Cosminexus アプリケーションサーバ V8

概説

概説書

3020-3-U01-40


目  次

前書き
変更内容
はじめに

1. アプリケーションサーバの概要
1.1 Cosminexusのアプリケーションサーバとは
1.2 アプリケーション実行環境とアプリケーション開発環境
1.2.1 J2EEアプリケーション実行環境の概要と特長
1.2.2 バッチアプリケーション実行環境の概要と特長
1.2.3 アプリケーション開発環境の概要と特長
1.2.4 アプリケーションの実行環境と開発環境の関係
1.3 仮想化したサーバ上でのJ2EEアプリケーション実行環境
1.4 Cosminexus ビジネスプロセス管理/エンタープライズサービスバスとの関係

2. アプリケーションサーバの製品構成
2.1 製品の分類と特長
2.1.1 実行環境を構築する製品
2.1.2 開発環境を構築する製品
2.1.3 オプション製品
2.2 製品の概要
2.2.1 Application Server Standard
2.2.2 Application Server Enterprise
2.2.3 Developer Standard
2.2.4 Developer Professional
2.2.5 uCosminexus Client
2.2.6 uCosminexus Web Redirector
2.2.7 uCosminexus Operator
2.3 構成ソフトウェア
2.3.1 製品と構成ソフトウェアの対応
2.3.2 構成ソフトウェアの機能概要
2.3.3 実行環境の構成ソフトウェアの位置づけ(Application Server)
2.3.4 開発環境の構成ソフトウェアの位置づけ(Developer)
2.4 動作環境

3. システムのライフサイクル
3.1 実行環境および開発環境のライフサイクル
3.2 システムの仕様(機能)検討
3.3 システム設計と運用設計
3.4 アプリケーションの開発
3.5 システムの構築
3.6 システムの運用と保守

4. J2EEアプリケーションを実行する
4.1 J2EEアプリケーションの実行環境の特長
4.1.1 標準仕様への対応
4.1.2 システムの安定稼働の実現
4.1.3 可用性と耐障害性の向上
4.1.4 システム導入および拡張の容易化
4.1.5 システム監査によるシステムのセキュリティ確保
4.1.6 業務効率を向上させる運用管理の実現
4.1.7 Webサービスへの対応
4.1.8 信頼性の高い非同期通信の実現
4.2 J2EEアプリケーションの実行環境の種類
4.3 J2EEアプリケーションの実行環境を構築・運用する
4.3.1 システム構成の種類
4.3.2 スケールアウト構成のシステムの構築・運用
4.3.3 フロントエンド/バックエンド構成のシステムの構築・運用
4.3.4 構築した環境のチューニング
4.4 Webサービスに対応したアプリケーションの実行環境を構築・運用する
4.4.1 Webサービスの実行環境
4.4.2 Webサービスセキュリティの技術を利用したSOAPアプリケーションの実行環境
4.5 メッセージを利用した非同期通信アプリケーションの実行環境を構築・運用する
4.5.1 Cosminexus JMSプロバイダを利用した実行環境
4.5.2 Cosminexus RMを利用した実行環境
4.6 導入から運用までの流れ

5. バッチアプリケーションを実行する
5.1 バッチアプリケーションの実行環境の特長
5.1.1 オープン環境でのバッチジョブの実行
5.1.2 コネクションプール/ステートメントプールを使用したデータベースアクセスの高速化
5.1.3 リソース排他状態でのフルガーベージコレクション実行を抑止
5.1.4 バッチアプリケーションのジョブスケジューリング
5.1.5 そのほかの特長
5.2 バッチアプリケーションの実行環境を構築・運用する
5.2.1 システム構成の種類
5.2.2 バッチアプリケーションの実行環境の構築・運用
5.3 導入から運用までの流れ

6. アプリケーションを開発する
6.1 アプリケーション開発の特長
6.2 開発するアプリケーションの種類
6.3 J2EEアプリケーションを開発する
6.3.1 Developerが提供するMyEclipseを使用する
6.3.2 そのほかに使用できる機能
6.4 Webサービスに対応したアプリケーションを開発する
6.4.1 JAX-WS仕様に従ったWebサービスを開発する機能を使用する
6.4.2 Webサービスセキュリティ技術を使用する
6.5 メッセージを使用した非同期通信用のアプリケーションを開発する
6.6 バッチアプリケーションを開発する
6.7 アプリケーション開発の流れ
6.7.1 J2EEアプリケーション開発の流れ
6.7.2 バッチアプリケーション開発の流れ

7. ほかの製品との連携
7.1 データベースとの連携
7.2 JP1との連携
7.3 クラスタソフトウェアとの連携

8. アプリケーションサーバのマニュアル体系
8.1 マニュアル体系
8.2 初期導入時のマニュアルの読書手順
8.3 物理サーバ上で実行環境を構築・運用する場合の読書手順
8.3.1 J2EEアプリケーションの実行環境を構築・運用する場合に参照するマニュアル
8.3.2 バッチアプリケーションの実行環境を構築・運用する場合に参照するマニュアル
8.3.3 Webサービスの実行環境を構築・運用する場合に参照するマニュアル
8.3.4 メッセージを利用した非同期通信アプリケーションの実行環境を構築・運用する場合に参照するマニュアル
8.4 仮想サーバ上で実行環境を構築・運用する場合の読書手順
8.4.1 仮想サーバ上で実行環境を構築・運用する場合に参照するマニュアル
8.5 アプリケーションを開発する場合の読書手順
8.5.1 J2EEアプリケーションまたはバッチアプリケーションを開発する場合に参照するマニュアル
8.5.2 Webサービスを開発する場合に参照するマニュアル
8.5.3 メッセージを利用した非同期通信アプリケーションを開発する場合に参照するマニュアル

付録
付録A アプリケーションサーバが対応する標準仕様
付録B このマニュアルの参考情報
付録B.1 関連マニュアル
付録B.2 このマニュアルでの表記
付録B.3 英略語
付録B.4 KB(キロバイト)などの単位表記について
付録C 用語解説

索引