Cosminexus アプリケーションサーバ V8 機能解説 基本・開発編(コンテナ共通機能)

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

付録H 用語解説

アプリケーションサーバで使用する用語について説明します。

(数字)

1.4モード
サーバの動作モードです。J2EE 1.4以降の機能を使用できます。データベースを含む複数のリソースのトランザクション管理ができます。

(英字)

Application Server
アプリケーションサーバの実行環境を構築する基盤製品です。Application Server Standardと,Application Server Enterpriseの総称です。
CJMSPブローカー
Cosminexus JMSプロバイダで使用するプロセスです。メッセージの送信先を管理します。
CJMSPリソースアダプタ
Cosminexus JMSプロバイダで使用するリソースアダプタです。
J2EEサーバからCJMSPブローカーに接続するために使用します。Connector 1.5仕様に準拠しています。
CORBAネーミングサービス
CORBAの仕様に準拠した,リモートオブジェクトの格納場所を管理するためのネーミングサービスです。アプリケーションサーバの構成ソフトウェアであるCosminexus TPBrokerによって提供される機能です。
cosminexus.xml
Cosminexus アプリケーションサーバ独自の情報を定義するための属性ファイルです。
Cosminexus Component Transaction Monitor
クライアントからのリクエストのスケジューリングを実現するための構成ソフトウェアです。
Cosminexus JMSプロバイダ
アプリケーションサーバで提供しているJMSプロバイダです。JMS1.1仕様に基づいた機能を提供しています。CJMSPブローカーとCJMSPリソースアダプタによって構成されています。
Cosminexus JPAプロバイダ
アプリケーションサーバで提供しているJPAプロバイダです。JPA1.0仕様に基づいた機能のほかに,エンティティオブジェクトのキャッシュ機能や悲観的ロック機能を提供しています。
Cosminexus Performance Tracer
リクエストが処理されるときに,決められたポイントごとに各機能が出力する性能解析情報をファイルに出力するための構成ソフトウェアです。
Cosminexus Reliable Messaging
アプリケーションサーバで構築したシステム上のJ2EEアプリケーションが,メッセージを使用して非同期に通信するための構成ソフトウェアです。JMSインタフェースでのメッセージ通信機能をJ2EEアプリケーションに提供します。
Cosminexusアプリケーションサーバ
アプリケーションサーバを中核とした,性能および信頼性の高いアプリケーションを実行および開発するためのシステム構築基盤製品です。
DB Connector
データベースに接続するためのリソースアダプタです。
DD
アプリケーションを運用環境に配置するときの定義情報を記述したものです。
Dependency Injection
EJBやインターセプタクラスのフィールドやsetterメソッドに,EJBやResourceアノテーションを指定することで,EJBやリソースへの参照をEJBコンテナが自動的にセットする機能です。Dependency Injectionを使用すると,EJBやリソースへの参照をJNDIを使用してルックアップする必要がなくなります。
DIターゲット
Dependency Injection機能を使用して参照を注入する対象のことです。DIターゲット名と名前が一致するフィールド,またはDIターゲット名をプロパティとして持つsetterメソッドに対して,Dependency Injectionが実行されます。
EARファイル
J2EEアプリケーションを構成する複数のEJB-JARファイル,WARファイル,およびDDをEARファイル形式でパッケージ化したものです。
EJB(Enterprise JavaBeans)
業務ロジックをプログラムとして記述したビジネスロジック,および永続的データを格納するオブジェクトであるエンティティをJavaコンポーネント化したものです。
EJBクライアント
J2EEサーバ上で開始されているEnterprise Beanを呼び出すクライアントプログラムです。次の3種類があります。
  • EJBクライアントアプリケーション
  • サーブレットまたはJSPなどのWebアプリケーション
  • ほかのEnterprise Bean
EJBクライアントアプリケーション
Enterprise Beanを呼び出すJavaアプリケーションです。
EJBコンテナ
Enterprise Beanを制御する実行環境です。また,通信,トランザクション管理などのシステムレベルのサービスも提供します。Enterprise Beanの実体は,EJBコンテナの中で実行されます。
Inbound
Connector 1.5仕様で定められたJ2EEサーバとリソースアダプタ間の通信モデルの一つです。リソースアダプタからJ2EEサーバにアクセスする通信モデルです。
J2EEアプリケーション
JSP,サーブレット,Enterprise Beanなどで構成されるアプリケーションです。アプリケーションサーバで扱うJ2EEアプリケーションの形式には,EARファイル形式でパッケージ化されたアーカイブ形式のアプリケーションと,アーカイブ化しない展開ディレクトリ形式のアプリケーションがあります。EARファイル形式でパッケージ化されたアプリケーションの場合,複数のEJB-JARファイル,複数のWARファイル,および一つのDDから構成されます。
