Cosminexus アプリケーションサーバ V8 アプリケーション開発ガイド

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

付録N 用語解説

(数字)

1.4モード
サーバの動作モードです。J2EE 1.4以降の機能を使用できます。データベースを含む複数のリソースのトランザクション管理ができます。

(英字)

Application Server
アプリケーションサーバの実行環境を構築する基盤製品です。Application Server Standardと,Application Server Enterpriseの総称です。
BMP Entity Bean
BMP Entity BeanのBMPとは,Bean-Managed Persistenceの略で,永続化に関する処理を,Bean自身が行うという意味です。リソースへのアクセスコードは,すべてアプリケーション開発者が記述する必要があります。実装はCMPよりも手間が掛かりますが,CMPより適用範囲が広く自由度も高くなります。
CMP Entity Bean
CMP Entity BeanのCMPとは,Container-Managed Persistence の略で,永続化に関する処理を,EJBコンテナが行うという意味です。CMPの場合,開発者はリソース(データベースなど)へのアクセスのためのコードを書く必要がなく,リソースとのやり取りはすべてEJBコンテナが行います。
CORBAネーミングサービス
CORBAの仕様に準拠した,リモートオブジェクトの格納場所を管理するためのネーミングサービスです。構成ソフトウェアであるCosminexus TPBrokerによって提供される機能です。
cosminexus.xml
Cosminexus アプリケーションサーバ独自の情報を定義するための属性ファイルです。
Cosminexus Application Development Plug-in
アプリケーションの開発,テスト時に使用するプラグインです。
Cosminexus Component Container
サーバサイドの業務処理プログラム(ビジネスロジック)をコンポーネントとして実行するための構成ソフトウェアです。また,アプリケーションサーバの運用管理をするためのManagement Server,統合ユーザ管理,snapshotログ収集などの機能も提供しています。
Cosminexus Component Transaction Monitor(CTM)
クライアントからのリクエストのスケジューリングを実現するための構成ソフトウェアです。
Cosminexus Reliable Messaging
アプリケーションサーバで構築したシステム上のJ2EEアプリケーションがメッセージを使用して非同期に通信するための構成ソフトウェアです。JMSインタフェースでのメッセージ通信機能をJ2EEアプリケーションに提供します。
Cosminexus アプリケーションサーバ
アプリケーションサーバを中核とした,性能および信頼性の高いアプリケーションを実行および開発するためのシステム構築基盤製品です。
Cosminexusコネクタ
Eclipseのプラグインです。MyEclipseからJ2EEサーバを起動したり,J2EEアプリケーションをJ2EEサーバにデプロイしたりするときに使用します。
DD(Deployment Descriptor)
アプリケーションを運用環境に配置するときの定義情報を記述したものです。
Dependency Injection
EJBやインターセプタクラスのフィールドやsetterメソッドに,@EJBや@Resourceアノテーションを指定することで,EJBやリソースへの参照をEJBコンテナが自動的にセットする機能です。Dependency Injectionを使用すると,EJBやリソースへの参照をJNDIを使用してルックアップする必要がなくなります。
Developer
アプリケーションサーバの開発環境を構築する基盤製品です。Developer StandardおよびDeveloper Professional の総称です。
EAR(Enterprise ARchive)ファイル
J2EEアプリケーションを構成する複数のEJB-JARファイル,WARファイル,およびDDをEARファイル形式でパッケージ化したものです。
Eclipse
Eclipse Foundationが提供するオープンソースの統合開発環境です。ソースコードの編集支援機能やデバッグ機能など,アプリケーションの開発効率を向上させる各種機能を備えています。
