間には-1〜2147483647を指定してください。

MSMQ送信ジョブで保持時間の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
メッセージに表示した範囲内で保持時間を指定してください。

KAVV705-E


(例外) occurred at the time of (処理).(処理).
処理)時に(例外)が発生しました。(処理

処理中に予期しないエラーが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
次の資料を採取したあと,システム管理者に連絡してください。
  • 画面のハードコピー
  • JP1/AJS2 - Viewのログファイル

KAVV706-E


The number of characters in (項目名) exceeds the size limit.
項目名)の文字数が規定のサイズを超えています。

項目名が制限値を超えて指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーメッセージを表示したダイアログボックスからヘルプを起動して,表示された項目名の制限値を確認してください。

KAVV707-E


The input value (項目名) contains an error.
項目名)の入力値に誤りがあります。

入力された値に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
エラーメッセージを表示したダイアログボックスからヘルプを起動して,表示された項目名の定義方法を確認してください。

KAVV709-E


The maximum number of recipients is 20.
宛先一覧は20件までです。

メール送信ジョブで宛先一覧の登録件数が最大値の20件に達しているので,宛先を追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な宛先があれば削除し,宛先一覧には20件以内で登録してください。

KAVV710-E


The maximum number of attached files is 20.
添付ファイル一覧は20件までです。

メール送信ジョブで添付ファイル一覧の登録件数が最大値の20件に達しているので,添付ファイルを追加登録することができません。

(S)
処理を中断します。

(O)
不要な添付ファイルがあれば削除し,添付ファイル一覧には20件以内で登録してください。

KAVV711-E


For an event ID , Specify from 00000000 to 00001FFF, or from 7FFF8000 to 7FFFFFFF.
イベントIDには00000000-00001FFF,7FFF8000-7FFFFFFFを指定してください。

JP1イベント送信ジョブでイベントIDの指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベントIDには00000000から00001FFF,7FFF8000から7FFFFFFFの値を指定してください。

KAVV712-E


Specify a capital letter at the beginning of the extension attribute name.
拡張属性名の先頭文字には,英大文字を指定してください。

JP1イベント送信ジョブで拡張属性名の先頭文字に,英大文字以外の文字が指定されています。

(S)
処理を中断します。

(O)
拡張属性名の先頭文字は,英大文字を指定してください。

KAVV713-E


You cannot specify all spaces for (項目名).
項目名)にスペースのみの設定はできません。

項目名」にスペース以外の文字が指定されていません。

(S)
処理を中断します。

(O)
項目名」にはスペースだけの文字列を指定しないでください。

KAVV714-E


Specify from 1 to 9999999 minutes for the retention time.
保持時間には1-9999999を指定してください。

メッセージキュー送信ジョブの保持時間の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
保持時間を設定しないか,メッセージに表示した範囲内で保持時間を指定してください。保持時間を指定しない場合は,制限時間がないものと扱います。

KAVV715-E


Specify 3 to 600 seconds for the check interval.
確認間隔には3-600秒を指定してください。

JP1イベント送信ジョブの確認間隔の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベント到達確認を行う場合は,メッセージに表示した範囲内で確認間隔を指定してください。

KAVV716-E


Specify 0 to 999 times for the check count.
確認回数には0-999回を指定してください。

JP1イベント送信ジョブの確認回数の指定に誤りがあります。

(S)
処理を中断します。

(O)
イベント到達確認を行う場合は,メッセージに表示した範囲内で確認回数を指定してください。

KAVV801-E


Cannot find (ファイル名). Please check whether JP1/AJS2 - View is correctly installed.
ファイル(ファイル名)が見つかりません。JP1/AJS2 - Viewが正しくインストールされているかどうか確認してください。

