JP1/Performance Management 運用ガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


索引

[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]
[ア行][カ行][サ行][タ行][ナ行][ハ行][マ行][ヤ行][ラ行][ワ行]


(英字)
(A)
Action Handler(用語解説)
Action Handlerラベル
Action Handlerラベル
Agent Collector(用語解説)
Agent CollectorまたはRemote Monitor Collectorサービス起動情報ファイル
Agent Store(用語解説)
Alarm Definition File Codeラベル
Alarm Definition File Versionラベル
Alarm Nameラベル
Alarm Table Nameラベル
(B)
Business Group Definition File Codeラベル
Business Group Definition File Versionラベル
Business Group Nameラベル
Busy as Inactive
(C)
Check Value Existラベル
Collection Interval
Collection Offset
Commandラベル
Conditionラベル
config.xml
Correlator(用語解説)
CSV出力
CSV出力
CSVの形式
(D)
Description
Detail Records
(E)
E-mail Addressラベル
E-mailラベル
Event IDラベル
<ex-product-detail>タグ
<ex-product-interval>タグ
<ex-product-log>タグ
Excel
Eメールの送信元の設定
(G)
GMT_ADJUST
(H)
HAクラスタシステム
HAクラスタシステム(用語解説)
Host Name
Host Nameラベル
Host Not Available
Host Not Available
Host Not Available
Host Not Available
HTML出力
HTML出力
HTMLの形式
(I)
Incl. Action Handler
Incomplete
Incomplete
Incomplete
inittab
inittab
Interval Records
(J)
JP1/Base
JP1/IM
JP1/IM
JP1/IMと連携したPerformance Managementによる稼働監視の例
JP1 Eventラベル
JP1 Resource Group Nameラベル
JP1イベント
JP1イベントの属性
JP1イベントを発行するための設定
JP1権限レベル
JP1資源グループ
JP1システムイベント
JP1認証モード
JP1認証モード
JP1認証モード
JP1ユーザー
JP1ユーザーイベント
jpc_start
jpc_start.model
jpc_stop
jpc_stop.model
jpcagt.ini
jpcagt.ini.model
jpcaspsv output
jpcaspsv output
jpcaspsv update
jpcaspsv update
jpcasrec output
jpcasrec update
jpccomm.ini
jpcconf agttree export
jpcconf agttree export
jpcconf db display
jpcnnm.iniの設定例
jpcrdef create
jpcrdef delete
jpcrdef output
jpcspm start
jpcspm stop
jpctool alarm active
jpctool alarm bind
jpctool alarm check
jpctool alarm copy
jpctool alarm delete
jpctool alarm delete
jpctool alarm export
jpctool alarm export
jpctool alarm export
jpctool alarm import
jpctool alarm inactive
jpctool alarm list
jpctool alarm unbind
jpctool db clear
jpctool db clear
jpctool db dmconvert
jpctool db dump
jpctool db dump
jpctool db import
jpctool service list
jpcvsvr.ini
jpcwstart
jpcwstop
(K)
KAVE00105-E
KAVE00182-E
(L)
LANG環境変数(トラブルシューティング)
Log
Log Records
LOGIF
<logif>タグ
(M)
Master Manager(用語解説)
Master Store(用語解説)
Message Textサブサブセクション
Message Textラベル
Messageラベル
MIBオブジェクト
MIBオブジェクトの内容
Monitoring Level
(N)
Name Server(用語解説)
NNM
NNMからのアラームイベント監視
NNMと連携したPerformance Managementによる稼働監視の例
Not supported
Not supported
Not supported
Not supported
(O)
ODBC
ODBCキーフィールド
ODBCキーフィールド(用語解説)
ODBC準拠の稼働分析アプリケーション
(P)
PDレコードタイプ(用語解説)
Performance Management(用語解説)
Performance Management ODBCドライバー(用語解説)
Performance Management自身の障害検知
Performance Managementの起動と停止(クラスタシステムの場合)
Performance Managementユーザー
Period (Day)
Period - Day Drawer (Week)
Period - Hour Drawer (Day)
Period - Minute Drawer (Day)
Period - Month Drawer (Month)
Period - Week Drawer (Week)
Period - Year Drawer (Year)
PFM - Agent(用語解説)
PFM - Agentのエージェント
PFM - Base(用語解説)
PFM - Manager(用語解説)
PFM - ManagerまたはPFM - BaseとPFM - Web Consoleとの起動と停止の連携
PFM - Manager名(用語解説)
PFM - RM(用語解説)
PFM - RMのグループエージェント
PFM - RMのポーリングの設定
PFM - RMのリモートエージェント
PFM - View名(用語解説)
PFM - Web Console(用語解説)
PFM - Web Consoleログイン用URL
PFM ODBCドライバー
PFM ODBCドライバー
PFM ODBCドライバー
PFMサービス自動再起動機能
PFMサービス自動再起動機能
PFM認証モード
PFM認証モード
PID
PIレコードタイプ(用語解説)
Polling Interval
Port
<product-detail>タグ
<product-interval>タグ
<product-log>タグ
Product Alarm - PA
Product Detailレコードタイプ(用語解説)
Product Interval - Day Drawer
Product Interval - Hour Drawer
Product Interval - Minute Drawer
Product Interval - Month Drawer
Product Interval - Week Drawer
Product Interval - Year Drawer
Product Intervalレコードタイプ(用語解説)
Productラベル
(R)
rc.jp1_pc
rc.jp1_webcon
rc.shutdown
rc.shutdown
<record>タグ
Remote Monitor Collector(用語解説)
Remote Monitor Collectorサービス
Remote Monitor Store(用語解説)
RetentionEx
Running
Running
Running
Running
(S)
ServiceID
Service Name
SNMPトラップ
SNMPトラップを送信するための設定
Status
Status Serverサービスの起動
Stopped
Stopped
Storeデータベース(用語解説)
Storeデータベースサイズの確認
Storeデータベースのサイズの制限
Storeデータベースの再編成
Storeデータベースの保存方式
Switch Alarm Levelラベル
Sync Collection With
syslogファイル(トラブルシューティング)
(T)
Time to Busy as Inactive AH
Time to Busy as Inactive Collector
Time to Busy as Inactive Store
Trap Generator(用語解説)
(U)
UAC(用語解説)
UACポップアップ(用語解説)
ulimit
Unconfirmed
Unconfirmed
Unconfirmed
Unconfirmed
Unconfirmed
(V)
View Server(用語解説)
(W)
Webブラウザでサービスの稼働状況を確認する
WRP(用語解説)
(X)
XML宣言
XML宣言
XML宣言

