JP1/Performance Management - Agent Option for Platform(UNIX(R)用)

[目次][用語][索引][前へ][次へ]


9.4.1 UNIXの場合

<この項の構成>
(1) OSのログ情報
(2) Performance Managementの情報
(3) オペレーション内容
(4) エラー情報
(5) パフォーマンスデータに関する情報
(6) その他の情報

(1) OSのログ情報

OSに関する次のログ情報の採取が必要です。OSのログ情報を次の表に示します。

表9-4 OSのログ情報

情報の種類 概要 デフォルトのファイル名 jpcrasコマンドでの採取
システムログ syslog
  • HP-UXの場合
    /var/adm/syslog/syslog.log
  • Solarisの場合
    /var/adm/messages*
  • AIXの場合
    /var/adm/syslog*
  • Linuxの場合
    /var/log/messages*
※1
プロセス情報 プロセスの一覧
システムファイル hostsファイル /etc/hosts
/etc/inet/ipnodes※2 ※3
servicesファイル /etc/services
OS情報 パッチ情報
カーネル情報
バージョン情報
ネットワークステータス
環境変数
ホスト名
ダンプ情報 coreファイル※4

(凡例)
○:採取できる
−:該当しない

注※1
デフォルトのパスおよびファイル名以外に出力されるように設定されているシステムでは,収集できません。手動で収集してください。

注※2
/etc/inet/ipnodesファイルはSolarisだけに存在するファイルです。/etc/hostsファイルと一緒に収集してください。

注※3
PFM - Manager 08-50以降またはPFM - Base 08-50以降のjpcrasコマンドだけで収集できます。

注※4
HP-UX 11i V3 (IPF)では,coreadmコマンドによってcoreファイルの名称を任意に変更できます。ファイル名の先頭が「core」以外に変更されたファイルについては,jpcrasコマンドでは収集できません。手動で収集してください。

(2) Performance Managementの情報

Performance Managementに関する次の情報の採取が必要です。また,ネットワーク接続でのトラブルの場合,接続先マシン上のファイルの採取も必要です。Performance Managementの情報を次の表に示します。

表9-5 Performance Managementの情報

情報の種類 概要 デフォルトのファイル名 jpcrasコマンドでの採取
共通メッセージログ Performance Managementから出力されるメッセージログ(シーケンシャルファイル方式) /opt/jp1pc/log/jpclog{01|02}※1
Performance Managementから出力されるメッセージログ
(ラップアラウンドファイル方式)
/opt/jp1pc/log/jpclogw{01|02}※1
構成情報 各構成情報ファイル
jpctool service list (jpcctrl list)コマンドの出力結果
バージョン情報 製品バージョン
履歴情報
データベース情報 Agent Store
  • Storeバージョン1.0の場合
    /opt/jp1pc/agtu/store/*.DB
    /opt/jp1pc/agtu/store/*.IDX
  • Storeバージョン2.0の場合
    /opt/jp1pc/agtu/store/STPD
    /opt/jp1pc/agtu/store/STPI
    /opt/jp1pc/agtu/store/STPLディレクトリ下の次に示すファイル。
    *.DB
    *.IDX
トレースログ Performance Managementのプログラムの各サービスのトレース情報 ※2
定義ファイル アプリケーション定義ファイル(09-00以前)
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcapp
アプリケーション定義ファイ(09-10以降)
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcapp2
ユーザー独自のパフォーマンスデータ収集機能の情報 構成情報
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/jpcuser.ini
デバッグログ
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/debug/jpcuser_dbg_{01|02|03|04|05}.log
トレースログ
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/log/trace/msglog{01|02}
パブリックログ
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/log/public/jpclog{01|02}
ユーザーデータファイル
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/userdata/jpcuser_{UPI|UPIB|UPD|UPDB}
coreダンプファイル※3
/opt/jp1pc/agtu/agent/jpcuser/core
インストールログ※4 Hitachi PP Installerの標準ログ /etc/.hitachi/.hitachi.log
/etc/.hitachi/.hitachi.log{01|02|03|04|05}
/etc/.hitachi/.install.log
/etc/.hitachi/.install.log{01|02|03|04|05}
×

(凡例)
○:採取できる
×:採取できない
−:該当しない

注※1
ログファイルの出力方式については,マニュアル「JP1/Performance Management 運用ガイド」の,Performance Managementの障害検知について説明している章を参照してください。

注※2
トレースログの格納先ディレクトリについては,「9.3.2 ログファイルおよびディレクトリ一覧」を参照してください。

注※3
HP-UX 11i V3 (IPF)では,coreadmコマンドによってcoreダンプファイルの名称を任意に変更できます。ファイル名の先頭が「core」以外に変更されたファイルについては,jpcrasコマンドでは収集できません。手動で収集してください。

注※4
インストールに失敗した場合に採取してください。

(3) オペレーション内容

トラブル発生時のオペレーション内容について,次に示す情報が必要です。

(4) エラー情報

次に示すエラー情報を採取してください。

(5) パフォーマンスデータに関する情報

パフォーマンスデータに関する次の情報の採取が必要です。

PFM - Agent for Platformをインストールした環境で採取する必要がある,PFM - Agent for Platform固有のパフォーマンスデータに関する情報を次の表に示します。

