JP1 Version 9

JP1/Performance Management 運用ガイド

手引・操作書

3020-3-R32-31


目  次

前書き
変更内容
はじめに

第1編 運用・操作編

1. Performance Managementの起動と停止
1.1 Performance Managementシステム全体の起動と停止の順序
1.1.1 Performance Managementシステム全体の起動順序
1.1.2 Performance Managementシステム全体の停止順序
1.2 サービスの起動
1.2.1 監視マネージャーおよび監視エージェントでサービスを起動する
1.2.2 監視コンソールサーバでサービスを起動する
1.3 サービスの停止
1.3.1 監視マネージャーおよび監視エージェントのサービスを停止する
1.3.2 監視コンソールサーバのサービスを停止する
1.4 PFM - ManagerまたはPFM - BaseとPFM - Web Consoleとの起動と停止の連携
1.4.1 起動および停止を連携させるための設定
1.4.2 連携した起動および停止の手順
1.5 PFM - Web Consoleへのログインとログアウト
1.5.1 PFM - Web Consoleにログインする
1.5.2 PFM - Web Consoleからログアウトする
1.6 サービスの稼働状況の確認
1.6.1 コマンドでサービスの稼働状況を確認する
1.6.2 Webブラウザでサービスの稼働状況を確認する
1.7 Webブラウザの自動更新間隔の設定
1.8 注意事項
1.8.1 大規模システムでPFM - AgentまたはPFM - RMを起動する場合について
1.8.2 PFM - AgentまたはPFM - RMに対してコマンドを実行中にPFM - AgentまたはPFM - RMのサービスを起動する場合について
1.8.3 Windowsマシンでの起動について
1.8.4 Status Serverサービスの起動について
1.8.5 アラームイベントの監視について
1.8.6 アクションの実行について
1.8.7 業務グループ運用中の設定変更について

2. ユーザーアカウントと業務グループの管理
2.1 ユーザーアカウントと業務グループの管理の概要
2.1.1 ユーザー認証モード
2.1.2 ユーザー権限
2.1.3 業務グループ
2.2 ユーザーアカウントの権限
2.2.1 システムユーザーが使用できる機能
2.2.2 業務グループユーザーが使用できる機能
2.3 ユーザーアカウントの設定で必要な作業
2.4 ユーザーアカウントの認証モードの設定
2.5 Performance Managementユーザーアカウントの設定と運用
2.5.1 Performance Managementユーザーアカウントの作成
2.5.2 Performance Managementユーザーアカウントの編集
2.6 JP1ユーザーの操作権限の設定
2.7 業務グループの設定と運用
2.7.1 業務グループによるアクセスコントロール機能のセットアップ
2.7.2 Performance Managementで業務グループを定義する
2.7.3 JP1/IMで定義した業務グループを利用する
2.7.4 業務グループを運用する

3. エージェントの監視
3.1 監視用のエージェント階層について
3.1.1 エージェントの種別について
3.2 Webブラウザでのエージェント階層の作成・編集
3.2.1 エージェントの管理フォルダを新規作成する
3.2.2 管理フォルダにエージェントを配置する
3.2.3 監視用のエージェント階層を編集する
3.2.4 一般ユーザー権限で参照できるエージェントを制限する
3.3 コマンドでのエージェント階層の作成・編集
3.4 エージェントの稼働状況の監視
3.4.1 エージェントの状態を確認する
3.4.2 アラームの状態を確認する
3.4.3 レポートを表示する
3.4.4 イベント履歴を表示する
3.4.5 サマリ表示で稼働状況を確認する
3.4.6 エージェントのプロパティを表示する
3.4.7 エージェントのプロパティを編集する
3.4.8 エージェントのプロパティを一括配布する

