JP1/Performance Management 運用ガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


付録D 用語解説

(英字)

Action Handler
PFM - ManagerまたはPFM - Baseのサービスの一つです。アクションを実行するサービスのことです。

Agent Collector
PFM - Agentのサービスの一つです。パフォーマンスデータを収集したり,アラームに設定されたしきい値で,パフォーマンスデータを評価したりするサービスのことです。

Agent Store
PFM - Agentのサービスの一つです。パフォーマンスデータを格納するサービスのことです。Agent Storeサービスは,パフォーマンスデータの記録のためにデータベースを使用します。各PFM - Agentに対応して,各Agent Storeサービスがあります。

Correlator
PFM - Managerのサービスの一つです。サービス間のイベント配信を制御するサービスのことです。アラームの状態を評価して,しきい値を超過するとアラームをTrap GeneratorサービスおよびPFM - Web Consoleに送信します。

HAクラスタシステム
高可用性を実現させるためのクラスタシステムです。障害が発生しても運用を継続できるようにすることを目的としています。業務実行中のサーバで障害が発生すると,待機していた別のサーバが業務の処理を引き継ぎます。これによって,障害発生時の業務の中断を防ぎ,可用性を向上させることができます。
このマニュアルでは,単に「クラスタシステム」と記述している場合は,HAクラスタシステムのことを指します。

Master Manager
PFM - Managerのサービスの一つです。PFM - Managerのメインサービスのことです。

Master Store
PFM - Managerのサービスの一つです。各PFM - Agentから発行されたアラームイベントを管理するサービスのことです。Master Storeサービスはイベントデータの保持のためにデータベースを使用します。

Name Server
PFM - Managerのサービスの一つです。システム内のサービス構成情報を管理するサービスのことです。

ODBCキーフィールド
PFM - ManagerまたはPFM - Baseで,SQLを使用してStoreデータベースに格納されているレコードのデータを利用する場合に必要なODBCキーフィールドを示します。ODBCキーフィールドには,各レコード共通のものと各レコード固有のものとがあります。

PDレコードタイプ
→「Product Detailレコードタイプ」を参照してください。

Performance Management
システムのパフォーマンスに関する問題を監視および分析するために必要なソフトウェア群の総称です。Performance Managementは,次の五つのプログラムプロダクトで構成されます。
  • PFM - Manager
  • PFM - Web Console
  • PFM - Base
  • PFM - Agent
  • PFM - RM

Performance Management ODBCドライバー
Performance ManagementのOpen Data Accessコンポーネントに用意されたODBCドライバーです。このドライバーを組み込むことで,MicrosoftのODBCに対応したアプリケーションプログラムからAgent StoreおよびRemote Monitor Storeサービスのデータにアクセスできます。

PFM - Agent
Performance Managementを構成するプログラムプロダクトの一つです。PFM - Agentは,エージェント監視機能に相当し,監視対象となるアプリケーション,データベース,OSによって,各種のPFM - Agentがあります。PFM - Agentには,次の機能があります。
  • 監視対象のパフォーマンスの監視
  • 監視対象のデータの収集および記録

PFM - Base
Performance Managementを構成するプログラムプロダクトの一つです。Performance Managementで稼働監視を行うための基盤機能を提供します。PFM - AgentおよびPFM - RMを動作させるための前提製品です。
  • 各種コマンドなどの管理ツール
  • Performance Managementと他システムとの連携に必要となる共通機能

PFM - Manager
Performance Managementを構成するプログラムプロダクトの一つです。PFM - Managerは,マネージャー機能に相当し,次の機能があります。
  • Performance Managementのプログラムプロダクトの管理
  • イベントの管理

PFM - Manager名
Storeデータベースに格納されているフィールドを識別するための名称です。コマンドでフィールドを指定する場合などに使用します。

PFM - RM
Performance Managementを構成するプログラムプロダクトの一つです。PFM - RMは,リモート監視機能に相当し,監視対象となるアプリケーション,データベース,OSによって,各種のPFM - RMがあります。PFM - RMには,次の機能があります。
  • 監視対象のパフォーマンスの監視
  • 監視対象のデータの収集および記録