EJB(Enterprise JavaBeans)
分散ビジネスアプリケーションを開発・デプロイするためのコンポーネントアーキテクチャです。
EJB-JARファイル
Enterprise Bean,EJB-JAR DDなどをJAR形式に圧縮したものです。
EJBクライアントアプリケーション
Enterprise Beanを呼び出すJavaアプリケーションのことです。
EJBコンテナ
Enterprise Beanを制御する実行環境です。また,通信,トランザクション管理などのシステムレベルのサービスも提供します。Enterprise Beanの実体は,EJBコンテナの中で実行されます。
Enterprise Bean
業務処理プログラムをEJBアーキテクチャに従って作成したものです。
Entity Bean
永続化されたデータそのものを表すBeanです。Entity Beanは,さらにCMP Entity BeanとBMP Entity Beanに分類されます。
HTTPレスポンス圧縮機能
サーブレット,JSP,および静的コンテンツへのHTTPリクエストに対するHTTPレスポンスを,サーブレットフィルタによってgzip形式に圧縮する機能です。この機能を使用することで,WebコンテナとWebクライアント(Webブラウザなど)間の通信に掛かる時間を削減し,システムの応答時間を短縮できます。
IDE(Integrated Development Environment)
GUIを使用してJavaプログラムを実装したり,WARファイルなどを作成したりできる統合開発環境です。Developerでは,Eclipseに対応しています。
J2EEアプリケーション
JSP,サーブレット,Enterprise Beanなどで構成されるアプリケーションです。アプリケーションサーバで扱うJ2EEアプリケーションの形式には,EARファイル形式でパッケージ化されたアーカイブ形式のJ2EEアプリケーションと,アーカイブ化しない展開ディレクトリ形式のJ2EEアプリケーションがあります。EARファイル形式でパッケージ化されたJ2EEアプリケーションの場合,複数のEJB-JARファイル,複数のWARファイル,および一つのDDから構成されます。
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能
EJBおよびWebアプリケーションのリクエスト実行時間を監視する機能です。実行時間監視中に障害を検知すると,メソッドタイムアウト機能およびメソッドキャンセル機能が動作します。
J2EEコンテナ
J2EEコンポーネントへ各種APIを提供する,WebコンテナとEJBコンテナから構成されます。
J2EEコンポーネント
サーブレット,JSP,Enterprise BeanなどのJ2EEアプリケーションを構成するプログラムのことです。
J2EEサーバ
J2EEコンテナを生成,実行する環境です。
J2EEサービス
J2EEコンテナの部品機能として利用される機能です。J2EEコンテナの部品機能として利用されます。J2EEコンポーネントにJNDI,JDBC,JTA,RMI-IIOP,JavaMailのAPIを提供します。
JAAS(Java Authentication and Authorization Service)
Java標準のユーザ認証の仕様です。アプリケーションサーバでは,JAASに準拠したユーザ管理機能を,Cosminexus Managerの統合ユーザ管理フレームワークで提供しています。
jaas.confJAASのコンフィグレーションファイル
ユーザ認証ライブラリおよびシングルサインオンライブラリの機能を使用するために必要なJAAS認証用の設定ファイルです。
JAR(Java ARchive)ファイル
Javaプログラムの実行に必要なクラスファイルやデータファイルを一つにまとめるためのアーカイブです。
JavaBeans
Java言語を使用して開発され,部品化されたプログラムを組み合わせてアプリケーションを構築するための手法です。
JDBC(Java Database Connectivity)
Javaのプログラムでデータベースを利用するためのAPIです。Javaプログラムから,JDBC APIを経由して「JDBCドライバ」を呼び出し,ドライバがデータベース,サーバへの接続機能を提供します。
JNDI(Java Naming and Directory Interface)