カスタムジョブ定義連携に必要なファイルが見つかりません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[詳細定義−[Custom Job]]ダイアログボックスの[定義]タブで[詳細]ボタンをクリックしたときにこのメッセージが表示された場合は,フォルダ(SystemDrive:\temp)があるかどうか確認してください。
各カスタムジョブの定義編集時に,一時ファイルの格納フォルダとしてSystemDrive:\tempを使用します。このフォルダがない場合には,SystemDrive:\tempフォルダを作成するか,または次のようにレジストリーの値を任意の一時ファイルの格納フォルダ名称に変更してください。
「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\HITACHI\JP1AJS2V\CustomJobTemp」
なお,空白を含むフォルダ名称は指定しないでください。

KAVV802-E


Error occurred at file(ファイル名) input/output.
ファイル(ファイル名)の入出力でエラーが発生しました。

カスタムジョブ定義連携に必要なファイルの入出力でエラーが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
カスタムジョブ定義連携で使用するフォルダがあるディスクの空き容量が不足していないかどうか確認してください。カスタムジョブ定義連携で使用するフォルダのデフォルトは,システムドライブ\tempです。

KAVV803-E


Failed to start custom job(カスタムジョブ名). Please check whether custom job(カスタムジョブ名) is correctly installed.
カスタムジョブ(カスタムジョブ名)の起動に失敗しました。カスタムジョブ(カスタムジョブ名)が正しくインストールされているかどうか確認してください。

カスタムジョブ定義プログラムの起動に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[カスタムジョブ登録]ダイアログボックスで指定した定義プログラムがあるかどうかを確認してください。

KAVV804-E


Error occurred at registry input/output.
レジストリの入力でエラーが発生しました。

レジストリーの読み込みでエラーが発生しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
メモリー不足のおそれがあります。不要なアプリケーションを終了したあと,再度操作してください。解決できない場合は,JP1/AJS2 - Viewの構成が壊れていることが考えられます。修復インストールしてください。

KAVV812-E


The host name (接続ホスト名) of the connection host cannot be resolved.
接続ホスト(接続ホスト名)のホスト名解決に失敗しました。

接続ホスト名のホスト名解決に失敗しました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ホスト名解決ができるように,hostsファイルなどの設定を確認したあと,再度操作してください。

KAVV813-E


(実行IDまたはユニット名) of the jobnet for the connection destination could not be obtained. Detailed information: Connection host=接続ホスト名, Connection service=接続サービス名, Unit name=ユニット名
接続先のジョブネットの(実行IDまたはユニット名)を取得できませんでした。詳細情報:接続ホスト名=接続ホスト名,接続サービス名=接続サービス名,ユニット名=ユニット名

接続先のジョブネットが存在するホストと通信中にエラーが発生したため,接続先のジョブネットの実行IDまたはユニット名を取得できませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
このメッセージの直前に表示されたメッセージの対処方法に従って対処してください。直前のメッセージが確認できなかった場合は,JP1/AJS2 - Viewを起動して接続先のジョブネットが存在するホストにログインできるか確認してください。

KAVV814-E


A different jobnet connector might be defined at the jobnet for the connection destination. Detailed information: Connection host=接続ホスト名, Connection service=接続サービス名, Jobnet Connector=ジョブネットコネクタ名
接続先のジョブネットには別のジョブネットコネクタが定義されている可能性があります。詳細情報:接続ホスト名=接続ホスト名, 接続サービス名=接続サービス名, ジョブネットコネクタ名=ジョブネットコネクタ名

記憶元の接続先のジョブネットの[接続範囲]に[別サービス]が設定されているため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットコネクタを自動生成できるのは,[接続範囲]に[同一サービス]が設定されている場合だけです。[接続範囲]に[別サービス]を設定している場合は,手動でジョブネットコネクタを作成してください。

KAVV815-Q


A different jobnet connector might be defined at the jobnet for the connection destination. Are you sure you want to continue? Detailed information: Connection host=接続ホスト名, Connection service=接続サービス名, Jobnet Connector=ジョブネットコネクタ名
接続先のジョブネットには別のジョブネットコネクタが定義されている可能性があります。続行しますか? 詳細情報:接続ホスト名=接続ホスト名, 接続サービス名=接続サービス名, ジョブネットコネクタ名=ジョブネットコネクタ名

