Cosminexus V9 アプリケーションサーバ リファレンス 定義編(サーバ定義)

[目次][索引][前へ][次へ]

索引

[記号]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]
[ア行][カ行][サ行][タ行][ハ行][マ行][ラ行][ワ行]

(記号)

.cmxrc
.mngsvrmonitorrc
.mngsvrutilrc(mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイル)のキー
.vmirc
-XX:[+|-]ExplicitMemoryUseExcludeClass
-XX:[+|-]HitachiAutoExplicitMemory
-XX:[+|-]HitachiCommaVerboseGC
-XX:[+|-]HitachiExplicitMemoryAutoReclaim
-XX:[+|-]HitachiExplicitMemoryAutoRefReclaim
-XX:[+|-]HitachiExplicitMemoryCompatibleToV8
-XX:[+|-]HitachiExplicitMemoryMoveToTenuredFirst
-XX:[+|-]HitachiFullCore
-XX:[+|-]HitachiJavaClassLibTrace
-XX:[+|-]HitachiJavaLogNoMoreOutput
-XX:[+|-]HitachiLocalsInStackTrace
-XX:[+|-]HitachiLocalsInThrowable
-XX:[+|-]HitachiLocalsSimpleFormat
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryAbort
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryAbortThreadDump
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryAbortThreadDumpWithJHeapProf
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryCause
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryHandling
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemorySize
-XX:[+|-]HitachiOutOfMemoryStackTrace
-XX:[+|-]HitachiOutputMilliTime
-XX:[+|-]HitachiReserveSwapSpace
-XX:[+|-]HitachiThreadDump
-XX:[+|-]HitachiThreadDumpToStdout
-XX:[+|-]HitachiThreadDumpWithBlockCount
-XX:[+|-]HitachiThreadDumpWithCpuTime
-XX:[+|-]HitachiThreadDumpWithHashCode
-XX:[+|-]HitachiTrueTypeInLocals
-XX:[+|-]HitachiUseExplicitMemory
-XX:[+|-]HitachiVerboseGC
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCCpuTime
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintCause
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintDate
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintDeleteOnExit
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintJVMInternalMemory
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintTenuringDistribution
-XX:[+|-]HitachiVerboseGCPrintThreadCount
-XX:[+|-]JavaLogAsynchronous
-XX:[+|-]JITCompilerContinuation
-XX:[+|-]PrintCodeCacheFullMessage
-XX:[+|-]PrintCodeCacheInfo
-XX:[+|-]UseCompressedOops
-XX:+Hitachi
-XX:CodeCacheInfoPrintRatio
-XX:ExplicitMemoryExcludeClassListFile
-XX:ExplicitMemoryFullGCPolicy
-XX:ExplicitMemoryNotExcludeClassListFile
-XX:HitachiAutoExplicitMemoryFile
-XX:HitachiCallToString
-XX:HitachiExplicitHeapMaxSize
-XX:HitachiExplicitMemoryJavaLog
-XX:HitachiExplicitMemoryJavaLogFileSize
-XX:HitachiExplicitMemoryJavaLogNumberOfFile
-XX:HitachiExplicitMemoryLogLevel
-XX:HitachiJavaClassLibTraceLineSize
-XX:HitachiJavaLog
-XX:HitachiJavaLogFileSize
-XX:HitachiJavaLogNumberOfFile
-XX:HitachiJITCompileMaxMemorySize
-XX:HitachiOutOfMemoryHandlingMaxThrowCount
-XX:HitachiOutOfMemoryStackTraceLineSize
-XX:HitachiThreadLimit
-XX:HitachiVerboseGCIntervalTime
<LB接続情報の識別名>.properties

(英字)

