Cosminexus アプリケーションサーバ V8 機能解説 運用/監視/連携編

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

索引

[記号]
[数字]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][]
[ア行][カ行][サ行][タ行][ナ行][ハ行][マ行][ヤ行][ラ行][ワ行]

(記号)

.cmxrc
.cmxrcファイルの作成
.mngsvrmonitorrc
.mngsvrmonitorrc
.mngsvrutilrc
.mngsvrutilrc

(数字)

1.4モード
1:1系切り替えシステム
1:1系切り替えシステム
1:1系切り替えシステム
1:1系切り替えシステムで実行できる運用操作
1:1系切り替えシステムでの系切り替え処理の流れ
1:1系切り替えシステムでの系切り替えの動作
1:1系切り替えシステムの起動と停止(UNIXの場合)
1:1系切り替えシステムのシステム構成例

(英字)

(A)
actcommand
adminagent.adapter.bind_host
adminagent.adapter.bind_host
adminagent.adapter.bind_host
adminagent.adapter.bind_host
adminagent.cluster.localaddress.check
adminagent.cluster.localaddress.check
adminagent.j2ee.process.console_event.enabled
adminagent.j2ee.process.console_log.enabled
adminagent.jp1event.event_server_name
adminagent.jp1event_enabled
adminagent.process.consolelog.enabled
adminagent.process.consolelog.filenum
adminagent.process.consolelog.filesize
adminagent.properties
adminagent.properties
adminagent.properties
adminagent.properties
adminagent.userserver.process.console_event.enabled
adminagent.userserver.process.console_log.enabled
adminagentcheck
admjevlog_Cosminexus.conf
agentaddr
agentaddr
Application Server
auditsetup
(C)
cjjspc
cjlistthread
cjstopthread
cluster
cmx_stop_targetコマンド
cmxclient.properties
com.cosminexus.mngsvr.externals.jp1event.JP1EventHandler
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.enabled
Component Container管理者
Component Container管理者
Connector属性ファイルの設定
Cosminexus.conf
cosminexus.xml
cosminexus.xmlでのイベントの発行機能の定義
cosminexus.xmlでのリソース枯渇監視機能の定義
Cosminexus Component Transaction Monitor
Cosminexus Performance Tracer
Cosminexus Smart Composer用ファイル
Cosminexusアダプタコマンドの実行環境の設定
Cosminexusアダプタコマンドの実行環境の設定
Cosminexusアダプタコマンドのセットアップ
Cosminexusアダプタコマンドのセットアップ
Cosminexus アプリケーションサーバ
CosminexusのJP1イベント発行の設定
CosminexusのJP1イベント発行の設定
CosminexusのJP1イベント発行の設定
Cosminexusのカスタムジョブの登録(Windowsの場合)
Cosminexusモニタ起動コマンド
CTMの稼働統計情報の収集方法
CTMの稼働統計情報の出力先と出力情報
CTMの稼働統計情報の出力例
CTMのスケジュールキューの閉塞処理
(D)
DB Connectorの稼働情報ファイルに出力される情報
DD
(E)
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory1
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory1
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory1
ejbserver.distributedtx.XATransaction.enabled
ejbserver.distributedtx.XATransaction.enabled
ejbserver.distributedtx.XATransaction.enabled
ejbserver.instrumentation.enabled
ejbserver.manager.agent.JP1EventAgent.enabled
ejbserver.manager.agent.MEventAgent.enabled
EJBクライアントアプリケーションで使用するコマンドの監査ログの出力ポイント
EJBコンテナ
EJB呼び出し時のモードの判別
Enterprise Beanのメソッド呼び出し処理でのタイムアウト値の設定方法
Enterprise Beanを実行するための機能(EJBコンテナ)
(H)
HAモニタ
HAモニタ
HAモニタによる1:1系切り替えシステム
HAモニタの環境設定
Hitachi Web Serverで使用するコマンド,およびHitachi Web Serverに対する操作の監査ログの出力ポイント(UNIXの場合)
Hitachi Web Serverで使用するコマンド,およびHitachi Web Serverに対する操作の監査ログの出力ポイント(Windowsの場合)
htc.clienthandleraddr
htc.clienthandleraddr
HTTPリクエスト実行待ちキュー監視
HTTPリクエスト実行待ちキュー枯渇監視情報
(I)
IM構成ホスト
(J)
J2EEアプリケーションからネットワークリソースにアクセスする
J2EEアプリケーションからのネットワークリソースへのアクセス
J2EEアプリケーション起動/停止ジョブ定義用の定義プログラム