[接続先のジョブネット名]に指定したユニットの[接続範囲]に[別サービス]が設定されています。このまま,ジョブネットコネクタを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV816-Q


A different jobnet for the connection destination might be defined at the jobnet connector. Are you sure you want to continue? Detailed information: Connection host=接続ホスト名, Connection service=接続サービス名, Connect destination=接続先のジョブネット名
ジョブネットコネクタには別の接続先のジョブネットが定義されている可能性があります。続行しますか?詳細情報:接続ホスト名=接続ホスト名,接続サービス名=接続サービス名, 接続先のジョブネット名=接続先のジョブネット名

[ジョブネットコネクタ名]に指定したユニットの[接続範囲]に[別サービス]が設定されています。このまま,接続先のジョブネットを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV850-Q


A jobnet for the connection destination is not specified. Are you sure you want to continue?
接続先のジョブネットが指定されていません。続行しますか?

[接続先のジョブネット名]が指定されないまま,ジョブネットコネクタを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV851-Q


The jobnet for the connection destination does not exist. Are you sure you want to continue?
接続先のジョブネットが存在しません。続行しますか?

[接続先のジョブネット名]に指定されたユニットがないまま,ジョブネットコネクタを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV852-E


Unit type of jobnet for the connection destination is invalid.
接続先のジョブネットのユニット種別が不正です。

[接続先のジョブネット名]に,ルートジョブネットまたはプランニンググループ以外のユニットが指定されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[接続先のジョブネット名]には,ルートジョブネットまたはプランニンググループを指定してください。

KAVV853-Q


A different jobnet connector is defined at the jobnet for the connection destination. Are you sure you want to continue? (ユニット名)
接続先のジョブネットには別のジョブネットコネクタが定義されています。続行しますか?(ユニット名

[接続先のジョブネット名]に指定したユニットには,別のジョブネットコネクタが定義されています。このまま,ジョブネットコネクタを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV854-Q


A jobnet connector is not specified. Are you sure you want to continue?
ジョブネットコネクタが指定されていません。続行しますか?

[ジョブネットコネクタ名]が指定されないまま,接続先のジョブネットを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV855-Q


The jobnet connector does not exist. Are you sure you want to continue?
ジョブネットコネクタが存在しません。続行しますか?

[ジョブネットコネクタ名]に指定されたユニットがないまま,接続先のジョブネットを定義するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV856-E


The specified unit in the jobnet connector name is not a jobnet connector.
ジョブネットコネクタ名に指定したユニットはジョブネットコネクタではありません。

[ジョブネットコネクタ名]に,ジョブネットコネクタ以外のユニットが指定されました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットコネクタ名]には,ジョブネットコネクタを指定してください。

KAVV857-Q


A different jobnet for the connection destination is defined at the jobnet connector. Are you sure you want to continue? (ユニット名)
ジョブネットコネクタには別の接続先のジョブネットが定義されています。続行しますか?(ユニット名

[ジョブネットコネクタ名]に指定されたユニットには,別の接続先のジョブネットが定義されています。このまま,接続先のジョブネットを定義するかどうかを確認します。なお,ユニット名は次の形式で表示されます。

  • 接続範囲が同一スケジューラーサービスの場合
    ユニット完全名
  • 接続範囲が別スケジューラーサービスで,接続ホスト名が省略されている場合
    スケジューラーサービス名:ユニット完全名
  • 接続範囲が別スケジューラーサービスで,接続ホスト名が指定されている場合
    ホスト名:スケジューラーサービス名:ユニット完全名

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV858-E


Cannot define a jobnet connector under the ユニット種別.
ユニット種別配下にジョブネットコネクタは定義できません。

ユニット種別の配下には,ジョブネットコネクタを定義できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別の配下には,ジョブネットコネクタを定義しないでください。