(ア行)
(あ)
アクション
アクション(用語解説)
アクションの実行に関する注意事項
アクションを設定する
アラーム
アラーム(用語解説)
アラームアイコンが示すステータス
アラームイベント
アラームイベント
アラームイベント
アラーム条件式
アラーム条件の組み合わせによるアラーム評価の違い
アラーム数の制限
アラーム正常回復時の測定値出力機能
アラーム通知のタイミング
アラームテーブル
アラームテーブル(用語解説)
アラームテーブルの一覧を表示する
アラームテーブルのプロパティを確認する
アラームテーブル複数バインド機能
アラームテーブル複数バインド機能
アラームテーブルまたはアラームを削除する
アラームテーブル名
アラームテーブルをインポートする
アラームテーブルをエクスポートする
アラームテーブルを関連づける
アラームテーブルをコピーする
アラームテーブルをコピーする
アラームテーブルを削除する
アラームテーブルを削除する
アラームテーブルを作成する
アラームで評価するレコードの保存
アラームに関する注意事項
アラームによる監視を開始する
アラームによる監視を停止する(Webブラウザ)
アラームによる監視を停止する(コマンド)
アラームによるリアルタイム監視(クラスタシステムの場合)
アラームにレポートを関連づける
アラームの運用(Webブラウザ)
アラームの運用(コマンド)
アラームの状態を確認する
アラームの設定・運用の流れ
アラームの設定(Webブラウザ)
アラームの設定(クイックガイド)
アラームの設定(コマンド)
アラームの定義情報のバックアップとリストア
アラームの定義に関するトラブル
アラームの評価時刻
アラームの評価数の制限
アラームのプロパティ
アラームのプロパティ(定義内容)を表示する
アラーム発生頻度
アラーム発生頻度
アラーム評価時の文字コード種別
アラーム評価の間隔
アラーム名
アラーム名
アラームメッセージテキスト
アラームメッセージテキスト
アラームをコピーする
アラームを削除する
アラームを削除する
アラームを作成する
アラームを設定する前にすること
アラームを編集する
アラームを無効にするには
アラームを有効にするには
アラームを利用した監視を行うには
アンセットアップ(JP1/IMと連携している場合)
アンセットアップ(NNMと連携している場合)
アンバインド
(い)
異常状態
一覧
一覧の表示例
一般ユーザー権限
一般ユーザー権限で参照できるエージェントを制限する
イベント拡張属性定義ファイル
イベント拡張属性定義ファイル
イベントデータをエクスポートする
イベントデータを消去する
イベントの表示
イベントの表示件数の設定
[イベントモニター]画面
[イベントモニター]画面
[イベントモニター]画面の表示項目
[イベント履歴]画面
[イベント履歴]画面
[イベント履歴]画面
イベント履歴の出力
イベント履歴の表示
イベント履歴を表示する
イベントログファイル(トラブルシューティング)
インスタンス(用語解説)
インスタンス番号(用語解説)
インストール(JP1/IMと連携する場合)
インストール(NNMと連携する場合)
インポート
インポート
インポートする(Storeバージョン2.0の場合)
(う)
運用(クラスタシステムの場合)
運用設計(クラスタシステムの場合)
運用できるエージェント
(え)
エージェント
エージェント(用語解説)
エージェントアイコンが示すステータス
エージェントイベント
エージェントイベント
エージェント階層
エージェント階層の構成要素
エージェント階層の作成・編集(Webブラウザ)
エージェント階層の作成・編集(コマンド)
エージェント監視(用語解説)
エージェントの稼働監視
エージェントの稼働状況の監視
エージェントの管理に関するトラブル
エージェントの種別
エージェントの状態を確認する
エージェントのプロパティ
エージェントのプロパティを一括配布する
エージェントのプロパティを表示する
エージェントのプロパティを編集する
エージェントを配置する
エクスポート
エクスポート
エクスポート
エクスポート
(お)
オートラベル(用語解説)
オートラベルでデータの値を確認する
オープンインターフェース(用語解説)