Javaプラットフォーム用の標準拡張機能で,Java テクノロジに対応したアプリケーションに,企業内の複数のネーミングおよびディレクトリサービスへの統一したインタフェースを提供します。JNDIは,Java Enterprise API セットの一部として,異機種システムの混在した社内のネーミングおよびディレクトリサービスに,スムーズに接続できるようにします。開発者は,JNDIを使用することで,移植性の高いアプリケーションを開発できます。
JPA
データベース関連処理の設計およびコーディングの簡略化を目的として,Javaのオブジェクトとリレーショナルデータベースとのマッピング(O/Rマッピング)に関して定められた仕様です。Developerでは,MyEclipseを使用してJPAを利用したアプリケーションを開発できます。
JSF
Webアプリケーションのユーザインタフェースを開発するためのフレームワークです。MVC(Model View Controller)アーキテクチャのControllerであるサーブレットでWebアプリケーションを管理する機能のほか,ユーザインタフェースの構成要素,Swingが持つようなイベント処理とコンポーネントのレンダリング要素を部品として持っており,それらの部品をフォームに配置することでユーザインタフェースを構築できます。
JSP(JavaServer Pages)
Webサーバ側で動的にWeb画面を作成するための仕組みです。Web画面を作成するHTMLの中にJSP固有のタグを埋め込んでJavaBeansから値を受け取ったりできます。
JSP事前コンパイル
Webアプリケーションに含まれるJSPファイルおよびタグファイルをデプロイ前にコンパイルする機能です。デプロイ前にコンパイルしておくことで,Webアプリケーションに対する初回リクエスト時のレスポンスタイムを短縮できます。
JSP事前コンパイルの実行時にJavaソースファイルを生成したり,コンパイル対象外ファイルを指定したりすることもできます。
JSPデバッグ
JSPのコンパイル時に,JSPファイルの行とjavaファイルの行のマッピングを記述したSMAP情報を埋め込んだクラスファイルを作成する機能です。ブレークポイントの設定など,デバッグツールの機能をJSPファイルで実行できるようになります。
Developerでは,デバッグツールとしてMyEclipseを使用できます。
JTA(Java Transaction API)
J2EEアーキテクチャにトランザクション処理サービスを提供するAPIです。JTAには,トランザクションマネージャがトランザクション処理を行うときに,トランザクションに関与する各種コンポーネントとの間で必要となるAPIが定義されています。
Message-driven Bean
メッセージ受信を契機に,特定のメソッドを実行できるJMS対応のEnterprise Beanです。Session Bean,Entity Beanとは異なり,ホームインタフェースとリモートインタフェースを持たないため,クライアントから直接呼び出されることはありません。
MVC(Model/View/Controller)
MVCとは,ModelとView,そしてControllerの頭文字をとったものです。Modelは,システムの中でロジックを担当します。Viewは,表示,入出力などの部分を担当します。Controllerは,ViewとModelを制御します。
MyEclipse
Javaアプリケーションの開発環境です。MyEclipseには,Eclipseでアプリケーションを開発するときに使用するプラグインがまとめられています。MyEclipseを使用するとアプリケーションの作成,J2EEサーバへのアプリケーションのデプロイ,J2EEサーバの起動・停止,データベースの操作などができます。また,StrutsやJSFなどのフレームワークを使用したアプリケーションの開発や,UMLによるアプリケーション設計もできます。
MyEclipseセットアップ機能
EclipseのインストールおよびMyEclipseのセットアップを実行します。Developerが提供する機能です。この機能を実行する前に,セットアップに必要なEclipseのアーカイブファイルをあらかじめダウンロードしておく必要があります。
RMI-IIOP(Remote Method Invocation over Internet Inter-ORB Protocol)
JavaRMIとJavaIDLを統合したAPIです。EJBコンポーネントとそれぞれのコンテナは,Remote Method Invocation(RMI)テクノロジを使って,分散オブジェクト間のメソッド呼び出しを実装します。