J2EEアプリケーションごとのメソッドタイムアウト時間
J2EEアプリケーション実行時間の監視
J2EEアプリケーション実行時間の監視機能
J2EEアプリケーション実行時間の監視とは
J2EEアプリケーション実行時間の監視の設定
J2EEアプリケーション停止処理の流れ
J2EEアプリケーション停止の種類
J2EEアプリケーションの入れ替え
J2EEアプリケーションの入れ替え
J2EEアプリケーションの入れ替えと保守
J2EEアプリケーションの入れ替えと保守
J2EEアプリケーションの入れ替え方法
J2EEアプリケーションの運用
J2EEアプリケーションの運用機能
J2EEアプリケーションの運用機能に必要な定義
J2EEアプリケーションの強制停止
J2EEアプリケーションの強制停止
J2EEアプリケーションの構成パターンと閉塞方法
J2EEアプリケーションの実行時間の監視とキャンセル
J2EEアプリケーションの実行時間の監視とキャンセル
J2EEアプリケーションの実行時間の監視とキャンセルの流れ
J2EEアプリケーションの実行状態の確認
J2EEアプリケーションの状態
J2EEアプリケーションの世代管理
J2EEアプリケーションの通常停止
J2EEアプリケーションの停止
J2EEアプリケーションの停止
J2EEアプリケーションのテスト機能
J2EEアプリケーションの動作モードの変更
J2EEアプリケーションの閉塞
J2EEアプリケーションの名称変更
J2EEアプリケーションを入れ替える
J2EEアプリケーションを開始するときのJSPの事前コンパイル
J2EEアプリケーションを強制停止する
J2EEアプリケーションを停止する
J2EEサーバ
J2EEサーバ共通用メッセージマッピングファイル
J2EEサーバ個別用メッセージマッピングファイル
J2EEサーバで使用するコマンドの監査ログの出力ポイント
J2EEサーバの運用監視の設定
J2EEサーバの機能
J2EEサーバ用JP1イベントの設定
J2EEユーザ用JP1イベントの設定
JavaVMの稼働情報ファイルに出力される情報
jbs_route.conf
jbs_route.confファイル
jbs_route.confファイル
jbsrt_distrib
jbsrt_distrib
jbsrt_distrib
JCAリソースの稼働情報ファイルに出力される情報
JP1
JP1
JP1/AJS
JP1/AJS - Agent
JP1/AJS - Manager
JP1/AJS - View
JP1/AJS2 - SO
JP1/AJS2 - SO
JP1/AJS2 - SOとの連携
JP1/AJS2 - SO連携時に運用管理エージェントが発行するJP1イベント一覧
JP1/AJS2を使用したバッチアプリケーションの自動実行
JP1/AJSおよびJP1/AJS2 - SOと連携してシステムの自動運転をする場合のシステム構築例
JP1/AJSと連携してシステムの自動運転をする場合のシステム構築例(J2EEサーバの場合)
JP1/AJSを使用したシステムの自動運転
JP1/BaseのJP1イベント転送の設定
JP1/BaseのJP1イベント転送の設定
JP1/Baseのイベントサーバ名の設定
JP1/Baseのイベントサーバ名の設定
JP1/Baseのイベントサーバ名の設定
JP1/Baseの構成定義の作成
JP1/Baseの構成定義の作成
JP1/Baseの構成定義ファイル
JP1/Baseの構成定義ファイルの作成
JP1/IM
JP1/IM
JP1/IM - CM
JP1/IM - CM
JP1/IM - CMと連携してシステムの構成定義および管理をする場合のシステム構成例
JP1/IM - CM連携時に発行されるJP1イベント
JP1/IM - View
JP1/IMと連携した障害監視処理の流れ
JP1/IM連携用モニタ起動設定ファイル
JP1/NETM/Audit
JP1/NETM/Audit
JP1/NETM/Auditと連携して監査ログの収集および一元管理をする場合のシステム構成例
JP1/SC/DPM
Jp1svprm.dat
Jp1svprm.dat
JP1イベント
JP1イベント
JP1イベントとして発行されるCosminexusシステムの障害情報
JP1イベントのフィルタリング設定
JP1ジョブ運用管理サーバ
JP1ジョブ運用管理サーバの設定
JP1統合運用管理サーバ
JP1統合運用管理サーバの設定
JP1連携による運用管理機能
JSP事前コンパイル機能
JSP事前コンパイル機能
jstartrecover
(K)
KDJE54000-I
KDJE54001-I
KDJE54051-E
(L)
LANの状態設定
localaddr
localaddr
localaddr
localaddr
(M)
maction.properties
Management Server環境設定ファイル
Management Serverで使用するコマンドの監査ログの出力ポイント
Management Serverの設定情報のコピー手順
Management Server用JP1イベントの設定
Management Server用起動スクリプト
Managementアクション
Managementアクション
Managementアクション
Managementアクション
Managementアクション実行コマンド
Managementアクション実行コマンドのコマンドファイルで使用できる環境変数
Managementアクション実行コマンドの設定
Managementアクション実行コマンドの動作
Managementアクション実行コマンドのワーキングディレクトリ
Managementアクション実行用プロパティファイル
Managementアクション実行用プロパティファイル
Managementアクション実行用プロパティファイルの設定
Managementアクションの実行制御
Managementアクションの実行制御方式
Managementイベント
Managementイベント
Managementイベント
Managementイベント
Managementイベントによる処理の自動実行の設定
Managementイベントによる処理の自動実行の設定手順
Managementイベント発行機能を利用する各機能の設定
Managementイベント発行サーバを再起動するサンプル
Managementイベント発行時の動作の設定
Managementイベント発行の有効化
Managementイベント発行用メッセージIDリストファイル
Managementイベント発行用メッセージIDリストファイルの設定
manager.jp1event.system.filtering.severity.alert
manager.jp1event.system.filtering.severity.critical
manager.jp1event.system.filtering.severity.emergency