PFM - View名
PFM - Manager名の別名です。PFM - Manager名に比べ,より直感的な名称になっています。例えば,PFM - Manager名の「INPUT_RECORD_TYPE」は,PFM - View名で「Record Type」です。PFM - Web ConsoleのGUI上でフィールドを指定する場合などに使用します。

PFM - Web Console
Performance Managementを構成するプログラムプロダクトの一つです。WebブラウザでPerformance Managementシステムを一元的に監視するためWebアプリケーションサーバの機能を提供します。PFM - Web Consoleには,次の機能があります。
  • GUIの表示
  • 統合監視および管理機能
  • レポートの定義およびアラームの定義

PIレコードタイプ
→「Product Intervalレコードタイプ」

Product Detailレコードタイプ
現在起動しているプロセスの詳細情報など,ある時点でのシステムの状態を示すパフォーマンスデータが格納されるレコードタイプのことです。PDレコードタイプは,次のような,ある時点でのシステムの状態を知りたい場合に使用します。
  • システムの稼働状況
  • 現在使用しているファイルシステム容量

Product Intervalレコードタイプ
1分ごとのプロセス数など,ある一定の時間(インターバル)ごとのパフォーマンスデータが格納されるレコードタイプのことです。PIレコードタイプは,次のような,時間の経過に伴うシステムの状態の変化や傾向を分析したい場合に使用します。
  • 一定時間内に発生したシステムコール数の推移
  • 使用しているファイルシステム容量の推移

Remote Monitor Collector
PFM - RMのサービスの一つです。パフォーマンスデータを収集したり,アラームに設定されたしきい値で,パフォーマンスデータを評価したりするサービスのことです。

Remote Monitor Store
PFM - RMのサービスの一つです。パフォーマンスデータを格納するサービスのことです。Remote Monitor Storeサービスは,パフォーマンスデータの記録のためにデータベースを使用します。各PFM - RMに対応して,各Remote Monitor Storeサービスがあります。

Storeデータベース
Agent CollectorおよびRemote Monitor Collectorサービスが収集したパフォーマンスデータが格納されるデータベースのことです。

Trap Generator
PFM - Managerのサービスの一つです。SNMPトラップを発行するサービスのことです。

UAC
ユーザーアカウント制御(User Account Control)のことです。Windows Server 2008では,管理ユーザーとしてログオンしても管理者特権が制限されています。管理者特権の必要なプログラムを実行しようとすると,特権昇格するためのUACポップアップが表示されます。

UACポップアップ
Windows Server 2008のUAC機能が有効な場合に,特権昇格を促すポップアップウィンドウのことです。特権昇格を行った場合,該当プログラムは管理者特権を持った状態で起動されます。

View Server
PFM - Managerのサービスの一つです。PFM - Web ConsoleとPFM - Manager 間を接続するサービスのことです。

WRP
Windowsリソース保護のことです。WRPで保護されたファイルは,削除や変更ができなくなっています。UACとは独立した機能で,たとえ管理者特権を持っていても削除や変更はできません。

(ア行)

アクション
監視するデータがしきい値に達した場合に,Performance Managementによって自動的に実行される動作のことです。次の動作があります。
  • Eメールの送信
  • コマンドの実行
  • SNMPトラップの発行
  • JP1イベントの発行

アラーム
監視するデータがしきい値に達した場合のアクションやイベントメッセージを定義した情報のことです。

アラームテーブル
次の情報を定義した一つ以上のアラームをまとめたテーブルです。
  • 監視するオブジェクト(Process,TCP,WebServiceなど)
  • 監視する情報(CPU使用率,1秒ごとの受信バイト数など)
  • 監視する条件(しきい値)