Session Bean
Session Beanは,主に業務処理を実行するためのBeanです。Session Beanは,クライアントを一つだけ持つことができます。クライアントが終了すると,対応するSession Beanも終了します。クライアントとのセッションの間だけ動作するため,一時的であり,非永続的なBeanです。Session Beanは,Stateful Session Beanと,Stateless Session Beanに分類されます。
SFOサーバ
システム内のJ2EEサーバのJ2EEアプリケーション内で生成されたグローバルセッション情報を管理するJ2EEサーバです。メモリセッションフェイルオーバ機能を使用するときにシステム構成に含めます。
Smart Composer機能
一般的な3階層モデルのアプリケーションサーバのシステムを,簡単に構築および運用できるよう支援する機能です。システム全体に対して,システムの設定や,アプリケーションおよびリソースアダプタのデプロイを一括で実行できるので,簡単,迅速にシステムを構築できます。
構築したシステムを一括で起動したり,一括でシステムの設定を変更したりするなどの運用機能もサポートしています。
Stateful Session Bean
Stateful Session Beanは,内部的な状態を保持できるBeanです。Stateless Session Beanとは異なり,ホームインタフェースからの生成によってインスタンス化されたあとは,メソッドの呼び出しごとに生成,消滅することはありません。セッション単位で連続した処理を行う場合に適したBeanです。
Stateless Session Bean
Stateless Session Beanは,内部的な状態を保持しないBeanです。Beanのインスタンスの生成・消滅は,すべてEJBコンテナが独自に管理しています。同じBeanのメソッドを続けて呼び出した場合にも,それらが同じインスタンスである保証はありません。そのため,Stateless Session Beanでは,内部状態を保持して,複数メソッドで連続した処理を行うことはできません。1メソッドで完結するような処理を記述する場合に適しています。
Struts
Webアプリケーションのユーザインタフェースを開発するためのフレームワークです。MVC(Model View Controller)アーキテクチャのControllerであるサーブレットでWebアプリケーションを管理する機能のほか,ユーザインタフェースの構成要素を部品として持っており,それらの部品をフォームに配置することでユーザインタフェースを構築できます。
Timer Service
EJBコンテナで提供される機能です。指定した時刻,経過時間,または間隔で,EJBコンテナがタイムアウトメソッドをコールバックします。
UML(Unified Modeling Language)
OMGが制定したモデリング言語です。オブジェクト指向をベースとするアプリケーションの構造を,ソースコードよりも抽象化した形で構造的かつ形式的な形で表現できる表記方法を提供します。UMLが提供する表記方法は,分析する内容や目的に応じて,ユースケース図,クラス図,シーケンス図などに分けられます。
WAR(Web ARchive)ファイル
Webアプリケーションの構成要素をWAR形式に圧縮したファイルです。Webアプリケーションの実行に必要なHTMLファイル,JSPファイル,Javaクラスファイル,JARファイル,およびWebアプリケーション配置記述子が含まれます。
Webアプリケーション
Webブラウザを備えたクライアントを対象に作成されたアプリケーションです。具体的には,サーブレットプログラム,JSPファイル,およびHTML/XMLドキュメントなどの集合体です。
Web画面
このマニュアルでは,Webアプリケーションの画面遷移を構成する,個々の画面を指します。
Webコンテナ
Webアプリケーションを制御する実行環境です。また,セキュリティ,トランザクションなどの各種サービスも提供します。Webアプリケーションは,Webコンテナ上で動作します。
Java Servlet2.5仕様,およびJavaServer Pages Specification v2.1仕様に準拠したWebアプリケーションを実行できます。
WTPコネクタ
Eclipseのプラグインです。WTPからJ2EEサーバを起動したり,J2EEアプリケーションをJ2EEサーバにデプロイしたりするときに使用します。