manager.jp1event.system.filtering.severity.error
manager.jp1event.system.filtering.severity.information
manager.jp1event.system.filtering.severity.notice
manager.jp1event.system.filtering.severity.warning
manager.jp1event.user.filtering.enabled
manager.jp1event.user.filtering.filter
manager.jp1event.user.mapping.level.config
manager.jp1event.user.mapping.level.fine
manager.jp1event.user.mapping.level.finer
manager.jp1event.user.mapping.level.finest
manager.jp1event.user.mapping.level.info
manager.jp1event.user.mapping.level.severe
manager.jp1event.user.mapping.level.warning
manager.mevent.message_id.list
manager.mevent.retry.interval
manager.mevent.retry.limit
manager.mevent.send.max
manager.mevent.send.timeout
manager.mevent.sender.bind.host
Message-driven Beanの稼働情報ファイルに出力される情報
MIBオブジェクト
MIBオブジェクト
MIBファイル
Microsoft Cluster Service
Microsoft Cluster Service
mngagent.connector.host
mngagent.connector.host
mngsvr.jp1event.event_server_name
mngsvr.jp1event.event_server_name
mngsvr.myhost.name
mngsvr.myhost.name
mngsvr_adapter_setup
mngsvr_adapter_setup
mngsvrctl setup
mngsvrctl setup
mngsvrutil.connect.host
mngsvrutil.connect.host
mngsvrutil.connect.host
mngsvrutil.connect.password
mngsvrutil.connect.password
mngsvrutil.connect.password
mngsvrutil.connect.userid
mngsvrutil.connect.userid
mngsvrutil.connect.userid
mngsvrutil.properties
mngsvrutilcl.properties
mngsvrutilコマンドの実行環境の設定
monbegin
monbegin
monbegin
monend
monend
monend
monsbystp
monsbystp
monswap
monswap
mserver.jp1event.system.mapping.properties
mserver.properties
mserver.properties
mserver.properties
mstrexport
mstrexport
mstrexport
mstrimport
(N)
N:1リカバリ構成での仮想ホストの構成例
N:1リカバリシステム
N:1リカバリシステム
N:1リカバリシステム
N:1リカバリシステムでのファイルの設定の要否
N:1リカバリシステムの起動と停止(UNIXの場合)
N:1リカバリシステムの起動と停止(Windowsの場合)
N:1リカバリシステムの構成例(UNIXの場合)
N:1リカバリシステムのシステム構成例
N:1リカバリシステムの設定(UNIXの場合)
N:1リカバリシステムの設定(Windowsの場合)
N秒
(O)
ORB機能
ORB機能
ORB機能使用時の設定
ORB機能使用時の設定
OTS機能
OTS機能
(P)
PATH環境変数の設定
(S)
Smart Composer機能でのWebシステム構築
SNMP連携用形式
SNMP連携用形式ファイル
Stateful Session Beanの稼働情報ファイルに出力される情報
Stateless Session Beanの稼働情報ファイルに出力される情報
sysdef
sysdef
sysdef
(U)
URLグループ単位の実行待ちリクエスト数
URLグループの稼働情報ファイルに出力される情報
(V)
vbroker.agent.addr
vbroker.agent.addr
vbroker.agent.enableLocator
vbroker.se.iiop_tp.host
vbroker.se.iiop_tp.host
vbroker.se.iiop_tp.host
(W)
webserver.connector.ajp13.bind_host
webserver.connector.ajp13.bind_host
webserver.connector.http.bind_host
webserver.connector.http.bind_host
webserver.connector.inprocess_http.bind_host
webserver.connector.inprocess_http.bind_host
Webアプリケーション
WebアプリケーションとEnterprise Beanの両方で使用する機能(コンテナ共通機能)
Webアプリケーションの稼働情報ファイルに出力される情報
Webアプリケーションのサービスの部分閉塞による入れ替え
Webアプリケーションのサービスの閉塞と閉塞解除とは
Webアプリケーションの閉塞処理
Webアプリケーションのリクエスト処理でのタイムアウト値の設定方法
Webアプリケーション呼び出し時のモードの判別
Webアプリケーションを実行するための機能(Webコンテナ)
Webコンテナ
Webコンテナの稼働情報ファイルに出力される情報
Webサーバ
Webサーバ連携
Webシステムの構成情報の管理・収集
Webシステムの構成情報の収集
Webシステムの構成情報の定義
Webフロントシステムで実行できるサービス閉塞
Webフロントシステムでのサービス閉塞
Windows Server Failover Cluster
Windows Server Failover Cluster
workers.properties
workers.properties
(X)
XMLファイル
XMLファイル