(カ行)
(か)
各プロパティの説明および設定値と変更できるノード
稼働監視データの管理
稼働管理データの収集と管理(クラスタシステムの場合)
稼働状況ログ(トラブルシューティング)
稼働状況ログ(トラブルシューティング)
稼働状態の確認方法
カラム名およびテーブル名の指定規則
環境ディレクトリ(クラスタシステムの場合)
監視エージェントの一元管理(クラスタシステムの場合)
監視オブジェクト
監視時刻範囲
監視時刻範囲と発生頻度を指定した場合のアラーム評価
監視テンプレート(用語解説)
管理者コンソール(用語解説)
管理ツール(用語解説)
管理ユーザー権限
関連レポートを設定するための事前設定
(き)
既存のレポートを使用する
起動および停止する際の注意事項
起動順序
起動と停止の連携
起動方法
機能ID(用語解説)
共通キーフィールドの指定
共通メッセージログ(トラブルシューティング)
共通メッセージログ(トラブルシューティング)
共通メッセージログの言語(トラブルシューティング)
業務グループ(用語解説)
業務グループ一般ユーザー
業務グループ定義ファイル
業務グループの定義情報のバックアップとリストア
業務グループの割り当て
業務グループユーザー
業務グループユーザー(用語解説)
業務グループユーザーが使用できる機能
共有ディスク(クラスタシステムの場合)
記録方法
(く)
[クイックガイド]画面
クイックガイドで作成したアラームのデフォルト値
クイックガイドで作成したレポートのデフォルト値
クイックガイドでのアラームの作成手順
クイックガイドでのレポートの作成手順
クエリーの実行
クラスタ構成の設計
クラスタシステム
クラスタシステム(用語解説)
クラスタシステムでのPerformance Managementの起動と停止
クラスタシステムでのアラームによるリアルタイム監視
クラスタシステムでの運用
クラスタシステムでの運用設計
クラスタシステムでの稼働管理データの収集と管理
クラスタシステムでの監視エージェントの一元管理
クラスタシステムでの構成変更(UNIXの場合)
クラスタシステムでの構成変更(Windowsの場合)
クラスタシステムでの構築(UNIXの場合)
クラスタシステムでの構築(Windowsの場合)
クラスタシステムでの障害回復
クラスタシステムでの注意事項
クラスタシステムでのバックアップとリストア
クラスタシステムでのユーザーアカウントの管理
クラスタシステムでのレポートの作成
クラスタシステムでフェールオーバーが発生したときの運用
クラスタシステムの概要
クラスタソフト
クラスタソフトに登録するPFM - Managerのサービス(PFM - Manager,PFM - RM for PlatformおよびPFM - RM for Oracleが共存する場合の例)
クラスタソフトに登録するPFM - Managerのサービス(PFM - Manager単体の場合)
クラスタソフトに登録するPFM - Managerの制御方法
クラスタソフトに登録するPFM - Web Consoleのサービス
クラスタソフトに登録するPFM - Web Consoleの制御方法
グラフ
グラフの表示例
グラフを並び替える(タイリング表示)
グループエージェント
(け)
警告状態
系列グループ
系列グループ(用語解説)
権限の選択
(こ)
更新間隔
更新間隔
構成変更(NNMと連携している場合)
構成変更(クラスタシステムでUNIXの場合)
構成変更(クラスタシステムでWindowsの場合)
構築(クラスタシステムでUNIXの場合)
構築(クラスタシステムでWindowsの場合)
コマンドでサービスの稼働状況を確認する
コマンドの格納先
コマンドの実行に関するトラブル