J2EEコンテナ
J2EEアプリケーションを実行するためのサーバ基盤です。
J2EEコンポーネントへ各種APIを提供する,Webコンテナ,EJBコンテナから構成されます。
J2EEコンポーネント
サーブレット,JSP,Enterprise Beanなどのユーザアプリケーションプログラムのことです。
J2EEサーバ
J2EEコンテナを生成,実行する環境です。
J2EEサービス
J2EEコンテナの部品機能として利用されます。J2EEコンポーネントにJNDI,JDBC,JTA,RMI-IIOPおよびJavaMailのAPIを提供します。
J2EEリソース
サーバから利用できるリソースです。J2EEサーバの場合,データベース,OpenTP1,SMTPサーバなどを利用できます。また,バッチサーバの場合,データベースを利用できます。
J2EEリソースアダプタ
J2EEサーバに共有スタンドアロンモジュールとして配備したリソースアダプタのことです。
JCAコンテナ
J2EEサーバやバッチサーバと,EISを接続するためのシステムレベルのプラグイン機能を提供するコンテナです。
JNDI(Java Naming and Directory Interface)
Javaプラットフォーム用の標準拡張機能で,Java テクノロジに対応したアプリケーションに,企業内の複数のネーミングおよびディレクトリサービスへの統一したインタフェースを提供します。
アプリケーションサーバでは,Cosminexus TPBrokerのCORBAネーミングサービスを利用して,JNDIの機能を実現しています。
JNDI名前空間
JNDIによってアクセスする名前情報が管理されている名前空間です。Application Serverでは,J2EEアプリケーションをデプロイした時に,EJBオブジェクトリファレンスがJNDI名前空間の名前にバインドされます。
アプリケーションサーバで使用するJNDI名前空間の名前には,別名を付けることができます。これによって,Enterprise BeanやJ2EEリソースを別名でルックアップできるようになります。
JPA
データベース関連処理の設計およびコーディングの簡略化を目的として,Javaのオブジェクトとリレーショナルデータベースとのマッピング(O/Rマッピング)に関して定められた仕様です。アプリケーションサーバでは,JPAを利用したアプリケーションを実行できます。
JPAプロバイダ
Javaオブジェクトとデータベースのマッピング機能やデータベースへの処理をカプセル化したAPIを提供するJPA実装です。アプリケーションサーバでは,JPAプロバイダとしてCosminexus JPAプロバイダを提供しています。
JPQL
JPA仕様で定義されているクエリ言語です。データベースに依存しない言語で,エンティティクラスを対象に操作します。アプリケーションサーバでは,JPQLを使用したデータベース操作ができます。
Oracle RAC
Oracleデータベースのクラスタ機能です。アプリケーションサーバでは,Oracle RAC機能を使用してクラスタ化されたOracleデータベースに接続できます。
OTS(Object Transaction Service)
1.4モードで,TPBroker OTSによる分散トランザクションを使用するために必要なサービスです。
Outbound
Connector 1.5仕様で定められたJ2EEサーバとリソースアダプタ間の通信モデルの一つです。J2EEサーバからリソースアダプタにアクセスする通信モデルです。
SecurityManager
セキュリティポリシーに基づいたWebコンテナの実行時保護をするJ2EEサーバの機能です。
TP1インバウンドアダプタ
TP1インバウンド連携機能で使用するリソースアダプタです。Connector 1.5仕様に準拠しています。
TP1インバウンド連携機能
TP1インバウンドアダプタを使用して,OpenTP1システムのSUPからアプリケーションサーバ上のMessage-driven BeanをInboundで呼び出す機能です。
Webアプリケーション
Webブラウザを備えたクライアントを対象に作成されたアプリケーションです。具体的には,サーブレットプログラム,JSPファイル,HTML/XMLドキュメントなどの集合体です。
Webコンテナ
Webアプリケーションを制御する実行環境です。また,セキュリティ,トランザクションなどの各種サービスも提供します。Webアプリケーションは,Webコンテナ上で動作します。
Java Servlet2.5仕様,およびJavaServer Pages Specification v2.1仕様に準拠したWebアプリケーションを実行できます。
Webサーバ
Webブラウザからのリクエスト受信およびWebブラウザへのデータ送信に関連する処理を実行するプログラムです。アプリケーションサーバでは,Hitachi Web Server,Microsoft IIS,またはインプロセスHTTPサーバを使用できます。インプロセスHTTPサーバは,J2EEサーバプロセス内で動作するWebサーバです。
なお,Management Serverを利用する場合,Hitachi Web Serverは論理サーバとして扱えます。
Webサーバ連携
アプリケーションサーバで使用するWebサーバとして,Hitachi Web ServerまたはMicrosoft IISを使用する方法です。
Hitachi Web ServerまたはMicrosoft IISにCosminexus Component Containerが提供するリダイレクタモジュールを組み込んで使用します。

