ノンストップデータベース HiRDB Version 9 システム導入・設計ガイド(Windows(R)用)

[目次][索引][前へ][次へ]

23.4.4 ポート数不足を回避する方法

次に示すような運用をする場合,大量のTCPポートがTIME_WAIT状態となり,システム全体のTCPポートが不足し,トランザクションがエラーとなったり,HiRDBが異常終了したりすることがあります。

このような運用をする場合,次に示す設定を行い,TCPポートが不足しないようにしてください。

なお,ここで説明するWindowsレジストリや設定値は,使用しているWindowsのバージョンによって異なる場合があります。使用しているWindowsのマニュアルを参照し,ここで説明している指定値の目安で示した値を該当するWindowsレジストリに設定してください。

また,使用しているWindowsのバージョンによっては,設定自体が必要ないことがあります。使用しているWindowsで該当するWindowsレジストリが設定できないときは,設定は必要ありません。

<この項の構成>
(1) TCPポートをTIME_WAIT状態に保つ時間を短くする設定
(2) TCPポートのOS自動割り当てポートの範囲を拡大する設定

(1) TCPポートをTIME_WAIT状態に保つ時間を短くする設定

TCPポートをTIME_WAIT状態に保つ時間を短くするには,次に示すWindowsレジストリの設定値を指定してください。

(2) TCPポートのOS自動割り当てポートの範囲を拡大する設定

TCPポートのOS自動割り当てポートの範囲を拡大するには,次に示すWindowsレジストリの設定値を指定してください。