(サ行)
(さ)
サーバやエージェントの稼働状況が状態不明または非対応になる(トラブルシューティング)
サービスID(用語解説)
サービス稼働状態監視
サービス自動起動スクリプトファイル
サービス自動停止スクリプトファイル
サービスの稼働状況の確認
サービスの起動
サービスのステータス確認方法
サービスの定義情報のバックアップとリストア
サービスの停止
最新イベントの表示
サポートされているSQL機能
サポートされている式表現
サマリ表示
サマリ表示で稼働状況を確認する
サマリ表示の印刷
サマリ表示の集計対象となるエージェント
サマリ表示の集計単位
サマリ表示の集計範囲
(し)
シーケンシャルファイル(トラブルシューティング)
時刻の調整
システム統合監視製品と連携した障害検知
システムの障害回復(トラブルシューティング)
システムユーザー
システムユーザー(用語解説)
システムユーザーが使用できる機能
システムログ(トラブルシューティング)
実行系ノード(クラスタシステムの場合)
実行系ノード(用語解説)
実行できるアクション
自動更新間隔
自動再起動機能
障害回復(クラスタシステムの場合)
障害検知
障害検知例(PFM - Agentの場合)
障害検知例(PFM - RMの場合)
消去
消去
上限値
初期化
資料採取コマンドの実行手順(トラブルシューティング)
資料の採取方法(トラブルシューティング)
新規にレポートを作成する
シングルインスタンスエージェント(用語解説)
(す)
スタンドアロンモード(用語解説)
スタンドアロンモードの概要
ステータス管理機能
ステータス管理機能の設定
すべての業務グループ
(せ)
正常状態
セットアップ(JP1/IMと連携する場合)
セットアップ(NNMと連携する場合)
セットアップやサービスの起動に関するトラブル
前提OS
前提条件(JP1イベントの発行)
前提条件(ヘルスチェック機能)