(ア行)

アーカイブ形式
EJBやサーブレットなどのアプリケーションの実体をJ2EEサーバの作業ディレクトリに持つJ2EEアプリケーションの形式です。
アウトプロセス
プロセスの起動のしかたです。アウトプロセスで起動させると,J2EEサーバのプロセス外で実行します。アウトプロセスでネーミングサービスを使用する場合,CORBAネーミングサービスはユーザが起動する必要があります。
アノテーション
ソースコードにクラスやメソッドの付加情報などを埋め込むための記述方式です。
アプリケーションサーバ
情報システムの中間に位置し,ユーザの要求(プレゼンテーション層)とデータベースなどの業務システム(データ層)の処理を橋渡しするためのアプリケーション層を構築するためのミドルウェアです。
一時クローズ処理
OpenTP1とTP1インバウンドアダプタ間のコネクション数がしきい値に達した場合に,コネクションを切断する処理のことです。

(カ行)

管理対象オブジェクト(AdminObject)
Connector 1.5仕様で定義された,キューやトピックなどを使用したメッセージの送受信で使用するオブジェクトです。メッセージ送信や,同期または非同期でのメッセージ受信でのメッセージ変換で使用します。
管理対象オブジェクトは,メッセージプロバイダごとに特有のオブジェクトです。リソースアダプタが使用する管理対象オブジェクトは,リソースアダプタのDD(ra.xml)の<adminobject>タグで指定します。
グローバルCORBAネーミングサービス
CTMによってリクエストをスケジューリングする場合に,CTMドメイン内に含まれる複数のJ2EEサーバに登録されている業務処理プログラム(Stateless Session Bean)の情報を共有管理するネーミングサービスです。
グローバルトランザクション
J2EEサーバが提供するトランザクションマネージャによって管理されるトランザクションです。2フェーズコミットプロトコルを使用できるので,トランザクションに複数のリソースを参加させることができます。
コネクションスイーパ
一定の間隔でコネクションプール内の未使用コネクションを破棄する機能です。
コネクションプーリング
サーブレット,JSP,Enterprise BeanなどのJ2EEコンポーネントや,バッチアプリケーションからリソースへのアクセス量に応じて,リソースコネクションをメモリ上にプーリングする機能です。リソースコネクションには,JDBCコネクション,リソースアダプタのコネクションなどがあります。コネクションをプーリングしておくことで,アプリケーションからのリソース接続要求を高速に処理できます。
コンテナ拡張ライブラリ
ユーザ作成ライブラリのインタフェースおよび機能を,J2EEコンテナ,Webコンテナ,またはバッチサーバから利用できるように拡張したライブラリです。Enterprise Bean,サーブレットおよびJSPから共通して利用できます。

(サ行)