(A)
add.class.path〔J2EEサーバ用オプション〕
add.class.path〔J2EEサーバ用オプション〕
add.class.path〔Javaアプリケーション用のキー〕
add.class.path〔運用管理エージェント用オプション定義ファイルのキー〕
add.class.path〔バッチアプリケーション用のキー〕
add.class.path〔バッチサーバ用のキー〕
add.env〔Management Server用環境変数定義ファイルのキー〕
add.jvm.arg〔J2EEサーバ用オプション〕
add.jvm.arg〔J2EEサーバ用オプション〕
add.jvm.arg〔Javaアプリケーション用のキー〕
add.jvm.arg〔運用管理エージェント用オプション定義ファイルのキー〕
add.jvm.arg〔バッチアプリケーション用のキー〕
add.jvm.arg〔バッチサーバ用のキー〕
add.library.path〔J2EEサーバ用オプション〕
add.library.path〔J2EEサーバ用オプション〕
add.library.path〔Javaアプリケーション用のキー〕
add.library.path〔運用管理エージェント用オプション定義ファイルのキー〕
add.library.path〔バッチサーバ用のキー〕
add.network.drive〔運用管理エージェント用オプション定義ファイルのキー〕
additional.startcmd
admin.logger.ExceptionLogFile.filenum〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.ExceptionLogFile.filepath〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.ExceptionLogFile.filesize〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.MessageLogFile.filenum〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.MessageLogFile.filepath〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.MessageLogFile.filesize〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
admin.logger.MessageLogFile.trace.level〔管理コマンドプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.usr_cmd.abnormal_end〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.watch.interval〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.watch.level〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.watch.retry_count〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.watch.start_time〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.<サーバ種別>.watch.timeout〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.adapter.allowedHosts〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.adapter.bind_host〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.adapter.port〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.cluster.localaddress.check〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.connector.comm.state.cache_max_time〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
adminagent.finalization.stop_servers〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.forcestop.threaddump.interval〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.forcestop.threaddump.timeout〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.forcestop.threaddump〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.hws.group〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.hws.owner〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.hws.sys_cmd.abnormal_end.traceinfo〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.hws.watch.method〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.hws.watch.url〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.j2ee.process.console_event.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.j2ee.process.console_log.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.j2ee.sys_cmd.abnormal_end.javatrace〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.j2ee.sys_cmd.abnormal_end.threaddump〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.jp1event.event_server_name〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.jp1event_enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.log.filenum〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.log.filesize〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.log.level〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.lsinfo_dir〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.maintenance.log.filenum〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.maintenance.log.filesize〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.prftrace_dir〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.event.queue_size〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.filenum〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.filesize〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.style〔運用管理エージェントのプロパティファイルのキー〕
adminagent.process.consolelog.time〔運用管理エージェントのプロパティファイルのキー〕
adminagent.properties
adminagent.rmi.log.filenum〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.rmi.log.filesize〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.rmi.log.level〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.snapshotlog.listfile.2.num_snapshots〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.snapshotlog.log_dir〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.snapshotlog.num_snapshots〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.sys_cmd.abnormal_end.prftrace〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.userserver.process.console_event.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.userserver.process.console_log.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.watch.retry_timeout.enabled〔運用管理エージェントプロパティファイルのキー〕
adminagent.xml
AdminAgentrc
adminagentuser.cfg
AllText
AppendDirectives
(B)
batch.ctm.enabled〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.directory〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.lockInterval〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.lockRetryCount〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.maintenance.filenum〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.maintenance.filesize〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.message.filenum〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.message.filesize〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.log.stdout.enabled〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.request.timeout〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.schedule.group.name〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.service.enabled〔J2EEサーバ用オプション〕
batch.service.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
batch.vbroker.agent.addr〔バッチアプリケーション用のキー〕
batch.vbroker.agent.port〔バッチアプリケーション用のキー〕
broker.logger.ExceptionLogFile.filenum〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
broker.logger.ExceptionLogFile.filenum〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
broker.logger.ExceptionLogFile.filesize〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
broker.logger.ExceptionLogFile.filesize〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.filenum〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.filenum〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.filesize〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.filesize〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.trace.level〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
broker.logger.MessageLogFile.trace.level〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
(C)
CJMSPブローカー個別プロパティファイル
CJMSプロバイダで使用するファイル
CJPAプロバイダ独自のプロパティ
cmxclient.properties
cmxserver.properties
com.cosminexus.manager.cmdtracelog.fnum〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.cmdtracelog.size〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.log.compatible〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.log.dir〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.messagelog.fnum〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.messagelog.size〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.messagelog.style〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.messagelog.time〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.tracelog.fnum〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.tracelog.size〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.tracelog.style〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.manager.tracelog.time〔Manager設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.agent.read_timeout〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.compat.operation_app〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.alert〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.critical〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.emergency〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.error〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.information〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.notice〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.jp1event.warning〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.log.display_number〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.log.level〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.log.rotate〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.log.size〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.logical_server_abnormal_stop.exit〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.maintenance.log.filenum〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.maintenance.log.filesize〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.connector.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.host〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.listen.port〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.port〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management.read_timeout〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.management_user_account.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.on_start〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.snapshot.auto_collect.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.snapshot.auto_collect.timeout〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.snapshot.collect.point〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.sys_cmd.abnormal_end.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.sys_cmd.abnormal_end.timeout〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.trace〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.upload_app.directory〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.upload_app.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.upload_app.maxsize〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.usr_cmd.abnormal_end.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.usr_cmd.abnormal_end.timeout〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.vmi.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
com.cosminexus.mngsvr.vmx.enabled〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
config.properties
connect_timeout〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
connection_sharing〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
CoreDumpDirectory
cosminexus.jpa.cache.size.<ENTITY>
cosminexus.jpa.cache.size.default
cosminexus.jpa.cache.type.<ENTITY>
cosminexus.jpa.cache.type.default
cosminexus.jpa.exception.logging.sql〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
cosminexus.jpa.logging.level.operation.<category>〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
cosminexus.jpa.pessimistic-lock
cosminexus.jpa.target-database
cpp.library.version〔J2EEサーバ用オプション〕
cpp.library.version〔J2EEサーバ用オプション〕
cpp.library.version〔Javaアプリケーション用のキー〕
cpp.library.version〔バッチサーバ用のキー〕
criticalList.cfg
criticalList.cfg
CTMコマンドオプションファイル
CTMで使用するファイル
CTMユーザ環境変数定義ファイル
CustomDivideFileNum
CustomDivideTimeDifference
CustomDivideTimeInterval
CustomWraparoundFileNum
CustomWraparoundFilesize
(D)
dataSourceFullJTATable
dataSourceTable
DocumentRoot
(E)
ejb.client.directory.shareable〔Javaアプリケーション用のキー〕
ejb.client.ejb.log〔Javaアプリケーション用のキー〕
ejb.client.log.appid〔Javaアプリケーション用のキー〕
ejb.client.log.directory〔Javaアプリケーション用のキー〕
ejb.client.log.stdout.enabled〔Javaアプリケーション用のキー〕
ejb.public.directory〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.public.directory〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.public.directory〔バッチサーバ用のキー〕
ejb.server.corefilenum〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.corefilenum〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.corefilenum〔バッチサーバ用のキー〕
ejb.server.log.directory〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.directory〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.directory〔バッチサーバ用のキー〕
ejb.server.log.mode〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.mode〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.mode〔バッチサーバ用のキー〕
ejb.server.log.stderr.filesize〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.stderr.filesize〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.stderr.filesize〔バッチサーバ用のキー〕
ejb.server.log.stdout.filesize〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.stdout.filesize〔J2EEサーバ用オプション〕
ejb.server.log.stdout.filesize〔バッチサーバ用のキー〕
ejbApplicationTable
ejbserver.application.InitTermProcessClasses〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.InitTermProcessClasses〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.appname〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.appname〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.appname〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.autoFlush.enabled〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.count〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.count〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.count〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.encoding〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.encoding〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.encoding〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.filter〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.filter〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.filter〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.formatter〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.formatter〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.formatter〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.level〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.level〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.level〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.limit〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.limit〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.limit〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.msgid〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.msgid〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.msgid〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.path〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.path〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.path〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.separator〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.separator〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.CJLogHandler.<ハンドラ名称>.separator〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.filter〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.filter〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.filter〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.handlers〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.handlers〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.handlers〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.level〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.level〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.level〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.useParentHandler〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.useParentHandlers〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.Logger.<ロガー名称>.useParentHandlers〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.application.userlog.loggers〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.application.userlog.loggers〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.application.userlog.loggers〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.batch.application.exit.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.batch.gc.watch.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.batch.queue.length〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.batch.schedule.group.name〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.client.ctm.RequestPriority〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.client.ctm.RequestPriority〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.ctm.RequestPriority〔バッチアプリケーション用のキー〕