(タ行)
(た)
待機系ノード(クラスタシステムの場合)
待機系ノード(用語解説)
タイリング表示
単一行のレコード
単数インスタンスレコード(用語解説)
ダンプ情報を採取する手順(トラブルシューティング)
(ち)
注意事項(クラスタシステムの場合)
(て)
定期再起動機能
停止順序
停止方法
ディスク故障などの重大な障害の回復手順(トラブルシューティング)
ディスク容量
ディスク容量
データグループ(用語解説)
データ構成の設計(クラスタシステムの場合)
データベースID(用語解説)
データモデル
データモデル(用語解説)
データモデルバージョン
データモデルをコンバートする(Storeバージョン2.0の場合)
デバイスID(用語解説)
(と)
統合管理製品(JP1/IM)と連携した稼働監視
統合コンソール
統合スコープ
動作定義ファイルの設定例
登録できるアラームの数
登録レポート(用語解説)
トラブルが起きた場合の対処の手順
トラブルシューティング
トラブルの内容
トラブル発生時に採取が必要な資料
ドリルダウンレポート
ドリルダウンレポート(用語解説)
ドリルダウンレポートを表示する
トレースログ(トラブルシューティング)
トレースログ(トラブルシューティング)

(ナ行)
(ね)
ネットワーク管理製品(NNM)と連携した稼働監視
ネットワーク構成の設計(クラスタシステムの場合)

(ハ行)
(は)
バージョン
バインド
バインド
バインド(用語解説)
バインドの解除
パスワード
パスワードの変更
バックアップ
バックアップが必要なPerformance Managementの稼働監視データ
バックアップが必要な情報
バックアップが必要な定義情報
バックアップとリストア(クラスタシステムの場合)
バックアップ方式
発生頻度の設定によるアラーム評価の違い
パフォーマンスデータ
パフォーマンスデータ(用語解説)
パフォーマンスデータの記録方法を変更する
パフォーマンスデータの収集と管理に関するトラブル
パフォーマンスデータの保存条件を変更する(Storeバージョン1.0の場合)
パフォーマンスデータの保存条件を変更する(Storeバージョン2.0の場合)
パフォーマンスデータをエクスポートする
パフォーマンスデータを消去する
(ひ)
引き継ぎ情報
非スタンドアロンモードの概要
非対話形式(コマンド)(用語解説)
表示期間
表示形式
表示条件
表示条件([イベントモニター]画面)
表の表示例
(ふ)
フィールド(用語解説)
フィールドの検索
フィールドの検索
フィールドの検索
フィールドレベル
フィルター条件
フェールオーバー(クラスタシステムの場合)
フェールオーバー(用語解説)
フェールオーバー方式の設計(クラスタシステムの場合)
フォルダ
フォルダ
フォルダアイコンが示すステータス
負荷分散クラスタシステム
負荷分散クラスタシステム(用語解説)
複合ブックマーク
複合ブックマーク(用語解説)
複合ブックマークへのベースライン登録
複合レポート
複合レポート画面(用語解説)
複合レポートでの注意事項
複合レポートの応用的な使い方
複合レポートの表示
複合レポートの表示可否
複合レポートの表示例
複合レポート表示形式の設定
複数インスタンスレコード(用語解説)
複数行のレコード
ブックマークからレポートを削除する
ブックマークに登録する
ブックマークの登録レポートのタイリング表示
ブックマークのフォルダ名を変更する
ブックマークのフォルダを削除する
ブックマークのフォルダを追加する
ブックマークのプロパティを確認する
ブックマーク名を変更する
ブックマークを削除する
物理ホスト(クラスタシステムの場合)
物理ホスト(用語解説)
部分バックアップ
部分バックアップ
プライマリーホスト名(用語解説)
プロダクトID(用語解説)
プロット(用語解説)
プロパティ
プロパティ一覧
プロパティの一括配布
(へ)
ベースライン
ベースライン
ベースライン(用語解説)
ヘルスチェック(用語解説)
ヘルスチェックイベント
ヘルスチェックイベント
ヘルスチェックエージェント
ヘルスチェックエージェント(用語解説)
ヘルスチェック機能
ヘルスチェック機能の設定
ヘルスチェック機能を利用した運用例
変更内容
(ほ)
ホスト稼働状態監視
保存期間
保存期間
保存期間
保存条件
保存条件