インスタンス
このマニュアルでは,インスタンスという用語を次のように使用しています。
  • レコードの記録形式を示す場合
    1行で記録されるレコードを「単数インスタンスレコード」,複数行で記録されるレコードを「複数インスタンスレコード」,レコード中の各行を「インスタンス」と呼びます。
  • PFM - AgentおよびPFM - RMの起動方式を示す場合
    同一ホスト上の監視対象を一つのエージェントで監視する方式のエージェントを「シングルインスタンスエージェント」,同一ホスト上の監視対象を複数のエージェントで監視する方式のエージェントを「マルチインスタンスエージェント」,マルチインスタンスエージェントの各エージェントサービスを「インスタンス」と呼びます。

インスタンス番号
内部処理で使用する,1バイトの管理番号を示す識別子のことです。サービスIDの一部です。

エージェント
パフォーマンスデータを収集するPFM - AgentおよびPFM - RMのサービスのことです。

エージェント監視
監視対象のサーバにエージェントをインストールして,サーバの稼働状況を監視する運用形態です。監視対象のサーバにエージェントをインストールする必要はありますが,充実した監視項目でサーバの稼働状況を監視できます。

オートラベル
グラフ上のプロットにマウスポインタを重ねると,対応するデータの値をツールチップに表示できる機能のことです。

オープンインターフェース
ODBCやSNMPに準拠した製品またはJP1/IMと連携できる機能のことです。

(カ行)

監視テンプレート
PFM - AgentおよびPFM - RMに用意されている,定義済みのアラームとレポートのことです。監視テンプレートを使用することで,複雑な定義をしなくてもPFM - AgentおよびPFM - RMの運用状況を監視する準備が容易にできるようになります。

管理者コンソール
Windows Server 2008のUAC機能が有効な場合に,管理者特権が必要なコマンドを実行するためにPerformance Managementが提供するコマンドプロンプトのことです。

管理ツール
サービスの状態の確認やパフォーマンスデータを操作するために使用する各種のコマンドまたはGUI上の機能のことです。次のことができます。
  • サービスの構成および状態の表示
  • パフォーマンスデータの退避および回復
  • パフォーマンスデータのテキストファイルへのエクスポート
  • パフォーマンスデータの消去

機能ID
Performance Managementプログラムのサービスの機能種別を示す,1バイトの識別子のことです。サービスIDの一部です。

業務グループ
Performance Managementの監視対象ホストを組織ごとに分け,ユーザーが参照できる監視エージェントを限定するためのグループです。業務グループを割り当てられたユーザーは,その業務グループの範囲内で監視エージェントを参照できます。また,Performance Managementで使用できる業務グループには,Performance Managementで定義する業務グループと,統合管理製品(JP1/IM)で定義する業務グループがあります。

業務グループユーザー
操作対象として,業務グループが割り当てられたユーザーのことです。業務グループユーザーは,割り当てられた業務グループの範囲内で監視エージェントを参照できます。

クラスタシステム
クラスタシステムとは,複数のサーバシステムを連携して一つのシステムとして運用するシステムです。大きく分けてHA(High Availability)クラスタシステムと負荷分散クラスタシステムの2種類があります。
このマニュアルでは,単に「クラスタシステム」と記述している場合は,HAクラスタシステムのことを指します。
→「HAクラスタシステム」
→「負荷分散クラスタシステム」

系列グループ
複合ブックマークに登録されたオブジェクトを表示形式によって分類したものです。複合ブックマークの編集によって設定できます。

(サ行)

サービスID
Performance Managementプログラムのサービスに付加された,一意のIDのことです。コマンドを使用してPerformance Managementのシステム構成を確認する場合,または個々のエージェントのパフォーマンスデータをバックアップする場合などは,Performance ManagementプログラムのサービスIDを指定してコマンドを実行します。
サービスIDの形式は,プロダクト名表示機能の設定によって異なります。サービスIDの形式については,マニュアル「JP1/Performance Management 設計・構築ガイド」の,Performance Managementの機能について説明している章を参照してください。