サーバ管理コマンド
サーバで管理しているアプリケーションおよびリソースの設定をするためのコマンド群です。
サーバ起動・停止フック機能
J2EEサーバ,バッチサーバまたはWebサーバの起動・停止時に,コンテナ拡張ライブラリを使用するための初期化処理および停止処理を自動的に呼び出す機能です。J2EEサーバまたはWebサーバが異常終了した場合には機能しません。
サーブレットおよびJSPのサービスメソッド
javax.servlet.Servletのserviceメソッド,およびserviceメソッドから呼び出すメソッドです。serviceメソッドから呼び出すメソッドは, サーブレットの場合はdo*メソッド(doGet,doDeleteなど),JSPの場合は_jspServiceメソッドです。
セッション
Webアプリケーションに対する一連の作業を示す単位です。セッションは通常,WebクライアントからWebサーバへの複数のリクエストの集合から構成されます。

(タ行)

通常モード
J2EEアプリケーションの動作モードです。通常モードは,本番稼働するJ2EEアプリケーションを動作させるためのモードです。
データソース
JDBCを使用してデータベースに接続する機能です。
テストモード
J2EEアプリケーションの動作モードです。テストモードは,テスト用のJ2EEアプリケーションを本番環境と同じように動作させるためのモードです。
デプロイ
J2EEアプリケーションの場合,J2EEサーバ内にインポートしたJ2EEアプリケーションを,クライアントから実行可能な状態にすることです。
J2EEリソースアダプタの場合,J2EEサーバ内にインポートしたJ2EEリソースアダプタを,そのJ2EEサーバ上で動作するすべてのJ2EEアプリケーションから使用可能な状態にすることです。
展開ディレクトリ形式
EJBやサーブレットなどのアプリケーションの実体を,J2EEサーバの外部にある一定のルールに従ったファイル/ディレクトリに持つJ2EEアプリケーションの形式です。
同期点処理
OpenTP1が,トランザクションブランチに対してトランザクションを決着させるために実行する処理のことです。
同期点電文
OpenTP1が,トランザクションブランチに対してトランザクションを決着させるための指示を格納した電文のことです。
トランザクショングローバル識別子
システムノードIDとグローバルトランザクション番号(グローバルトランザクションを管理するためにシステムで一意に付けた番号)を合わせた識別子のことです。
トランザクションサービス
グローバルトランザクションを使用する場合に,トランザクションを管理するサービスです。TPBroker OTSによって提供されるサービス全体を表します。トランザクションサービスは,J2EEサーバのインプロセスで起動されます。
トランザクション識別子
トランザクションを一意に識別するための識別子のことです。
トランザクションマネージャ
トランザクションを管理する機能です。アプリケーションサーバが提供しています。グローバルトランザクションの場合は,トランザクションマネージャのバックエンドでTPBroker OTSが使用されています。

(ナ行)

ネーミング切り替え
JNDIを介してEJBホームオブジェクトの登録,削除,検索をする時に,JNDIが接続するCORBAネーミングサービスを切り替えることです。
ネーミングサービス
オブジェクトに名前を付けて格納場所を管理しておくことで,格納先を知らなくても名前からそのオブジェクトを利用できるようにするサービスです。アプリケーションサーバではCORBAネーミングサービスを利用します。
Management Serverでは,ネーミングサービスを論理サーバとして扱えます。

(ハ行)

非保護区
メソッドキャンセルができる領域を指します。ユーザプログラムのコードが非保護区に該当します。メソッドキャンセルとは,J2EEアプリケーション実行時間の監視で提供される機能の一つです。また,バッチ強制停止コマンドでも使用されます。
物理コネクション
接続先リソースのコネクションです。通常はJ2EEコンテナが操作します。リソースアダプタの場合は,javax.resource.spi.ManagedConnection,JDBCの場合はjavax.sql.XAConnectionに該当します。
別名
JNDI名前空間に登録するEJBホームオブジェクトリファレンスや,J2EEリソースに付けられる任意の名前です。ユーザ指定名前空間機能を使用している場合,別名を付けられます。Optional Nameともいいます。
保護区
メソッドキャンセルができない領域を指します。J2EEサービスのソースなどが保護区に該当します。メソッドキャンセルとは,J2EEアプリケーション実行時間の監視で提供される機能の一つです。また,バッチ強制停止コマンドでも使用されます。

(マ行)