(ア行)

(あ)
アーカイブ形式
アダプタコマンド
アプリケーション強制停止コマンド
アプリケーションサーバ
アプリケーションサーバ
アプリケーションサーバの1:1系切り替えシステムでの計画系切り替えの処理の流れ
アプリケーションサーバの1:1系切り替えシステムでの自動系切り替えの処理の流れ
アプリケーションサーバの機能の分類と対応するマニュアル(機能解説)の体系
アプリケーションサーバの設定
アプリケーションサーバを1:1系切り替えシステムで運用する場合のシステム構成例
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステム
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステムの起動と停止(Windowsの場合)
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステムの構成例(UNIXの場合)
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステムの構成例(Windowsの場合)
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステムの設定(UNIXの場合)
アプリケーションサーバを対象にした1:1系切り替えシステムの設定(Windowsの場合)
アプリケーション制御用カスタムジョブ
アプリケーションの監査ログを出力するための実装
アプリケーションのユーザログの取得
アンデプロイ処理
(い)
一覧表示コマンド
イベントの発行機能
イベントの発行方法
(う)
運用監視エージェント
運用管理エージェント
運用管理エージェントの自動起動の設定
運用管理エージェントプロパティファイル
運用管理サーバ・アプリケーションサーバの設定
運用管理サーバの1:1系切り替えシステムでの計画系切り替えの処理の流れ
運用管理サーバの1:1系切り替えシステムでの自動系切り替えの処理の流れ
運用管理サーバの設定
運用管理サーバの設定
運用管理サーバを1:1系切り替えシステムで運用する場合のシステム構成例
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステム
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステムの起動と停止(Windowsの場合)
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステムの構成例(UNIXの場合)
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステムの構成例(Windowsの場合)
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステムの設定(UNIXの場合)
運用管理サーバを対象にした1:1系切り替えシステムの設定(Windowsの場合)
運用時のトラブルについて
(え)
エイリアスIPアドレス
エイリアスIPアドレス
エイリアスIPアドレス
エクスポート機能

(カ行)