(ア行)

アーカイブ形式
J2EEアプリケーションなどを構成するプログラムやDDを,アセンブルしてWARファイル,EARファイル,またはZIPファイルにまとめたJ2EEアプリケーションです。
アクション
Web画面の遷移上での動作を示す用語です。
アセンブル
単体では動作しないEJB-JARをアプリケーションの1構成要素として位置づけるための組み立て作業のことです。
アノテーション
ソースコードにクラスやメソッドの付加情報などを埋め込むための記述方式です。アノテーションを指定することで,Enterprise Beanが依存しているリソースやほかのEnterprise Beanへの参照を取得できます。
インスタントセットアップ機能
開発環境インスタントセットアップ機能およびMyEclipseセットアップ機能の総称です。
インプロセスHTTPサーバ
J2EEサーバのインプロセスで動作するWebサーバ機能です。Webコンテナの機能の一部として提供されます。
ウィザード
パッケージ・ソフト製品に組み込まれるヘルプ機能の一種です。設定作業を支援する対話型のナビゲータ機能を一般にウィザードと呼びます。表や文書の書式設定やクロス集計表の作成など,細かなノウハウが求められる複雑なパラメタ設定作業を対話形式で誘導(ナビゲーション)します。

(カ行)

開発環境インスタントセットアップ機能
J2EEアプリケーションの開発に必要なサーバ環境をセットアップします。Developerが提供する機能です。この機能を実行すると,Management Server,ホスト,パフォーマンストレーサ,J2EEサーバ,および組み込みデータベースがセットアップされます。
カスタムログインモジュール
Cosminexus標準ログインモジュール以外の認証モジュールを使用して,アプリケーションのユーザ認証をする場合に作成する実装クラスです。
共有ライブラリプラグイン
Cosminexusで共有するライブラリをプラグイン化したものです。Eclipseに組み込まれているほかのプラグインから参照されます。MyEclipseセットアップを使用していない場合には,手動でのEclipseへのセットアップが必要です。
組み込みデータベース
Developerに標準提供されているデータベースのことです。ローカルマシンでのアプリケーション開発,テストなどで利用できます。
グローバルセッション
セッションフェイルオーバ機能では,障害発生前のHTTPセッションと,障害発生後に引き継がれたHTTPセッションを一つのセッションとして扱います。これをグローバルセッションといいます。
グローバルセッションID
グローバルセッションを管理するIDです。システム内でグローバルセッション情報を一意に識別するために,グローバルセッションに付けられます。
グローバルセッション情報
グローバルセッションが持つ情報をグローバルセッション情報といいます。グローバルセッション情報は,メモリセッションフェイルオーバ機能を使用する場合,SFOサーバで管理されます。また,データベースセッションフェイルオーバ機能を使用する場合,データベースで管理されます。
コンテキストルート
コンテキストのルートパスです。コンテキスト内のWebアプリケーションにアクセスするときにURL上に指定します。コンテキストパスとも呼びます。
コンテナ拡張ライブラリ
Enterprise Bean,サーブレットおよびJSPから共通して利用できる,ユーザ作成のライブラリです。コンテナ拡張ライブラリは,J2EEの仕様外です。

(サ行)

サーバ管理コマンド
J2EEサーバで管理しているアプリケーションおよびリソースの設定するためのコマンド群です。
サーバ起動・停止フック機能
J2EEサーバまたはWebコンテナサーバの起動・停止時に,コンテナ拡張ライブラリを使用するための初期化処理および停止処理を自動的に呼び出す機能です。
サーブレット
サーバ側でJavaを実行させる方法の一つです。サーブレットは,Webサーバと連携して,Webサーバに単にHTML文書や画像ファイルを送るだけではなく,アプリケーションを実行し,その結果をHTML文書として送り返す機能を提供します。
サーブレットフィルタ
サーブレット/JSPへのリクエストや,サーブレット/JSPからのレスポンスを,フィルタリングする機能です。サーブレットフィルタによって,サーブレット/JSPの実行前のリクエスト,または実行後のレスポンスをラップして,データの変更,リソースに対するトレースの取得などができます。
アプリケーションサーバの機能を実現するためのサーブレットフィルタとしては,セッションフェイルオーバ用フィルタ,HTTPレスポンス圧縮用フィルタ,およびクライアント性能フィルタが提供されています。
条件分岐
Web画面から入力された情報や,業務処理プログラムの処理結果によって,遷移先を分岐させる処理をいいます。
スマートエージェント
1.4モードでグローバルトランザクションを使用する場合,またはCTMを使用する場合に,動的な分散ディレクトリサービスを提供するプロセスです。
Management Serverを利用する場合,スマートエージェントは論理サーバとして扱えます。OTS,TCS,CTMはスマートエージェントによって管理されます。
静的コンテンツ
HTMLファイルや画像ファイルなど,クライアントからの要求に対する応答に使用するファイルのうち,リクエスト内容に影響されないで常に同じ内容になるコンテンツのことです。
静的コンテンツキャッシュ機能
静的コンテンツをメモリにキャッシュする機能です。一度アクセスした静的コンテンツの内容をメモリにキャッシュすることで,二度目以降のアクセス時にファイルシステムへのアクセス回数を減らし,応答速度を向上できます。
セッション
Webアプリケーションに対する一連の作業を示す単位です。セッションは通常,WebクライアントからWebサーバへの複数のリクエストの集合から構成されます。
セッションフェイルオーバ機能
アプリケーション実行中のセッション情報を管理し,J2EEサーバで障害が発生した場合には,管理しているセッション情報をほかのJ2EEサーバに引き渡す機能です。J2EEサーバで障害が発生し,ほかのJ2EEサーバにリクエストが転送された場合でも,障害発生前の状態で業務を続行できます。