ejbserver.client.ctm.RequestPriority〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.client.ejb.log〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.log.appid〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.log.directory〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.log.lockInterval〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.log.lockRetryCount〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.transaction.clientName〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.client.transaction.enabled〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.commonj.WorkManager.non_daemon_work_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.compiler.jvm.maxHeapSize
ejbserver.compiler.jvm.maxHeapSize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.compiler.jvm.minHeapSize
ejbserver.compiler.jvm.minHeapSize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.applicationAuthentication.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.applicationAuthentication.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.applicationAuthentication.disabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connectionpool.association.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.association.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connectionpool.association.enabledDespiteUnshareableSetting〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.association.enabledDespiteUnshareableSetting〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.sharingOutsideTransactionScope.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.sharingOutsideTransactionScope.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.sharingOutsideTransactionScope.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connectionpool.validation.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connectionpool.validation.timeout〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connector.logwriter.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connector.logwriter.filenum〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connector.logwriter.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.connector.logwriter.filesize〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.connector.statementpool.clear.backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.audit_trail.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.audit_trail.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.container.bmp.backcompatible〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.bmp.backcompatible〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.ejbhome.sessionbean.reconnect.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.ejbhome.sessionbean.reconnect.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.passivate.scan.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.rebindpolicy〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.rebindpolicy〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.rebindpolicy〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.container.rebindpolicy〔バッチアプリケーション用のキー〕
ejbserver.container.remove.scan.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.security.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.container.security.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.ActivateTimeOut〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.ActivateTimeOut〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.CTMDomain〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.CTMDomain〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.CTMDomain〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.CTMID〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.CTMID〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.CTMMyHost〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.CTMMyHost〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.CTMMyHost〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.DeactivateTimeOut〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.DeactivateTimeOut〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.ctm.QueueLength〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ctm.useGlobalJNDI〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.cui.checkmethod.compatible〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.cui.exitcode.compatible〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.cui.logfile.compatible〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.cui.optionalname.enabled〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.annotations.load_check.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.annotations.load_check.enabled〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.annotations.load_libjars.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.app.stopforcibly.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.app.stopforcibly.disabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.context.check_interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.context.reload_scope〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.context.update.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.exclusive.lockAliveInterval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.exclusive.lockAliveInterval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.exclusive.lockAliveInterval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.deploy.resourcefile.scramble.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.resourcefile.scramble.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.deploy.session.work.directory〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.stub.generation.scope〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.deploy.stub.generation.scope〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.ots.recoverFailMessageCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory1〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory1〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory2〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.ots.status.directory2〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.distributedtx.recovery.completionCheckOnStopping.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.recovery.completionCheckOnStopping.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.recovery.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.recovery.port〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.distributedtx.rollbackClientTxOnSystemException〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.distributedtx.XATransaction.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.DynamicStubLoading.Enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ejb.cmp20.cmr.use.existing_table〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ejb.cmp20.cmr.use.existing_table〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ejb.timerservice.maxCallbackThreads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ejb.timerservice.retryCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ejb.timerservice.retryInterval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ext.method_observation.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.ext.method_observation.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.http.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.http.port〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.instrumentation.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.instrumentation.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jca.adapter.tp1.bind_host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache.interval.clear.option〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache.interval.clear.option〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.cache.interval.clear.option〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.cache.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache.interval〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.cache.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.cache.reference〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache.reference〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache.reference〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.cache〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.cache〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.cache〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.global.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.log.message.verbosemode
ejbserver.jndi.namingservice.group.<Specify group name>.providerurls〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.namingservice.group.<Specify group name>.providerurls〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.namingservice.group.<Specify group name>.providerurls〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.namingservice.group.list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.namingservice.group.list〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.namingservice.group.list〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jndi.request.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jndi.request.timeout〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jndi.request.timeout〔バッチアプリケーション用のキー〕
ejbserver.jndi.request.timeout〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.jpa.defaultJtaDsName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.defaultNonJtaDsName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.defaultProviderClassName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.disable〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.emfprop.<property key>〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.overrideJtaDsName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.overrideNonJtaDsName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jpa.overrideProvider〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jta.TransactionManager.defaultTimeOut〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.jta.TransactionManager.defaultTimeOut〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.jta.TransactionManager.defaultTimeOut〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filenum〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filenum〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filesize〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.logger.channels.define.<チャネル名>.filesize〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.logger.channels.define.DevelopmentLogFile.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.channels.define.DevelopmentLogFile.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.DevelopmentLogFile.level〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.enabled.*〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.enabled.*〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.logger.enabled.*〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.enabled.*〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.logger.rotationStyle〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.rotationStyle〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.logger.rotationTime〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.logger.systemlog.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.JVM.stats_monitor.FullGCCount.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.statistics.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.statistics.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.stats_file.base_time〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.stats_file.base_time〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.stats_file.dir〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.stats_file.dir〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.stats_file.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.stats_file.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.stats_file.num〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.stats_file.num〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.stats_file.period〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.stats_file.period〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.waiting_request_count.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.waiting_request_count.high_threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.waiting_request_count.low_threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.whole_waiting_request_count.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.whole_waiting_request_count.high_threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.management.webcontainer.stats_monitor.whole_waiting_request_count.low_threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.conf〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.conf〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.conf〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.Agent.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.agent.JP1EventAgent.conf〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.JP1EventAgent.conf〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.agent.JP1EventAgent.