(マ行)
(ま)
マルチインスタンスエージェント(用語解説)
(も)
文字コード種別の変更
モデルファイル
モニター画面呼び出し定義ファイル

(ヤ行)
(ゆ)
ユーザーアカウント
ユーザーアカウントの管理(クラスタシステムの場合)
ユーザーアカウントの管理方式
ユーザーアカウントの権限と割り当てる業務グループを変更する
ユーザーアカウントの認証モード
ユーザーアカウントを削除する
ユーザー名
(よ)
用語解説

(ラ行)
(ら)
ライフタイム(用語解説)
ラップアラウンドファイル(トラブルシューティング)
(り)
リアルタイム(1つのエージェント)
リアルタイムレポート
リアルタイムレポート(用語解説)
リストア
リモートアクション
リモートエージェント
リモート監視(用語解説)
履歴(1つのエージェント)
履歴(複数のエージェント)
履歴レポート
履歴レポート(用語解説)
(る)
ルート
(れ)
レコード(用語解説)
レコード数
レコードタイプ
レポート
レポート(用語解説)
レポートキャッシュファイル
レポートキャッシュファイル(用語解説)
レポートキャッシュファイル化機能
レポート系列ページング機能
レポート系列ページング機能
レポート系列ページング機能(注意事項)
レポート系列ページング機能(注意事項)
レポート系列ページング機能(注意事項)
レポート作成の流れ
レポート種別
レポートに関する注意事項
レポートの作成(Webブラウザ)
レポートの作成(クイックガイド)
レポートの作成(クラスタシステムの場合)
レポートの作成(コマンド)
レポートの出力
レポートの種類
レポートの定義情報のバックアップとリストア
レポートの定義に関するトラブル
レポートの名前と種別を設定する
レポートの表示
レポートの表示形式
レポートのフォルダ名を変更する
レポートのフォルダを削除する
レポート名を変更する
レポートレベル
レポートをインポートする
レポートをエクスポートする
レポートをコピーする
レポートを削除する
レポートを表示する
レポートを編集する
(ろ)
ローカルアクション
ローカルディスク(クラスタシステムの場合)
ログアウト
ログイン
ログインに関するトラブル
ログ情報(トラブルシューティング)
ログファイルトラップ機能
ログファイルトラップ機能
ログファイルトラップ機能の定義ファイル作成例
論理IPアドレス(クラスタシステムの場合)
論理IPアドレス(クラスタシステムの場合)
論理ホスト(クラスタシステムの場合)
論理ホスト(クラスタシステムの場合)
論理ホスト(用語解説)
論理ホスト名(クラスタシステムの場合)
論理ホスト名(クラスタシステムの場合)

(ワ行)
(わ)
割り当てられた業務グループ

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2009, 2012, Hitachi, Ltd.
(C)opyright 2000-2009, by Object Refinery Limited and Contributors.