KAVV859-E


Select a root jobnet or a planning group.
ルートジョブネットまたはプランニンググループを選択してください。

ルートジョブネットまたはプランニンググループ以外のユニットに対して,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ルートジョブネットまたはプランニンググループを選択してから,再度操作してください。

KAVV860-E


The relation of the units is looped. (ユニット名)
関連線の接続がループしています。(ユニット名)

関連線の接続がループしているため,強調表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
関連線のループを取り除いたあとに再度操作してください。

KAVV861-E


Select one unit in the map area.
マップエリアでユニットを一つ選択してください。

マップエリアでユニットが複数選択されているため,強調表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マップエリアでユニットを一つだけ選択したあとに再度操作してください。

KAVV862-E


Select a schedule of ユニット種別 in the list of executions.
実行一覧でユニット種別の予定を選択してください。

実行結果リストでユニット種別の予定が選択されていないため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
実行結果リストでユニット種別の予定を選択してから,再度操作してください。

KAVV863-E


This operation cannot be executed for a jobnet connector.
ジョブネットコネクタにこの操作はできません。

ジョブネットコネクタに対して,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットコネクタに対してできる範囲で操作してください。

KAVV864-E


Failed to change the definition of the saved jobnet for the connection destination. (ユニット名)
記憶元の接続先のジョブネットの定義変更に失敗しました。(ユニット名

記憶元の接続先のジョブネットの定義[ジョブネットコネクタ名]を変更できませんでした。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のジョブネットの定義の[ジョブネットコネクタ名]を手入力で変更してください。

KAVV865-E


The jobnet for the connection destination has no generation connected to the jobnet connector (実行ID).
接続先のジョブネットには,ジョブネットコネクタ(実行ID)と接続している世代がありません。

接続先のジョブネットには,ジョブネットコネクタの世代と接続している世代がないため,接続先のスケジュールを表示できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のジョブネットの世代と接続関係のあるジョブネットコネクタの世代に対して再度操作してください。

KAVV866-E


No jobnet connector information is saved for auto-creation.
自動作成するジョブネットコネクタの情報が記憶されていません。

自動作成するジョブネットコネクタの情報が記憶されていないため,ジョブネットコネクタを自動作成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
[JP1/AJS2 - View]ウィンドウで接続先のジョブネットを選択し,[オプション]−[ジョブネットコネクタとして記憶]メニューを選択してから,再度操作してください。

KAVV867-E


Cannot automatically create a jobnet connector saved for another scheduler service.
異なるスケジューラーサービスで記憶したユニットのため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

異なるスケジューラーサービスで記憶した情報でジョブネットコネクタを自動生成しようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットコネクタとして記憶]と[ジョブネットコネクタの自動生成]は,同じスケジューラーサービスで操作してください。

KAVV868-E


Cannot automatically create a jobnet connector because the jobnet for the connection destination is already registered.
接続先のジョブネットが登録済みのため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

接続先のジョブネットが登録済みの場合,接続先のジョブネットの定義[ジョブネットコネクタ名]を変更できないため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のジョブネットを登録解除してから,再度ジョブネットコネクタを自動生成してください。

KAVV869-E


Cannot save a root jobnet in a planning group as a jobnet connector.
プランニンググループ配下のルートジョブネットは,ジョブネットコネクタとして記憶できません。

プランニンググループ配下のルートジョブネットは接続先のジョブネットとして指定できないため,ジョブネットコネクタとして記憶できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブグループ直下のルートジョブネット,またはプランニンググループに対して,ジョブネットコネクタとして記憶させてください。

KAVV870-E


Cannot delete or paste a unit that has a jobnet connector.
下位の階層にジョブネットコネクタが存在するため,削除または貼り付けができません。