4. 稼働監視データの管理
4.1 パフォーマンスデータの管理
4.1.1 パフォーマンスデータの記録方法を変更する
4.1.2 パフォーマンスデータの保存条件を変更する(Storeバージョン2.0の場合)
4.1.3 パフォーマンスデータの保存条件を変更する(Storeバージョン1.0の場合)
4.1.4 パフォーマンスデータをエクスポートする
4.1.5 パフォーマンスデータが使用しているディスク容量を確認する
4.1.6 パフォーマンスデータを消去する
4.1.7 Storeデータベースの設定を初期化する
4.1.8 バックアップデータをインポートする(Storeバージョン2.0の場合)
4.1.9 バックアップデータのデータモデルをコンバートする(Storeバージョン2.0の場合)
4.1.10 Agent StoreおよびRemote Monitor Storeサービス,またはバックアップディレクトリの情報を表示する(Storeバージョン2.0の場合)
4.2 イベントデータの管理
4.2.1 イベントデータのレコード数の上限値を変更する
4.2.2 イベントデータをエクスポートする
4.2.3 イベントデータが使用しているディスク容量を確認する
4.2.4 イベントデータを消去する
4.3 注意事項
4.3.1 Storeデータベースのレコード保存期間の考え方
4.3.2 Storeデータベースのサイズの制限
4.3.3 Agent StoreまたはRemote Monitor Storeサービスが異常終了した場合
4.3.4 ディスク容量が不足した場合
4.3.5 Storeデータベースサイズの確認と再編成
4.3.6 保存期間を過ぎてもファイルやフォルダが削除されない場合
4.3.7 Storeバージョン2.0のレコードのデフォルト保存期間
4.3.8 データモデルをバージョンアップしたときに格納されるデータ

5. 稼働分析のためのレポートの作成
5.1 レポートの概要
5.1.1 レポートとは
5.1.2 レポートの種類
5.1.3 レポートの表示形式
5.2 レポート作成の流れ
5.3 Webブラウザでのレポートの作成
5.3.1 レポートのフォルダを作成する
5.3.2 [新規レポート]画面を表示する
5.3.3 レポートの名前と種別を設定する
5.3.4 レポートに表示させるフィールドを設定する
5.3.5 レポートに表示させるフィールドの表示条件(フィルター条件)を設定する
5.3.6 レポートの表示情報を設定する(更新間隔や表示期間)
5.3.7 レポートの表示形式を設定する(表,一覧,およびグラフ)
5.3.8 レポートに関連づけるレポートを設定する(ドリルダウンレポート)
5.3.9 レポートをコピーする
5.3.10 レポートを編集する
5.3.11 フォルダまたはレポートの名前を変更する
5.3.12 フォルダまたはレポートを削除する
5.3.13 レポートをエクスポートする
5.3.14 レポートをインポートする
5.4 クイックガイドでのレポートの作成
5.4.1 クイックガイドでのレポートの作成手順
5.4.2 フィールドの検索
5.4.3 クイックガイドで作成したレポートのデフォルト値
5.5 コマンドでのレポートの作成
5.5.1 レポートの定義を出力してカスタマイズする
5.5.2 不要になったレポートを削除する
5.6 Webブラウザでのブックマークの作成・編集
5.6.1 ブックマークを作成する
5.6.2 ブックマークのフォルダを追加する
5.6.3 フォルダまたはブックマークの名前を変更する
5.6.4 フォルダ,ブックマーク,またはレポートを削除する
5.6.5 ブックマークのプロパティを確認する
5.6.6 ブックマークの登録レポートのタイリング表示
5.7 レポートの表示
5.7.1 レポートを表示する
5.7.2 レポートのプロパティ(定義内容)を確認する
5.7.3 レポートの表示条件を設定する
5.7.4 ドリルダウンレポートを表示する
5.7.5 オートラベルでデータの値を確認する
5.7.6 グラフの系列色を変更する
5.8 複合レポートの表示
5.8.1 複合レポートを表示するための準備
5.8.2 複合レポートの表示手順
5.8.3 複合レポートのプロパティ(定義内容)を確認する
5.8.4 複合レポートの応用的な使い方
5.9 レポートの出力
5.9.1 WebブラウザでレポートをCSVまたはHTML出力する
5.9.2 コマンドでレポートをCSVまたはHTML出力する
5.9.3 CSVの形式
5.9.4 HTMLの形式
5.10 レポートに関する注意事項
5.10.1 レポート作成時の注意事項
5.10.2 レポート表示時の注意事項
5.10.3 複合レポートでの注意事項