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.JP1EventAgent.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.agent.MEventAgent.conf〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.MEventAgent.conf〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.agent.MEventAgent.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.agent.MEventAgent.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.manager.jp1event.event_server_name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.manager.jp1event.event_server_name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.exec.args〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.exec.args〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.host〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.host〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.naming.nameroot〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.nameroot〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.nameroot〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.naming.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.port〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.port〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.naming.protocol〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.protocol〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.protocol〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.startupMode〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.startupRetryCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.startupRetryCount〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.naming.startupWaitTime〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.naming.startupWaitTime〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.rmi.localinvocation.scope〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.logger.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.logger.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.naming.host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.naming.host〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.rmi.naming.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.naming.port〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.rmi.passbyreference〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.remote.listener.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.remote.listener.port〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.rmi.request.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.request.timeout〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.rmi.request.timeout〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.request.timeout〔バッチアプリケーション用のキー〕
ejbserver.rmi.request.timeout〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.rmi.stateless.unique_id.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.rmi.stateless.unique_id.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.security.digest.algorithm〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.security.service.url〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.server.eheap.ajp13.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.eheap.httpsession.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.j2ee.feature〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.mutex.invocation.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.mutex.invocation.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.prf.PRFID〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.prf.PRFID〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.server.prf.PRFID〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.server.prf.processName
ejbserver.server.threaddump.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.server.threaddump.filenum〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.serverName〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.stateful.passivate.switch〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.stdoutlog.autoflush〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.stdoutlog.autoflush〔Javaアプリケーション〕
ejbserver.stdoutlog.autoflush〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.defaultRequestQueue.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.defaultRequestQueue.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.defaultRequestQueue.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.defaultRequestQueue.writefile.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.writefile.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.fileDescriptor.writefile.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.memory.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.memory.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.memory.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.memory.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.memory.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.memory.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.memory.writefile.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.memory.writefile.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.thread.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.thread.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.thread.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.thread.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.thread.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.thread.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.thread.writefile.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.thread.writefile.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.threaddump.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.threaddump.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.threaddump.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.threaddump.interval〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.threaddump.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.threaddump.threshold〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.watch.threaddump.writefile.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
ejbserver.watch.threaddump.writefile.enabled〔バッチサーバ用のキー〕
ejbserver.webj2ee.connectionAutoClose.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
entityBeanHomeTable
entityBeanLocalComponentTable
entityBeanLocalHomeTable
entityBeanRemoteTable
entityBeanTable
ErrorDivideFileNum
ErrorDivideTimeDifference
ErrorDivideTimeInterval
ErrorWraparoundFileNum
ErrorWraparoundFilesize
(F)
filter_priority〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
(G)
gateway_host〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
gateway_https_scheme〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
gateway_port〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
Group
(H)
hitachi_web.properties
https.cipherSuites〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
https.cipherSuites〔Javaアプリケーション〕
https.cipherSuites〔バッチアプリケーション用のキー〕
https.cipherSuites〔バッチサーバ用のキー〕
https.protocols〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
https.protocols〔Javaアプリケーション〕
https.protocols〔バッチアプリケーション用のキー〕
https.protocols〔バッチサーバ用のキー〕
HttpsdCustomLogFileDir
HttpsdCustomlogFormat
HttpsdCustomMethod
HttpsdErrorLogFileDir
HttpsdErrorMethod
HttpsdLogFileDir
HttpsdRequestLogFileDir
HttpsdRequestMethod
httpServerConnectorTable
httpServerTable
HTTP Serverのログの出力方法を設定するパラメタ
HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイル
HTTP Server用リダイレクタ動作定義を設定するパラメタ
HWSKeepStartServers
HWSLogTimeVerbose
HWSRequestIofilter
HWSRequestLogLevel
HWSRequestModuleDebug
HWSRequestModuleInfo
HWSRequestRequest
(I)
imq.admin.tcp.port〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.destination.maxNumMsgs〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.destination.maxNumMsgs〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.destination.maxTotalMsgBytes〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.destination.maxTotalMsgBytes〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.queue.consumerFlowLimit〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.queue.consumerFlowLimit〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.topic.consumerFlowLimit〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.autocreate.topic.consumerFlowLimit〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.hostname〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.hostname〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.instanceconfig.version〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.jms.tcp.port〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.metrics.interval〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.metrics.interval〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.persist.file.sync.enabled〔CJMSPブローカー共通プロパティファイルのキー〕
imq.persist.file.sync.enabled〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
imq.portmapper.port〔CJMSPブローカー個別プロパティファイルのキー〕
isapi_redirect.conf
(J)
j2eeApplicationTable
j2eeContainerTable
J2EEアプリケーションを実行するシステムで指定できるタグ
J2EEアプリケーションを実行するシステムで使用するファイルの一覧
J2EEサーバ共通用メッセージマッピングファイル
J2EEサーバ個別用メッセージマッピングファイル
J2EEサーバで使用するファイル
J2EEサーバのJavaVMのシステムプロパティに設定できるパラメタ
J2EEサーバの拡張パラメタ
J2EEサーバのカスタマイズ用キー
J2EEサーバ用Webアプリケーションプロパティファイル
J2EEサーバ用オプション定義ファイル
J2EEサーバ用オプション定義を設定するパラメタ
J2EEサーバ用セキュリティポリシーファイル
J2EEサーバ用ユーザプロパティファイル
J2EEサーバ用ユーザプロパティを設定するパラメタ
java.endorsed.dirs
java.naming.factory.initial〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
java.naming.factory.initial〔Javaアプリケーション〕
java.naming.factory.initial〔バッチサーバ用のキー〕
java.naming.factory.object
java.naming.factory.state
java.naming.provider.url〔Javaアプリケーション〕
java.naming.provider.url〔バッチアプリケーション用のキー〕
java.rmi.server.hostname〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
java.security.policy
javax.rmi.CORBA.PortableRemoteObjectClass
javax.rmi.CORBA.StubClass
javax.rmi.CORBA.UtilClass
javax.xml.datatype.DatatypeFactory〔Javaアプリケーション〕
javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory〔Javaアプリケーション〕
javax.xml.parsers.SAXParserFactory〔Javaアプリケーション〕
javax.xml.transform.TransformerFactory〔Javaアプリケーション〕
javax.xml.validation.SchemaFactory\:http\://www.w3.org/2001/XMLSchema〔Javaアプリケーション〕
javax.xml.xpath.XPathFactory\:http\://java.sun.com/jaxp/xpath/dom〔Javaアプリケーション〕
Javaアプリケーションで使用するファイル
Javaアプリケーション用オプション定義ファイル
Javaアプリケーション用ユーザプロパティファイル
JkConnectTimeout〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkConnectTimeout〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayHost〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayHost〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayHttpsScheme〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayHttpsScheme〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayPort〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkGatewayPort〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileDir〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileDir〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileNum〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileNum〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFilePrefix〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileSize〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogFileSize〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogLevel〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkLogLevel〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkModulePriority〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkModulePriority〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkMount〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkOptions〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkPrfId〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkPrfId〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkRequestRetryCount〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkRequestRetryCount〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkSendTimeout〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkSendTimeout〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLog〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLog〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileDir〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileDir〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileNum〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileNum〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFilePrefix〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileSize〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTraceLogFileSize〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTranslateBackcompat〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkTranslateBackcompat〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JkWorkersFile〔HTTP Server用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
JP1/IM連携用システムログメッセージマッピングファイル
JP1/IM連携用モニタ起動コマンドの設定ファイル
JP1イベントへの変換
JP1連携を設定するパラメタ
JP1連携を設定するパラメタ
JPAで使用するファイル
jvm.type〔J2EEサーバ用オプション〕
jvm.type〔J2EEサーバ用オプション〕
jvm.type〔Javaアプリケーション用のキー〕
jvm.type〔バッチサーバ用のキー〕
jvmTable
(K)
KeepAliveTimeout
(L)
lb.ACOS.privilegedexec.password〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.ACOS.privilegedexec.password〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.host〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.host〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.password〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.password〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.persistence.cookie-insert.cookiename〔ティア別プロパティファイルのキー〕
lb.persistence.method〔ティア別プロパティファイルのキー〕
lb.port〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.port〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.properties
lb.protocol〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.protocol〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.timeout〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.timeout〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.type〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.type〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.use〔ティア別プロパティファイルのキー〕
lb.user〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.user〔負荷分散機定義プロパティファイルのキー〕
lb.virtualserver.host〔ティア別プロパティファイルのキー〕
lb.virtualserver.name〔ティア別プロパティファイルのキー〕
lb.virtualserver.port〔ティア別プロパティファイルのキー〕
Listen
log_file_dir〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
log_file_num〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
