JP1/Automatic Job Management System 2 for Enterprise Applications

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


2.2.8 XBP2.0インターフェースを使用できるようにする(特定の機能を使用する場合)

SAP社の外部管理インターフェースであるXBPインターフェースのバージョン2.0(XBP2.0インターフェース)を使えば,次の機能を使用できます。

これらの機能を使用する場合は,XBP2.0インターフェースを使用できるようにする必要があります。

また,親/子ジョブの終了監視をするためには,さらにジョブの実行前に接続先のR/3システム上で親/子機能を有効にしておく必要があります。

次に,XBP2.0インターフェースを使用できるようにする方法,および親/子機能を有効にする方法について説明します。

<この項の構成>
(1) XBP2.0インターフェースを使用できるようにする
(2) 親/子機能を有効にする

(1) XBP2.0インターフェースを使用できるようにする

接続先のR/3システムにXBP2.0インターフェースがインストールされ,XBP2.0インターフェースにログインできるようになっていることを確認してください。

接続先のR/3システムにXBP2.0インターフェースがインストールされていない場合は,R/3の「サポートパッケージ」を適用して,XBP2.0インターフェースをインストールしてください。

接続先のR/3システムにXBP2.0インターフェースがインストールされているかどうかを確認するには,接続先のR/3システムのトランザクションSE38で,ABAPプログラムINITXBP2が存在するかどうかを確認してください。INITXBP2が存在していれば,XBP2.0インターフェースはインストールされています。

なお,XBP2.0インターフェースの詳細については,「SAPノート604496」を参照してください。

(2) 親/子機能を有効にする

親/子ジョブの終了監視をするためには,ジョブの実行前に接続先のR/3システム上で親/子機能を有効にしておく必要があります。

親/子機能を有効にするには,XBP2.0インターフェースを使用できる状態にしてから,ABAPプログラムINITXBP2を使用して親/子機能の設定を「オン」にしてください。親/子機能の設定を「オン」にする手順を次に示します。

  1. SAPフロントエンドソフトウェアでABAPエディタ(トランザクションSE38)を起動する。
  2. ABAPエディタの起動画面で,[プログラム]に「INITXBP2」と入力する。
  3. [プログラム]メニューから[実行]を選択する。
    INITXBP2プログラムが起動し,現在の設定内容が表示されます。
  4. [親子機能]の[設定変更]で,[スイッチオン]を選択する。
  5. [プログラム]メニューから[実行]を選択する。
    親/子機能が有効になります。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2006, 2008, Hitachi, Ltd.