6. アラームによる稼働監視
6.1 アラームの概要
6.2 アラームの設定・運用の流れ
6.3 アラームを設定する前にすること
6.3.1 Eメールの送信元の設定
6.3.2 コマンドを実行するホストの設定
6.3.3 JP1イベントを発行するための設定
6.3.4 SNMPトラップを送信するための設定
6.3.5 アラーム正常回復時の測定値出力機能の設定
6.4 Webブラウザでのアラームの設定
6.4.1 アラームテーブルを作成する
6.4.2 アラームを作成する(基本情報を設定する)
6.4.3 存在を監視する値を設定する
6.4.4 アラーム条件式を設定する
6.4.5 アクションを設定する
6.4.6 アラームにレポートを関連づける
6.4.7 アラームテーブルまたはアラームをコピーする
6.4.8 アラームを編集する
6.4.9 アラームテーブルまたはアラームを削除する
6.4.10 アラームテーブルをエクスポートする
6.4.11 アラームテーブルをインポートする
6.5 クイックガイドでのアラームの設定
6.5.1 クイックガイドでのアラームの作成手順
6.5.2 クイックガイドで作成したアラームのデフォルト値
6.6 Webブラウザでのアラームの運用
6.6.1 監視エージェントとアラームテーブルの関連づけを変更する
6.6.2 アラームテーブルに関連づけた監視エージェントを表示する
6.6.3 アラームによる監視を停止する
6.6.4 アラームによる監視を開始する
6.6.5 アラームのプロパティ(定義内容)を表示する
6.7 コマンドでのアラームの設定
6.7.1 アラーム定義ファイルを作成する
6.7.2 アラーム定義ファイルを検証する
6.7.3 アラーム定義を変更する
6.7.4 アラームテーブルをコピーする
6.7.5 アラームテーブルを削除する
6.7.6 アラームを削除する
6.8 コマンドでのアラームの運用
6.8.1 監視エージェントにアラームテーブルを関連づける
6.8.2 監視エージェントに関連づけたアラームテーブルを解除する
6.8.3 監視エージェントとアラームテーブルの関連を確認する
6.8.4 アラームによる監視を開始する
6.8.5 アラームによる監視を停止する
6.8.6 アラームテーブルのプロパティを確認する
6.9 アラームに関する注意事項
6.9.1 アラーム作成時の注意事項
6.9.2 アラーム発生頻度とアラームイベント発行の関係について
6.9.3 アラームの評価に関する注意事項

7. イベントの表示
7.1 最新イベントの表示
7.1.1 最新のイベント情報を表示する
7.1.2 アラームに関連づけられているレポートを表示する
7.1.3 アラームのプロパティを表示する
7.1.4 [イベントモニター]画面の表示条件を設定する
7.2 イベント履歴の表示
7.2.1 イベントの履歴を表示する
7.3 イベント履歴の出力
7.3.1 CSV形式で出力する
7.3.2 HTML形式で出力する

8. バックアップとリストア
8.1 バックアップとリストアの概要
8.1.1 データのバックアップ方式
8.1.2 バックアップが必要な情報
8.2 部分バックアップの概要
8.3 定義情報のバックアップとリストア
8.3.1 レポートの定義情報のバックアップとリストア
8.3.2 アラームの定義情報のバックアップとリストア
8.3.3 業務グループの定義情報のバックアップとリストア
8.3.4 サービスの定義情報のバックアップとリストア
8.3.5 ブックマーク定義情報のバックアップとリストア
8.4 稼働監視データのバックアップとリストア
8.4.1 イベントデータのバックアップとリストア
8.4.2 パフォーマンスデータのバックアップとリストア
8.4.3 パフォーマンスデータの部分バックアップ(Storeバージョン2.0の場合)