log_file_prefix〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
log_file_size〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
log_level〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
LogLevel
(M)
maction.<ManagementアクションID>.command〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.<ManagementアクションID>.exclusive_time〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.<ManagementアクションID>.max_executable_actions〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.<ManagementアクションID>.timeout.forced_stop〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.<ManagementアクションID>.timeout〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.message.<メッセージID>.mactions〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.mevent.receiving_info.keep_size.max〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.properties
maction.server.<論理サーバ名>.mactions〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.tier.<Webシステム名>.<物理ティア種別名>.mactions〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
maction.unit.<Webシステム名>.<サービスユニット名>.mactions〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
Management Server環境設定ファイル
Management Server管理ファイル用退避対象定義ファイル
Management Server用オプション定義ファイル
Management Server用環境変数定義ファイル
Management Server用メッセージマッピングファイル
Managementアクション実行用プロパティファイル
Managementイベント発行用プロパティファイル
Managementイベント発行用プロパティを設定するパラメタ
Managementイベント発行用プロパティを設定するパラメタ
Managementイベント発行用メッセージIDリストファイル
manager.<論理サーバ名>.jp1event.system.mapping.properties
manager.cfg
manager.jp1event.system.filtering.severity.alert
manager.jp1event.system.filtering.severity.critical
manager.jp1event.system.filtering.severity.emergency
manager.jp1event.system.filtering.severity.error
manager.jp1event.system.filtering.severity.information
manager.jp1event.system.filtering.severity.notice
manager.jp1event.system.filtering.severity.warning
manager.jp1event.system.mapping.properties
manager.jp1event.user.filtering.enabled
manager.jp1event.user.filtering.filter
manager.jp1event.user.mapping.level.config
manager.jp1event.user.mapping.level.fine
manager.jp1event.user.mapping.level.finer
manager.jp1event.user.mapping.level.finest
manager.jp1event.user.mapping.level.info
manager.jp1event.user.mapping.level.severe
manager.jp1event.user.mapping.level.warning
manager.mevent.logical_server_name〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.message_id.list
manager.mevent.message_id.list〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.retry.interval
manager.mevent.retry.interval〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.retry.limit
manager.mevent.retry.limit〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.send.host〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.send.max
manager.mevent.send.max〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.send.port〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.send.timeout
manager.mevent.send.timeout〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
manager.mevent.sender.bind.host
manager.mevent.sender.bind.host〔Managementアクション実行用プロパティファイルのキー〕
Manager設定ファイル
Managerで使用するファイル
Managerで使用するファイルの一覧
MaxClients
messageDrivenBeanTable
Microsoft IIS用マッピング定義ファイル
Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイル
mngagent.<実サーバ名>.properties
mngagent.agent_name〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngagent.connector.host
mngagent.connector.host〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngagent.connector.port
mngagent.connector.port〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngagent.domain_name〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngagent.log.filename〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngagent.log.filesize
mngagent.log.filesize〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
mngsvr.jp1event.event_server_name〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
mngsvr.myhost.name〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
mngsvrmonitor.browser〔JP1/IM連携用モニタ起動コマンドの設定ファイルのキー〕
mngsvrmonitor.connect.host〔JP1/IM連携用モニタ起動コマンドの設定ファイルのキー〕
mngsvrmonitor.connect.password〔JP1/IM連携用モニタ起動コマンドの設定ファイルのキー〕
mngsvrmonitor.connect.userid〔JP1/IM連携用モニタ起動コマンドの設定ファイルのキー〕
mngsvrutil.apply_user〔mngsvrutilコマンドのクライアント側共通定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.auth.failed_wait〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.auth.log_challenged〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.auth.log_denied〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.auth.log_failed〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.auth.log_succeeded〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.compat.header_format〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.compat.monitoring_tree〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.connect.host〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.connect.password〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.connect.userid〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.output.file〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.output.format〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.output.suppress_header〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.session.max_inactive_interval〔mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.target_kind〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.target_name〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutil.target_server_name〔mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイルのキー〕
mngsvrutilcl.properties
mngsvrutilコマンドのクライアント側共通定義ファイル
mngsvrutilコマンドのクライアント側定義ファイル
mngsvrutilコマンドのサーバ側定義ファイル
mod_jk.conf
mserver.cfg
mserver.jp1event.system.mapping.properties
mserver.properties
mserverenv.cfg
mstartup.force.watchtime
mstartup.no
mstartup.premised.serverName
mstartup.restartcnt
mstartup.retrywait
mstartup.start.watchtime
mstartup.watchtime
(O)
org.omg.CORBA.ORBClass
org.omg.CORBA.ORBSingletonClass
org.omg.PortableInterceptor.ORBInitializerClass.com.hitachi.software.ejb.security.std.interceptor.SecurityClientInterceptorInit
org.w3c.dom.DOMImplementationSourceList〔Javaアプリケーション〕
org.xml.sax.driver〔Javaアプリケーション〕
org.xml.sax.parser〔Javaアプリケーション〕
(P)
prf_id
PRFID
prfspool
PrfTraceBufferSize
PrfTraceCount
PrfTraceFileSize
PrfTraceLevel
(Q)
queueTable
(R)
rasetup.cfg
rasetupコマンド用設定ファイル
realservername
receive_client_timeout〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
request_retry_count〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
RequestDivideFileNum
RequestDivideTimeDifference
RequestDivideTimeInterval
requestUrlTable
RequestWraparoundFileNum
RequestWraparoundFilesize
resourceAdapterTable
(S)
SecurityManagerの使用を設定するパラメタ
send_timeout〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
server.policy
server.policy
ServerName
servletTable
SetBy
setup.CC.group〔管理者設定用プロパティファイルのキー〕
setup.CC.user〔管理者設定用プロパティファイルのキー〕
setup.cfg(セットアップウィザード用設定ファイル)
setup.log.dir〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.log.dir〔セットアップウィザード用設定ファイルのキー〕
setup.log.filenum〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.log.filenum〔セットアップウィザード用設定ファイルのキー〕
setup.log.filesize〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.log.filesize〔セットアップウィザード用設定ファイルのキー〕
setup.log.style〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.log.time〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.maintenance.log.filenum〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.maintenance.log.filenum〔セットアップウィザード用設定ファイルのキー〕
setup.maintenance.log.filesize〔rasetupコマンド用設定ファイルのキー〕
setup.maintenance.log.filesize〔セットアップウィザード用設定ファイルのキー〕
setup.manager.group〔管理者設定用プロパティファイルのキー〕
setup.mng.administrator.password〔管理者設定用プロパティファイルのキー〕
setup.mng.administrator.userid〔管理者設定用プロパティファイルのキー〕
SFOサーバ(互換用機能)
SFOサーバのJavaVMのシステムプロパティに設定できるパラメタ
SFOサーバの拡張パラメタ
SFOサーバ用オプション定義を設定するパラメタ
SFOサーバ用ユーザプロパティを設定するパラメタ
sinaviagent.cfg
sinaviagent.log.dir〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル
sinaviagent.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.log.level〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.log.style〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.log.time〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.maintenance.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.maintenance.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.process.consolelog.enabled〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.process.consolelog.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.process.consolelog.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.process.consolelog.style〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.process.consolelog.time〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.service.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.service.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.service.log.level〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.service.maintenance.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.service.maintenance.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.snactl.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.snactl.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.snactl.log.level〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.snactl.maintenance.log.filenum〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.snactl.maintenance.log.filesize〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.spool.dir〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
sinaviagent.work.dir〔サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル〕
snapshotログ収集対象定義ファイル
snapshotログ収集対象定義ファイルで使用できる変数
StartServers
statefulSessionBeanHomeMethodTable
statefulSessionBeanHomeTable
statefulSessionBeanLocalComponentMethodTable
statefulSessionBeanLocalComponentTable
statefulSessionBeanLocalHomeMethodTable
statefulSessionBeanLocalHomeTable
statefulSessionBeanRemoteMethodTable
statefulSessionBeanRemoteTable
statefulSessionBeanTable
statelessSessionBeanHomeMethodTable
statelessSessionBeanHomeTable
statelessSessionBeanLocalComponentMethodTable
statelessSessionBeanLocalComponentTable
statelessSessionBeanLocalHomeMethodTable
statelessSessionBeanLocalHomeTable
statelessSessionBeanRemoteMethodTable
statelessSessionBeanRemoteTable
statelessSessionBeanTable
(T)
ThreadsPerChild
tier.properties
tier.startup.no〔ティア別プロパティファイルのキー〕
tier.target.os〔ティア別プロパティファイルのキー〕
tierlb.properties
trace_log_file_dir〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
trace_log_file_num〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
trace_log_file_prefix〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
trace_log_file_size〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
trace_log〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
transactionTable
(U)
uriworkermap.properties
use.security
User
user.env.variable
usrconf
usrconf.bat
usrconf.cfg
usrconf.cfg
usrconf.cfg
usrconf.cfg
usrconf.properties
usrconf.properties
usrconf.properties
usrconf.properties
usrconf.properties
USRCONF_JVM_ARGS〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(UNIX用)〕
USRCONF_JVM_ARGS〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(Windows用)〕
USRCONF_JVM_CLASSPATH〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(Windows用)〕
USRCONF_JVM_CLPATH〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(UNIX用)〕
USRCONF_JVM_LIBPATH〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(UNIX用)〕
USRCONF_JVM_LIBPATH〔サーバ管理コマンド用オプション定義ファイルのキー(Windows用)〕
(V)
vbj.java2iiop.jvm.maxHeapSize
vbj.java2iiop.jvm.maxHeapSize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbj.java2iiop.jvm.minHeapSize
vbj.java2iiop.jvm.minHeapSize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.agent.enableLocator〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.agent.enableLocator〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.agent.enableLocator〔Javaアプリケーション〕
vbroker.agent.enableLocator〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.agent.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.agent.port〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
vbroker.agent.port〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.ce.iiop.ccm.htc.readerPerConnection〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.ce.iiop.ccm.htc.readerPerConnection〔Javaアプリケーション〕
vbroker.ce.iiop.ccm.htc.readerPerConnection〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.ce.iiop.ccm.htc.threadStarter〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.ce.iiop.ccm.htc.threadStarter〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.orb.htc.comt.entryCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.comt.entryCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.comt.entryCount〔Javaアプリケーション〕
vbroker.orb.htc.comt.entryCount〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.orb.htc.comt.fileCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.comt.fileCount〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.comt.fileCount〔Javaアプリケーション〕
vbroker.orb.htc.comt.fileCount〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.orb.htc.mtr.trace〔Javaアプリケーション〕
vbroker.orb.htc.tracePath〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.tracePath〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.tracePath〔Javaアプリケーション〕
vbroker.orb.htc.tracePath〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
vbroker.orb.htc.tracePath〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.se.iiop_tp.host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.se.iiop_tp.host〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
vbroker.se.iiop_tp.host〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.se.iiop_tp.proxyHost〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.se.iiop_tp.scm.iiop_tp.listener.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
vbroker.se.iiop_tp.scm.iiop_tp.listener.port〔運用監視エージェントプロパティファイルのキー〕
vbroker.se.iiop_tp.scm.iiop_tp.listener.port〔サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー〕
vbroker.se.iiop_tp.scm.iiop_tp.listener.port〔バッチサーバ用のキー〕
vbroker.se.iiop_ts.proxyHost〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
version.properties
vm.interface.version〔インタフェースバージョン定義ファイルのキー〕
vm.target.edition〔インタフェースバージョン定義ファイルのキー〕
vmi.apply_user〔仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.m〔仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.m〔仮想サーバマネージャのクライアント設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.p〔仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.p〔仮想サーバマネージャのクライアント設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.u〔仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.u〔仮想サーバマネージャのクライアント設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.wait〔仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイルのキー〕