サスペンド状態では,下位の階層にジョブネットコネクタを持つユニットを削除または貼り付けできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
サスペンド状態では,ジョブネットコネクタを含まないユニットに対して削除または貼り付けを行ってください。下位にジョブネットコネクタを持つユニットを削除または貼り付けする場合は,登録解除後に操作してください。

KAVV871-E


The jobnet for the connection destination does not exist.
接続先のジョブネットが存在しません。

接続先のジョブネットがないため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のジョブネットがあることを確認してから,再度操作してください。

KAVV872-E


A different jobnet connector is defined at the jobnet for the connection destination. (ユニット名)
接続先のジョブネットには別のジョブネットコネクタが定義されています。(ユニット名

接続先のジョブネットには,すでに別のジョブネットコネクタが定義されているため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

(S)
応答を待ちます。

(O)
ジョブネットコネクタ名が定義されていない接続先のジョブネットをジョブネットコネクタとして記憶させてから,再度操作してください。

KAVV873-Q


No authority for the ユニット種別. Are you sure you want to continue? (ユニット名)
ユニット種別への権限がありません。続行しますか?(ユニット名

ユニット名に対して参照,操作,または編集する権限がないまま,指定された操作を続行するかどうかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
続行する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV874-E


A jobnet for the connection destination is not specified.
接続先のジョブネットが指定されていません。

接続先のジョブネットが指定されていないため,操作できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
接続先のジョブネットが指定されていることを確認してから,再度操作してください。

KAVV875-Q


Are you sure you want to set the control method of execution order to 同期非同期 for ユニット名 (実行ID)?
ユニット名実行ID)の実行順序制御方式を同期非同期に設定します。よろしいですか?

ユニットの実行順序制御方式を変更するかを確認します。

(S)
応答を待ちます。

(O)
実行順序制御方式を変更する場合は[はい]ボタンを,取り消す場合は[いいえ]ボタンをクリックしてください。

KAVV876-E


Cannot paste a jobnet connector under the ユニット種別.
ジョブネットコネクタをユニット種別直下に貼り付けることはできません。

ジョブネットコネクタを定義できない階層に貼り付けようとしました。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットコネクタを定義できる階層に貼り付けてください。

KAVV877-E


No authority for the ユニット種別. (ユニット名)
ユニット種別への権限がありません。(ユニット名

ユニット名に対して参照,操作,および編集する権限がないため,指定された操作はできません。

なお,ユニット名は次の形式で表示されます。

  • 記憶元の接続先のジョブネットが同一スケジューラーサービスにある場合
    ユニット完全名
  • 記憶元の接続先のジョブネットが同一ホスト内の別スケジューラーサービスにある場合
    スケジューラーサービス名:ユニット完全名
  • 記憶元の接続先のジョブネットが別ホストのスケジューラーサービスにある場合
    ホスト名:スケジューラーサービス名:ユニット完全名

(S)
処理を中断します。

(O)
アクセス権限があるユニットに対して操作してください。

KAVV878-E


The jobnet for the connection destination is defined under a ユニット種別.
接続先のジョブネットはユニット種別配下に定義されています。

ユニット種別配下のユニットは,接続先のジョブネットとして指定できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別配下でないユニットを接続先のジョブネットとして指定してから,再度操作してください。

KAVV879-E


There is no place to automatically create a jobnet connector.
ジョブネットコネクタを自動生成する場所がありません。

マップエリアに空き領域がないため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
マップサイズを大きくするか,幾つかのユニットをネストジョブネットとして階層化し,マップエリアに空き領域を作成したあと,再度操作してください。

KAVV880-E


The jobnet name for the connection destination is the upper unit.
接続先のジョブネット名に上位ユニットが指定されています。

上位ユニットを接続先のジョブネットとして指定しているため,ジョブネットコネクタを定義できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
上位ユニット以外を接続先のジョブネットとして指定してから,再度操作してください。

