Cosminexus V9 アプリケーションサーバ Cosminexus HTTP Server

手引書

3020-3-Y18-30


目  次

前書き
変更内容
はじめに

1. HTTP Serverとは
1.1 HTTP Serverの概要
1.2 HTTP Serverの特長

2. 運用の準備と起動,停止(UNIX版)
2.1 HTTP Serverを運用するためのシステム構成
2.2 インストールとアンインストール
2.3 運用環境を定義する
2.3.1 環境の定義方法
2.3.2 システムパラメタの定義方法
2.4 起動と停止
2.4.1 HTTP Serverを起動,停止する(Management Serverの使用)
2.4.2 HTTP Serverを起動,停止する(httpsdctlコマンド)
2.4.3 HTTP Serverを起動する(httpsdコマンド)
2.4.4 一般ユーザアカウントによる運用

3. 運用の準備と起動,停止(Windows版)
3.1 HTTP Serverを運用するためのシステム構成
3.2 インストールとアンインストール
3.3 運用環境の定義ファイル
3.4 起動と停止
3.4.1 HTTP Serverの起動,停止
3.4.2 一般ユーザアカウントによる運用

4. システムの運用方法
4.1 HTTP Serverの処理とディレクティブとの関係
4.1.1 HTTP Serverのプロセス構造(UNIX版)
4.1.2 HTTP Serverのプロセス構造(Windows版)
4.1.3 稼働管理について
4.2 ログを採取する
4.2.1 ログの種類
4.2.2 ログの採取方法
4.2.3 ログを分割する(rotatelogsプログラム)
4.2.4 ログファイルをラップアラウンドさせて使用する(rotatelogs2プログラム)
4.2.5 ログファイルのIPアドレスをホスト名に変換する(logresolveコマンド)
4.2.6 モジュールトレースの採取
4.2.7 リクエストトレースの採取
4.2.8 I/Oフィルタトレースの採取
4.2.9 内部トレースの採取(hwstraceinfoコマンド)
4.2.10 保守情報収集機能(hwscollectコマンド)
4.3 サーバマシンのバーチャル化(バーチャルホスト)
4.4 WebサーバでのCGIプログラムの実行
4.5 ユーザ認証とアクセス制御
4.5.1 ユーザ名およびパスワードによるアクセス制御
4.5.2 クライアントのホスト名またはIPアドレスによるアクセス制御
4.5.3 ディレクトリに対するアクセス制御
4.5.4 ディレクトリサービスを利用したユーザ認証とアクセス制御
4.6 ファイル名一覧の表示
4.7 リバースプロキシの設定
4.8 稼働状況の表示(ステータス情報表示)
4.9 流量制限機能
4.10 ヘッダカスタマイズ機能
4.11 有効期限設定機能
4.12 静的コンテンツキャッシュ機能
4.13 複数のWebサーバ環境の生成(hwsservereditコマンド)
4.14 イメージマップ
4.15 IPv6による通信
4.15.1 サポート範囲
4.15.2 IPv6による通信の準備(httpsd.confファイルの編集)
4.16 アプリケーションサーバとの連携

5. SSLによる認証,暗号化
5.1 SSLで認証,暗号化する
5.1.1 SSL通信のための準備
5.1.2 SSL通信の手順
5.1.3 SSLセション管理
5.1.4 SSLクライアント認証の準備
5.1.5 証明書の有効性の検証
5.2 証明書取得手順
5.2.1 Webサーバの秘密鍵の作成(keygenコマンド)
5.2.2 証明書発行要求(CSR)の作成(certutil reqgenコマンド)
5.2.3 証明書発行要求(CSR)の内容表示(certutil reqコマンド)
5.2.4 証明書の内容表示(certutil certコマンド)
5.2.5 証明書の形式変換(certutil certコマンド)
5.2.6 ハッシュリンクの作成(UNIX版)(certutil certコマンド)
5.2.7 keygenコマンドおよびcertutilコマンドの使用例
5.3 CRLの運用
5.3.1 CRLのダウンロード
5.4 パスワード付きサーバ秘密鍵の使用
5.4.1 sslpasswdコマンド

6. ディレクティブ
6.1 ディレクティブ一覧
6.1.1 ディレクティブ一覧
6.1.2 ディレクティブの記述規則
6.1.3 ディレクティブの説明形式
6.2 ディレクティブの詳細
6.2.1 <で始まるディレクティブ
6.2.2 Aで始まるディレクティブ
6.2.3 B,C,Dで始まるディレクティブ
6.2.4 E,F,G,H,Iで始まるディレクティブ
6.2.5 K,Lで始まるディレクティブ
6.2.6 M,N,O,P,Q,Rで始まるディレクティブ
6.2.7 Sで始まるディレクティブ
6.2.8 T,Uで始まるディレクティブ

付録
付録A ステータスコード
付録B CGIプログラムに渡す環境変数
付録C 高信頼化システム監視機能HAモニタによるシステム監視(クラスタリングシステムの運用)
付録C.1 ハードウェア構成例とHAモニタの動作概要
付録C.2 HTTP Serverの設定
付録C.3 監視コマンドの作成
付録C.4 HAモニタの設定
付録D MC/ServiceGuardによるシステム監視(クラスタリングシステムの運用)
付録D.1 ハードウェア構成例とMC/ServiceGuardの動作概要
付録D.2 HTTP Serverの設定
付録D.3 監視スクリプトの作成
付録D.4 MC/ServiceGuardの設定
付録E HACMP for AIXによるシステム監視(クラスタ・マルチプロセッシングの運用)
付録E.1 ハードウェア構成例とHACMP for AIXの動作概要
付録E.2 HTTP Serverの設定
付録E.3 監視スクリプトの作成
付録E.4 HACMP for AIXの設定
付録F Windows Server Failover Clusterによるシステム監視
付録F.1 運用の例
付録F.2 HTTP Serverの設定
付録F.3 サーバクラスタの設定
付録G 旧バージョンからの移行に関する注意点
付録H 用語解説

索引