未決着トランザクション
決着していない,仕掛かり中のトランザクションです。
メソッドキャンセル機能
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能の機能の一つです。メソッドタイムアウト機能でタイムアウトが通知されたあと,メソッドのキャンセルを実施する機能です。キャンセル時にデータベースにアクセスしている場合は,トランザクションの強制決着もします。
また,メソッドキャンセル機能は,バッチ強制停止コマンド実行時にも使用されます。
メソッドタイムアウト機能
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能の機能の一つです。監視基盤にあるリクエストのうち,一定時間内に終了しなかったメソッド処理を,タイムアウトとしてユーザに通知します。
メッセージインフロー
メッセージプロバイダがアプリケーションサーバ上のメッセージエンドポイントにメッセージを配送する場合の規約です。Connector 1.5のInboundの通信モデルを使用する場合に使用できる機能です。
メッセージプロバイダにはEISなどが該当します。アプリケーションサーバ上のメッセージエンドポイントにはMessage-driven Beanが該当します。
メンバリソースアダプタ
コネクションプールをクラスタ構成にしている場合に,データベースノードに接続するリソースアダプタです。メンバリソースアダプタは,必ずルートリソースアダプタを経由してアクセスされます。

(ヤ行)

ユーザ指定名前空間機能
JNDI名前空間に登録するEJBホームオブジェクトリファレンスやJ2EEリソースの名前に,ユーザが任意の別名を付けられる機能です。別名を付与することによって,CTMによってリクエストを振り分けたり,負荷分散機やロードバランサによって負荷分散したりする場合に,サーバ名やアプリケーション名に依存しない名前でルックアップできるようになります。

(ラ行)

ライトトランザクション
ローカルトランザクションを最適化した状態で使用できる機能です。
ライブラリJAR
JARファイル形式でパッケージされた,共通ライブラリです。J2EEアプリケーション内のJ2EEコンポーネントから共通に使用できます。
ラウンドロビン検索
複数のCORBAネーミングサービス上にある同一名称のEJBホームオブジェクトを,ラウンドロビンポリシーに従ってルックアップする検索機能のことです。
ラウンドロビンポリシー
複数のCORBAネーミングサービス上にある同一名称のEJBホームオブジェクトをルックアップする場合に適用されるポリシーです。
EJBホームオブジェクトリファレンスをラウンドロビン検索によって取得できるので,EJBクライアントでは意識しないでJ2EEサーバに送信するリクエストの負荷分散を実現できます。
リソースアダプタ
J2EE Connector Architectureによって,J2EEサーバまたはバッチサーバと,EISを接続するための接続機能です。
アプリケーションサーバで構築したシステムでは,データベースに接続するためのリソースアダプタであるDB ConnectorおよびDB Connector for Cosminexus RMを提供しています。また,OpenTP1のSPPと接続するためのリソースアダプタであるuCosminexus TP1 Connector,TP1/Message Queueと接続するためのリソースアダプタであるTP1/Message Queue - Access,データベース上に実現したキューに接続するためのリソースアダプタであるCosminexus RMも使用できます。
リソースマネジャ
リソースを管理する機能です。DBMSなどが該当します。
リデプロイ機能
J2EEアプリケーションを入れ替えるときに使用する機能です。リデプロイ機能による入れ替えは,J2EEアプリケーションのテスト時などに,修正したJ2EEアプリケーションと動作中のJ2EEアプリケーションを入れ替えたいときに使用します。
リロード機能
開始状態にあるアプリケーションを停止させないで,アプリケーションを構成するクラスやJSPを,少ない手順で動的に入れ替える機能です。
ルートリソースアダプタ
コネクションプールをクラスタ構成にしている場合に,メンバリソースアダプタを束ね,ユーザプログラムからのリクエストを受け付けるアダプタのことです。
ローカルトランザクション
接続先のリソースマネジャによって管理されるトランザクションです。単一のリソースだけがトランザクションに参加できます。
ロール
コンテキストに対し,アクセス制御するときに使用される単位です。ロールはグループごとに定義されます。また,アクセス制御するコンテキストについては,そのコンテキストにアクセスするのに必要なロールが定義されます。アクセスしたユーザの持つロールがコンテキストに定義されたロールと一致した場合,そのコンテキストへのアクセスは成功します。
論理コネクション
サーブレットやEnterprise BeanなどのJ2EEコンポーネントが直接操作するコネクションです。
リソースアダプタの場合はjavax.resource.cci.Connection,JDBCの場合はjava.sql.Connectionに該当します。