KAVV881-E


The jobnet connector name is the lower unit.
ジョブネットコネクタ名に下位ユニットが指定されています。

下位ユニットをジョブネットコネクタとして指定しているため,接続先のジョブネットを定義できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
下位ユニット以外をジョブネットコネクタとして指定してから,再度操作してください。

KAVV882-E


The specified jobnet name for the connection destination is invalid.
指定された接続先のジョブネット名が不正です

[接続先のジョブネット名]に指定されたユニット名が不正です。

次の原因が考えられます。

  • ユニット名の先頭が「/(スラッシュ)」でない
  • ユニット名の,「/」の間が30バイトを超えている個所がある
  • ユニット名の末尾が「/」である

(S)
処理を中断します。

(O)
[接続先のジョブネット名]に正しいユニット名を指定してから,再度操作してください。

KAVV883-E


The specified jobnet connector name is invalid.
指定されたジョブネットコネクタ名が不正です

[ジョブネットコネクタ名]に指定されたユニット名が不正です。

次の原因が考えられます。

  • ユニット名の先頭が「/(スラッシュ)」でない
  • ユニット名の,「/」の間が30バイトを超えている個所がある
  • ユニット名の末尾が「/」である

(S)
処理を中断します。

(O)
[ジョブネットコネクタ名]に正しいユニット名を指定してから,再度操作してください。

KAVV884-E


Cannot paste a unit that has jobnet connector under a remote jobnet.
リモートジョブネットの下位の階層にはジョブネットコネクタを含むユニットを貼り付けることができません。

リモートジョブネットの下位の階層には,ジョブネットコネクタを含むユニットを貼り付けることはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
リモートジョブネットの下位の階層にはジョブネットコネクタを定義できないため,ジョブネットコネクタを含むユニットを貼り付けないでください。

KAVV885-E


Cannot automatically create a jobnet connector because an upper unit is saved as a jobnet connector.
上位ユニットをジョブネットコネクタとして記憶しているため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

上位ユニットをジョブネットコネクタとして記憶しているため,ジョブネットコネクタを自動生成できません。

(S)
処理を中断します。

(O)
上位ユニット以外をジョブネットコネクタとして記憶してから,再度ジョブネットコネクタを自動生成してください。

KAVV886-E


The unit to be operated is a jobnet for the connection destination. The specified operation cannot be performed because it has a ユニット種別.
操作対象ユニットは,接続先のジョブネットです。ユニット種別が定義されているため,指定された操作はできません。

操作対象ユニットは接続先のジョブネットです。ユニット種別が定義されているため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別を削除してから,再度操作してください。

KAVV887-E


The specified operation cannot be performed because the jobnet connector is in a jobnet that has a start condition.
起動条件付きのジョブネットにジョブネットコネクタが含まれているため,指定された操作はできません。

起動条件付きのジョブネットにジョブネットコネクタが含まれているため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブネットコネクタを使用する場合は,起動条件を削除してから,再度操作してください。

KAVV888-E


The unit to be operated is a root jobnet that is directly under the planning group for the connection destination. The specified operation cannot be performed because it has a ユニット種別.
操作対象ユニットは,接続先のプランニンググループ直下のルートジョブネットです。ユニット種別が定義されているため,指定された操作はできません。

操作対象ユニットは,接続先のプランニンググループ直下のルートジョブネットです。ユニット種別が定義されているため,指定された操作はできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ユニット種別を削除してから,再度操作してください。

KAVV889-E


The specified operation cannot be performed because the root remote jobnet is directly under the planning group for the connection destination.
接続先のプランニンググループ直下のルートリモートジョブネットであるため,指定された操作はできません。

接続先のプランニンググループ直下のルートリモートジョブネットを,実行登録した状態にはできません。

(S)
処理を中断します。

(O)
ジョブグループ直下,または接続先でないプランニンググループ直下にルートリモートジョブネットを定義してから,再度操作してください。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

Copyright (C) 2006, 2010, Hitachi, Ltd.
Copyright (C) 2006, 2010, Hitachi Software Engineering Co., Ltd.