vmi.connect.wait〔仮想サーバマネージャのクライアント設定プロパティファイルのキー〕
vmi.jp1.base.auth.enabled〔仮想サーバマネージャプロパティファイルのキー〕
vmi.properties
vmi.serverconnectionagent.connect.timeout〔仮想サーバマネージャプロパティファイルのキー〕
vmi.serverconnectionagent.exec.timeout〔仮想サーバマネージャプロパティファイルのキー〕
vmi.serverconnectionagent.socket.timeout〔仮想サーバマネージャプロパティファイルのキー〕
vmi.spool.dir〔仮想サーバマネージャプロパティファイルのキー〕
vmiclient.properties
vmsetup.properties
(W)
webApplicationTable
webContainerTable
webserver.application.lower_version〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.backlog〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.backlog〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.max_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.max_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp12.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.backlog〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.bind_host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.bind_host〔バッチサーバ用のキー〕
webserver.connector.ajp13.max_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.port〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
webserver.connector.ajp13.port〔バッチサーバ用のキー〕
webserver.connector.ajp13.receive_timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.ajp13.send_timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.http.bind_host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.http.bind_host〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
webserver.connector.http.permitted.hosts〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.http.permitted.hosts〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
webserver.connector.http.port〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
webserver.connector.inprocess_http.backlog〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.bind_host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.enabled_methods〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.<エラーページカスタマイズ定義名>.file.content_type〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.<エラーページカスタマイズ定義名>.file〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.<エラーページカスタマイズ定義名>.redirect_url〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.<エラーページカスタマイズ定義名>.request_url〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.<エラーページカスタマイズ定義名>.status〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.error_custom.list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.gateway.host〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.gateway.https_scheme〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.gateway.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.hostname_lookups〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.hostname_lookups〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.init_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.keep_start_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.limit.max_headers〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.limit.max_request_body〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.limit.max_request_header〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.limit.max_request_line〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.max_connections〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.max_execute_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.max_spare_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.min_spare_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.permitted.hosts〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.persistent_connection.max_connections〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.persistent_connection.max_requests〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.persistent_connection.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.receive_timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.<リダイレクト定義名>.file.content_type〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.<リダイレクト定義名>.file〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.<リダイレクト定義名>.redirect_url〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.<リダイレクト定義名>.request_url〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.<リダイレクト定義名>.status〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.redirect.list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.rejection_threads〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.response.header.server〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.inprocess_http.send_timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.limit.max_parameter_count〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.limit.max_post_form_data〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.connector.redirect_https.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.ac.logEnabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.jaxws.webservice.no_webxml.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.jaxws.webservice.wsee.no_webxml.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.jaxws.webservice.wsee.warname〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.server_id.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.server_id.name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.server_id.value〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.servlet.default_mapping.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.thread_control.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.container.thread_control.queue_size〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.context.check_interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.context.reload_delay_timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.context.update.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.attribute_data_size.max〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.check_size.mode〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.connector.name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.exception_type_backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.exclude.extensions〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.exclude.uris〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.integrity_mode.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.negotiation.high_level〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.session_read_only.uris〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.dbsfo.thread_control_queue.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.application.cache.name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.check_size.mode〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.client.retry.countwebserver.eadssfo.client.retry.count
webserver.eadssfo.client.retry.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.client.<接続先EADsサーバ名>.address〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.client.<接続先EADsサーバ名>.port〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.client.node.list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.connection.buffersize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.connection.retry〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.connection.timeout〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.connectionPool.poolsize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.commDump.enable〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.commTrace.enable〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.commTrace.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.commTrace.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.dir〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.message.console.enable〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.message.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.eads.logger.message.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.exclude.url_patterns〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.session.cache.name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.eadssfo.session_read_only.url_patterns〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.errorpage.stack_trace.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.errorpage.stack_trace.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.http.request.encoding〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.http.request.uri_decode.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.http.response.encoding〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.additional.import.list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.check_interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.compile.backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.debugging.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.el2_2.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.jsp_page.bom.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.keepgenerated〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.keepgenerated〔J2EEサーバ用オプション〕
webserver.jsp.pageEncoding〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.precompile.jsp_work_dir〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.precompile.jsp_work_dir〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.tld.mapping.java_ee_tag_library.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.backcompat.customAction.declareVariable〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.backcompat.tag.noCheckRtexprvalue〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.backcompat.tag.rtexprvalueTerminate〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.backcompat.taglib.noCheckPrefix〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.backcompat.useBean.noCheckClass〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.customAction.ignoreCaseAttributeName〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.translation.useBean.noCheckDuplicateId〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.jsp.update.interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.<フォーマット名>〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.format_list〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.inprocess_http.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.inprocess_http.filename〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.inprocess_http.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.inprocess_http.filesize〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.access_log.inprocess_http.usage_format〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.communication_trace.inprocess_http.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.communication_trace.inprocess_http.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.thread_trace.inprocess_http.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.logger.thread_trace.inprocess_http.filenum〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.servlet_api.exception.getCause.backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.ServletContainerInitializer_jar.include.path〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.cookie_config.http_only〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.cookie_config.name〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.delete_cookie.backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.delete_cookie.backcompat〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.max.log_interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.max.log_interval〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.max.throwHttpSessionLimitExceededException〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.server_id.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.server_id.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.server_id.value〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.session.tracking_mode〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.sfo.negotiation.ignore_serverId〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.shutdown.port〔Management Server環境設定ファイルのキー〕
webserver.static_content.cache.enabled〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.static_content.cache.filesize.threshold〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.static_content.cache.size〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.static_content.encoding.extension〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.work.clean〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.work.directory〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.xml.validate〔J2EEサーバのカスタマイズ用キー〕
webserver.xml.validate〔J2EEサーバ用オプション〕
Webアプリケーションで使用するファイルの一覧
Webアプリケーション用DD(web.xml)
Webサーバ用定義を設定するパラメタ
Webサーバ連携で使用するファイル
Webサーバ連携で使用するファイルの一覧
Webシステムの属性定義
Webシステムの属性定義
worker.<ワーカ名>.<パラメタ>〔ワーカ定義ファイルのキー〕
worker.<ワーカ名>.<パラメタ>〔ワーカ定義ファイルのキー〕
worker.<ワーカ名>.balanced_workers〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.balanced_workers〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.cachesize〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.cachesize〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.default_worker〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.default_worker〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.delegate_error_code〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.delegate_error_code〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.host〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.host〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.lbfactor〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.lbfactor〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.port〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.port〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.post_data〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.post_data〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.post_size_workers〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.post_size_workers〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.receive_timeout〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.receive_timeout〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.type〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.type〔ワーカごとの定義パラメタ〕
worker.<ワーカ名>.typeごとの定義パラメタ
worker.list〔ワーカ定義ファイルのキー〕
worker.list〔ワーカ定義ファイルのキー〕
worker_file〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
worker_mount_file〔Microsoft IIS用リダイレクタ動作定義ファイルのキー〕
workers.properties