(か)
拡張MIBオブジェクト定義ファイル
カスタムジョブ
カスタムジョブ
カスタムジョブ
カスタムジョブによるジョブの定義(Windowsの場合)
カスタムログインモジュール
稼働状況のステータスの種類と意味
稼働情報監視で表示できる項目(J2EEサーバの場合)
稼働情報監視で表示できる項目(SFOサーバの場合)
稼働情報監視で表示できる項目(バッチサーバの場合)
稼働情報収集機能
稼働情報収集機能
稼働情報として監視できる項目
稼働情報の種類と稼働情報を出力するJ2EEサーバの機能
稼働情報ファイル
稼働情報ファイルで収集できる情報
稼働情報ファイルで収集できる情報の種類
稼働情報ファイルの出力間隔とファイル面数
稼働情報ファイルの出力機能
稼働情報ファイルの出力形式と出力内容
稼働情報ファイルの出力先
稼働情報ファイルの出力先とファイル面数
稼働情報ファイルのファイル名
稼働統計出力ファイル
稼働統計出力ファイルに出力される情報
稼働統計出力ファイルの出力先
稼働統計出力ファイル名
稼働統計出力ファイル名
稼働統計情報の出力情報
稼働統計情報ファイル
稼働統計情報ファイルの利用方法
簡易構築定義ファイル
簡易構築定義ファイルでのManagementイベントの発行の定義(J2EEサーバ)
簡易構築定義ファイルでのManagementイベントの発行の定義(SFOサーバ)
簡易構築定義ファイルでのイベントの発行の定義
簡易構築定義ファイルでの稼働情報ファイルの収集に必要な定義
簡易構築定義ファイルでのデータベース監査証跡との連携機能の定義
簡易構築定義ファイルでのリソース枯渇監視機能の定義
監査事象
監査事象の定義
監査証跡
監査で使用するメッセージの出力項目
監査ログ
監査ログ
監査ログが出力される流れと主な出力情報
監査ログ管理サーバの設定
監査ログ管理データベース
監査ログ出力機能を使用するシステムで必要な作業と参照先
監査ログ出力の設定
監査ログ出力用のAPIの実装例
監査ログとは
監査ログの一元管理
監査ログの収集
監査ログの収集/一元管理
監査ログの収集/一元管理の設定
監査ログの収集および一元管理に必要なプログラムのインストール
監査ログの収集および一元管理をするために使用するJP1プログラムの機能
監査ログの出力形式
監査ログの出力項目
監査ログの出力先
監査ログの出力に失敗した場合にシステムを自動で停止する流れ
監査ログの出力方式
監査ログの保存
監査ログを自動でアーカイブする流れ
監査ログを出力するコマンド・操作の一覧(UNIXの場合のHitachi Web Serverで使用するコマンド・操作)
監査ログを出力するコマンド・操作の一覧(Windowsの場合のHitachi Web Serverで使用するコマンド・操作)
監査ログを出力するコマンドの一覧(EJBクライアントアプリケーションで使用するコマンド)
監査ログを出力するコマンドの一覧(J2EEサーバで使用するコマンド)
監査ログを出力するコマンドの一覧(Management Serverで使用するコマンド)
監査ログを出力するコマンドの一覧(性能解析トレース・CTMで使用するコマンド)
監査ログを出力するコマンドの一覧(バッチサーバで使用するコマンド)
監視基盤
監視ツリー
監視ツリー自動生成の処理の流れ
監視ツリーの自動生成
監視ツリーの自動生成
監視ツリーの自動生成に必要な製品または構成ソフトウェア
監視ツリーの自動生成の設定
監視できるリソースの種類
(き)
起動順序定義ファイル
起動順序定義ファイル
機能ごとに取得できる稼働情報の種類
機能の分類とマニュアルの対応
旧バージョンの製品から移行するための機能(移行機能)
旧バージョンの製品との互換のための機能(互換機能)
強制停止
強制停止処理
業務指向ツリー
業務指向ツリー
業務指向ツリーの構成
業務指向ツリーのノード
(く)
クライアント側共通設定ファイル
クライアント側定義ファイル
クライアント側定義ファイル
クライアント共通設定プロパティファイル
クライアント設定プロパティファイル
クラスタ
クラスタIPアドレス
クラスタIPアドレス
クラスタアドミニストレータでのクラスタサーバの環境設定
クラスタアドミニストレータでのクラスタサーバの環境設定
クラスタソフトウェア
クラスタソフトウェアとの連携による系切り替え機能
クラスタソフトウェアとの連携による系切り替え機能
クラスタソフトウェア連携時のCosminexus TPBrokerの設定(UNIXの場合)
クラスタソフトウェア連携時のCosminexus TPBrokerの設定(Windowsの場合)
(け)
計画系切り替え
計画系切り替え
計画系切り替え
計画系切り替えの処理の流れ
計画系切り替えの処理の流れ
系切り替え
系切り替え時の情報の引き継ぎ
系切り替え時の情報の引き継ぎ
系切り替えの管理対象となるサーバ
系切り替えの処理の流れ
系切り替えのタイミング
系切り替えの動作
系障害
現用系
現用系
現用系から予備系へのManagement Serverの設定情報のコピー
現用系から予備系へのManagement Serverの設定情報のコピー
(こ)
コールドスタンバイ
コネクションプール監視
コネクションプール枯渇監視情報
コンソール出力情報
コンソールログ
コンソールログの出力対象
コンソールログの出力対象となる操作
コンソールログの出力対象となるプロセス
コンソールログの取得の設定
コンテキストルート
コンテキストルート名

