Cosminexus アプリケーションサーバ V8 機能解説 基本・開発編(Webコンテナ)

[目次][用語][索引][前へ][次へ]

付録C.2 Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5の設定

ここでは,Microsoft IIS を使用してWeb サーバと連携する場合のMicrosoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5の設定方法について説明します。

J2EEサーバとMicrosoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5との連携は,次に示す手順で設定します。

  1. 役割サービスのインストール
  2. ISAPIおよびCGIの制限の追加
  3. ISAPIフィルタの追加
  4. ハンドラマッピングの設定
  5. 仮想ディレクトリの追加
  6. [サーバー]ノードでのアプリケーションプールの設定
  7. [サイト]ノードでのアプリケーションプールの設定
  8. リダイレクタログ出力先ディレクトリへのアクセス権の設定
  9. Webサイトの開始
    参考
    • Microsoft IIS 7.0とMicrosoft IIS 7.5では,画面表記が一部異なります。以降の手順では,Microsoft IIS 7.5の場合の表記で説明します。Microsoft IIS 7.0を使用している場合は,次の表に示すとおりに読み替えてください。
      Microsoft IIS 7.5の画面表記 Microsoft IIS 7.0の画面表記
      サーバーマネージャー サーバーマネージャ
      インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ
      ISAPIフィルター ISAPIフィルタ
      フィルター名 フィルタ名
      ハンドラー マッピング ハンドラ マッピング
      ワーカー プロセス ワーカ プロセス
    • Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5の設定で使用する,[インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー]の画面構成を次に示します。

      [図データ]

      以降で示す手順に従って,[接続]ウィンドウ,[機能ビュー],[操作]ウィンドウなどで設定を実施してください。

 

<この項の構成>
(1) 役割サービスのインストール
(2) ISAPIおよびCGIの制限の追加
(3) ISAPIフィルタの追加
(4) ハンドラマッピングの設定
(5) 仮想ディレクトリの追加
(6) [サーバー]ノードでのアプリケーションプールの設定
(7) [サイト]ノードでのアプリケーションプールの設定
(8) リダイレクタログ出力先ディレクトリへのアクセス権の設定
(9) Webサイトの開始
(10) 注意事項

(1) 役割サービスのインストール

Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5を使用する場合,用途に応じた役割サービスをインストールする必要があります。役割サービスをインストールする手順を次に示します。

  1. [スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[管理ツール]から,[サーバーマネージャー]を起動します。
  2. [サーバーマネージャー]の[役割]を選択し,[Webサーバー(IIS)]の[役割サービスの追加]をクリックします。
  3. [役割サービスの追加]ダイアログで,次に示す役割サービスを選択します。
    • 静的なコンテンツ
    • 既定のドキュメント
    • ディレクトリの参照
    • HTTPエラー
    • ISAPI拡張
    • ISAPIフィルター
    • IIS管理コンソール
  4. [インストール]をクリックします。
  5. [閉じる]をクリックします。
    インストールが完了します。

(2) ISAPIおよびCGIの制限の追加

ISAPIおよびCGIの制限を追加する手順を次に示します。

  1. [スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[管理ツール]から,[インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャー]を起動します。
  2. [機能ビュー]のサーバの[ホーム]ページで,[ISAPIおよびCGI制限]をダブルクリックします。
  3. [ISAPIおよびCGI制限]ページの[操作]ウィンドウで[追加]をクリックします。
  4. [ISAPIまたはCGIの制限の追加]ダイアログで次の操作をします。
    • [ISAPIまたはCGIパス]にリダイレクタのDLL(<Cosminexusのインストールディレクトリ>\CC\web\redirector\isapi_redirect.dll)を指定します。
    • [説明]に「ISAPI」と入力します。
    • [拡張パスの実行を許可する]をチェックします。
  5. [OK]ボタンをクリックします。
    [ISAPIまたはCGIの制限の追加]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(3) ISAPIフィルタの追加

ISAPIフィルタを追加する手順を次に示します。

  1. [機能ビュー]のサイトの[ホーム]ページで[ISAPIフィルター]をダブルクリックします。
  2. [ISAPIフィルター]ページの[操作]ウィンドウで[追加]をクリックします。
  3. [ISAPIフィルターの追加]ダイアログで次の操作をします。
    • [フィルター名]に「hitachi_ccfj」と入力します。
    • [実行可能ファイル]にリダイレクタのDLL(<Cosminexusのインストールディレクトリ>\CC\web\redirector\isapi_redirect.dll)を指定します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
    [ISAPIフィルターの追加]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(4) ハンドラマッピングの設定

ハンドラマッピングを設定する手順を次に示します。

  1. [機能ビュー]のサイトの[ホーム]ページで[ハンドラー マッピング]をダブルクリックします。
  2. [ハンドラー マッピング]ページで「ISAPI-dll」を選択し,[操作]ウィンドウで[編集...]をクリックします。
  3. [モジュール マップの編集]ダイアログで次の操作をします。
    • [要求パス]に「*.dll」と入力します。
    • [実行可能ファイル]にリダイレクタのDLL(<Cosminexusのインストールディレクトリ>\CC\web\redirector\isapi_redirect.dll)を指定します。
    すでにハンドラマッピングが設定されている場合,[スクリプトマップの編集]ダイアログが起動しますが,操作内容は同じです。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
  5. モジュールマップの編集を有効にするかどうかを確認するメッセージダイアログで,ISAPI拡張機能を有効にするために,[はい]ボタンをクリックします。
  6. [ハンドラー マッピング]ページで「ISAPI-dll」を選択し,[操作]ウィンドウで[機能のアクセス許可の編集...]をクリックします。
  7. [機能のアクセス許可の編集]ダイアログで「読み取り」,「スクリプト」および「実行」のすべてのアクセス許可をチェックします。
  8. [OK]ボタンをクリックします。
    [機能のアクセス許可の編集]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(5) 仮想ディレクトリの追加

