JP1/ServerConductor/Deployment Manager

[目次][索引][前へ][次へ]


4.11 ネットワーク設定

Q1
以下のエラーメッセージが表示された。
 
サーバーのコンピュータ名の取消に失敗しました。
ネットワーク環境を確認してもう一度起動してください。
 

A1
ネットワークに接続されていない可能性があります。
ネットワークのケーブルが接続されているかどうか確認して再起動してください。

Q2
DHCPサーバと管理サーバを別々のコンピュータにしたら,コンピュータのMACアドレスの取得ができなくなった。

A2-1
管理サーバ側のDHCPのサービスがまだ,起動している可能性があります。管理サーバで,「スタート」メニュー(または「スタート」メニュー→「設定」)→「コントロールパネル」→「管理ツール」から「サービス」を選択して,“DHCP Server”が停止していることを確認してください。起動している場合は,プロパティ画面より,スタートアップの種類を“無効”にして,サービスを停止してください。

A2-2
DDPMのメインウィンドウ画面の「設定」メニューから「詳細設定」をクリックして表示される画面に,「DHCPサーバが別のコンピュータ上で動作している」にチェックが入っていない可能性があります。「設定」メニューから「詳細設定」を選択し,”DHCPサーバ”タブをクリックし,「DHCPサーバが別のコンピュータ上で動作している」にチェックが入っていることを確認してください。チェックが入っていない場合は,チェックを入れて,「OK」をクリックしたあと,管理サーバを再起動してください(管理サーバの再起動が不可の場合は,「スタート」メニュー(または「スタート」メニュー→「設定」)→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」から,「1.7 常駐サービスについて」に記載のすべてのサービスを停止後,停止したサービスをすべて開始してください)。

Q3
コンピュータがネットワークブートしないため,シナリオが実行できない。

A3
BIOSの設定のネットワークブート順位がHDDよりも低く設定されている可能性があります。PXEネットワークブートの起動順位をHDDよりも上にして,再度実行し直してください。

Q4
複数のLANボードを使用して異なるネットワークを管理しようとしていて以下のエラーが表示された。
 
PXE-E51: No DHCP or proxyDHCP offers were received.
PXE-E55: proxyDHCP service did not reply to request on port 4011.
 

A4
1および2の手順を行ってください。
  1. DHCPサーバが使用するIPを変更する。
    (1)「スタート」メニュー(または「スタート」メニュー→「設定」)→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「DHCP」を選択する。
    (2)起動したダイアログの左画面のツリービューからサーバ名を右クリックし「プロパティ」を選択する。
    (3)起動したダイアログの「詳細設定」タブをクリックする。
    (4)「詳細設定」タブ内の「結合」ボタンをクリックする。
    (5)表示された画面から使用するIPだけにチェックされている状態にする。(使用しないIPのチェックをはずす)
    (6)「OK」をクリックし画面を終了する。
    (7)「スタート」メニュー(または「スタート」メニュー→「設定」)→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「サービス」を選択し,「DHCP Server」を再起動してください。
  2. DPMが使用するIPを変更する。
    Webコンソール画面の「設定」→「詳細設定」→「サーバ情報」→「IPアドレス」から選択してください。

Q5
管理サーバとDHCPサーバを別々のコンピュータにしたら,ネットワークブート時に以下のエラーが表示された。
PXE-E55: proxyDHCP service did not reply to request on port 4011.

A5
DHCPサーバのオプションにオプション60(060 Class ID)を設定しているDHCPサーバが存在する可能性があります。DHCPサーバのオプション設定を確認して,オプション60(060 Class ID)の設定を解除してください。

Q6
シナリオを実行すると以下のエラーが表示された。
PXE-E53:No boot filename received

A6
DHCPサーバの設置場所設定が正しくありません。
DPMのメインウィンドウ画面の「設定」メニューから「詳細設定」画面を開き,「DHCP サーバ」タブの設定が正しいかを確認してください。
既に正しく設定されている場合も,改めて設定してください。
設定が正しいにも関わらずエラーが表示される場合は,一旦現在とは違う設定(実際の環境が「DHCPサーバが管理サーバと同じコンピュータ上で動作している」なら「DHCPサーバが別のコンピュータ上で動作している」,「DHCPサーバが別のコンピュータ上で動作している」なら「DHCPサーバが管理サーバと同じコンピュータ上で動作している」)にした後,正しく設定しなおしてください。

(例)
「DHCPサーバが管理サーバと同じコンピュータ上で動作している」を設定している場合
  1. 「DHCPサーバが別のコンピュータ上で動作している」を選択する
  2. 「OK」ボタンをクリックする
  3. 画面に表示されるメッセージに添ってサービスを再起動する
  4. 「DHCPサーバが管理サーバと同じコンピュータ上で動作している」を選択する
  5. 「OK」ボタンをクリックする
  6. 画面に表示されるメッセージに添ってサービスを再起動する

Q7
複数のLANボードがあるコンピュータに同一セグメントのIPアドレスを割り振ると電源状態が検知できなくなった。

A7
LANケーブルを接続していないLANボードに固定IPを割り当てた場合,正しく通信できない場合があります。LANケーブルを接続していないLANボードには固定IPを割り当てずDHCP設定とするか,未設定としてください。

Q8
ネットワークブート中,クライアント画面に以下のメッセージが表示され,シナリオ実行エラーとなる。
PXE-E32: TFTP open timeout

A8
Windowsファイアウォールやセキュリティ対策ソフトウェアなどのポートブロック機能によって,TFTPポート(ポート番号:69)がブロックされている可能性があります。管理サーバがインストールされているOSにおいて,TFTPポートがブロックされていないか確認してください。DPMでの運用を行うためには,TFTPポートのブロックを解除する必要があります。

Q9
Xeon HVM上で稼動しているLPARでPXEブート時に,エラーメッセージが出力された。

A9
下記一覧表のエラーメッセージに対応した対処を実施した後,DPMのシナリオを再実行してください。
# エラーメッセージ※1 意味 対処方法
1 Get Pxe Handle Failure (x) PXEブート時にネットワークブートできるデバイスが見つからなかったことを示します。 LPARにネットワークデバイスを割り当てる。
2 Pxe Protocol Start Failure (x) PXEブート時に指定したネットワークカードがネットワークに接続できていないことを示します。 ネットワーク環境を確認する。
3 Pxe DHCP Start Failure (x) DHCPサーバからIPアドレスの取得に失敗したことを示します。 DHCPサーバの設定を確認する。
4 Boot Server Discover Response Failure (x) ブートサーバへのDiscover発行エラーが発生したことを示します。 ネットワーク環境を確認する。
5 Pxe TFTP Get Size Failure (x) ブートファイルのサイズの取得に失敗したことを示します。 TFTPポートが使用できるか確認する。
6 Pxe TFTP Load File Failure (x) ブートファイルの取得に失敗したことを示します。 TFTPポートが使用できるか確認する。

※1 メッセージ中の(x)は詳細情報を示す文字列が表示されます。


[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2006, 2008, Hitachi, Ltd.
Copyright(C) NEC Corporation 2002-2008