(ア行)

(い)
インタフェースバージョン定義ファイル
(う)
運用監視エージェントプロパティファイル
運用監視エージェントプロパティを設定するパラメタ
運用監視エージェントプロパティを設定するパラメタ
運用管理エージェント自動起動用設定ファイル
運用管理エージェント設定ファイル
運用管理エージェントプロパティファイル
運用管理エージェント用オプション定義ファイル

(カ行)

(か)
拡張MIBオブジェクト定義ファイル
拡張子とMIMEタイプの対応づけ
各論理サーバ共通で指定できるパラメタ
各論理サーバ共通で指定できるパラメタ(互換用)
仮想化システムで使用するファイル
仮想化システムで使用するファイルの一覧
仮想サーバグループ情報ファイル
仮想サーバマネージャ側の負荷分散機接続設定プロパティファイル
仮想サーバマネージャのクライアント共通設定プロパティファイル
仮想サーバマネージャのクライアント設定プロパティファイル
仮想サーバマネージャプロパティファイル
簡易構築定義ファイル
簡易構築定義ファイルおよび構成変更定義ファイルに指定できるタグ
監査ログ定義ファイル
監査ログの設定で使用するファイル
管理者設定用プロパティファイル
(く)
クライアント共通設定プロパティファイル
クライアント設定プロパティファイル
グローバルトランザクション
(こ)
構成変更定義ファイル
コンパイル対象外リストファイル

