HiRDB データ連動拡張機能 HiRDB Datareplicator Extension Version 8

[目次][索引][前へ][次へ]

1.3.4 HiRDBからODBCドライバを使用してSQL Serverへデータ連動する場合のソフトウェア構成

HiRDBからODBCドライバを使用してSQL Serverへデータ連動する場合のソフトウェア構成を次の図に示します。

図1-4 HiRDBからODBCドライバを使用してSQL Serverへデータ連動する場合のソフトウェア構成

[図データ]

<この項の構成>
(1) 反映対象のSQL Serverと反映側Datareplicator Extensionの対応
(2) 抽出側HiRDBの形態

(1) 反映対象のSQL Serverと反映側Datareplicator Extensionの対応

HiRDBからODBCドライバを使用してSQL Serverへデータ連動する場合の,反映対象のSQL Serverと反映側Datareplicator Extensionの対応を次に示します。

UNIX版Datareplicator Extensionの場合は,ほかのHiRDBへ更新内容を反映するシステムとSQL Serverへ更新内容を反映するシステムを,同一マシン上で構築できます。

Windows版Datareplicator Extensionの場合は,反映側Datareplicatorの運用ディレクトリを指定する環境変数HDSPATHをシステム環境変数として設定するため,ほかのHiRDBへ更新内容を反映するシステムとSQL Serverへ更新内容を反映するシステムを,同一マシン上では構築できません。

(2) 抽出側HiRDBの形態

HiRDBからODBCドライバを使用してSQL Serverへデータ連動する場合は,HiRDBシステム同士のデータ連動と同様に,抽出側HiRDBがシングルサーバの場合とパラレルサーバの場合とでソフトウェア構成が異なります。

抽出側HiRDBがシングルサーバの場合の形態及び抽出側HiRDBがパラレルサーバの場合の形態については,マニュアル「HiRDBデータ連動機能 HiRDB Datareplicator Version 8」を参照してください。