画面・帳票サポートシステム XMAP3 プログラミングガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

8.7.3 EclipseおよびJBuilderでのWARファイルの生成手順

EclipseおよびJBuilderを使用して,サーブレットエンジンモードの場合にデプロイする,WARファイルの生成手順について説明します。

J2EEサーバモードで使用する場合は,EclipseのコマンドでWARファイルをEARファイルに格納し,EARファイルをデプロイする必要があります。Eclipseのコマンドについては,Cosminexusアプリケーションサーバのマニュアルを参照してください。

<この項の構成>
(1) EclipseでのWARファイル生成手順
(2) JBuilderでのWARファイル生成手順

(1) EclipseでのWARファイル生成手順

EclipseでのWARファイル生成手順を次に示します。

  1. プロジェクトの作成
    Eclipseのメニューから,[ファイル]−[新規]−[プロジェクト]を開き,「Javaプロジェクト」を選択し,任意の名称でプロジェクトを新規作成します。
    新規Javaプロジェクト作成ウィザードで,利用しているCosminexusのJDKのバージョンを指定します(5.0を選択することを推奨します)。
  2. ライブラリの取り込みと出力デフォルトフォルダの設定
    新規Javaプロジェクト作成ウィザードの「Java設定」画面で,[ライブラリー]タブを選択し,[外部JARの追加]ボタンをクリックして次に示す外部JARを取り込みます。
    • Cosminexusインストールフォルダ\client\lib\j2ee-javax.jar
    • XMAP3インストールフォルダ\Web for Cosminexus\Lib\xmap3server.jar(XMAP3実行クラスライブラリ)
      「デフォルト出力フォルダー」には,次に示すようにWEB-INFの下にclassesフォルダを作成して指定します。
     
    /XmapWebApp/WEB-INF/classes
     
  3. プロジェクトへのソースプログラムの追加
    [パッケージ・エクスプローラー]のWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「新規」−「ソース・フォルダー」を選択し,ソースをインポートするためのフォルダを作成します。
    その後,[パッケージ・エクスプローラー]のWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「インポート」を選択し,「ファイル・システム」画面で業務サーブレットのソースプログラムを追加します。このとき,インポート対象はJavaソースの上位レベルのノード名から選択してください。
    ソースフォルダへのインポート後,[パッケージ・エクスプローラー]のWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「インポート」を選択し,残りのソース以外のフォルダ,ファイルなどをノード直下にインポートします。
    注※
    ソースプログラムは,必ず2階層下の[パッケージ名]フォルダ下に格納してください。
  4. Javaコンパイラの設定
    コンパイルオプションの「エラー/警告」を設定しない場合,警告レベルのエラーメッセージを表示したくないときは,[パッケージ・エクスプローラー]のWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「プロパティー」を選択します。「Webアプリケーション名」のプロパティダイアログの「Javaコンパイラー」−「エラー/警告」から次の設定をします。
    • [プロジェクト特定設定を使用可能にする]のボックスをチェックする
    • [潜在的なプログラミングの問題]−[serialVersionUIDなしのシリアライズ可能クラス]を[無視]にする
    • [J2SE 5.0 オプション]−[未検査の総称型操作]を[無視]にする
    上記の設定に加え,「Webアプリケーション名」のプロパティダイアログの[Javaコンパイラー]−[ビルド]で次の設定をします。
    • [出力フォルダー]−[プロジェクトのクリーン時に出力フォルダーを消しこむ]のボックスのチェックを外す
      この設定をしないと,出力フォルダ下のファイルなどが削除されてしまいます。必要なデータは必ずバックアップしておいてください。
  5. WARファイル用DDの作成
    Webアプリケーション用のDD(web.xml)を作成します。
    XMAP3/Web for Cosminexusでは,次に示すフォルダにWebアプリケーション用のDD(web.xml)をサンプルとして提供しています。ユーザ環境に合わせてカスタマイズしてください。
     