システムユーザー
Performance Managementシステム全体を操作できるユーザーのことです。

実行系ノード
クラスタシステムを構成するそれぞれのサーバシステムの,業務を実行中のノード(論理ホストがアクティブなノード)のことです。

シングルインスタンスエージェント
同一ホスト上の監視対象を一つのエージェントで監視する方式のエージェントのことです。
→「インスタンス」を参照してください。

スタンドアロンモード
PFM - AgentまたはPFM - RM単独で起動している状態のことです。PFM - ManagerのMaster ManagerサービスおよびName Serverサービスが,障害などのため起動できない状態でも,PFM - AgentまたはPFM - RMだけを起動して,パフォーマンスデータを収集できます。

(タ行)

待機系ノード
クラスタシステムを構成するそれぞれのサーバシステムの,実行系ノードの障害時に業務を引き継げるよう待機しているノードのことです。

単数インスタンスレコード
1行で記録されるレコードです。このレコードは,固有のODBCキーフィールドを持ちません。
→「インスタンス」を参照してください。

データグループ
同一時刻のレコードを一つのデータとした集合のことです。一つのデータグループには1レコード以上が存在します。

データベースID
PFM - AgentおよびPFM - RMの各レコードに付けられた,レコードが格納されるデータベースを示すIDです。データベースIDは,そのデータベースに格納されるレコードの種類を示しています。データベースIDを次に示します。
  • PI
    PIレコードタイプのレコードのデータベースであることを示します。
  • PD
    PDレコードタイプのレコードのデータベースであることを示します。

データモデル
各PFM - AgentおよびPFM - RMが持つレコードおよびフィールドの総称のことです。データモデルは,バージョンで管理されています。

デバイスID
Performance Managementプログラムのサービスが起動されている,Performance Managementシステム上のホストを示す1〜255バイトの識別子のことです。サービスIDの一部です。

登録レポート
ブックマーク機能を利用して,表示条件やエージェントとあわせて登録されたレポートです。一度登録しておけば,簡単な操作で目的のレポートを表示できます。

ドリルダウンレポート
レポートまたはレポートのフィールドに関連づけられたレポートです。あるレポートの詳細情報や関連情報を表示したい場合に使用します。

(ハ行)

バインド
アラームをエージェントと関連づけることです。バインドすると,エージェントによって収集されているパフォーマンスデータが,アラームで定義したしきい値に達した場合,ユーザーに通知できるようになります。

パフォーマンスデータ
監視対象システムから収集したリソースの稼働状況データのことです。

非対話形式(コマンド)
コマンドの実行中に必要な入力作業について,オプションの指定や定義ファイルの読み込みで代替するコマンドの実行形式です。
非対話形式でコマンドを実行することで,稼働監視システムの構築を省力化でき,ユーザーの負担を軽減できます。

フィールド
レコードを構成するパフォーマンスデータの集まりのことです。

フェールオーバー
クラスタシステムで障害が発生したときに,業務を実行するサーバの処理を実行系ノードから待機系ノードに引き継ぐことです。

負荷分散クラスタシステム
複数のノードで処理の負荷を分散して実行するシステムです。複数のノードで処理を分散して実行することによって処理能力を向上させることを目的としています。また,障害が発生してノードが停止してもほかのノードに処理を切り替えることによってシステムの可用性も向上できます。

複合ブックマーク
複数の登録レポート,複数のベースラインを保持,管理するオブジェクトのことです。複合レポートを表示できます。

複合レポート画面
複合ブックマーク内の登録レポートおよびベースラインを同一表示するレポート画面です。

複数インスタンスレコード
複数行で記録されるレコードです。このレコードは,固有のODBCキーフィールドを持っています。
→「インスタンス」を参照してください。

物理ホスト
クラスタシステムを構成する各サーバに固有な環境のことです。物理ホストの環境は,フェールオーバー時にもほかのサーバに引き継がれません。

プライマリーホスト名
グループエージェントの稼働ホスト名のことです。グループエージェントは複数の監視対象を一括監視するため,複数の監視対象のうち,そのグループエージェントを代表する監視対象のホスト名が使用されます。
デフォルトで設定される「All」グループエージェントでは,PFM - RMの稼働ホスト名が使用されます。