(サ行)

(さ)
サーバ側定義ファイル
サーバ管理コマンド
サーバ指向ツリー
サーバ指向ツリー
サーバ指向ツリーの構成
サーバ対応の環境設定での設定内容(N:1リカバリシステムの場合)
サーバ対応の環境設定での設定内容(アプリケーションサーバの1:1系切り替えの場合)
サーバ対応の環境設定での設定内容(運用管理サーバの1:1系切り替えの場合)
サーバ対応の環境設定での設定内容(相互系切り替えシステムの場合)
サーバの稼働情報の出力方法
サービスの部分閉塞ができるシステム構成
サービスの部分閉塞による入れ替え
サービスの部分閉塞の方法
サービス部分閉塞
サービス閉塞
サービス閉塞
サービス閉塞
サービス閉塞の解除
サービス閉塞の方法
サービス閉塞の方法と表示されるエラーページ
サービスユニット
サービスユニットのステータス監視
サンプリング時間
(し)
しきい値イベント
しきい値を設定できる監視対象
システムの運用監視
システムの運用状況の監視
システムの稼働監視
システムの監査を支援する機能
システムの起動
システムの起動・停止など日常的な運用をするための機能(運用機能)
システムの起動と停止の設定
システムの起動と停止の手順
システムの構成定義および管理
システムの構成定義および管理に必要なプログラム
システムの構成定義および管理の仕組み
システムの構成定義および管理のための設定
システムの構成定義および管理をするために使用するJP1プログラムの機能
システムの構成例(N:1リカバリシステムの場合)
システムの自動運転
システムの自動運転をするために使用するJP1プログラムの機能(J2EEサーバの場合)
システムの自動運転をするために使用するJP1プログラムの機能(バッチサーバの場合)
システムの集中監視
システムの集中監視に必要なプログラム
システムの集中監視の仕組み
システムの集中監視をするために使用するJP1プログラムの機能
システムの停止
システムの日常運用を支援する機能
システムの保守を支援する機能
システムの利用状況を監視するための機能(監視機能)
実行系
実行系
実行系
実行系
実行系の前提条件
実行系の汎用スクリプトファイルの関数
実行系の汎用スクリプトファイルの変数
自動系切り替え
自動系切り替え
自動系切り替え
自動系切り替えの処理の流れ
自動系切り替えの処理の流れ
シナリオ
シナリオテンプレート
シナリオテンプレート定義ファイル
シナリオテンプレートによるシナリオの定義〔JP1/AJS2 - SO連携〕
シナリオテンプレートを使用するための設定
シナリオによるシステムの自動運転
シナリオによるシステムの自動運転に必要なプログラム〔JP1/AJS2 - SO連携〕
シナリオによるシステムの自動運転の設定
シナリオによるシステムの自動運転を行うシステムの構築
シナリオによるシステムの自動運転をするために使用するJP1プログラムの機能
出力される稼働情報
障害監視に必要な製品または構成ソフトウェア
障害監視の設定
障害の監視の仕組み
障害発生時の自動再起
ジョブ
ジョブ
ジョブによるシステムの自動運転に必要な製品または構成ソフトウェア
ジョブによるシステムの自動運転に必要なプログラム
ジョブによるシステムの自動運転の仕組み
ジョブによるシステムの自動運転の設定
ジョブネット
ジョブネット
ジョブの定義
(す)
スケールアウト
スケールアウト
スケールイン
スケジュールの定義
ステーショナリIPアドレス
ステーショナリIPアドレス
ステータス監視で確認できる項目
ステータスの監視方法
ステートメントキャンセル
スマートエージェントのlocaladdrファイルの設定内容
スマートエージェントのlocaladdrファイルの設定内容
スマートエージェントを系切り替えの対象にしない場合のIPアドレスの設定例
スマートエージェントを系切り替えの対象にする場合のIPアドレスの設定例
スマートエージェントをフェイルオーバの対象にしない場合のIPアドレスの設定例
スマートエージェントをフェイルオーバの対象にする場合のIPアドレスの設定例
スレッド監視
スレッド枯渇監視情報
スレッドダンプ監視
スレッドダンプ枯渇監視情報
スレッドの状態とメソッドキャンセルの実行可否
(せ)
性能解析トレース・CTMで使用するコマンドの監査ログの出力ポイント
性能解析トレースの取得
性能解析トレースの利用によるJ2EEアプリケーションの動作モードの確認
セッション数監視
セッション数枯渇監視情報
セッションフェイルオーバサーバ
(そ)
相互系切り替えシステム
相互系切り替えシステム
相互系切り替えシステムでの計画系切り替えの処理の流れ
相互系切り替えシステムでの系切り替え処理の流れ
相互系切り替えシステムでの系切り替えの動作
相互系切り替えシステムでの自動系切り替えの処理の流れ
相互系切り替えシステムの起動と停止(UNIXの場合)
相互系切り替えシステムの起動と停止(Windowsの場合)
相互系切り替えシステムの起動の流れ
相互系切り替えシステムの構成例
相互系切り替えシステムの構成例(UNIXの場合)
相互系切り替えシステムの構成例(Windowsの場合)
相互系切り替えシステムのシステム構成例
相互系切り替えシステムのシステム構成例
相互系切り替えシステムの設定(UNIXの場合)
相互系切り替えシステムの設定(Windowsの場合)
相互系切り替えシステムの停止の流れ
相互系切り替えシステムをメンテナンスする場合の起動と停止
相互スタンバイ
相互スタンバイ構成
相互スタンバイ構成
相互スタンバイシステムの構成例