第2編 システム連携編

9. クラスタシステムでの構築と運用
9.1 クラスタシステムの概要と設計
9.1.1 クラスタシステムの概要
9.1.2 クラスタ構成の設計
9.1.3 ネットワーク構成の設計
9.1.4 データ構成の設計
9.1.5 クラスタシステムでの運用設計
9.1.6 フェールオーバー方式の設計
9.2 クラスタシステムでの構築(Windowsの場合)
9.2.1 インストールとセットアップの前に
9.2.2 PFM - Managerのインストールとセットアップ
9.2.3 PFM - Web Consoleのインストールとセットアップ
9.2.4 PFM - AgentまたはPFM - RMのバージョンアップインストール
9.2.5 PFM - Managerのアンセットアップとアンインストール
9.2.6 PFM - Web Consoleのアンセットアップとアンインストール
9.3 クラスタシステムでの構成変更(Windowsの場合)
9.3.1 PFM - AgentまたはPFM - RMの追加
9.3.2 PFM - AgentまたはPFM - RMの削除
9.3.3 運用開始後のマシンの論理ホスト名の変更
9.3.4 運用開始後の論理ホスト環境の変更
9.4 クラスタシステムでの構築(UNIXの場合)
9.4.1 インストールとセットアップの前に
9.4.2 PFM - Managerのインストールとセットアップ
9.4.3 PFM - Web Consoleのインストールとセットアップ
9.4.4 PFM - AgentまたはPFM - RMのバージョンアップインストール
9.4.5 PFM - Managerのアンセットアップとアンインストール
9.4.6 PFM - Web Consoleのアンセットアップとアンインストール
9.5 クラスタシステムでの構成変更(UNIXの場合)
9.5.1 PFM - AgentまたはPFM - RMの追加
9.5.2 PFM - AgentまたはPFM - RMの削除
9.5.3 運用開始後のマシンの論理ホスト名の変更
9.5.4 運用開始後の論理ホスト環境の変更
9.6 クラスタシステムでの運用
9.6.1 クラスタシステムでのPerformance Managementの起動と停止
9.6.2 クラスタシステムでのユーザーアカウントの管理
9.6.3 クラスタシステムでの監視エージェントの一元管理
9.6.4 クラスタシステムでの稼働管理データの収集と管理
9.6.5 クラスタシステムでのレポートの作成
9.6.6 クラスタシステムでのアラームによるリアルタイム監視
9.6.7 クラスタシステムでのバックアップとリストア
9.6.8 クラスタシステムでフェールオーバーが発生したときの運用
9.7 クラスタシステムでの障害回復
9.8 クラスタシステムでの注意事項

10. 統合管理製品(JP1/IM)と連携した稼働監視
10.1 統合管理製品(JP1/IM)と連携した稼働監視の概要
10.1.1 統合コンソールによる監視
10.1.2 統合スコープによる監視
10.1.3 Performance ManagementとJP1/IMの連携
10.2 JP1/IMと連携するための検討
10.2.1 JP1イベントの種類
10.2.2 JP1イベントを発行するための前提条件
10.3 JP1/IMと連携するための構築
10.3.1 インストール
10.3.2 セットアップ
10.3.3 アンセットアップ
10.4 JP1/IMと連携するための運用
10.4.1 JP1/IMの統合コンソールによるアラームイベントの監視手順
10.4.2 JP1/IMの統合スコープによる監視手順
10.4.3 JP1/IMの統合コンソールからのレポート表示
10.4.4 JP1/IMの統合管理メニューからのPFM - Web Consoleの起動手順
10.5 JP1イベントの属性一覧

11. ネットワーク管理製品(NNM)と連携した稼働監視
11.1 ネットワーク管理製品(NNM)と連携した稼働監視の概要
11.2 NNMと連携するための構築
11.2.1 NNMと連携するための前提OS
11.2.2 インストール
11.2.3 セットアップ
11.2.4 アンセットアップ
11.2.5 構成変更
11.3 NNMと連携するための運用
11.3.1 NNM連携機能のサービスの起動と停止
11.3.2 NNMからのアラームイベント監視
11.4 MIBオブジェクトの構成