(タ行)

テストモード
アプリケーションの動作モードです。テストモードは,テスト用のアプリケーションを本番環境と同じように動作させるためのモードです。
デプロイ
アプリケーションやWebサービスなどを運用環境に配置し,利用できる状態にすることです。
展開ディレクトリ形式
J2EEアプリケーションを構成するプログラムやファイルを,アーカイブしないでディレクトリの状態のままデプロイする形式です。展開ディレクトリ形式のJ2EEアプリケーションの場合,J2EEアプリケーションの入れ替えを容易にするリロード機能を使用できます。
統合ユーザ管理
アプリケーションサーバで構築したシステムにログインするユーザを統合管理するための仕組みです。ユーザ認証を実現する統合ユーザ管理フレームワークが使用できます。また,運用管理ポータルを使用して,リポジトリ管理およびリソース監視を実現できます。
統合ユーザ管理フレームワーク
統合ユーザ管理でのユーザ認証を実現するフレームワークです。Java標準仕様(JAAS)に従ったAPIが提供されています。

(ハ行)

フレームワーク
ある機能やサービスを規定するための枠組みです。フレームワークを使用することで,業務で使用するアプリケーションを容易に作成できます。
ベーシックモード
旧バージョンとの互換性を確保するためのサーバの動作モードの一つです。
単一リソースとのトランザクション管理ができます。

(マ行)

メソッドキャンセル機能
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能実行時間の監視機能の機能の一つです。メソッドタイムアウト機能でタイムアウトが通知されたあと,メソッドのキャンセルを実施する機能です。キャンセル時にデータベースにアクセスしている場合は,トランザクションの強制決着もします。
メソッドタイムアウト機能
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能実行時間の監視機能の機能の一つです。監視基盤にあるリクエストのうち,一定時間内に終了しなかったメソッド処理を,タイムアウトとしてユーザに通知します。

(ヤ行)

ユーザスレッド
ユーザがサーブレットおよびJSPの中で明示して生成するスレッドのことです。

(ラ行)

ライブラリJAR
JARファイル形式でパッケージされたライブラリです。J2EEアプリケーション内のJ2EEコンポーネントから利用できます。
リダイレクタ
Webサーバに登録し,Webコンテナへ接続できるようにするプラグインコンポーネントです。
リデプロイ機能
アプリケーションを入れ替えるときに使用する機能です。リデプロイ機能による入れ替えは,アプリケーションのテスト時などに,修正したアプリケーションと動作中のアプリケーションを入れ替えたいときに使用します。
リロード機能
J2EEサーバ上のアプリケーションを停止させないで,アプリケーションを構成するプログラムやファイルを入れ替える機能です。リロード機能は,展開ディレクトリ形式でデプロイされたアプリケーションに対して実行できます。
ロール
コンテキストに対し,アクセス制御するときに使用される単位です。ロールはグループごとに定義されます。また,アクセス制御するコンテキストについては,そのコンテキストにアクセスするのに必要なロールが定義されます。アクセスしたユーザの持つロールがコンテキストに定義されたロールと一致した場合,そのコンテキストへのアクセスは成功します。
ログインモジュール
Java標準仕様(JAAS)に準拠した統合ユーザ管理のユーザ認証に使用する仕組みです。
論理サーバ
Management Serverの運用管理の対象になる,サーバまたはクラスタです。サーバには,Webサーバ,J2EEサーバなどがあります。クラスタとは,ある共通の機能を提供するサーバの集合です。