(タ行)

(た)
待機系
待機系
待機系
待機系
待機系の前提条件
待機系の汎用スクリプトファイルの関数
待機系の汎用スクリプトファイルの変数
ダイナミッククラスローディング機能
タイムアウトが発生したリクエストのキャンセル
タイムアウト検知間隔とメソッドタイムアウト時間
タイムアウトしたリクエストをキャンセルする
タイムアウト値の設定例と設定値の有効範囲
タイムアウトの判定とタイムアウト後の動作
タイムアウトを検知する時間の間隔
(ち)
抽象パラメタ
抽象パラメタ
(つ)
通常停止
通常のJ2EEアプリケーションの入れ替えの手順
通常のサービス閉塞
通常モード
(て)
停止処理
データベース監査証跡
データベース監査証跡と連携した運用例
データベース監査証跡に出力する情報
データベース監査証跡の出力個所
データベース監査証跡への出力の流れ
データベース監査証跡への情報の出力
データベース監査証跡連携機能
データベース監査証跡連携機能を使用できるデータベースとDBConnector
データベースの監査証跡情報の取得
テストモード
テストモード使用の前提条件
テストモードで実行できるサーバ管理コマンド
テストモードで動作しているEJBの呼び出し
テストモードで動作しているJ2EEアプリケーション情報の取得
テストモードで動作しているJ2EEアプリケーションに対してできる動作
テストモードで動作しているJ2EEアプリケーションに対する処理
テストモードで動作しているWebアプリケーションの呼び出し
テストモードで動作中のアプリケーションに対してできる操作
テストモードでのEnterprise Bean呼び出しについての注意事項
テストモードでのJ2EEアプリケーションの動作確認(入れ替え時)
テストモードでのJ2EEアプリケーションの動作確認(新規作成時)
テストモードでのJ2EEアプリケーション呼び出し時の注意事項
テストモードでのWebアプリケーション呼び出しについての注意事項
テストモードを使用するための設定
デフォルトのタイムアウト時間で通常停止を実行して,停止しなかった場合に強制停止を実行する
デフォルトのタイムアウト時間で通常停止を実行する
展開ディレクトリ形式
(と)
統計情報の取得
統合機能メニュー
統合コンソール
統合コンソール
統合コンソール
統合スコープ
統合スコープ
トラブル発生時などに対処するための機能(保守機能)
トランザクションサービスの稼働情報ファイルに出力される情報

(ナ行)

(に)
日常運用での起動と停止
任意のタイムアウト時間を設定して通常停止を実行して,停止しなかった場合に強制停止を実行する
任意のタイムアウト時間を設定して通常停止を実行して,停止しなかった場合に自動的に強制停止を実行する
任意のタイムアウト時間を設定して通常停止を実行する
(ね)
ネットワークリソースにアクセスするための設定
ネットワークリソースへのアクセスの概要