「hitachi_ccfj」という名称の仮想ディレクトリを追加します。仮想ディレクトリを追加する手順を次に示します。

  1. [接続]ウィンドウで[サイト]ノードを展開し,仮想ディレクトリを追加するサイトをクリックします。
  2. [操作]ウィンドウで,[仮想ディレクトリの表示]をクリックします。
    [仮想ディレクトリ]ページが表示されます。
  3. [仮想ディレクトリ]ページの[操作]ウィンドウで,[仮想ディレクトリの追加...]をクリックします。
  4. [仮想ディレクトリの追加]ダイアログで次の操作をします。
    • [エイリアス]に「hitachi_ccfj」と入力します。
    • [物理パス]にリダイレクタのDLL(<Cosminexusのインストールディレクトリ>\CC\web\redirector\isapi_redirect.dll)が格納されているディレクトリを指定します。
  5. [OK]ボタンをクリックします。
    [仮想ディレクトリの追加]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(6) [サーバー]ノードでのアプリケーションプールの設定

[サーバー]ノードでのアプリケーションプールの設定手順を次に示します。

  1. [接続]ウィンドウでサーバノードを展開し,[アプリケーション プール]をクリックします。
  2. [アプリケーション プール]ページで,使用するアプリケーションプールを選択し,[操作]ウィンドウの[詳細設定]をクリックします。
  3. [詳細設定]ダイアログで次の操作をします。
    • [32ビットアプリケーションの有効化]に「True」を指定します(64ビットOSの場合だけに必要な指定です)。
    • [ワーカー プロセスの最大数]に,Microsoft IIS内でリクエストを処理するプロセスの最大数を指定します。
    注※
    このマニュアルでは,Webコンテナの実行プロセスのことも「ワーカプロセス」と表記していますが,ここで設定する「ワーカー プロセス」とはMicrosoft IIS内でリクエストを処理するプロセスを指します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
    [詳細設定]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(7) [サイト]ノードでのアプリケーションプールの設定

サイトノードでのアプリケーションプールの設定手順を次に示します。

  1. [接続]ウィンドウで[サイト]ノードを展開し,アプリケーションプールを指定するサイトをクリックします。
  2. [操作]ウィンドウで,[詳細設定]をクリックします。
  3. [詳細設定]ダイアログで,[アプリケーションプール]を入力します。
    [アプリケーションプール]に,「(6) [サーバー]ノードでのアプリケーションプールの設定」で設定したアプリケーションプールの名称を指定します。
  4. [OK]ボタンをクリックします。
    [詳細設定]ダイアログが閉じて,設定が反映されます。

(8) リダイレクタログ出力先ディレクトリへのアクセス権の設定

リダイレクタのログ出力先ディレクトリには,Microsoft IISのアプリケーションプールの実行アカウントに対する書き込み権限を付加しておく必要があります。エクスプローラから,リダイレクタのログ出力ディレクトリにアクセス権を設定してください。

アプリケーションプールの実行アカウントは,アプリケーションプールの[詳細設定]ダイアログの[ID]で指定します。デフォルトのIDを指定している場合は,「IIS_IUSRS」グループに対して書き込み権限を付加してください。

デフォルトのIDは次のとおりです。

なお,新規インストール時には,デフォルトの状態ではリダイレクタのログ出力先ディレクトリ(<Cosminexusのインストールディレクトリ>\CC\web\redirector\logs)がありません。このため,logsディレクトリを作成してアクセス権を設定するか,または一つ上のディレクトリ(redirectorディレクトリ)にアクセス権を設定してください。

また,リダイレクタのログ出力先ディレクトリを変更している場合に,指定しているパスが途中までしかないときは,存在する最下層のディレクトリに対してアクセス権を設定するか,または指定したパスに対応するディレクトリをすべて作成して,最下層のディレクトリにアクセス権を設定してください。

(9) Webサイトの開始

Microsoft IISのWebサイトの開始の手順を次に示します。

  1. [接続]ウィンドウで[サイト]ノードを展開し,開始するサイトをクリックします。
  2. [操作]ウィンドウで,[開始]をクリックします。開始済みの場合は,[再起動]をクリックします。
    Webサイトが開始,または再起動します。

(10) 注意事項

ここでは,Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5の設定時の注意事項について説明します。

(a) 構成設定の複数環境へのレプリケーションについての注意事項

Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5では,構成設定をweb.configファイルに保存できます。また,保存したweb.configファイルを基に,xcopyを使用して複数環境に構成環境をレプリケーションできます。

ただし,リダイレクタを使用する構成環境の場合,xcopyでの複数環境へのレプリケーションでリダイレクタの設定はできません。xcopyで複数環境を同一の構成設定にする場合も,リダイレクタの設定は環境ごとに手動で同期してください。

(b) エラーページのカスタマイズについての注意事項

Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5でエラーページにカスタムエラーページを返す設定にしている場合,web.xmlの<error-page>タグによるエラーページのカスタマイズは無効となることがあります。web.xmlの<error-page>タグによるエラーページのカスタマイズを有効にしたい場合は,Microsoft IIS 7.0またはMicrosoft IIS 7.5のエラーページのカスタムエラーページの設定を無効にしてください。