    XMAP3インストールフォルダ\Web for Cosminexus\SAMPLE\JAVA
     
    なお,このファイルをインポートする前にあらかじめ編集しておくこともできます。
  6. Javaプログラムのコンパイル・ビルド
    Eclipseのメニューから,[プロジェクト]−[プロジェクトのビルド]でJavaプログラムをコンパイル・ビルドします。
    なお,デフォルトの設定では「自動的にビルド」となっているため,ソースプログラムをインポートしたときに自動的にコンパイルされます。
  7. WARファイルの生成
    [パッケージ・エクスプローラー]のWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「エクスポート」を選択します。「エクスポート」ダイアログで「アーカイブ・ファイル」を選択し,WARファイルを生成します。
    WARファイルを生成する前に,「エクスポート」−「オプション」の次の設定がチェックされていることを確認してください。
    • [ZIPフォーマットで保管]
    • [選択したディレクトリーのみ作成]
    • [ファイルの内容を圧縮]

Eclipseを使用してプロジェクトを作成,ビルドしたときに作成されるフォルダ構成は次のようになります。

[図データ]

(2) JBuilderでのWARファイル生成手順

JBuilderでのWARファイル生成手順を次に示します。

  1. プロジェクトの作成
    JBuilderのメニューから,[ファイル]−[新規プロジェクト]を開き,任意の名称でプロジェクトを新規作成します。
  2. Webアプリケーションの作成
    JBuilderのメニューから,[ファイル]−[新規]を開き,[Web]タブの[Webアプリケーション]を選択します。Webアプリケーションウィザードダイアログを使用してWebアプリケーションをプロジェクトに追加します。また,作成したWebアプリケーションのプロパティを設定します。
  3. プロジェクトへのソースプログラムの追加
    プロジェクトペインのWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「ファイル/パッケージ/クラスの追加」を選択します。「プロジェクト名」に追加ダイアログで,編集した業務サーブレットのソースプログラムを追加します。
    注※
    ソースプログラムは,[パッケージ名]フォルダ下に配置しておいてください。
  4. 必須ライブラリの定義
    JBuilderのメニューから,[ツール]−[ライブラリ設定]を選択し,表示されたライブラリ設定ダイアログで[新規]ボタンをクリックします。
    表示された新規ライブラリウィザードダイアログの[新規]ボタンで[ライブラリパス]にバージョンに合ったservlet.jarファイルを追加し,[場所]には「ユーザーホーム」を指定して任意の名称でライブラリを定義します。
  5. 必須ライブラリの取り込み
    JBuilderのメニューから,[プロジェクト]−[プロジェクトプロパティ]を選択します。[パス]タブ内の[必須ライブラリ]タブを選択し,[追加]ボタンで,次に示す「ユーザーホーム」内のライブラリを追加してください。
    • XMAP3実行クラスライブラリ(xmap3server.jar)
    • 4.で定義したjavax.servletおよびjavax.servlet.httpパッケージを含むライブラリ(servlet.jar)
  6. WARファイル用のDDの作成
    「WebApp配布ディスクリプタエディタ」を使用して,Webアプリケーション用のDD(web.xml)を作成します。
    XMAP3/Web for Cosminexusでは,次に示すフォルダにWebアプリケーション用のDD(web.xml)をサンプルとして提供しています。ユーザ環境に合わせてカスタマイズしてください。
     
    XMAP3インストールフォルダ\Web for Cosminexus\SAMPLE\JAVA
     
  7. IDEオプションの設定
    JBuilderのメニューから,[ツール]−[IDEオプション]を開き,ファイルタイプ一覧中のファイルタイプにpmpを関連づけます。
    次にWebアプリケーションのプロパティ中の[WebApp]タブ−[含まれるファイルタイプ]でpmpに関連づけたファイルタイプをチェックします。
  8. WARファイルの生成(プロジェクトのビルド)
    プロジェクトペインのWebアプリケーションノードを右クリックし,コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。「Webアプリケーション名」のプロパティダイアログの[WebApp]タブで,[ビルド]プルダウンメニューの[プロジェクトのビルド時のみ]を選択します。
    また,WARファイルの出力先などを指定します。
    JBuilderのメニューから,[プロジェクト]−[プロジェクトのメイク]を選択してプロジェクトをビルドします。

JBuilderを使用してプロジェクトを作成,ビルドしたときに作成されるフォルダ構成は次のようになります。

[図データ]