(ハ行)

(は)
バックシステム(CTMを使用していない場合)で実行できるサービス閉塞
バックシステム(CTMを使用している場合)で実行できるサービス閉塞
バックシステムでのサービス閉塞(CTMを使用しているシステムの場合)
バッチサーバで使用するコマンドの監査ログの出力ポイント
汎用スクリプトファイルの関数
汎用スクリプトファイルの関数
汎用スクリプトファイルの関数
汎用スクリプトファイルの関数(アプリケーションサーバの1:1系切り替えの場合)
汎用スクリプトファイルの関数(運用管理サーバの1:1系切り替えの場合)
汎用スクリプトファイルの変数
汎用スクリプトファイルの変数
汎用スクリプトファイルの変数
汎用スクリプトファイルの変数(アプリケーションサーバの1:1系切り替えの場合)
汎用スクリプトファイルの変数(運用管理サーバの1:1系切り替えの場合)
汎用スクリプトファイルの例
(ひ)
非保護区
ビューアー
ビューアー
ビューアー
(ふ)
ファイルディスクリプタ監視
ファイルディスクリプタ枯渇監視情報
負荷分散機を使用したシステム構成でのサービス閉塞
負荷分散機を利用したサービス部分閉塞
負荷分散機を利用したサービス閉塞
プライベートプロパティの設定
フルガーベージコレクション回数
プロセスリソースの稼働情報ファイルに出力される情報
フロント
フロントEJB
フロントEJB
フロントEJB
フロントEJBの閉塞処理
(へ)
閉塞処理
ヘッダファイル
ヘッダファイルと稼働情報ファイルの対応
(ほ)
ほかの製品と連携して運用するための機能(連携機能)
保護区
保護区
保護区
保護区リストファイル
ホスト単位管理モデルを対象とした系切り替えシステム

(マ行)

(め)
メソッドキャンセル機能
メソッドキャンセルコマンド
メソッドキャンセル実行のタイミング
メソッドキャンセル時の動作
メソッドキャンセルとは
メソッドキャンセルの処理
メソッドキャンセルを利用するアプリケーション開発時の注意事項
メソッドタイムアウト機能
メソッドタイムアウト機能の対象となる処理
メソッドタイムアウトとは
メソッドタイムアウトの適用対象(Enterprise Bean呼び出し側)
メソッドタイムアウトの適用対象(Webアプリケーションのリクエスト処理)
メソッドタイムアウトの適用対象(コールバックメソッド側)
メソッドタイムアウト発生時のオプションメッセージの設定
メモリ監視
メモリ枯渇監視情報
面数

(ヤ行)

(ゆ)
ユーザJP1イベントの推奨設定
ユーザログ
ユーザログ出力機能
(よ)
予備系
予備系

(ラ行)

(ら)
ライトトランザクション機能の利用
ランタイム属性
(り)
リカバリ処理の流れ
リカバリ専用サーバ
リカバリ専用サーバ
リカバリ専用サーバ
リソースグループの設定
リソース枯渇監視機能とリソース枯渇監視情報の出力
リソース枯渇監視機能の有効化
リソース枯渇監視情報
リソース枯渇監視情報に出力される情報
リソース枯渇監視情報の出力形式
リソース枯渇監視の設定
リソース枯渇監視ログファイル
リソース種別ごとの監視の設定
リデプロイ
リデプロイ
リデプロイ機能による入れ替え
リデプロイ機能による入れ替え手順
リデプロイによってJ2EEアプリケーションを入れ替えるときのJSPの事前コンパイル
リデプロイによるJ2EEアプリケーションの入れ替え
リロード
リロード
リロード機能による入れ替え
リロードによってJ2EEアプリケーションを入れ替えるときのJSPの事前コンパイル
リロードによるJ2EEアプリケーションの入れ替え
(る)
ルートアプリケーション情報
ルートアプリケーション情報
ルートアプリケーション情報
(ろ)
ログイン方法の設定 〔JP1/IM連携〕
論理サーバおよびJ2EEアプリケーションの起動と停止の自動化の仕組み
論理サーバ起動/停止ジョブ定義用の定義プログラム
論理サーバ制御用カスタムジョブ
論理サーバの稼働確認方法
論理サーバの起動・停止の仕組み
論理サーバの起動と稼働確認
論理サーバのステータス監視
論理サーバの停止

(ワ行)

(わ)
ワーカ定義ファイル
ワーカ定義ファイル