Hitachi

JP1 Version 11 JP1/Base 運用ガイド


3.2.1 インストール

JP1/Baseをインストールする手順を次に示します。

  1. プログラムを終了する。

    JP1/Baseをインストールする前に,JP1の全プログラム,およびJP1/Baseのイベントサービスを利用しているすべてのプログラムを終了してください。

  2. 提供媒体をドライブに入れる。

    起動したインストーラーの指示に従ってインストールを進めてください。

    インストール時には,次の項目を設定します。

    • ユーザー情報

    • インストール先フォルダ

      インストール先フォルダの初期設定は次のとおりです。

      x86環境の場合:

      システムドライブ\Program Files\Hitachi\JP1Base

      x64環境の場合:

      システムドライブ\Program Files (x86)\Hitachi\JP1Base

      x64環境の場合,システムドライブ\Program Files\配下にはインストールしないでください。64ビットモジュールとの混在によって,動作上問題が発生することがあります。

    • 自動セットアップ処理

      新規にインストールする場合だけ,「自動セットアップの選択」画面が表示されます。[セットアップ処理を行う]をチェックすると,自動で初期設定が行われ,インストール完了後すぐに運用できる状態になります。

      自動セットアップ処理を行う場合に設定される項目を次の表に示します。

      表3‒1 ユーザー管理機能に関する初期設定値

      設定項目

      内容

      認証サーバの設定

      認証サーバ名

      自ホスト名

      JP1ユーザーの設定

      JP1ユーザー名

      jp1admin

      パスワード

      jp1admin

      JP1資源グループ

      *

      所有する権限

      JP1_AJS_AdminJP1_JPQ_AdminJP1_AJSCF_AdminJP1_HPS_AdminJP1_PFM_AdminJP1_Console_AdminJP1_CF_AdminJP1_CM_AdminJP1_Rule_AdminJP1_ITSLM_Admin,JP1_Audit_AdminJP1_DM_AdminJP1_SSO_Admin,Cosminexus_vMNG_Admin,HCS_UserMng_Admin,HCS_HDvM_Admin,HCS_HRpM_Admin,HCS_HTSM_Admin,HCS_HSNM2_Modify,HCS_HFSM_Admin,HCS_HCSM_Admin,HCS_HGLM_Admin,HCS_HTnM_Admin,JP1_AO_Admin,JP1_IMNP_Admin,UCNP_Admin,HNP_Admin

      ユーザーマッピングの設定

      OSユーザー名とそのパスワード

      OSユーザー名とそのパスワードの入力画面が表示されます。OSユーザー名とパスワードを入力してください。

      マッピングするJP1ユーザー名

      jp1admin

      サーバホスト名

      *

      JP1ユーザーとOSユーザーのマッピング

      JP1ユーザー(jp1admin)と登録したOSユーザーをマッピングします。

      自動セットアップ処理を行わない場合は,JP1ユーザーの設定だけが行われます。

      各設定項目の詳細については,「8.1 ユーザー管理の設定(Windowsの場合)」を参照してください。

    インストーラーを実行すると,統合トレース機能(HNTRLib2)もインストールされます。HNTRLib2のインストール先は,次のとおりです。

    x86環境の場合:

    システムドライブ\Program Files\Hitachi\HNTRLib2

    x64環境の場合:

    システムドライブ\Program Files (x86)\Hitachi\HNTRLib2

    HNTRLib2のインストール先はシステムドライブ固定です。インストール先を変更することはできません。

  3. システムを再起動する。

    再起動を要求された場合は,Windowsを再起動します。

JP1/NETM/DM(JP1/NETM/DMは日本国内の製品名称です)を使ったリモートインストール(ソフトウェアの配布)について

JP1/Baseは,JP1/NETM/DMを使ったリモートインストールに対応しています。JP1/Baseの場合,次に示すインストールに対応しています。

  • 新規インストール

    インストール対象ホストにJP1/Baseを新規にインストールできます。ただし,JP1/NETM/DMを使ったリモートインストールでは,自動セットアップ処理はできません。

  • バージョンアップインストール

    リモートインストールすると,JP1/Baseインストール済みホストのJP1/Baseをバージョンアップできます。

JP1/NETM/DMを使った実際のリモートインストール方法については,マニュアル「JP1/NETM/DM 運用ガイド1(Windows(R)用)」を参照してください。