プロダクトID
該当するPerformance Managementプログラムのサービスが,Performance Managementのどのプログラムプロダクトのものかを示す1バイトの識別子のことです。サービスIDの一部です。

プロット
グラフの構成要素の一つで,グラフ領域のフィールド上でデータを示す点のことです。例えば,折れ線グラフは,これらの点を順に直線で結ぶことで生成されます。また,Performance Managementでは,プロットをダブルクリックすることでドリルダウンできたり,プロットにマウスポインタを重ねることで対応するデータの値をツールチップに表示できたりします。

ベースライン
過去のある期間のレポートを基準値として保存したオブジェクトのことです。複合レポートに基準値として同一表示できます。

ヘルスチェック
次のサービスやホストの稼働状態を監視する機能です。
  • PFM - AgentまたはPFM - RMのサービス
  • PFM - AgentまたはPFM - RMが稼働するホスト
  • PFM - RMの監視対象ホスト
この機能はPFM - Managerが提供します。

ヘルスチェックエージェント
次のサービスやホストの稼働状態を監視するためのエージェントです。
  • PFM - AgentまたはPFM - RMのサービス
  • PFM - AgentまたはPFM - RMが稼働するホスト
  • PFM - RMの監視対象ホスト

(マ行)

マルチインスタンスエージェント
同一ホスト上の監視対象を複数のエージェントで監視する方式のエージェントのことです。
→「インスタンス」を参照してください。

(ラ行)

ライフタイム
各レコードに収集されるパフォーマンスデータの一貫性が保証される期間のことです。

リアルタイムレポート
監視対象の現在の状況を示すレポートです。

リモート監視
監視対象のサーバにエージェントをインストールしないで,別のホストからリモートでサーバの稼働状況を監視する運用形態です。監視対象のサーバにエージェントをインストールする作業が不要なので,稼働中のシステムに対して稼働監視を始める場合に便利です。エージェント監視と比較すると監視項目は少ないものの,一つのPFM - RMで,複数の監視対象のパフォーマンスデータを収集・管理できます。

履歴レポート
監視対象の過去から現在までの稼働状況を示すレポートです。

レコード
収集したパフォーマンスデータを格納する形式のことです。レコードの種類は,Storeデータベースの各データベースによって異なります。

レポート
PFM - AgentおよびPFM - RMが収集したパフォーマンスデータをグラフィカルに表示する際の情報を定義したものです。主に,次の情報を定義します。
  • レポートに表示させるレコード
  • パフォーマンスデータの表示項目
  • パフォーマンスデータの表示形式(表,グラフなど)

レポートキャッシュファイル
レポートのデータが一時的に格納されるディスク上のファイルのことです。
レポートキャッシュファイルは,レポートキャッシュファイル化機能を有効にした場合に生成され,PFM - Web Consoleでレポートを表示するときやjpcrptコマンドでレポートを出力するときに使用されます。これによって,PFM - Web Consoleがメモリーに保持するデータが減少し,メモリー不足が発生しにくくなります。

論理ホスト
クラスタシステムでの運用時にJP1の実行環境となる論理上のサーバのことです。障害の発生時には,論理ホスト単位で系が切り替わります。論理ホストは専用のIPアドレスを持ち,フェールオーバー時にはそのIPアドレスを引き継いで動作します。そのため,障害で物理的なサーバが切り替わった場合も,クライアントからは同じIPアドレスでアクセスでき,一つのサーバが常に動作しているように見えます。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2009, 2012, Hitachi, Ltd.
(C)opyright 2000-2009, by Object Refinery Limited and Contributors.