表9-6 PFM - Agent for Platform固有のパフォーマンスデータに関する情報

収集項目 OS 採取が必要な情報
(ファイル名または取得コマンド名)
jpcrasコマンドでの採取
プロセッサ情報 HP-UX
ioscan -fnC processor
Solaris
psrinfo -v
AIX
  • lsdev -Cc processor
  • lsattr -El proc#1
Linux
/proc/cpuinfo
システム・ページング・スペース情報 HP-UX
swapinfo -a
Solaris
swap -l
AIX
lsps -a
Linux
  • /proc/meminfo
  • free
  • /proc/swaps
  • procinfo
I/O統計情報 HP-UX
  • lsdev -C disk
  • iostat
  • /etc/netconfig
Solaris
  • iostat
  • prtconf -D
AIX
  • lsdev -Cc disk
  • iostat
  • lscfg
Linux
  • lsdev
  • iostat
  • procinfo
プロセス間通信機能のステータス情報 HP-UX
ipcs -a
Solaris
AIX
Linux
  • ipcs -a
  • ipcs -at
  • ipcs -ap
  • ipcs -ac
  • ipcs -al
  • ipcs -au
ファイルシステムについての静的情報 HP-UX
/etc/fstab
Solaris
/etc/vfstab
AIX
/etc/filesystems
Linux
/etc/fstab
ネットワーク・ステータス情報 HP-UX
  • netstat -s
  • netstat -in
  • ioscan -fnC lan
  • /etc/rc.config.d/netconf
  • /etc/inetd.conf
Solaris
  • netstat -s
  • netstat -in
  • /etc/inet/*
  • /etc/defaultrouter
  • /etc/inetd.conf
AIX
  • netstat -s
  • netstat -in
  • lsattr -E -l inet0
  • /etc/inetd.conf
Linux
  • netstat -s
  • netstat -ni
  • ifconfig -a
LANデバイスの構成と状態の表示 HP-UX
lanscan -v
Solaris
ifconfig -a
AIX
 
Linux
 
hostsファイル情報 HP-UX
Solaris
 
AIX
 
Linux
/etc/hosts
NIS設定ファイル情報 HP-UX
/etc/nsswitch.conf
Solaris
/etc/inet/hosts
AIX
/etc/netsvc.conf
Linux
/etc/yp.conf
ファイルシステム割り当ての要約情報 HP-UX
repquota -a
Solaris
AIX
Linux
PFM - Agentが収集したストレージ情報 HP-UX
agtu/agent/storage.d
Solaris
AIX
Linux
カーネルのbit数情報 HP-UX
getconf KERNEL_BITS
Solaris
isainfo -kv
AIX
bootinfo -K
Linux
getconf LONG_BIT
実装メモリーサイズ情報 HP-UX
grep -i Physical /var/adm/syslog/syslog.log
Solaris
prtconf
AIX
bootinfo -r
Linux
  • /proc/meminfo
  • free
  • procinfo
システム情報
(OS,バージョン,モデル)
HP-UX
uname -a
Solaris
AIX
  • uname -a
  • oslevel
Linux
uname -a
実行レベル情報 HP-UX
who -r
Solaris
AIX
Linux
runlevel
システム時間 HP-UX
date
Solaris
AIX
Linux
タイムゾーン HP-UX
/etc/TIMEZONE
Solaris
  • /etc/TIMEZONE
  • /etc/default/init
AIX
  • /etc/environment
  • /etc/profile
Linux
/etc/sysconfig/clock
NFSクライアントにエクスポートするディレクトリ情報 HP-UX
  • /etc/exports
  • /etc/xtab
Solaris
  • /etc/dfs/dfstab
  • /etc/dfs/sharetab※2
  • /etc/rmtab※2
AIX
  • /etc/exports
  • /etx/xtab
Linux
  • /etc/exports
  • /var/lib/nfs/xtab
ワークグループモニタ設定情報 HP-UX
agtu/agent/wgfile
Solaris
AIX
Linux
イベントファイルモニタ設定情報 HP-UX
agtu/agent/evfile
Solaris
AIX
Linux
インストールソフトウェア情報 HP-UX
swlist
Solaris
pkginfo
AIX
lslpp -L all
Linux
  • rpm -qai
  • rpm -qa -last
OSのパッチ情報 HP-UX
  • swlist -l patch
  • what /stand/vmunix
Solaris
showrev -a
AIX
instfix -a
Linux
  • rpm -qai
  • rpm -qa -last
OSのセットアップ情報 HP-UX
Solaris
 
AIX
  • /usr/bin/ls -l /unix
  • /usr/bin/ls -la /usr/lib/boot
Linux
プロセス一覧 HP-UX
Solaris※3
/bin/ps -elfZ
AIX
Linux
 
Solarisゾーン情報 HP-UX
Solaris※3
/usr/sbin/zoneadm list -cv
AIX
Linux
 

(凡例)
○:採取できる
−:該当しない

注※1
#はプロセッサ番号を示します。

注※2
Solaris10でZone機能を使用している場合,Non-Global Zone環境では採取できません。

注※3
Solaris10の場合だけ採取が必要です。

(6) その他の情報

上記以外で必要な情報を次に示します。

[目次][前へ][次へ]


[他社商品名称に関する表示]

All Rights Reserved. Copyright (C) 2009, 2012, Hitachi, Ltd.