12. ODBC準拠のアプリケーションプログラムと連携した稼働分析
12.1 ODBC準拠の稼働分析アプリケーションプログラムとの連携の概要
12.2 インストールとセットアップ
12.2.1 ODBC準拠のアプリケーションプログラムと連携するための前提OS
12.2.2 インストール
12.2.3 セットアップ
12.3 Microsoft Excelでのパフォーマンスデータ抽出例
12.4 注意事項
12.4.1 サポートされているSQL機能
12.4.2 サポートされている式表現
12.4.3 カラム名およびテーブル名の指定規則
12.4.4 共通キーフィールドの指定
12.4.5 時刻の調整
12.4.6 複数エージェント間でのクエリーの実行
12.4.7 Microsoft ExcelからODBCを利用する場合の注意事項

第3編 トラブルシューティング編

13. Performance Managementの障害検知
13.1 Performance Managementの障害検知の概要
13.2 ヘルスチェック機能による監視エージェントや監視エージェントが稼働するホストの稼働状態の確認
13.2.1 ヘルスチェック機能の設定
13.2.2 稼働状態の確認方法
13.2.3 ヘルスチェック機能を利用した運用例
13.2.4 ヘルスチェック機能に関する注意事項
13.3 ステータス管理機能によるサービスの状態確認
13.3.1 ステータス管理機能の設定
13.3.2 サービスのステータス確認方法
13.3.3 クラスタシステム運用時のステータス管理
13.3.4 ステータス管理機能の障害
13.4 PFMサービス自動再起動機能によるPFMサービスの再起動
13.4.1 前提条件
13.4.2 PFMサービス自動再起動機能でのサービスの起動単位
13.4.3 PFMサービス自動再起動機能の設定
13.4.4 PFMサービス自動再起動機能の運用
13.5 システム統合監視製品と連携した障害検知
13.5.1 ログの出力方式の設定
13.5.2 JP1/Baseのログファイルトラップ機能の定義ファイル作成例
13.5.3 JP1/Baseのログファイルトラップ機能の起動

14. トラブルへの対処方法
14.1 対処の手順
14.2 トラブルシューティング
14.2.1 セットアップやサービスの起動について
14.2.2 エージェントとの接続について
14.2.3 PFM - Web Consoleへのログインについて
14.2.4 コマンドの実行について
14.2.5 エージェントの管理について
14.2.6 レポートの定義について
14.2.7 アラームの定義について
14.2.8 パフォーマンスデータの収集と管理について
14.2.9 他プログラムとの連携について
14.2.10 その他のトラブルについて
14.3 ログ情報
14.3.1 ログ情報の種類
14.3.2 ログ情報のファイル
14.4 トラブル発生時に採取が必要な資料
14.4.1 Windowsの場合
14.4.2 UNIXの場合
14.5 資料の採取方法
14.5.1 Windowsの場合
14.5.2 UNIXの場合
14.5.3 PFM - Web Consoleの場合
14.6 Performance Managementシステムの障害回復
14.6.1 構成変更に伴う障害の回復手順
14.6.2 ディスク故障などの重大な障害の回復手順

付録
付録A コマンドの格納先
付録A.1 コマンドの種類と格納先
付録A.2 コマンドごとの格納先一覧
付録B 各バージョンの変更内容
付録B.1 09-10の変更内容
付録B.2 09-00の変更内容
付録B.3 08-50の変更内容(適用OSがWindows Server 2008)
付録B.4 08-50の変更内容(適用OSがWindows Server 2008以外)
付録B.5 08-11の変更内容
付録B.6 08-10の変更内容
付録B.7 08-00の変更内容
付録B.8 07-50の変更内容
付録B.9 07-00の変更内容
付録C (3020-3-R32-31)の変更内容
付録D 用語解説

索引

[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2009, 2012, Hitachi, Ltd.
(C)opyright 2000-2009, by Object Refinery Limited and Contributors.