(サ行)

(さ)
サーバ管理コマンドで使用するファイル
サーバ管理コマンドのカスタマイズ用キー
サーバ管理コマンドの予約済みキー
サーバ管理コマンドの予約済みキー
サーバ管理コマンド用システムプロパティファイル
サーバ設定プロパティファイル
サーバ通信エージェント用オプション定義ファイル
サービスユニット・ホスト追加用の構成変更定義ファイル
サービスユニットの定義
サービスユニットの定義
作業ディレクトリ
(し)
実行結果リストファイル
使用するサーバと指定するパラメタの参照先の対応
(す)
スケールアウト用ホスト定義ファイル

(タ行)

(て)
ティア側の負荷分散機接続設定プロパティファイル
ティア別プロパティファイル

(ハ行)

(は)
バッチアプリケーション用オプション定義ファイル
バッチアプリケーション用ユーザプロパティファイル
バッチアプリケーションを実行するシステムで指定できるタグ
バッチアプリケーションを実行するシステムで使用するファイルの一覧
バッチサーバで使用するファイル
バッチサーバのJavaVMのシステムプロパティに設定できるパラメタ
バッチサーバの拡張パラメタ
バッチサーバのカスタマイズ用キー
バッチサーバ用オプション定義ファイル
バッチサーバ用オプション定義を設定するパラメタ
バッチサーバ用セキュリティポリシーファイル
バッチサーバ用ユーザプロパティファイル
バッチサーバ用ユーザプロパティを設定するパラメタ
(ふ)
負荷分散機定義プロパティファイル
負荷分散機の定義
物理ティアの定義
物理ティアの定義
(ほ)
保護区リストファイル
保護区リストファイル
ホストの定義
ホストの定義

(マ行)

(ま)
マッピング定義
(も)
モジュール定義

(ラ行)

(ら)
ライトトランザクション
(り)
リダイレクタ定義
(ろ)
ログの運用で使用するファイル
論理CTMで指定できるパラメタ
論理CTMドメインマネジャで指定できるパラメタ
論理J2EEサーバで指定できるパラメタ
論理J2EEサーバで指定できるパラメタ(互換用)
論理SFOサーバで指定できるパラメタ
論理SFOサーバで指定できるパラメタ(互換用)
論理Webサーバで指定できるパラメタ
論理Webサーバで指定できるパラメタ(互換用)
論理サーバ参照定義ファイル
論理サーバのパラメタ変更用の構成変更定義ファイル
論理スマートエージェントで指定できるパラメタ
論理ネーミングサービスで指定できるパラメタ
論理パフォーマンストレーサで指定できるパラメタ
論理ユーザサーバで指定できるパラメタ

(ワ行)

(わ)
ワーカごとの定義パラメタ
ワーカごとの定義パラメタ
ワーカ定義ファイル
ワーカ定義ファイルに指定できるキー
ワーカ定義ファイルに指定できるキー
ワーカ定義を設定するパラメタ